fc2ブログ
来年3月16日に、北陸新幹線が敦賀駅まで延伸開業します。それによって、北陸本線は北から

えちごトキめき鉄道(日本海ひすいライン/直江津駅~市振駅)
あいの風とやま鉄道(市振駅~倶利伽羅駅)
IRいしかわ鉄道(倶利伽羅駅~大聖寺駅)
ハピラインふくい(大聖寺駅~敦賀駅)
JR西日本北陸本線(敦賀駅~米原駅)

と、ものの見事に分断されます。北陸三県でJR西日本に取り残される形になった、城端線・氷見線、越美北線の去就が気になる処ではありますが、高岡駅を起点とする城端線・氷見線に関しては、JR西日本が「再構築」の上、あいの風とやま鉄道に経営が移管される事がほぼ決定しました。

そして北陸三県は北陸新幹線に中長距離輸送を任せ、在来線は「地域間輸送」に特化。それでもやはり、会社間を乗り継ぐ、と申しますか「跨ぐ」 乗客はおられるので、JR線を含めた隣接する鉄道会社間では、若干の値上げはあるものの、連絡運輸は5年から10年程度は継続されるそうです。

ただ問題なのは、3社を跨ぐ連絡運輸はIRいしかわ鉄道に関しては今のところ考慮されてない、と言うか認めてないそうでして。まぁある意味第三セクター鉄道は、新幹線と引き換えに、県が在来線を引き取った「県営鉄道」みたいなモノですから、そう言う施策も致し方なし、ではありますが。

地方の路線バスであれぱ、県境を跨ぐ系統はそうそう見られませんが、北陸本線ほどの規模の路線ともなると、おいそれと無下には出来ない状況。金沢市内の人が、福井県下の永平寺や東尋坊、そして芦原温泉に出掛けるのに、わざわざ北陸新幹線を利用する、とも思えませんしね。

2社間に関しては、敦賀駅~IRいしかわ鉄道・金沢駅間、福井駅~金沢駅間の普通列車は維持もしくは増便、さらには、朝夕4往復のみではありますが、敦賀駅~福井駅間に快速列車も設定されるそうです。まだダイヤ改正の「概要」が発表されたに過ぎないので、2月下旬発売の時刻表を見なければ、具体席な内容は分りませんが、辛うじて「在来線同士の速達」は維持出来るのかなぁ、とも。

北陸本線に関しては、特急用定期券「パスカル」がありますが、ダイヤ改正以降は「サンダーバード」「しらさぎ」共に全区間、指定席になるので、敦賀駅~米原駅・山科駅間に関しては、有効期間が2025年2月28日までのモノを発売。それまでは「空席があれば利用出来ます、との事。

北陸新幹線内「はくたか」「つるぎ」に関しては、これまで通り自由席が連携つされるそうですが、福井県内のみならず、北陸三県内相互、特に、武生駅(越前市)、鯖江駅と言った北陸三県内では有数の工業都市へ、特急用定期券で通勤されていた方は「越前たけふ駅」を使ってでも新幹線通勤をするのか。この辺りも、IRいしかわ鉄道、ハピラインふくいの「手腕」が問われるかと思います。

あと、列車の愛称。既に「はくたか」「かがやき」「つるぎ」の愛称は定着していると思われますが、来るべき新大阪延伸の際には「雷鳥」は復活したりせんのかな。各方面の新幹線の延伸開業で、国鉄時代に慣れ親しんだ愛称が復活してはおりますが、いまいち「その方面」に馴染んでないような気も。東北新幹線の新青森駅延伸開業の際には「はつかり」は復活すると思っていたんですけどね。

で、今回は、福井県内の北陸本線を青春18きっぷで徘徊してみました。前週よりも一気に冷え込んだ12月21日。数年ぶりに全身の装備品を「酷寒地仕様」にしての出立です。



DSC_0001_20231221203518c6f.jpg DSC_0002_202312212035236dd.jpg
DSC_0009_2023122120352388a.jpg DSC_0014_20231221203523566.jpg
まずは敦賀駅。大阪駅から約2時間で到着。青春18きっぷシーズンゆえ、福井駅方面列車に乗り換える人多数。このホームの列車案内に、特急列車の名前が出るのもあと3か月弱。

