fc2ブログ
もうそろそろ、年末に向けての動きが活発になろうかと言う11月23日、今年最後の野球観戦を、と言う事で「第2回JABA近畿クラブ会長杯」を観戦しに、有田市民球場へ出掛けました。

和歌山県下での野球観戦は、数年前に「上富田スポーツ公園野球場」に連れて行って貰ったきり。もっとも、観たい試合と休暇その他が重ならないのも事実ですが、いつ以来か覚えてないくらい久しぶりに「祝日」に休暇が貰えたので「ここはひとつ」てんで、2016年、31球場目観戦です。

DSC_0002_201611250053428fe.jpg DSC_0004_2016112500534187e.jpg
おはようございます南海高野線初芝駅。何と言っても、第一試合の開始予定時刻が08:30。しかも社会人野球の試合ゆえ、繰り上げスタートは日常茶飯事。どうしても一番電車になります。

DSC_0005_20161125005445ae2.jpg DSC_0006_20161125005456f20.jpg
DSC_0007_20161125005458585.jpg DSC_0010_20161125005501d7d.jpg
三国ヶ丘駅で阪和線下り電車に乗り換え。早朝ではありますが、関西国際空港に向かう人で割りと賑わってます。都合の良い事に、和歌山行普通電車は、223系電車。しばしひと寝入り。

DSC_0012_20161125005736560.jpg DSC_0019_2016112500573993b.jpg
ここで鉄分な話。阪和線内、三国ヶ丘~和歌山間は、南海電鉄との競合の都合上、「特定区間運賃(860円)」が設定されています。この「特定区間」を前提に、途中下車等をする事によって、運賃が安く済む区間も他地区に見られますが、三国ヶ丘~箕島間に関しては、三国ヶ丘~和歌山間が860円、和歌山~箕島間が500円で計1360円。三国ヶ丘~箕島間を一枚の切符で済ますと1320円。つまり、特定区間運賃の恩恵は受けられませんのでご注意ください。天王寺駅からだと肖れます。因みに、目指す箕島駅ではICOCAはまだ使えません(12月17日より)。切符買いました。

DSC_0014_2016112500592371a.jpg DSC_0015_20161125005932391.jpg
DSC_0016_20161125005938297.jpg DSC_0017_20161125005936397.jpg
終点和歌山駅で「きのくに線(紀勢本線)」06:54発紀伊田辺行普通電車に乗り換え。

DSC_0022_201611250101189d3.jpg DSC_0023_201611250101222f1.jpg
今年に入ってすぐ、ホーム上で営業していた駅弁業者が2社とも撤退。ホーム上は寂しくなりました。ちなみに、きのくに線ホーム(4・5番線)には、飲料の自動販売機すらありません。電車に乗る前に買っとけよ、と言われればそれまでですが、ちょっとなー、とは思います。

DSC_0029_2016112501051072c.jpg DSC_0030_20161125010513851.jpg
DSC_0033_20161125010518a49.jpg DSC_0035_20161125010510593.jpg
DSC_0040_201611250106531ec.jpg DSC_0041_20161125010651262.jpg
何年かぶりに下車する、きのくに線箕島駅。前を歩いているのはもちろん、あの「和歌山県立箕島高校」の生徒さん。駅前には何もありません。と言うか駅前はささやかな商店街になっているんですが、「玩具店」とか「文具店」と言った昔ながらのお店が並んでいます。ゆえに、食糧その他は事前に用意しておく事をお薦めします。駅前に飲料の自販機はあります。もっとも、こんな所まで電車で来るヒマジンがどれくらいおられるのか、と言う話にもなりますが。

DSC_0045_201611250108280b6.jpg DSC_0046_201611250108348f9.jpg
ここからはタクシーを利用します。公共交通機関としては地元「中紀バス」が運行するデマンドバスもありますが、本数が少ない上、試合に間に合うような都合の良い便がなかなかございません。

DSC_0050_20161125011118226.jpg
クシーに乗車する事約10分たらず(歩けば45分)。目指す「有田市民球場」到着。

DSC_2453_2016112501125226e.jpg
和歌山県内で食品スーパーマーケットを展開する「松源」が2007年から10年契約で命名権を取得、現在は「マツゲン有田球場」と言う名称となっています。和歌山県下の高校野球の公式戦や、地元箕島のクラブチーム・和歌山箕島球友会(現在は球場の指定管理者)の練習施設となってます。地元ではとうやら「マツゲン球場」の名前の方が通りが良いようです。

