―――まぁ、紅白戦を「軽視しろ」と言うてるつもりはないんですが…。



マエケン好投、2回1安打無失点 紅白戦初登板

広島は22日、宮崎県日南市でキャンプ3度目の紅白戦をした。初めての実戦登板となるエース前田健は、先発で2回を1安打無失点と好投。新外国人のバリントンとサファテ、復活を期す永川たちも1回を無失点に抑え、順調な仕上がりをうかがわせた。

野手陣は両組で計7安打と低調。ベテラン前田や嶋、2軍から参加した堂林のスイングの鋭さが目を引いた。

2軍はこの日でキャンプを終了。巨人とのオープン戦(19日)で右脚を痛めた上野や武内を含む33選手が夜に広島へ戻った。

▽スライダー温存、コース投げ分けと緩急勝負

前田健の実戦初登板は「スライダー封印」がテーマだった。直球とカーブ主体の29球で、2回を1安打無失点。「真っすぐでファウルを打たせ、カーブでうまくストライクを取れた」と狙い通りの投球だった。

「スライダーに頼らない」と決め、コースへの投げ分けと緩急で勝負した。打者の反応も確認。「やっぱり、ブルペンよりも気持ちが入る。オープン戦でも、何らかの収穫をつかんでいきたい」と、開幕へステップを刻んでいく。


乗れぬ若手・中堅野手 3試合、固め打ちなし

実戦モードが強まる日南キャンプで、若手や中堅野手がアピールを欠いている。3度目の紅白戦でも、安打を放ったのは前田や嶋、石原たち実績がある選手が大半だ。首脳陣は「競争心を強く出せ」と叱咤(しった)し、新たな力の台頭と奮起を促す。

1軍当落線上にいるのは松本や丸、小窪、中東、迎、白浜たちだが、16日以降の紅白戦3試合で固め打ちした選手はいない。この日は主力組に加え、2軍の堂林が適時二塁打を放って成長と存在感と示しただけに、その落差が目立った。

「練習ではできることが、実戦でできていない。何かが足りないということです」。紅白戦で6打数1安打の丸は、もどかしさを隠さない。

この日で2軍がキャンプを打ち上げ、日南に残った野手は22人。開幕までの1カ月あまりで、16人前後に絞られる。町田打撃コーチは「実戦で結果を出した者が生き残れる。全員にチャンスはある」と高いレベルでの競争に期待を掛ける。

9年目の松本は「結果が問われる。精神面も含め、何かを変えなければいけない」。24日から最終クール。低調に滑り出した1軍サバイバルレースの激化が、チーム力の底上げへ向けた絶対条件となる。



連日の「紅白戦」のようですが。

前田健太の仕上がりはまぁええとして、問題は下の記事、ですよ。

「3試合、固め打ちなし」とは言うけども、これが連日のように「投手陣崩壊」やったらそれはそれで「投手陣に課題」とか書くつもりなんでしょうね。まぁ新聞ってそんなもんではありますが。つーかそうそう毎日毎日固め打ちする選手なんか出てこないって。出てきてたらもっと強うなっとるわ(笑)。


昨日も書いたけど、毎日紅白戦やってなんか意味がありますかね。せっかくこの時期に「アジア・スプリング・ベースボール」が組まれていると言うのに、なぜここに参加せんかったのか、って話。

あえて「アジア・スプリング・ベースボール」の概要がNPBから発表になった時に、「なぜカープが参加しないのか」を突っ込みませんでしたが、理由はきちんと球団首脳からチームに伝えられたのか。野村謙二郎監督は参加しないことに違和感を感じなかったんだろうか。せっかくの実戦やのに。

アジア・スプリング・ベースボールへの不参加を、一体誰が決めたんかは知らんけど、移動費用等々含めて、実戦の場を求めると言う事で、これも一種の「先行投資」じゃないかい。それを球団自ら拒否してどうするんかね。それこそせっかくの「チャンス」やのにね。

オープン戦や教育リーグが毎年一番少ないと言う話はちょくちょく書いてますが、練習したものを発揮する場をこうやって自ら逃してるようでは何一つ変わりませんよ。紅白戦の為に練習をやってるんですか?しかもごくごく限られた人間だけの紅白戦で何か見いだせますか?

毎年毎年こんな事だから、一向に上を向かんのじゃないですか?練習や紅白戦自体がもう「オナニー」になってるんだ。昨日の昼間もジャイアンツとバファローズで練習試合をやってたよ。もっともっと「外」を向いた方がいいんじゃないか。内輪だけでやってても身が入らないし、入るわけがない。

ぶっちゃけ、限られた人間だけの紅白戦なんざ実戦の場でもなんでもない。そんなもの「シートバッティング」の続きみたいなもんだ。町田コーチは「実戦で結果を出した者が生き残れる。」とは言うてるけど、こんなもの実践じゃねーや。ただのシミュレーション。実証実験に過ぎませんよ。

一昨日の紅白戦、岸本君が満塁にした所で、内野手が誰も声を掛けに行かなかった事に、野村謙二郎監督はかなりお怒りやったらしい。けど、そんな事って紅白戦でする事かね。恐らく監督は、紅白戦をなれ合いの場にしたくない、と言う意識もあるんかも知れん。けど、投げる方も打つ方もそれこそ「必死」と思うんなら、黙っておいた方がいいんじゃないですかね。

それと

なんであれだけ競争競争と煽っておきながら、野手を22人しか残さんのかね?もう競争は昨日で終わりかい?結果の満足に出てない紅白戦で見切ったつもりですかい。沖縄組が合流してからたった一週間だ。一週間でナニが出来た?オープン戦1試合だけだろ。本当に「サバイバル」してますか?


―――最近カルシウムが足りてません。ご容赦下さい(笑)


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.02.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/556-29ab5fc5