DSC_0018_20231221203810c6a.jpg DSC_0024_20231221203814981.jpg
この先、北陸トンネル含め、来年3月16日には「ハピラインふくいに移管。つまり、ここを「サンダーバード」「しらさぎ」が北上する日数は限られている、と言う事で何本か撮影。色々と標識が建っていますが、そんなものはお構いなし。ここをこの列車が通過する事が今は大事。大騒ぎにならぬ内に。

DSC_0027_2023122120415426d.jpg DSC_0028_2023122120415958d.jpg
まず最初に目指したのは南今庄駅。北陸本線内では比較的有名な撮影地ゆえ、入れ替わり立ち替わり、常に同業者がいる状態。まだ切羽詰まった時期でもないので、雰囲気的には至って穏やか。

DSC_0093_2023122120482365b.jpg DSC_0094_202312212048274d3.jpg
DSC_0101_2023122120483264a.jpg DSC_0103_20231221204832fd7.jpg
豪雪を期待してはいましたが、残念ながら積雪はなし。但し、私が到着した途端に雪が舞い始めました。雨男雨女ならぬ「雪男」。天気予報では「湿雪」となっていましたが、ダウンジャケットに当たるとパラパラと音がする、乾雪と言うよりも、細かい雹のような降り方。これは正直助かりました。

DSC_0098_20231221204827e11.jpg DSC_0100_2023122120483279c.jpg
南今庄駅以北、牛ノ谷駅までの区間は、2018年9月15日より、ICОCAが使えるようになりました。この設備もそのまま、ハピラインふくいに譲渡される事になるんでしょう。JR西日本の手を離れる北陸本線敦賀以北。あえて申し上げるなら、JR西日本の「置き土産」みたいなものでしょうか。

DSC_0033_20231221210008109.jpg DSC_0042_20231221210013905.jpg
DSC_0049_202312212100137ac.jpg DSC_0068_202312212100137ba.jpg
DSC_0076_2023122121001312b.jpg DSC_0082_20231221210018926.jpg
DSC_0089_20231221210019cc3.jpg DSC_0092_20231221210018e26.jpg
約1時間の滞在の間に、上下各2本の「サンダーバード」「しらさぎ」を撮影。もっとガンガン降ればそれなりに絵になったとは思いますが、天候だけは自分でどうにかなるわけでもなし。

DSC_0050_20231221210536fe0.jpg DSC_0054_20231221210543a53.jpg
DSC_0056_20231221210543d5b.jpg DSC_0058_20231221210543a60.jpg
で、その合間に突然現れたのは、EF510牽引の4両編成の貨物列車、と言うよりは、3両目に「車輪」を搭載した無蓋コンテナが乗っていたので、金沢総合車両所松任本所から吹田総合車両所への部品輸送「配給列車」と思われます。松任本所が北陸新幹線開業と同時に閉所になるので、この光景がどうなるのかは分かりませんが、現状、車両点検に関する正式なプレスリリースはありません。

松任本所で行われていた、北陸地区のディーゼルカーやディーゼル機関車の検査は、米子市にある後藤総合車両所に集約、IRいしかわ鉄道やあいの風とやま鉄道の車両は、JR西日本吹田総合車両所で検査、と言う一部報道も出ています。そうなれば、ハピラインふくいの車両もまとめて、と言う事になるのか興味のある所。個人的には、敦賀駅南側にある「金沢総合車両所敦賀支所」のスペースを北陸地区第三セクター鉄道総合の車両工場としても面白いんではないか、とも。業務委託をするにしても、吹田までの回送も、結構な長距離にもなりますし、費用もバカになりませんしね。

DSC_0112_20231221211026a51.jpg DSC_0118_2023122121103176e.jpg
DSC_0116_202312212110318cf.jpg DSC_0119_202312212110319cc.jpg
13:08武生駅到着。北陸新幹線駅が併設されないので、佇まいは旧国鉄の頃から変わってないように思えます。ただ、駅舎の入り口には、テンプレートのような「北陸新幹線開業」の看板。ちなみに越前たけふ駅周辺では、駅施設以外の、駅前ロータリーや駐車場、さらには「道の駅 道の駅越前たけふ」も先行開業し、また周辺に、大学や大手企業の誘致も積極的に進められているようです。

