fc2ブログ
相変わらず俗世間には異常なまでの閉塞感が漂っています。もはや「外に出る奴は犯罪者」みたいな風潮。何となくではありますが、感染症のお陰で色んなモノが狂いつつあるように思います。

日々「如何にして家にいるか」を模索するのも良いかとは思いますが「如何にして外に出るか」を少しでも考えてもよいはず。鬱蒼とした気分を払拭するには、やはり外出が一番良いかとも思います。

と言うよりも私の場合、休暇はとことん外出して来たので、終日自宅でどうやって過ごせば良いのか分からないだけ、なのかも知れません。ただひとつ言えるのは「身体を動かしたい」これだけです。



前回は、諸般の事情により阪堺電車我孫子道停留所で断念せざるを得なかったこの企画(?)。今回はその我孫子道停留所をスタートして北上、そのまま住吉電停から新装なった阪堺線起点の恵美須町停留所へ、そして天王寺駅前停留所から上町線沿線を南下しつつ堺市内へ戻る事にしました。

ちなみに我が家(最寄り駅は南海高野線初芝駅)からは、幹線道路や信号を避けながら走ると、だいたい40分程度で到着します。これが近いと感じるか、遠いと感じるかは当然個人差があります。

DSC_0001_202004242109273e8.jpg DSC_0002_202004242110024fe.jpg
DSC_0003_202004242109512a1.jpg DSC_0005_20200424211012d5f.jpg
DSC_0010_20200424210952de4.jpg DSC_0011_20200424211004fc5.jpg
DSC_0016_2020042421094092d.jpg DSC_0018_20200424210947f1f.jpg
と、その前に、前回は慌ててかえってしまったので、大和川電停を出た電車が、大和川を渡って向かって我孫子道停留所に向かって坂を下る場面を撮り損ねてしまったのでちょいと寄り道。この逆は踏切の関係上、無理ですのでご注意ください。車庫に引き上げる電車も撮れます。

DSC_0026_20200424211155928.jpg DSC_0034_202004242112022eb.jpg
おはようございます阪堺電車我孫子道停留所。ここから北上を開始します。天王寺駅前行と恵美須町行が行き交うので、住吉電停まで、車両を問わなければかなりの枚数がこなせると思われます。

DSC_0024_20200424211337e85.jpg DSC_0025_20200424211432fe0.jpg
DSC_0029_20200424211413de5.jpg DSC_0035_202004242114304a3.jpg
DSC_0030_202004242114446d5.jpg DSC_0032_20200424211431b33.jpg
DSC_0033_20200424211441862.jpg DSC_0036_20200424211443f35.jpg
みな「単行」の電車なので、超低床車両が幅を利かすようになった広島電鉄ほどではありませんが、車体広告が結構派手だったりするので、車両それぞれにかなり個性があります。

DSC_0042_202004242122401d2.jpg DSC_0043_202004242122472e9.jpg
チンチン電車とは言え、住吉鳥居前電停の南側までは専用軌道を走ります。我孫子道から細井川電停までは、ほぼ直線の専用軌道なので、パッとしたのは撮れませんが、周囲にたいして高い建物もなく、また電車自体も高速で走るわけでもないので、のんびり撮って回れます。

DSC_0046_20200424212706d09.jpg DSC_0057_202004242127192f7.jpg
DSC_0070_2020042421273495c.jpg DSC_0080_20200424212732968.jpg
安立町電停のやや北側の下り線では、保線作業が行われていました。どれだけお客さんが少なくなっても、日々電車が走っている限り、作業はなくなりません。本当にご苦労様です。

DSC_0081_20200424212913280.jpg DSC_0087_20200424212922108.jpg
安立町電停に阪堺電気軌道現役最古参、昭和3年生まれのモ161形モ164号が運用に入ってました。青地に白の、昔懐かしい「雲電車」塗装ですが、残念ながら側面にはデカデかと広告。非冷房車の為、夏場になると運用予備車となり、大和川車庫で寝てる事の方が多くなります。

DSC_0084_202004242159398a6.jpg DSC_0084_2.jpg
一枚をモノクロに変換してみました。周囲の風景もありますが、これで一気に昭和に逆戻り。幸いにも行き先が「方向幕」のままだったので為せる技。これがフルカラーLEDなら興ざめだったでしょうね。

