気候のよい10月。休暇ともなればじっとしておれぬモノでございまして。ましてやちょいと遠隔地で好きなチームがオープン戦をやってるともなると、ついつい出掛けたくなるものでございます。

と言うわけで10月17日水曜日、広島県は尾道市にある、びんご運動公園野球場、俗に言う「しまなみ球場」に、JR西日本対新日鐵住金広畑イーグレッツの試合を観戦に行ってまいりました。

普通の人は新幹線でチャッチャとと往復、もしくはクルマで出かけるもんだとは思います。私も通常は前者なんですが、せっかくの「球暇」なんだし「金はあらへんけど時間やったら無駄にナンボでもあるで」てんで、若干の変化をつけてみました。普通の人にはまずお薦めしません出来ません。

DSC_0002_201810190154097af.jpg DSC_0003_20181019015424daf.jpg
おはようございます大阪メトロなかもず駅。初芝駅から南海電車で中百舌鳥駅、よりも、自宅から直接なかもず駅までチャリンコで行く方が早い事もあるので、最近のスタートは専らなかもず駅です。

DSC_0004_20181019015431b76.jpg DSC_0006_20181019015438998.jpg
梅田駅到着。ここで阪神電車に乗り換えます。直通特急山陽姫路行。

DSC_0011_201810190159024ee.jpg DSC_0013_20181019015923000.jpg
DSC_0017_2018101901592216d.jpg DSC_0018_201810190159262f3.jpg
なぜこんなルートを選択するかと言うと、新尾道駅までの乗車券が、大阪(市内)発着と姫路発着では、往復2820円の差。ならば多少時間はかかるものの、大阪~姫路間を「阪神・山陽シーサイド1Dayチケット(2000円)」にしてしまえ、てな算段。逆「タイム・イズ・マネー」。

DSC_0020_201810190200153a2.jpg DSC_0022_201810190200369d0.jpg
DSC_0024_2018101902003500c.jpg DSC_0026_20181019020042320.jpg
山陽姫路駅到着。

DSC_0031_20181019020137b39.jpg DSC_0032_2018101902015747a.jpg
DSC_0034_20181019020202d94.jpg DSC_0037_20181019020157253.jpg
姫路駅からは山陽新幹線ひか493号に乗車。新幹線の歴史を彩ってきた「ひかり号」ではありますが、のぞみ号の停車駅の増加や、みずほ号・さくら号の影響で、やや影が薄くなりつつあります。

DSC_0039_2018101902024756a.jpg DSC_0040_2018101902025260a.jpg
と、ここで本来なら「姫路駅そば」を喰らうところなんですが、今回は奮発して、まねき食品の「但馬牛めし弁当(1180円)」。多少値は張りますが、重厚に焚き上げられた牛肉がたまりませぬ。

そして、新幹線車中で、とある組織の重要人物より「到着は尾道駅か?新尾道駅か?こちらより出迎える」とのメッセージ受信。新尾道駅に到着する旨を伝えて、ありがたくお受けする事に。

DSC_0043_20181019020353d8d.jpg DSC_0044_20181019020448536.jpg
DSC_0048_201810190205011e5.jpg DSC_0057_2018101902050262f.jpg
09:37福山駅到着。ここで、途中新倉敷駅で追い抜いた、こだま733号に乗り換え。当初は、姫路駅からこだま号だったんですが、ひかり号のお陰で出立が約1時間繰り下げになりました。

DSC_0060_2018101902074625b.jpg DSC_0061_20181019020804b1a.jpg
DSC_0064_20181019020809e2f.jpg DSC_0065_20181019020841126.jpg
09:58、新尾道駅到着。山陽新幹線の駅の中でも、五指に入る利用客の少なさ。日中は1時間に1本のこだま号。東京直通は早朝の上り、深夜の下りの1往復のひかり号のみ。さらに市街地から離れている状態では、いくら地元の「請願駅」とは言え、利用客の少なさは如何ともしがたいようで。