DSC_0120_2023122121222562e.jpg DSC_0121_20231221212230cdf.jpg
DSC_0123_20231221212230740.jpg DSC_0125_2023122121223045b.jpg
そして、武生駅でどうしてもy食べておきたいのが、豊岡商店さんが運営する、駅舎内待合室にある「今庄そば 武生駅店」。食べたのは天ぷらそば(450円)」。営業時間は07:00~15:00。お昼時なのでビジネス客で混んでいました。ひと段落ついたところで、店のおばちゃんがトイレ休憩に行き「一旦消灯」。セブンイレブンも併設されている待合室。来年3月16日以降はどうなるのかな。

DSC_0161_20231221233740163.jpg DSC_0166_20231221233745896.jpg
駅舎の壁に掲示されていた「ハピラインふくい」新規開業の告知ポスターと「ファンクラブ会員募集」のチラシ。現状「観光列車の類が走る様子のないハピラインふくい。一過性の強い観光列車よりは、まずはしっかり地に足を付けて、福井県下に浸透を目指す、と言う事でしょうか。

DSC_0133_20231221233154d6f.jpg DSC_0151_202312212331597b8.jpg
小雪舞い散る中、若干遅れて到着した特急「しらさぎ7号」。そして、武生駅を通過する特急「サンダーバード21号」。特急街道と呼ばれる北陸本線ならではの光景。「しらさぎ」に使用されているのは、かつては「しらさぎ」オリジナルのエンブレムも入れられていた、683系2000番台。

DSC_0162_20231221234436b8d.jpg DSC_0167_20231221234441b1a.jpg
駅名標と改札口周辺。何となく草臥れているように見えますが、いずれはもっと明るくなるのかな。

DSC_0153_20231221234441a98.jpg DSC_0157_202312212344478a9.jpg
除雪用モーターカーと、ホーム上跨線橋の下に用意されている除雪機械。

DSC_0159_20231222002712ad5.jpg DSC_0134_20231222002707d71.jpg
駅構内の看板。左は2018年1月7日撮影。当の北陸新幹線越前たけふ駅までの交通手段は、基本的には朝夕のシャトルバスと、越前市デマンド交通のみとか。新幹線の駅としてはかなり脆弱なように感じます。ちなみに東京駅発着の「かがやき号」は、朝夕2往復のみ、あとは「つるぎ号」が1時間に1本の停車となっています。まだこの辺りはどちらかと言えば「関西志向」ですかね。

DSC_0168_20231221234826842.jpg DSC_0169_20231221234830a8f.jpg
14:29福井駅到着。1996年に高架工事の起工式、そして2005年4月18日に竣工しました。越美北線のディーゼルカーが乗り入れて来る為、排気を兼ねた明り取り窓が設けられていますが、雰囲気としては何となく薄暗く感じます。そして、完成から20年を待たずに、JR西日本の手を離れます。

DSC_0179_2023122123540701b.jpg DSC_0183_20231221235412a6b.jpg
福井駅西口。こちらは取り立てて「北陸新幹線開業」に向けた華やかさは見受けられません。北陸新幹線開業に合わせて「福井城址口」と言う呼称になるそうです。

DSC_0204_2023122123552773e.jpg DSC_0205_20231221235532768.jpg
近代的な高層ビルが建っているかと思えば、いかにも地方都市らしい雑居ビルも残っています。

DSC_0182_202312212357485b3.jpg DSC_0184_20231221235752c14.jpg
西口広場に乗り入れている、福井鉄道福井駅。2枚目の画像は旧ホーム跡。駅前広場の再開発により、JR福井駅、その他バス乗り場と「屋根続き」になりました。

DSC_0201_20231222000111d00.jpg DSC_0203_202312220001170c4.jpg
北陸新幹線開業のアピールらしきものは、バス乗り場等の屋根の下に設置されている幟程度。

DSC_0185_20231222000517b9b.jpg DSC_0189_2023122200052389f.jpg
新幹線開業と同時にオープンする「一乗谷口」。高架下では新規店舗の突貫工事中でした。北陸新幹線の高架は、屋根に覆われて確認出来ず。その傍らにはえちぜん鉄道福井駅の高架。一時期、先行して完成した北陸新幹線の高架線で「仮営業」。停車中の電車がちらっと見えます。