DSC_0098_2020042422053196f.jpg DSC_0099_202004242205417b2.jpg
DSC_0100_20200424220533a24.jpg DSC_0097_202004242205435f6.jpg
DSC_0133_20200424221624a08.jpg DSC_0135_20200424221634570.jpg
細井川電停に到着。我孫子道からほぼ直線で北上してきた阪堺電車は、北側で急なS字カーブを描いて東玉出電停までの併用軌道に入ります。この辺りの停留所はみな古びたまま。これもまた「味」。カーブ手前の鉄橋jは「細江川」を渡る為の鉄橋。電停の名前は、これが変化したものとか。

DSC_0108_202004242214052bb.jpg DSC_0114_20200424221441c25.jpg
DSC_0117_20200424221442b68.jpg DSC_0122_20200424221435f0a.jpg
DSC_0127_2020042422144968b.jpg DSC_0130_202004242214394b7.jpg
600形と700形、350形と500形、区別の付きにくい車両が多いですが、全面ラッピング広告、また復刻塗装など、阪堺電車は比較的賑やかです。また、昭和初期・中期、平成、令和(2020年3月28日に、モ1100形デビュー)と、登場した年代も多岐にわたります。

DSC_0154_20200424222258d1b.jpg DSC_0155_20200424222314bdf.jpg
DSC_0161_20200424222321baa.jpg DSC_0167_20200424222324369.jpg
さて細井川電停を過ぎると、いよいよ住吉大社の前を走る併用軌道になります。

DSC_0169_202004242224503a9.jpg DSC_0171_20200424222500e50.jpg
DSC_0174_202004242225068bd.jpg DSC_0177_20200424222509fa1.jpg
正月三が日は初詣客で、臨時ホームすら設置される程の大混雑になる住吉鳥居前電停。しかしこの時期は祭事もない、どころか住吉大社自体が「参拝禁止」になっているのでひっそりしてました。

DSC_0179_20200424222828e87.jpg DSC_0183_20200424222835b50.jpg
DSC_0187_20200424222840aed.jpg DSC_0190_20200424222848c51.jpg
住吉大社の中まで入ってみました。とりあえずこの先は「自粛」。しかし「無病息災五穀豊穣」を祈るはずの神社が「休み」と言うのは、致し方ない事なのかどうなのか、という疑問はあります。

DSC_0212_2020042423311117e.jpg DSC_0219_20200424233123a00.jpg DSC_0220_20200424233127da0.jpg
当の住吉電停。交差点西側には、昔ながらの待合室。そして東側には、ポイント切り替えを扱う「信号扱所」。さらには北東側の調剤薬局の軒下に、待合スペースが設けられています。

DSC_0192_20200424223607c88.jpg DSC_0193_20200424223628fe9.jpg
DSC_0196_20200424223634dfd.jpg DSC_0194_20200424223628a7c.jpg
そして、2016年1月31日に廃止になった、住吉公園停留所に立ち寄ってみました。廃止後4年を経過しましたが、駅舎は、内部に幾つか店舗が入居している関係上、現存しています。ただし「臨時休業」でした。線路跡地は既に駐車場になっていました。200メートル程のややカーブした土地なので、住宅地にするわけにも行かず、かと言って他によい転用の方法がないんでしょうね。同じような状況は、南海天王寺支線の跡地利用にも似たような例があります。電車道ゆえの宿命でしょうか。

DSC_0201_20200424224908e5e.jpg DSC_0209_2020042422491529e.jpg
DSC_0213_2020042422493231d.jpg DSC_0217_20200424224929bab.jpg
上町線と阪堺線の平面交差こそなくなってしまいましたが、2路線が合流する停留所と言う事で、ひっきりなしに電車がやって来ます。ちなみに恵美須町からは日中は24分間隔、天王寺駅前からは6分間隔でやってきます。恵美須町発の電車って、いつの間にやらえらい減便されてたんですねぇ。

DSC_0222_20200424233300547.jpg DSC_0223_20200424233309a39.jpg
DSC_0229_202004242334486b0.jpg DSC_0226_202004242334397c5.jpg
さてここから、恵美須町を目指して北上を開始。上記の如く片道24分に1本、上下線合計でも12分に1本の割合なので、撮り逃してしまうと撮り直しが利きません。次の東粉浜電停到着。その東粉浜電停の少し北側の横断歩道付近から、遠くに「大阪の象徴」通天閣を見る事が出来ます。

