…と言えばこれしか出てきません(笑)



広島に通い出して、ダークダックスのクロージングとかに慣れて来た頃にいきなり「コレ」をやられたんで、ド真剣に目が点になりました。TSS公式サイトではmp3音源を配布してるそうで。ええもちろんダウンロードしまたよ。さすがに玉にしか聞きませんけど。

地上デジタル放送が始まってるまでは、もっと「それなり」の美しい映像になってますが、そこで活躍してるのが「二頭身のテレビ新ヒーロー」。TSSの中継車の横に描かれてるアレですわ。
k-98_05.jpg
ーか、ワリとこの手の「二頭身で手足が短いキャラ」って嫌いじゃないですよ。「ゆるキャラ」って言葉がいつ頃から貧何に使われだしたんかは知りませんが、広島ホームテレビの「ぽるぽる」とともに、これらの先駆けになるんじゃないかとも勝手に思ってたりします。

その、ゆるキャラ全盛の広島県に、新たなる「ヒーロー」が登場とのこと。



この世に虐待ある限り…広島の「もみじ戦士」活躍中
OSK201101180126.jpg
児童虐待と戦う広島のヒーロー・安芸(あき)戦士メープルカイザーが18日、広島県庁に現れた。虐待防止を訴えるオレンジリボン運動を広める県のナビゲーターに任命された。

広島の密林で生まれたもみじの化身。実は一昨年7月に長男が生まれた広島市の建設業男性(43)で、自腹でコスチュームを作り、今や地元でのショーも大人気だ。

メープルカイザーはこの日、オレンジリボン入りの自作ポスター30枚を県に寄贈。「僕の活動で、虐待が少しでも減ってほしい」。仮面の中の瞳は真剣だった。



しかも設定がまたアレですな。「広島の密林」ってどこじゃい?つーか、こーゆーもんは「中の人」を最初っからばらしとったらいかんでしょ(笑)。しかし自作でコスチュームを作ったっちゅうのんはタダもんじゃないな、などと。これまでにもそれなりに有名人やったんでしょうかね。

昨今大人気の「タイガーマスク」も、ちびっ子ハウスの子供たちに色々疑われたけど、終盤まで裏の仮面・表の仮面を脱ぐことなく最終回を迎えます。ある所に最終回がまるまるアップロードされてますが、今考えたらようこんなんゴールデンタイムにやってたな、と思います。

最後の最後に、凄惨なシーンと共に素顔を露わにしてますが、これが今見れば何となく故・三沢光晴さんではなく、小橋建太に何となく似てたりします。本人は気付いているのかどうか。


てな感じで話がそれて行くわけですが(笑)

まぁ最近児童虐待事件が本当に増えてます。虐待と言うか寧ろ「暴力事件」に近いもんもあったりします。子供のない身でこんな事を言うのもアレですが、「叱り方・叩き方の分からない親御さん」が増えて来てるような気がします。これくらい叩いたらこんなに痛い、と言うか何と言うか。

先日どっかの新聞で、広島市内の中学生同士が4対4で「素手で」喧嘩したと言う事件(?)をウェブで読みましたが、ぶっちゃけこんな子供たちの方が(結果どんな怪我をしたんかまでは載ってませんでしたが)「これ位やるとこうなる」ってのを見に染みて分かる大人に育ちそうな気もします。

叩かれた子の身にもなる、叩く叩かないの前に、子供の心を捉えられる大人になりたいものです。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.01.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/438-964bb532