練習休みの翌日のカープ情報ですから、たぶん「Q&A」が来るやろうな、とは思ってました。しかしここで「裏方さん」にスポットを当てるとは思いませんでした。



カープQ&A 戦力分析

Q.シーズンに向けて他球団の戦力分析はどのようにしているのですか

A.4スコアラーが奔走 キャンプから情報収集開始


チームが宮崎県日南市で2次キャンプをスタートしたころ、スコアラーのキャンプ地巡りが本格化する。各球団の調整ペースが上がる時期を狙い、ペナントレースに向けた情報収集と戦力チェックに駆け回る。

畝龍実スコアラーは14日、ヤクルトがキャンプを張る沖縄県浦添市へ。ブルペン横に立ち、館山や村中、3年目の日高の投球を追った。「まずは球種の確認。新外国人の打力と守備力、内外野の守備隊形も重要なポイントになる」

■配球など分析

打撃練習やシートノックと、球場内をくまなく回る。野手の塁間走と投手のクイックモーションの時間を計るストップウオッチ、情報を入力するパソコン、そして「観察眼」が必需品という。

広島のスコアラーは19年目の畝、17年目の奥昌男、7年目の吉年滝徳、新任の田中彰の計4人。シーズン中は先発投手の予想や配球の分析が主な役割で、そのデータを集めるため他球団のキャンプ地を巡る。既にA4用紙11枚分が集まり、年間では40枚以上の情報量になる。

ヤクルトでは昨季11勝を挙げ、新たにチェンジアップを投げていた村中を要警戒選手とした。「低めに制球され、試合でも十分に使える」とつぶやいた。チームが昨季1勝4敗と苦手にした由規の成長も感じ取った。

■「先乗り」増員

近年、スコアラーを中心にした情報戦は勝敗に影響している。試合の打順は、投手の相性や先発投手の左右で大幅に組み替えられるケースもある。そのため球団は、対戦球団を事前にマークする「先乗り担当」を今季から1人増やして3人に。故障者などを細かく集める態勢を敷いた。

畝スコアラーには苦い思い出がある。昨年5月のオリックス戦(京セラドーム大阪)。先発投手は「左腕の山本」と野村監督に報告した。打順は右打者が7人並んだが、先発は右腕の近藤。打線は沈黙し、2―11で大敗した。「うちは打順が確定していないから、先発投手の読み違いは一番泡を食う」と自戒を込める。

長年の経験とキャンプで集めた情報は、投手の配球や癖を見抜く「目」にもなる。情報を伝えた打者が狙い打ちした時は「スコアラー冥利(みょうり)に尽きる」という。しかし、持ち合わせる情報が全ては生かされないのもスコアラー稼業。打席での感覚を大事にする打者は、こうした攻略法を嫌い、情報を受け付けない。

ヤクルトを視察した畝スコアラーは、16日から中日キャンプを訪れた。昨年8勝16敗で、今季の開幕3連戦の相手。「一番見ておきたかった」。チェンや吉見の主力投手が故障している状況や、落合監督の采配も推測した上で、2年目の左腕岡田が先発となる可能性を嗅ぎ取った。

4人のスコアラーは今月下旬まで他球団のキャンプを視察し、3月中旬に情報を報告。新戦力の分析や新たなサインプレーなど、目で集めたデータも加えて2011年のシーズンに入る。(友岡真彦)

【写真説明】ヤクルトのブルペンで村中(右奥)の投球を見る畝スコアラー(手前左)



先週のサンスポで、ドラゴンズの井本直樹スコアラー(ベイスターズ担当)の方の話が載ってました。

ドラゴンズのスコアラーって、セ・リーグにもパ・リーグにも各球団に一名ずつ担当の人がおられるそうで。これだけでも十分に強い理由に挙げれます。見えない所にも投資はせんとあきませんね。

その中でも一番怖いのは、やっぱりカープ担当の善村一仁スコアラー。彼が目をつけた選手、コメントを述べた選手は、感想を述べた時点で、すでに一挙手一投足があばかれつつあるんでしょう。こうやってもう粛々々と、カープを含めた各球団のスコアラーさんの仕事も増えてきてます。

カープは、今シーズンから加わった田中彰を数に入れても4人体制。一人2チーム担当なのかな。パ・リーグは誰か一人で面倒をみたりするんでしょうか。かなり大変と言うたら大変ですよ。

しかしやっぱり、人数の少ないのはハンデと言えばハンデですね。「先乗り」とは言うものの、どの程度の「先」まで見る事が出来てるか、ちょっと疑問ではあります。いざ、自分達が当ることになったら、違う選手が加わっている事もあろうし。やっぱり、ドラゴンズみたいに、各球団専任のスコアラーはやっぱり欲しいと思いますよ。監督の采配だけやなしに「チーム全体の傾向」を把握するためにも。

「金がないんじゃけ、しゃあなかろ」と言うてしもうたら元も子もないですが、今シーズンから駐米スカウトに、スコット・マクレーンが加わったように、表立って見えない所の人員を増やすのも十分に「戦力補強」になると思います。こう言った「下支え」があってのチームなんやし。

ただ、個人的には、何でもかんでも「データ、データ」にこだわって欲しくない所もあります。敵味方、各選手の能力を把握しておくことは大事やとは思いますが、やっぱり野球って「人間」がするもんやし、よっぽどでもない限り、そのピッチャーを1年間打てないと言う事もない、そのバッターを1年間抑えられない言う事もない。何でもかんでも数字を相手に試合をするわけじゃないですからね。

素人目に見ても「データ半分、感性半分」くらいが一番いいんじゃないかと思います。最近はまたいろいろトムズ開始数字を列挙する傾向にありますが、最終的には「来た球を打つ」のが野球やし。

ナンボデータ通りにボールが来たとしても、それをいつもいつも完璧にバットの芯でとらえられわけじゃなし、そのボールをいつもいつも打たれる訳でもない。「1、2の3」でバットを振って当たって飛ぶこともあるんやし。その中ではじき出された数字を信頼するかせんか。是も選手個人の問題やし。


ナンボ考えても野球って、やっぱり難しいなぁ。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.02.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/547-d1cac599