DSC_0234_202004242340538fb.jpg DSC_0238_20200424234112c6b.jpg
DSC_0239_2020042423412637b.jpg DSC_0253_2020042423412392e.jpg
DSC_0307_20200424235506ec8.jpg DSC_0311_2020042423550118e.jpg
街中なのに列車本数の少ない、併用軌道で横断歩道のど真ん中、意外に交通量も多いです。当然三脚などは使ってられません。超望遠手持ちで頑張りましょう。歩行者や車が被るのは当たり前。チンチン電車の撮影と言うモノは実に過酷であり、また非情です。

DSC_0285_2020042423485441d.jpg DSC_0286_20200424234922fc2.jpg
DSC_0289_20200424234921801.jpg DSC_0291_20200424234914be6.jpg
塚西電停(上二枚)と東玉出電停(下二枚)。線路がなぜか西側に寄せられている為、恵美須町方面行乗り場に安全地帯はありません。軌道内を車が走行します。時刻表や各種案内は、傍の電柱に括りつけてあります。残念ながらここでは電車に合わず。これもまた本数の少なさ故の悲哀。

DSC_0293_20200424235251257.jpg DSC_0294_202004242352566a6.jpg
DSC_0299_20200424235310efc.jpg DSC_0306_20200424235309068.jpg
DSC_0312_2020042423555704a.jpg DSC_0315_202004242356061c6.jpg
東玉出電停の北側で、南海高野線の線路を潜ります。しかしながら高野線電車とのタイミングが合わず。これもまた本数の少なさゆえの悲劇。昔はこんな事なかったんですけどねぇ。

DSC_0321_20200425000015fb8.jpg DSC_0322_20200425000006bce.jpg
次の天神ノ森電停との間には「遺物」が二点。盛土区間に当たる南海高野線岸里玉出駅のホームの外には、かつて地平だった南海本線ホームとの連絡通路の跡が残っています。

DSC_0333_202004250000023b4.jpg DSC_0331_20200425001023b3f.jpg
そして、阪堺電車が南海高野線の線路をlくぐって最初の踏切の傍にあるのが「宮ノ下電停」の跡地。「宮」と言うのは、近隣にある「阿倍野神社」の事。隣の天神ノ森・東玉出のいずれにも近いという事で廃止になったようで、現在は資材置き場として活用されています。

DSC_0337_20200425001949101.jpg DSC_0342_20200425001955b4f.jpg
この先は少し飛ばします。途中、松虫通を横切る踏切で電車を待ってみましたが、かなりのスピードで通過していきます。かつては堺市内までの利用客を、何回j本線と争った事もある、南海電気鉄道との合併前の、旧阪堺電気軌道。その一端を伺う事ができます。

DSC_0347_20200425002119dfc.jpg DSC_0348_20200425002126d33.jpg
ここから先は、ちょっと鄙びた商店街を抜けます。ろくすっぽ地図すら見てませんが、とりあえず北に向いてたら何とかなるだろう、と言う適当な走り方。これもまた「良い運動」の一環。

DSC_0349_2020042500231476b.jpg DSC_0351_20200425002323a68.jpg
DSC_0353_20200425002334e93.jpg DSC_0357_20200425002328121.jpg
この日の起点、と決めた我孫子道停留所から2時間40分かけて、今船電停に到着。この先は、今池電停に向けての急勾配です。あまり関係ない話ですが、かつてこの傍には、「餃子 大王」と言うお店がありましたて、お店でミーティング等を繰り返していたバンドは、そのお店の名前をそのまま頂いたそうで。現在では建物は取り壊され、コンビニエンスストアが建っています。

DSC_0360_20200425002935e0a.jpg DSC_0363_202004250029440ea.jpg
DSC_0364_20200425003000f5a.jpg DSC_0369_2020042500300099e.jpg
ここも、追い掛けるなら恵美須町行がいいでしょう。雲電車がやってきました。

DSC_0374_20200425003434392.jpg DSC_0375_20200425003444181.jpg
今船電停の東側にある交差点から北上します。この辺が「堺筋」の南の起点になります。今池商店街までやってきました。大阪市内ってこの手の商店街がまだまだ多く見られます。

