…とはよく中学生の頃に言われたもんですよ。



「もっと品良く」ユニホームの乱れ是正へ スポニチアネックス

プロ野球は20日、東京都内で実行委員会、セ・パ各リーグ理事会を開き、セ・リーグでは近年乱れているユニホームなど身だしなみを整える方向で検討に入った。

問題視されたのは「ユニホーム上着のボタンを留めない」「ネックレスの着用」「ストッキングが見えないズボン」など服装の乱れ。新(あたらし)純生理事長(ヤクルト常務)は「もっと品良くやるべきだろうという意見が出た。どのように徹底していくかは検討課題」と話した。

大柿和則セ・リーグ統括によると、ボタンを上まで留めるというのはアグリーメントに明記され、ストッキングが見えないことは野球規則委員会で議題となっている。



何か情けない話やとは思いますが。週一回の抜き打ち風紀検査じゃないんやから(笑)。つーか「検討課題」とか呑気な事言うてますが、プロ野球改革の課題数あれど、一番手っ取り早く取り組めるもんやと思いますがどうでしょう。


ユニフォームのボタン。

ひどい選手になったら一番上だけやなしに、三つ目まで開けてるのんもおったりしますが。「テレビ映り」って気にした事あるんかなぁ。あれってアップになったら結構みっともないしだらしない。

と言うかユニフォームのデザインそのものが、野球選手の体型に合わせてデザインされているもんなんも気になります。コンピューター技術が発達して、何もかもモニター画面で出来るようになった昨今、本当に「人間の体にあったもの」が作られているのか疑問に思います。


それとネックレス。

あの「ファイテ○」が出してる「RAKUWAネック」ってやつですか(サイトを見に行ったらご丁寧にも「ペット用」まであるらしいですが)。アレをご丁寧にユニフォームの上に出してる選手をよく見かけます。まぁ効果効能はいろいろあるんやと思いますが。

けどあれって、わざわざユニフォームの上に出さんといかんのでしょうかね?「スポンサー」なんやろうとは思いますが、するなとは言わんけど、せめてユニフォームの下にならんかね、といつも思います。


それよりも何よりも気になるのが…

あの裾を踏ん付けそうなユニフォームのズボンの穿き方。いつ頃誰が始めたんですかね。

「広池ブログ」でも少し触れられてたように記憶してますが、あれって選手が選べるようになってるんでしたかね。まぁそれはそれでええとは思うんですが、やっぱりなんかダボダボでユルユルの裾のズボンって、あんまり見た目よろしくない、というかとても「カッコいい」の範疇には入らんですよ。

鈴木一郎なんか、たまに「気分転換」と称してオールドスタイルにしてます。別に全員オールドスタイルにせぇとは言いませんが、せめてズボンの裾くらいはもうちょっとキュッと「締めよう」よ。踏ん付けんようにうまいこと採寸はされてるんやろうけど、やっぱり傍目から見たらみっともないですよ。


事あるごとにやたらめったら「子供たち」を引き合いに出す選手が多くなりましたが、ならば、普段からも「子供たちの見本」になるような服装等々を心掛けて欲しいものであります。

特に赤い弱いチーム。いっぺんこの辺から締めませんか。

その前に噛みタバコやめようね監督さん。アレがテレビで見てて一番みっともないですよ。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.01.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/448-62fc301e