この時期、ほんといつ頃からこうなったんかは分かりませんが、選手個々の自主トレーニングも過熱気味。特にピッチャー陣なんか、2月1日のブルペン入りを目指して早々に自主トレ期間中に「ピッチング」を始める選手が本当に多くなってます。

そんな中

「Number Web」のコラム記事にこんなのがありました。

多くの球数が本当に必要なのか?前田健太に見る「投げ込み」の意味。

3ページにわたる「長丁場」のコラム、面倒なので全文引用は控えますが、以下赤字が一部引用。

「僕は投げ込みをするのはあんまり好きじゃないんです。(ブログには)100球って書きましたけど、あれは、チームの体制も変わって練習をしようという雰囲気の時だったんで100球をクリアーしようと思って投げただけでした。実際、ちゃんと投げたのは50球くらいで、後は軽く投げていたんですよ」

手抜き?(笑)いやいや。

「何のために投げ込みをするのか、僕は意味を見出せないんです。投げ込めば投げ込むほど何かが良くなるならいくらでも投げますけど、そうではないので。僕は普通でいいんじゃないかな、と。もちろん投げ込みたいという人もいるし、それぞれの意見もあると思う。ただ僕の場合は、投げない方がシーズンにうまく入れる。特に投げ込まなくても、肩のスタミナには自信あるし、フォームを固めるために投げ込みが必要だと言われますけど、オフで1、2カ月空いたくらいでフォームを忘れるとか、何百球を投げないと思いだせないような、やわなフォームはしていない。調整する方が大事だと思いますから、投げ込む必要はないと思っています

PDの方は、バックがダークグレーなのでちょっと読みにくくなってるとは思います(笑)。このインタビューがこのオフのいつ頃とられたモノかは分かりませんが、こんな事を言うと失礼かも知れませんが、たかだかプロ球歴4年でこれだけの事を言ってのける、自分の調整方法にこれだけの自信を持ってる選手と言うのんが一体どれだけおるか、って話。う

これは前にも書きたような記憶がありますが…もうなんか宗教のように「投げ込み投げ込み」て言うOBがいてます。投げ込みをする理由に「肩のスタミナを作る」とか言うてるけど、肩って関節ですよ。こっからして既に分からない。

球数を投げた所で、疲れ切ったような状態で良い球なんか行くわけがない、良いフォームなんか見に付くわけがない。むしろフォームを崩す原因になるような気もしますよ。


考えてみれば、シーズンが始まれば試合で嫌というほど投げる状況に追い込まれるのだ。それに、シーズンは1年だけではない。本人が納得するための投げ込みは必要だが、それは最小限にとどめなければいけないのではないだろうか。

もちろん、前田健もつけ加えているように、それぞれタイプがあるというのも否定はしない。投げ込みをするのが好きなタイプもいる。しかし、一律じゃないということを理解する必要がある。

キャンプ中に投げ込んだ数字にとらわれるのではなく、徹底的に走り込みをするなど、まずは身体を作っていくことがこの時期には必要なのではないだろうか。年々、新人選手のブルペン入りが早くなっている傾向にあるように思えるが、特に新人選手こそ身体づくりを優先させるべきなのだ。


ですね。どんだけ背筋力が強いからって、幾ら球が速いからって、変化球がキレるからって、どんな即戦力投手であっても、まだプロ野球と言う世界で1球も投げてない。どんなOBが褒めちぎった所で、まだ1勝もあげてない。そもそも、1年間プロ野球選手として動ける体力があるのかどうか。

またそれを嬉しそうに取り上げるマスコミもおかしいと言えばおかしいのであって。

球が速い、変化球が良い、けど「即戦力」と謳う以上は異常は絶対にそれだけじゃダメ。ぶっちゃけ自主トレ期間中は延々走り込みばっかりでもいいくらいじゃないかなと思いますよ。

わしは中学生から高校生の頃、剣道をやってました。一応小学校の頃から町道場でやってましたが、それでも即稽古に入れてもらえるはずもなく、先輩が体育館で稽古に励んでいる中、運動場の隅っことかを使ってランニングや各トレーニングに励んでました(そこそこ手を抜いたりしましたが)。

高校の時にも、陸上部と同じように朝錬やってました。これもさぼりがちでしたが(笑)。けどそのお陰でつまらんケガとかをせずに済んだし「体力不足」も解消されたような気もします。

話はそれましたが

プロ野球で丸々一年活躍しようと思ったら、春先の寒さ、梅雨の蒸し暑さもあります。年間通して何にも揺るがない体作りをしようと思ったら、冬場のこの時期かも知れません。まだ「プロ野球選手としての体」がまだ出来上がっていないのに、無理に同じようなペースに巻き込むのはどうかな、と。

つーかホント、特にカープOBは、選手個々にあった調整方法っつうのをもっと認めてやったほうがいいんじゃないかと思いますよ。でないとまたこんな事を言う人が首脳陣から出てこないとも限らない。

前にも書きましたが、キャンプなんか各種連携プレイサインプレイの確認くらいの2時間くらいでいい。あとは全部自主練習でもいいくらいだと思いますよ。無茶な話かもしれませんが。


しかし、話は最初に戻ってしまいますが…

新人選手の入寮からその姿を追いかけるなど、野球の内容よりも話題性を重視したこの時期の報道には、茶の間の野球ファンも存分に楽しんでいることだろう。ここからキャンプイン、オープン戦を経て開幕へとシフトしていくのが、この手の報道にとっては恒例となっている。


すんません。今の所はあんまり楽しんでません。10月に野球を楽しめたらいいんで(笑)。


―――これだけ支離滅裂に色々書けるようになったって事は、「スイッチ」が入りましたかね(笑)。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.01.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/453-741d6c2b