投手陣練習マイペース 全体メニュー単純化・スロー調整容認
中国新聞

投手陣の練習スタイルが一変した。投げ込みに加え走塁、打撃練習にも時間を割いた1年前の光景は消え、全体メニューは単純化。調整ペースも各選手の判断に委ねられている。大野投手チーフコーチは「自分のやるべきことを考えてもらいたい」と、自主性重視への方針転換を図った。

▽大野コーチ「力出せる環境を」

参加22投手のうち、2日のブルペン入りは8人。前日から半減した。前田健、横山たち実績組や右肩痛の大竹に限らず、新人の福井にもスロー調整を容認。福井は遠投で肩をつくり、下半身強化に取り組んでいる。

上野は2日連続で投球練習した。「一度の球数を約50球に抑え、連投を意識する」と中継ぎ役としての狙いを強調する。大島はブルペン入りを控え、秋季キャンプで繰り返した一塁から三塁への送球練習を重視。「脚を使い、低くて強い球を投げられる」と、直球強化の手応えを確実なものにするつもりだ。

首脳陣は新人への助言も、まずは最小限にとどめる方針。中村恭は「コースを気にして手投げになるな、腕を振って直球の良さを出せと言われた」と、持ち味の発揮に努める。

大野コーチは「何がベストか分からないが、持てる力を出せる環境をつくりたい」とシンプル化した練習の意図を説明。「投壊」からの逆襲へ、試行錯誤する。(山本修)

【写真説明】キャンプ2日目もブルペン入りせず、ノックなどで汗を流した福井(手前中央)や前田健(左から2人目)たち



「スロー調整容認」とは言いますが、ホントいつからこんなにみんな早く早く仕上げようと言う風潮になったのかが今だによく分かりませんん。特にピッチャーの方なんですが。何やら自主トレーニングを見てたら、まるで3月1日が開幕戦なのか、それとも全員でWBCにでも出るんか、ってな感じ。

そんなに焦らんでも、とは思いますよ。「競争競争」と煽るのんはいいけど、まるで仕上がりの順番を競ってるだけのような気もします。

しかし、大野コーチの言葉が相変わらずと言えば相変わらず、ですねぇ。

何がベストか分からないが、持てる力を出せる環境をつくりたい

「分からない」と平気で言うてしまうコーチって何なんかなぁ。まずは大野コーチが昨年やらないといかんかったことは「個々の能力の把握」だったはずやのに、このコメントを見るとまだ出来てなさそうに思いますがどうでしょう。

十人十色、と言います、人間10人いたら10人とも、生活環境も違うし、性格も違うし、体力も違う。当然練習方法も違う。全く野球をやったことにない人間ばっかり集めてるんなら、まずは全員でいろんなことをやらすんやろうとは思いますが。少なくともこの写真に写ってる選手はみなプロですよ。

思い描いている「理想像」もそれぞれ違うかも知れん。ゆえにそこにたどり着くまでの調整方法練習方法も違う。それをアドバイスせんといかん立場やのに「分からん」とは何事か。

けどいい加減、ピッチャーのベースランニングは練習メニューから外せんかな。下半身強化やピッチングの時の蹴り足を強化する為に短距離ダッシュを繰り返すんならまだしも、こうjして画一的にメニューを決めてしまうのはどうかな。コーチやブルペンキャッチャーの肩の都合もありましょうが。

もっともっと、ピッチャーはマイペースでもいいと思いますよ。

また、記事中にもありますが、わざわざ沖縄に連れて来てる新人には、むしろほったらかしでもいいんじゃないかと思います。みんな「即戦力と考えて」連れて来てるんやから。今持ってる力、今投げてる球がそのまま戦力になる、と考えているのであれば、ですよ。

そう言えばОBの北別府氏が誰かに「カーブ(か何か)教えよか」とか言うてた記事を見ましたが「いりません」(笑)。とりあえず来年あたり迄は今のまま投げさすのが一番やと思います。そこでダメなら考えればいいのであって、プロに入って最初のキャンプからいらん事を言う必要はないです。

それよりなにより、北別府氏が投手コーチなり臨時コーチなりでチームに関わってて、あんまりい事がなかったような気がするんですがねー。とりあえず、よけいなチャチャは要りません。


とにかく沖縄組も日南組も、環境の差はあれど、無理のない、選手がシーズン中に於いて「ベストの力を出せるような」練習方法を考えて欲しいです。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.02.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/494-22d48add