ちょっとした事かも知れませんが、結構大変な事かも知れません…。



都市対抗野球:12年度から7月中旬開幕

社会人野球などを統括する日本野球連盟(JABA)は16日、東京都内で定時理事会・評議員会を開き、12年度から都市対抗大会(毎日新聞社、JABA主催)の開催時期を現行の8月下旬開幕から7月中旬に変更することを決めた。7月の第3月曜日の祝日「海の日」を集客が見込める1回戦に当てられるよう、12年は7月13日、13年は7月12日開幕とする。

都市対抗は集客と注目度の向上を目的に、02年の第73回大会から開催時期をそれまでより約1カ月遅らせ、8月下旬から行われてきた。これに伴い、03年からは日本選手権大会の日程も約1カ月繰り下がり、11月開催となった。

シーズンが11月まで延びたことで、加盟チームや企業からは、「選手が社業に携われる時間が減り、職場との乖離(かいり)が進む」といった意見が多く寄せられていた。また、日本選手権大会と国際大会の日程が重なるケースも多く、大会日程の全体的な見直しが求められていた。

今後は都市対抗大会の7月開催、10月いっぱいでのシーズン終了を基本線に、日本選手権大会や同大会の出場権対象となるJABA大会などの日程を再検討し、8月の臨時理事会までに決める。

この日はほかに、公益法人制度改革への対応として、13年2月中旬の公益財団法人への移行認定を目標に進めていくことが承認された。

★タイブレークは選択打順に 日本野球連盟は16日、試合時間短縮のために延長回で適用している、1死満塁から攻撃を始めるタイブレークについて、スタートの打順を攻撃側の監督が決められる選択打順とすることを決めた。従来は、前の回からの継続打順で行っていたが、国際ルールに合わせた。また、都市対抗、日本選手権の2大大会では、出場チームからの意見を取り入れ、十一回から適用していたのを十二回に繰り下げることとした。



まだ今年も終わってないのに、と言う気もしますが、使う場所が東京ドームとなると、そうも行かんのでしょう。都市対抗野球の日程が1ヶ月ほど繰り上がるそうです。JABAの発表によると、来年は7月13日から、再来年は7月12日からとなるそうで。

けどこれって、地元の方々が見に行くことを考えると、夏の高校野球大会の予選と重なったりせんのかなぁ、とも思ったりします。つーか重なりますよねぇ。同じアマチュア野球同士で「食い合い」になったりせんのかな、と。毎年8月下旬に行われてたのはコレもあるんかな、と思ってたんですが…。

昔はこの時期やったんですね。暫定的措置なのか、今後このままで行くのか、は分かりませんが、東京ドームをNPBのオールスター戦で使用するとなると、また日程の再考もあるんでしょう。

ついでに日本選手権の日程の繰り上げも検討されてるみたいですが、年がら年中野球を楽しみたい人間としては、11月に野球の試合がなくなる可能性があるのは何とも言えん気分です。

まぁ一番いいのは、カープが日本一になって、それを薄めて薄めてオフの間ずーっと持たすのが一番なんですけどねぇ。そうもなかなか行ってくれんのが残念な話ではあります(笑)。

それと、せっかく「地域振興」を目的として、社会人野球日本選手権の1回戦を、京セラドーム大阪以外の球場でやるようになったと言うのに、わざわざ日程の繰り上げで、他のアマチュア野球の公式戦のシーズンと重ねてしまうのは疑問に思います。どっかに「大人の事情」があるんでしょうけど。

となると、予選大会も若干繰り上がるんですかね。5月末あたりからもう始まるんでしょうか。6月半ばくらいからと勝手に踏んでたんですが。観に行きたい試合が増えたら何かと困ります(笑)。


いずれはJABAの主催大会等も、大幅に見直されるかもしれませんね、


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.02.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/541-98c660be