DSC_0376_20200425005919682.jpg DSC_0385_202004250059253d8.jpg
DSC_0393_202004250059433bd.jpg DSC_0386_20200425005947b4e.jpg
DSC_0377_20200425005947c5f.jpg DSC_0381_20200425005953227.jpg
今池商店街の向かい側の細い路地を入ると、今池電停のホームに続く階段があります。上がった所にホームと構内踏切があります。テントが張られていたんだとは思いますが、現在は骨組みのみ。階段の途中では野良猫がお出迎え、してくれたんですが、何故か喧嘩が始まりました。

DSC_0387_202004250104402cc.jpg DSC_0396_20200425010448ec4.jpg
線路は盛り土ですが、1983年までは、この下に南海電鉄天王寺支線が通っていました。停留所南側の鉄橋はその名残。現在は駐車場等になっています。ゆえに電停の前後は急勾配となっています。

DSC_0403_202004250107174c3.jpg DSC_0405_2020042501073030f.jpg
DSC_0408_20200425010736d08.jpg DSC_0412_20200425010755d02.jpg
DSC_0419_20200425010749edb.jpg DSC_0417_2020042501075869c.jpg
構内踏切に立っての撮影です。勾配の下の今船電停に停車した辺りから連写開始。構内踏切の警報器が鳴ったらとっとと退去しましょう。これもまた電車の安全運行の為。

DSC_0978_2020042501211071e.jpg DSC_0979_20200425012114a36.jpg
DSC_0432_20200425011416a92.jpg DSC_0435_20200425011344848.jpg
DSC_0436_2020042501141451b.jpg DSC_0438_202004250114103dc.jpg
DSC_0439_20200425011415d4b.jpg DSC_0441_20200425011434a12.jpg
DSC_0447_202004250114205e6.jpg DSC_0443_202004250114312d8.jpg
構内踏切は、我孫子道方面行電車が通過した後は割と早く遮断機が上がるので、新今宮駅前方面のカーブを曲がってから電停到着、そして出発して坂を下りるまで、比較的長い時間追う事ができます。途中、ほんの僅かではありますが、通天閣と絡めることも可能です。

DSC_0452_202004250123352a2.jpg DSC_0453_20200425012400abb.jpg
DSC_0456_20200425012357f19.jpg DSC_0459_20200425012352add.jpg
南霞町改め、新今宮駅前電停はスルー。窓口にて定期券・回数券も発売していますが、この日は閉鎖されていました。そこまでやらなければいけないか?と言う気にはなります。そして堺筋をさらに北上。

DSC_0463_20200425012627145.jpg DSC_0465_2020042501264521e.jpg
DSC_0466_20200425012653adc.jpg DSC_0470_202004250126454a4.jpg
旧恵美須町停留所に行く途中に、2020年2月に開設された「新」恵美須町電停があります。駅舎があるわけでもなく、コインパーキングみたいな看板があるだけ。猛威を振るった台風21号で旧駅舎が被災、さらには通天閣への最寄り駅とする為とされていますが、乗換客があったかどうかはともかく、堺筋線恵美須町駅からは若干遠くなり、日本橋筋商店街も遠くなってしまいました。

DSC_0468_2020042501351598d.jpg DSC_0475_20200425013525db5.jpg
DSC_0476_20200425013550fc0.jpg DSC_0479_20200425013535eed.jpg
DSC_0481_20200425013550f35.jpg DSC_0482_20200425013556cf6.jpg
北上しながら旧恵美須町停留所。停留所と言うよりも「駅」と言った方が良いくらいの、行き止まりホームを備えた「ターミナル」でした。まだ線路が剥がされただけなのでいつ復帰してもおかしくない、と思うのは私だけではないはず。むしろ新駅は「仮設」に見えますが如何でしょうか。



堺市東区の自宅を出発してから約4時間40分。我孫子道停留所をスタートしてから、ラストの通天閣のカットまで約3時間40分。既に13時を過ぎております。ここから先は新世界を抜け、天王寺駅前停留所から上町線沿線を南下する事にしてますが、これだけでも良い運動になっています。

ただ、それを追加してしまうと、通常の野球の記事よりも長くなってしまうので一旦ここで終了です。そんなに山のように画像を並べるな、と言う話ですが、載せてみたい画像が結構あったりしますゆえ。

2020.04.25 / Top↑
TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/3225-6af59cd2