…てな悠長なことを言うてる場合じゃないんですが。



カープ練習場は火山灰と苦闘 中国新聞地域ニュース


噴火を繰り返す霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)から南東へ約55キロ。宮崎県日南市で49年目を迎えた広島東洋カープの春季キャンプは、断続的に灰が降る中で続いている。「2月の日南はカープ一色。それが今年は灰色で…」。6日朝、天福球場でマスク姿のナインを出迎えた日南市役所の前田芳成観光課長(53)は天を仰いだ。

1日から天福球場で2軍の若手や一部主力が練習に励む。前田智徳選手がマスク姿で打ち込み、外野の芝生で打球が弾むと白煙が上がった。ゴーグルを着けた山崎立翔2軍監督は「何とか練習は計画通り」と、影響が最小限にとどまっていることにほっとした表情。

球団グラウンドキーパーの石原裕紀さん(29)は1月下旬に現地入り。キャンプイン5日前から、灰の除去に追われた。球団はアルバイトを6人から10人に増やし、日南市はシルバー人材センターからの動員も含め20人体制で1トン車6台分の灰を取り除いた。

球団や日南市はマスク約2千枚を常備し、観客席にも置く。沖縄市の主力組も15日の練習から合流予定。風が東へ流れる日が続き、影響は少なくなっている。噴火と風向きに気をもむ日々は、もうしばらく続きそうだ。

【写真説明】練習終了後に送風機で芝生の火山灰を取り除くグラウンドキーパー



日南キャンプが始まる前日には、広島東洋カープ日南キャンプ情報では、鹿児島県境にある新燃岳の火山灰の話でそれこそ「灰色一色」でした。しかし、2月1日になると、まるで何事もなかったかのように、連日キャンプでの選手の表情を追って下さってます。

本当にありがとうございます。

そんな裏で連日、新燃岳は昼夜関係なく、時には火を吹き、灰を撒き散らしてます。風向きによっては日南市直撃でしょう。もうこれは「自然」の為す事ですから、我々人間にはどうしようもないです。

それでも、毎朝、積もったであろう灰を片づけるべく、今日も朝から撤去作業(と言っていいのかどうなのか)が行われてたようです。どこかで読みましたが、マツダスタジアムのグラウンド整備の係の人も日南に入ってるとか。カープからは、清掃用の扇風機も送ったとか。

今の所、選手の間から「足を滑らせてケガをした」みたいな話は聞きません。先のブログを見ても、本当に夜中に火山灰が積もったのかと思えるくらい綺麗になってます。部外者ではありますが、本当にありがたいことです。つまらんケガに巻き込まれるのが一番よくない事ですからね。

グラウンドはあくまで選手が主役です。しかしその主役も、引き立たせるための「わき役」なり「裏方さん」があってのこと。ぶっちゃけ、グラウンドで目当ての選手相手にキャーキャー騒げるのんも、こう言う方々が常に裏で苦労なさってるから出来ること、です。


日南の皆さんのご苦労にただただ、感謝感謝。


しかし

火山灰の使い道って何かないかな。鹿児島県に行ったら「桜島の火山灰でつくった石鹸」もあるそうですが。無学なのでよう分かりませんが、セメントの材料とか、埋め立てに使うとか。そう言えば旧広島市民球場の内野の土の材料って、50%は大隅半島で採取された火山灰やったとか。

すんません勝手な意見で…。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.02.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/510-b638e29d