DSC_0066_20181019020844263.jpg DSC_0068_20181019020844575.jpg
DSC_0069_20181019020837beb.jpg DSC_0072_201810190208465a3.jpg
実際、のぞみ号の停車する福山駅から、在来線の尾道駅まで普通電車で約20分。新幹線も日中は毎時3本あるともなれば、余程のことでもない限り、在来線を利用するでしょう。利用客は在来線尾道駅の約5分の1。年によっては1000人を切る年もあったとか。

DSC_0075_201810190219594c6.jpg DSC_0077_20181019022008376.jpg
そして、拉致されました(笑)。駅北口に立つと、駅の高架を潜る国道184号線に「新尾道駅北口」と言うl興産店が見えます。そこに「びんご運動公園」の案内があります。くるまでおおよそ5分程度。

DSC_0079_20181019022058367.jpg DSC_0080_2018101902210855b.jpg
DSC_0081_20181019022120fed.jpg DSC_0082_20181019022122925.jpg
しまなみ球場到着。広大な「びんご運動公園」の東端に位置します。駐車場は球場から一段低い所にありますが、プロ野球開催時には大混雑、尾道市内に続く国道184号線に出るのも難儀します。

DSC_3746.jpg
グラウンドはあまり見ない、ホームベースからセンター方向が北北西方向となっています。

DSC_0083_201810190228064c3.jpg DSC_0087_20181019022759629.jpg
内野はファウルグラウンドを含め土、外野は天然芝。両翼に続くファウルラインの両側も芝になっています。使用する土や芝、グラウンドの面積等、可能な限り阪神甲子園球場に近付けた、との事。

DSC_0088_201810190240456f5.jpg DSC_0090_20181019024054ea1.jpg
両翼は96メートル、中堅は120メートル。

DSC_3725_2018101902331881d.jpg DSC_0291_20181019023323152.jpg
ファウルゾーンにはブルペン。同時に二人投げることができます。

DSC_0092_20181019024337195.jpg DSC_3722_20181019024347801.jpg
スコアボードは磁気反転式。残念ながらこの日はスターティングメンバー表示はなし。

DSC_3748_2018101902451862f.jpg DSC_0084_20181019024519cd6.jpg
観客席。内野バックネット裏は背もたれ付きとなっていますが、一塁側・三塁側はベンチシートになっています。しかしながら指定席にも使用されるのか、番号が割り振られています。

DSC_3726_20181019024738530.jpg DSC_0099_201810190247482fc.jpg
また、内野席の両翼ポール際付近、ちょうどブルペンの上付近には芝生のスペースがあります。

DSC_3751_20181019024847882.jpg DSC_3752_2018101902485852d.jpg
内野席には、表示こそありませんが、おそらく車椅子スペースであろう、出っ張りが設けられています。三塁側にはありません。また、どういうわけか通路にもベンチシート(席番あり)が設けられています。

DSC_0096_20181019025117d23.jpg DSC_0094_20181019025125906.jpg
外野は全面芝生席、ですが、最後方には背もたれ付きの座席が三~四列ほど設けられています。どっちに座って観戦するのがいいんでしょうか。これまた謎。

DSC_0098_2018101902542757c.jpg DSC_0097_2018101902543263e.jpg
照明塔は6基。ナイトゲームでの使用実績ももちろんあります。


DSC_3750_201810190308586d0.jpg 
DSC_3756_2018101903092998f.jpg DSC_3757_201810190309388ed.jpg
プロ野球、カープの公式戦だけでなく、高校他アマチュア野球でもかなり幅広く使用されている球場。プロ野球公式戦開催時以外は、絶望的にアクセスのよろしくない球場ですが、新尾道駅から歩いても30分程度(『運動公園』ですから)なので、次は徒歩で挑戦しようかと考えております。
2018.10.19 / Top↑
TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/3057-b9390ce9