「カープ情報」から引き続いてよそのページをいろいろ見てたら、こんな記事がありました。べつに梅雨獄新聞の記事を引用せんでもええとは思いますが、モノのついでって事で(笑)。



3年B組の金八先生、定年退職へ 人気ドラマ3月で終了

32年間続いた人気ドラマシリーズ「3年B組金八先生」(TBS系)が3月下旬の特別番組で終了する。武田鉄矢さん(61)演じる主人公の坂本金八先生が定年退職するため。ドラマの中で理想の教師像を追求してきた武田さんは「寂しさと、背負ってきた荷を肩から下ろす感じです」と感想を語った。

「3年B組―」は、脚本家の小山内美江子さん原作で1979年10月にシリーズがスタート。15歳の妊娠出産、校内暴力、いじめ、性同一性障害などリアルな問題を取り上げ「次々と世間を騒がせた」(武田さん)。田原俊彦さん、近藤真彦さんらが出演した第1シリーズは、最終回(80年3月)の視聴率が39・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。



え~、第一期、第二期をもろに見てた世代です(笑)。実際出てる俳優さんも2~5歳上、というかほぼ同年代に近い人が多かったですからね。で、どうしても外せんシーンはやっぱりこれでしょう。



ドラマ的に考えると

このシーン、冒頭で君塚校長先生(赤城春江さん)が若干セリフに詰まりかけてるような気もしますが、恐らくコレはこれで行こうと言う結論になったんでしょうね。こんな緊迫したシーンで淀みなく喋れるわけがない。きれいきれいにまとめる、まとめれるシーンじゃないんやから。

しかし、その後の一連のシーン。一切セリフが流されてないのにこれだけの「演技」をやってのけたってのは、やっぱりそれだけ皆が「役に入ってた」って事なんでしょうね。最近のドラマって「まず俳優さんのキャラ」みたいな傾向があって鬱陶しいっちゅうたらありゃせんのですが。

それにしても加藤の表情がいつ見てもアレですな。「もうやるだけのことはやった。あとの責任は取る」みたいな。放送室から出て来る所でも「覚悟は決まった」みたいな顔してますからね。

ちなみに加藤優役の直江喜一さん、第一期にもチョイ役ながら出演なさってます。


それと

こんなセリフがありましたよね。

「問題が起こったっていいじゃありませんか。彼らはまだ未熟なん­です。だから間違うんです。間違ったら繰り返し繰り返しそれは間­違いだと教えてやる。これが教育なんです」「機会やミカンをを作ってるわけじゃないんです。我々は毎日人間を作ってるんです」

ドラマとは言え、こんなセリフを書いた事言えた事。やはり称賛に値するかと思います。先生も子供も何となしに陰湿なのが増えている中、先日広島であったような「素手で喧嘩をする中学生」、そこにこんな先生がおっても良かったような気がせんでもないです。

ただこのシリーズ、これ以降は乱発し過ぎたような気もします。


つーかもうこんなドラマ、出来んでしょうね。少なくともTBSには(笑)。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.01.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/446-f925a2a5