DSC_0186_202312220138065f6.jpg DSC_0187_20231222013811589.jpg
東口(一乗谷口)の高速バス乗り場。福井鉄道・京福バス・JR東海バス・名鉄バスが共同運行する「高速乗合バス福井・名古屋線」が、12月1日より、8往復から10往復に増発、12月23日からは、新たに「日本海観光バス」が、大阪・京都への便を新設。「関西・中京地区まで乗り換えなし」のメリットを前面に押し出し、ささやかながらも北陸地区で「交通戦争」が勃発しています。

DSC_0190_202312220010049c0.jpg DSC_0191_202312220010091ed.jpg
DSC_0192_20231222001009589.jpg DSC_0193_20231222001009fc7.jpg
「一乗谷口」駅舎内コンコースはもちろん未開業ではありますが、既にきっぷ売り場、自動きっぷ売り場の案内も見られます。後は機材その他の移転だけでしょうか。どことなく広場っぽく造られていますが、いずれはここで「延伸開業記念式典」でも開催されるんでしょう。

DSC_0195_20231222001341578.jpg DSC_0197_20231222001346550.jpg
DSC_0196_202312220014387c6.jpg DSC_0198_20231222001346280.jpg
DSC_0199_20231222001346928.jpg DSC_0178_20231222001442044.jpg
中を通り抜けると、現在の西口コンコースに抜ける事が出来ます。コンコース内では「今庄そば」も営業中ですが、この辺りもハピラインふくい管内になるのか、それともJR西日本の管理になるのか。これだけの規模の駅、そして地元の名物ゆえに、今後も存続して欲しいんですけどね。

DSC_0003_20231222002123fd9.jpg DSC_0011_2023122200212867c.jpg
先週12月15日に、JR西日本から、来年3月16日のダイヤ改正の全容、そして北陸新幹線「かがやき」「はくたか」の時刻表、富山駅・金沢駅~敦賀駅間の「つるぎ」から「サンダーバード」「しらさぎ」への連絡時刻表が正式にリリースされました(敦賀駅乗り換えは最短8分)。と同時に、金沢駅~大聖寺駅間はIRいしかわ鉄道に、大聖寺駅~敦賀駅間はハピラインふくいに移管されます。

DSC_0108_20231222002216d7a.jpg DSC_0113_202312220022213ec.jpg
福井駅の項でも記しましたが、今後の「IRいしかわ鉄道」「ハピラインふくい」の問題として、旧国鉄~JR西日本から受け継いだ、長大ホームの取り扱いに苦慮する事態に陥るかも知れません。

DSC_0135_202312220023125d1.jpg DSC_0163_20231222002316245.jpg
現に、長野行新幹線開通の際に、最初の「並行在来線第三セクター鉄道」として開業した「しなの鉄道」では、旧態然とした駅設備の取り扱い、引き込み線等の撤去費用にも事欠き、国土交通省に支援を要望しています。いずれ「旧」北麓本線にも、この問題が降りかからない、とは限りません。

DSC_0211_20231222001925bc8.jpg DSC_0214_2023122200193001d.jpg
列車の交換、また退避設備については、貨物列車が通過するので、移転や撤去はないとは思いますが、使われるかどうかわからない信号機やホームの点検費用等、運賃収入や補助等で賄えない所も、今後は出て来るはず。特にハピラインふくいに関しては「北陸トンネル」も抱えますし。

DSC_0218_202312220019303e9.jpg DSC_0225_20231222001930a85.jpg
そして最大の問題は「雪害」。JR西日本の、北陸本線での除雪費用がどれ位かかっていたのかまでは存じませんが、これが最大のネックになるでしょう。怠ると、日本海側の物流にも多大な影響が出ます。3年、5年とやってみないと分からない部分はありますが、決して、新幹線開業を、諸手を挙げて「バンザイ」と言うわけには行かない、かと思われます。地元でどこまで賄う事が出来るか。

DSC_0233_20231222001936bdc.jpg DSC_0240_20231222001936355.jpg
現状では、物流も人流もそこそこあるので、北海道新幹線札幌延伸に関連しての、函館本線の動向のようにはならないとは思いますが、心底「ハピライン」になるには当分かかるでしょう。ただ、特急列車がなくなる為、列車本数もかなり増加、そして幾ばくかのスピードアップもあるとか。来年2月の時刻表で正式に発表になる列車ダイヤを、ちょっとだけ楽しみにしたいと思っています。

2023.12.22 / Top↑
TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/3562-2b821341