DSC_0055_20161125011431ec0.jpg DSC_0053_201611250114344e9.jpg
正面玄関。もちろんここは「関係者入口」。その手前には、和歌山箕島球友会を支援する、飲料の自動販売機があります。僅かなお金でも、チームにお金が入るのは良いこと、ではないでしょうか。

DSC_0059_20161125011533e7c.jpg DSC_0058_2016112501153231e.jpg
階段を昇ります。

DSC_0060_20161125011821d8d.jpg DSC_2449_20161125011823e71.jpg
階段を昇った所、つまりスタンド下の「コンコース」には喫煙所も設けられています。ここにトイレもあります(洋式あり)。また、空き缶、ペットボトルは正面の自販機横に捨てる事が出来ますが、球場には「ゴミ箱」はありませんので、出たゴミは必ず持ち帰りましょう。これもまた「球場ローカルルール」。

DSC_2437_20161125011648434.jpg
(全試合終了後の画像ですが)グラウンド全景。内野は黒土、外野は、toto助成金を受けて、2011年4月に「和歌山県内初の」人工芝球場になりました。ここは、球場の指定管理者が「特定非営利活動法人・和歌山箕島球友会」だから成せるワザ、なんでしょうか。そして、外野フェンスの向こう側は、わずかな住宅地をはさんですぐ「山」。遠くに来たんだなぁ、と実感。

DSC_0061_2016112501265570e.jpg DSC_0062_2016112501265293f.jpg
内野席、バックネット裏から両ベンチ付近までは、背もたれ付きの椅子になっています。座席番号もついているので「内野指定席」も可能。そういう試合があるのかどうか、までは言及出来ません。

DSC_1142_20161125013915d37.jpg DSC_2447_20161125013915c61.jpg
バックネット裏席は、中央の通路から上に「屋根」が設けられています。そしてその通路には「タオル(と言うか雑巾)」が置かれていました。この日は天候が怪しかったので、急遽置かれたんでしょう。

DSC_0112_2016112501305404a.jpg DSC_0113_20161125013056e03.jpg
ベンチ上付近から両翼ポール際付近まではベンチシートになっています。また、外野席はないようです。収容人員は6322人。地方球場としては立派な部類に当たるんではないでしょうか。

DSC_0068_20161125012906fa6.jpg DSC_0066_20161125012902a2b.jpg
両翼98メートル、センター122メートル。

DSC_1144_20161125014704368.jpg DSC_1143_201611250147064e3.jpg
球場全体は内外野と、かなり高い「防球ネット」に囲まれています。

DSC_1789_20161125014239b1c.jpg DSC_1141_20161125014233e60.jpg
DSC_2424_201611250144479c6.jpg
なお、球場に照明塔はありません、ナイトゲームは不可。しかしながら内野席フェンスの上に「投光器」が設置されています。おそらく和歌山箕島球友会の「練習用」と思われます。この日活躍したのは、決勝戦が終わったあとの閉会式。もっとも、球場周辺は住宅地になっているので、大掛かりな照明塔も設置できないんではないか、とは思います。あればあったでいいんですけどね。

DSC_0065_201611250149583cf.jpg
で、肝心かなめのスコアボード。今や珍しくなったとも思える「電光掲示板」になっています。。メンバー表示は9人分しかないので、残念ながら指名打者制には対応していません、で、観に来たのは社会人野球の大会。どうやってメンバーその他を表示したか、と言うと・・。

DSC_0124_20161125015001ae2.jpg
本来ならチーム名を表示するであろう部分にピッチャーの名前を入れるという荒業。


DSC_2451_20161125015701c0d.jpg DSC_2442_20161125020100f1f.jpg
我が家から乗り換え乗り換えでおおよそ2時間。さすがに08:30からの試合は厳しい(ちなみにこの日の第一試合開始は予定より大幅繰り上げの08:12)ですが、たいして遠くないことが分かったので、また機会があれば訪れてみたいと思います。「海が見える」球場ってのもそうないですからね。

―――――以上、潮風吹きすさぶ「マツゲン有田球場」でした。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2016.11.25 / Top↑
TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/2816-93a56f00