今朝の読売新聞からの切り抜きなんですが…。今現在ウェブ上にないんで、とりあえずはコレで。



中村紀「野球やりたい」 現役続行に意欲 自主トレ

押しつぶされそうになる不安な気持ちを必死に振り払いながら、バットを握る手に力を込める。昨シーズン後、楽天を自由契約になった中村紀洋内野手(37)が、自主トレを行っている兵庫県西宮市内で取材に応じ「1%より少なくても可能性がある限り望みを捨てずにやりたい」と現役続行に意欲を示すなど心境を語った。

―――12球団の春季キャンプが始まったが
「不安をかあえながら、1人での練習はつらいですね。なかなか気持ちが盛り上がって来ないのも事実ですが、いつ呼ばれてもいいように体はしっかり作っている」

―――浪人してでもやりYたい気持ちが強い
「僕はまだまだ野球をやりたい。1年は待ち続けるつもりです。入団テストを受けに来いと言われればありがたい」

―――家族は何と
「(3人の)子供たちが気を使って野球の話を一切しない。それがつらい。だからもう一度、ユニホーム姿を見せて喜ばせたい」

―――ソフトバンクの王会長が持つ満塁本塁打(15本)の日本記録にあと1本で追いつく
「1本でも多くそういう打撃が出来れば、チームの勝利に繋がる。

―――海外でのプレーは
「考えていない。日本で完全燃焼したい」



…だそうです。思えば、同じ「浪人生」の工藤公康・大村直之のことは書いたけど、この人の事は書いてなかったなぁ、などと。

そう言えば昨日、小林宏之がフリーエージェント移籍した阪神タイガースから千葉ロッテマリーンズに、人的保障用のプロテクト選手名簿が渡されたそうです。確か期限は3月8日でしたかね。キャンプどころか、序盤ではありますがオープン戦で品定めできると言う「VIP待遇」ではありますが

コレの結果如何によっては、中村紀洋タイガース移籍、はないですかね、などと思ってみたんですがちょっと突拍子すぎるでしょうか。

マリーンズ側としては、西岡剛のミネソタ・ツインズ移籍によってショートの定位置が空席になる。荻野貴がショートにコンバートされるそうですが、それだけでは心許ない。マスコミの間では「内野手」と言う話が出てますが、タイガースから内野手が一人欠けるとなると痛手かも知れません。

そうなると、ヒマしてる中村紀洋に白羽の矢が立たない、とも限らんと思うんですが如何でしょう。

イーグルスを自由契約になったんやから、年俸については足元を見れる。上手い事言ったらドラゴンズの時みたいに「育成選手」で獲得できるかも知れない。まぁこれは育成選手の賢い使い方か、と言われればおかしいな、と思う所もありますが、ホークスに行った藤田の事もあり、前例はあるし。

タイガースも、プロテクト名簿政策にはかなり時間をかけては見たものの、新聞記事の沼沢本部長のコメントを見ると「断腸の思い」が僅かながら見て取れます。よっぽど出したくない選手がおったんでしょう。しかしこれも、中途半端な時期に、無計画に選手を獲得した報い、と言えば報いかな。

誰がプロテクトから外れてる、と言うのんはナンボか想像は出来ますが。


ちょっと思いつきで書いてみましたがどうでしょ。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.02.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/527-bae69708