寝る前に、スポーツ新聞のサイトをいろいろ見てたらちょっと気になった記事があったので…。



中日ネルソン開幕意識の熱投222球

中日マキシモ・ネルソン投手(28)が15日、今キャンプでチーム最多の222球を投げ込んだ。ブルペンで谷繁を座らせて1時間30分の熱投。開幕投手について「チャンスがあるならやりたいね」と、初めて色気を見せた。急ピッチ調整で仕上げる204センチ右腕が、にわかに竜投のキーマンになってきた。

汗だくになったネルソンがブルペンを独占した。100球を投げてもまだ投球練習を終えようとはしない。約1時間30分。球数が222球に達したところで、ようやくマウンドから離れた。09年にも2度、200球以上の投げ込みを実施したが、今キャンプは初となる200球超え。捕手谷繁からは「このクール1日目だぞ? 大丈夫か?」と心配されるほどだった。

「日本に来てから一番多く投げたかな。コントロールと左肩の開きを抑えることを意識したけど、考えていたとおりに投げることができたよ」。

独自のハイペース調整は異彩を放っている。キャンプ2日目に打撃投手を務めたときは、いきなり147キロを計測。その後もシート打撃で148キロ、149キロと球速を上げた。キャンプ序盤は一般的に調整が早い投手優位の場合が多いが、それでもこの男の球速だけは明らかに際立っていた。外国人投手は肩の消耗を防ぐため、投げ込みを避ける傾向にあるが、そんな常識も関係なかった。

開幕投手への色気も出てきた。昨季の開幕投手・吉見が右肘手術の影響で出遅れている。開幕投手大本命のチェンもキャンプ中に左足内転筋を痛めてこの日、ブルペン投球を再開したばかり。投球練習が終わりかけに谷繁から「お前が開幕投手だよ」と冗談っぽく声を掛けられた。意識しないワケがない。

「自分には全然わからない。ただ、チャンスがあればやってみたいね」。

これまで慎重に言葉を選んでいたが、あまりの仕上がりの良さに、本音が出てしまった。今季は滑りやすい統一球が導入されるが、ドミニカ共和国のウインター・リーグで使用されているものに近いという。ネルソンにとっては追い風だ。

「これからも一生懸命投げるだけ」。

ライバルはチェンだけではない。中田賢、山井ら実績がある投手陣もシーズンに合わせて着々と準備を進めている。だが、今のネルソンは、開幕投手に近い位置にいることは間違いない。



もうアレですね…。日陰もなく死ぬほど暑いナゴヤ球場。ドラゴンズ内野陣がマウンドに集まって、そこに向かって小林誠二投手コーチがつかつかっと歩いて行く。その輪に向かって「ネルソンを出せ~!」等と野次ってた頃の「彼」の面影はどこにもありませんね。

それの報いか知りませんが、彼の来日初勝利・初セーブ・初完投初完封勝利は対カープ戦です。もう「開幕投手候補」って。月日の経つのは早いものです。

サバ読みだの偽装結婚疑惑でアメリカ国外追放だの、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕だのと、野球以外の所で何かとネタになってる選手ですが、見かけによらずまだ若いんですよねぇ。

カープでは青木高広が「ペローン」等と言われてますが、不通に立ってるを見る限り、彼の方がよっぽど「ペローン」であり「青鉛筆」のような気がせんでもないです。投げる姿は「ビローン」って感じですが、うちの「ペローン」と違うのは、そんなフォームから素晴らしいストレートを投げる事。

そんな、相手方から見たら「ネタ選手」ぽかったネルソン投手も、今年で何だかんだ言いながら、今年で来日4年目。4年目突入となると、最初からドラゴンズに入団した外国人選手としては、レオ・ゴメスかアロンゾ・パウエル、宣銅烈くらいですかね。外国人を「見る目」の問題なんでしょうか。

そしてみんな、来日してから一度はどっかでつまずいてる。ゴメスも来日2年目はちょっと成績が落ちたし、宣銅烈も1年目は散々やったし、アロンゾ・パウエルも来日当初は1番を打ったりで、一時試行錯誤を繰り返してた。けどみんな最終的には良い成績を残してる。

ネルソンもそうならんとは限らんですよ。

イスラエルまで行って野球をやってた人ですから、実際の所は開幕投手とかぶっちゃけプロ野球とか、そんなんは関係なしに、ただただ純粋に「野球が好きな兄ちゃん」なのかも知れません。


こう言う選手は末永く応援してやりたいなと思っております。

もちろん今は敵なので、憎たらしいことありゃせんですが(笑)。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.02.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/539-fb626a1b