全国的に寒い日が続いてますが、今日からプロ野球12球団が一斉に春のキャンプに突入です。

広島東洋カープのナインも無事沖縄へ、宮崎・日南へと向かいました。いきなりシュルツ司令はインフルエンザ発症で広島に軟禁玉すだれになってしまいましたが、みんな無事到着した模様です。



巻き返し、自主性が鍵 主力や新人、沖縄入り 中国新聞

プロ野球の12球団は1日、沖縄県内と宮崎県内で一斉にキャンプインする。31日には各球団がキャンプ地入りした。

広島は1軍首脳陣や主力選手が沖縄市入り。福井たち新人5投手や新外国人を含む15選手が、自主トレ先乗り組の27人と合流。1日から「逆襲」へ向けたチーム練習が始まる。

野村体制2年目の春季キャンプは、選手への信頼と自主性がキーワードとなる。沖縄市入りしてのミーティングで、野村監督は「とにかく明るくやっていこう」と強調。緊迫感や厳しさが前面に出た1年前と比べ、ムードは一変しそうだ。

選手を交えたミーティングは約30分で終了。ルーキーや新外国人選手の紹介では、大きな拍手が湧いた。その後、首脳陣だけで約1時間、練習の方針やメニューなどを再確認した。

変化を象徴するのは早朝の散歩と体操の廃止だ。選手の顔色や体調をチェックする狙いで実施してきたが、野村監督は「各自が準備をしているし、ぎりぎりまで寝ている選手はいない」と選手の自主性に委ねた。

コーチ陣の役割と責任も増す。昨春は監督が主導した練習メニューも、今回は各担当コーチの意見を基に作成した。「責任を持って、選手と一緒にいい練習をしていく」。高守備・走塁コーチは力を込める。

野村監督は戦力の底上げを誓う中で、「僕は百二十パーセント、選手に期待している」と言い切った。変化の根底にあるのは昨季の低迷と、その反省。逆襲への第一歩は、硬軟を織り交ぜた雰囲気づくりから始まる。

【写真説明】キャンプインに備えてミーティングをする広島の野村監督(左端)たち首脳陣と選手(撮影・宮原滋)



日南入りも明日は室内練習 携帯HAより

霧島山・新燃岳の噴火で鹿児島県だけでなく、宮崎県も大きな被害を受けているが、川手主体のカープは予定通り日南に入った。

日南組の拠点となる天福球場は「だいぶ(降灰の影響は)良くなりました」と球場管理者が口にするものの、練習を行うまでには至っていない。そのため、キャンプ初日となる明日は天福球場の屋内練習場『おびすぎドーム」で行われることが決まっている。

明後日以降も降灰次第となるが、このまま室内練習場を使い続けることは選手の調整に大きく影響するだけに、「打撃練習や守備練習がありますから、ずっと室内と言うわけにはいきません。何とか使えるようにならないと困る」と球団関係者も困惑の色を隠せない。一軍合流を目指す選手のためにも、球団関係者、市職員らが復旧へ向けて全力を尽くしていく

(昨日の記事です)



つーかのっけからツッコミどころ満載のコメントを残してくれてますなぁ。

各自が準備をしているし、ぎりぎりまで寝ている選手はいない。

その前の方に「選手への信頼と自主性がキーワード」って書いてあるやん。極端な話、無理に合同で練習する必要はないんだ。寝てようが覚めてようが、シーズンに個人の成績、チームの成績を残せばいいのであって、始まる前からこんなコメントって、ひとっつも選手を信用してへんやん(笑)。

「選手に期待してる」って言う以上は黙ってていいんだ。あなたはそれ以上にする事があるはず。


とまぁ記事の内容はええとして。

あえて個人的に昨年12月以降、選手個人個人の自主トレーニングの様子等は触れんようにしてきたつもりです。何故ならこの寒い時期に行う練習はあくまで「練習の為の練習」と考えているからです。


新聞やら何やらではよく「2月1日を照準」みたいな文字がよく見られます。

けど、そこからシーズン開幕戦までには約2ヶ月あります。その2ヶ月をまずは乗り切らんといかんのに、いつからみんなこんなに急ピッチで自主トレーニング、と言うか人によっては、もうユニフォームを着てないだけで、キャンプ並みの練習メニューを消化する選手もいてますが…。

みな飛ばしすぎだって(笑)

出来ることなら何とか先に書いたこの姿勢だけは、オープン戦開幕までは貫き通したいものです。何故なら、今おる選手全員が今年のカープの戦力やし、全員に頑張ってほしいから。今ナンボ遠くまで飛ばしても一戦にもならんし、今ええ変化球投げてても、試合で使えんかったら話にならんし。


で、やっぱり気になるのが日南天福球場の様子。やっぱり火山灰の影響は避けて通れんようです。ただこれだけは自然現象なので、人の手で止められるもんじゃないですからね。

ただ、日南キャンプ情報のブログを見ても、毎日の地元も皆さんのご苦労が見て取れます。皆さんの好意に報いるためにも是非今シーズンは好成績を残して欲しいものであります。

けどこのブログにある天福球場正面の「闘志」の文字。こっちの方が「STRIKIN’BACK」よりもよっぽどシンプルにカッコよく思えるのは気のせいでしょうか。若干暑苦しいですが(笑)。


それと、至極私的な考えではありますが、ここでは今シーズンは極力「一軍・二軍」と言う表現を控えようと思ってます。なかなか難しい話やとは思いますが何とか頑張ってみようかと。

先にも書いたように、在籍する選手はみんな今シーズンなり、それ以降のカープの戦力になるべく、今チーム内で頑張ってるんやし、そんな選手はやっぱり無碍に区別しちゃだめですよ。

育成選手なんか、頑張りによってはキャンプ期間中の「昇格」もあるかも知れん。シーズン開幕には間に合わんでも、7月末まで期間はある。「支配下登録即一軍登録」もしちゃいかんことはない。今4つ空席やけど、これは彼らの為に空席のままにして欲しい。これだけは球団にお願いしたいです。


それよりも何よりもまず、カープも含め12球団全選手、とにかくケガだけには気をつけてキャンプを乗り切って、シーズン開幕戦には元気な顔を見せて欲しいものです。


っつーても見るのんは1試合だけですが。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.02.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/487-f54aef62