週末、2日連続の野球観戦となりました。

前の記事にも記しましたが、本来はこの週末は、花園セントラルスタジアム連戦観戦の予定でしたが、急遽、新日鐵住金広畑対JR四国のオープン戦が入り、8日だけの観戦となりました。

今回も、佐藤薬品スタジアムでのこのカード同様、東京からの戦友「カップル」をゲストに迎えての観戦。しかしようこんな所まで来る気になるなぁ(なととは口が裂けても言ってはいけません)。

DSC_2151_20160508235335e34.jpg DSC_2153_20160508235339d71.jpg
DSC_2157_20160508235342d13.jpg DSC_2159.jpg
この日、花園セントラルスタジアムのある「花園中央公園」周辺では「東大阪市民ふれあいまつり」なるものが行われており、多数ので店で賑わっていました。普段は「多目的広場」として扱われている場所も、駐車場とフリーマーケット会場に。隅っこの方にはプロレスのリングも。

DSC_2160.jpg DSC_2162_20160508235645bde.jpg
おはようございます花園セントラルスタジアム。周囲に高い建物がないので、周辺は実に長閑。2年前にここを訪れた時は、入場列の付近は未舗装でしたが、今年は綺麗に舗装されていました。

DSC_2166_201605090000276f9.jpg DSC_2167.jpg
DSC_2176.jpg DSC_2174.jpg
開門予定時刻は11:15。11:00そまでは外野のみ、フリーで練習見学が出来ました。

DSC_2177_20160509000528dbd.jpg DSC_2178_201605090005320e3.jpg
で、まずは、球場正面に回って、カープ選手の到着待ち。そして10:09、カープ選手を乗せた阪神バスが到着。対バファローズ戦は、明石宿舎で神姫バスのはずですが、尼崎の宿舎だったんでしょうか。到着シーンの後方に写っている生駒山系が白けているのは黄砂の影響。

DSC_2180.jpg DSC_2181_20160509000718a66.jpg
DSC_2182_2016050900080465c.jpg DSC_2184_20160509000718433.jpg
DSC_2185_20160509001109461.jpg DSC_2189.jpg
DSC_2190_20160509001119737.jpg DSC_2191_201605090011222a8.jpg
DSC_2195.jpg DSC_2196_201605090012354e2.jpg
DSC_2198_20160509001231d59.jpg DSC_2202.jpg
DSC_2203.jpg DSC_2204_20160509001340284.jpg
DSC_2205_20160509001340107.jpg DSC_2208_201605090015456d3.jpg
DSC_2210_20160509001543b8f.jpg DSC_2216_20160509001546433.jpg
DSC_2217_20160509001538984.jpg DSC_2219_20160509001651b8e.jpg
DSC_2220_201605090016567f1.jpg DSC_2222_20160509001702cb8.jpg
DSC_2232.jpg DSC_2233_2016050900180163c.jpg
ちなみにこの日は、試合終了後、ユニフォーム姿のまま京セラドーム大阪に立ち寄って、シャワーを浴びてから帰広と言うスケジュール。ここ花園セントラルスタジアムには、クラブハウス的な設備が一切ないがゆえの苦肉の策。

DSC_2238.jpg DSC_2240_20160509002556183.jpg
開門15分前の様子。長蛇の列は多目的広場の横を折り返すようになっていました。

DSC_2265_201605090031001fa.jpg DSC_2266.jpg
DSC_2267_20160509003059929.jpg DSC_2268.jpg
DSC_2257.jpg
開門3分前の11:12、この日の「ウェルカムハイタッチ」の選手が登場。58角屋龍太、#60赤間謙、#91塚田貴之、#43坂寄晴一の4人。これもまた、週末のバファローズ戦の楽しみ。

Ch5o2nRVIAEpOKq.jpg
さて開門。当初はバックネット裏中断付近に陣取っていたんですが、なぜか最前列のスコアラー席(チーム用)のすぐ横が2つ空いていたので、そこでビデオカメラを構えることに。ただ、、バックネットがあまりにも強固な「金網」の為、動画にはいくつかピントの合わない場面が多数出ています。ご了承のうえご覧下さい(都合により、この画像のみタブレット端末で撮影のモノを使用しています)。

DSC_2271.jpg DSC_2278.jpg
DSC_2289_201605090042217d9.jpg DSC_2307_2016050900422006a.jpg
バックネットにかぶりつきで撮影出来たのはほんのわずかな時間でした。

DSC_2441.jpg DSC_2461_2016050900462439c.jpg
そして、バックネット裏にカープ・岸本秀樹スコアラー、バファローズから佐藤世那が雑用で到着。



スターティングオーダー
先攻:広島東洋カープ
1(右)野間
2(二)庄司
3(三)メヒア
4(左)プライディ
5(中)土生
6(指)廣瀬
7(一)岩本
8(遊)桒原
9(捕)船越
P:久本

ベンチ入りメンバー
投:17 20 29 39 41 57 62 65
捕:32 40 54 68
内:0 45 52 59 145 146
外:00 10 13 26 37 43 50

DSC_2530_20160509004812a98.jpg DSC_2531_20160509004822c19.jpg
DSC_2532_20160509004812ffa.jpg DSC_2534_201605090048226c4.jpg
●カープ先発のひさもっさん。前日の段階で「登板あるよ」と言う風には聞いていたんですが、まさか先発とは思いませんでした。もっとも、この日のベンチ入りメンバーで、先発が出来るピッチャーは今井啓介かひさもっさんくらい。そう言えば日曜日恒例の中村恭平はややずれたもよう。

後攻:オリックスバファローズ
1(二)小島
2(中)武田
3(左)川端
4(三)奥浪
5(捕)伏見
6(指)園部
7(一)ブランコ
8(右)杉本
9(遊)鈴木昂
P:佐野

ベンチ入りメンバー
投:12 43 52 58 60 66 68 69 129
捕:23 37 97 121
内:61 6 40 54 38 124 42
外:46 53 56 61 99

DSC_2478_20160509005318ac2.jpg DSC_2479_2016050900531312a.jpg
DSC_2480.jpg DSC_2482_20160509005323e07.jpg
〇バファローズ先発の佐野皓大。ここまで14試合登板、18回1/3で防御率0.98。

審判と公式記録員
球審:山村裕也、一塁:須山佑多、三塁:水口拓弥、
公式記録員:足立大輔

打撃成績
1回表
野間     1-0から球2目を打ってセンターオーバーツーベースヒット
DSC_2503.jpg DSC_2504_20160509005449008.jpg
DSC_2505_20160509005447621.jpg DSC_2506_20160509005454868.jpg
庄司     フルカウントから7球目を打ってセカンドゴロ 野間はサードへ
メヒア    0-1から2球目を打ってサードゴロ 野間ホームイン
バファローズ0-1カープ
プライディ  2-2から5球目を打ってセカンドゴロ

●先頭の野間峻祥はツーベースヒットで出塁のあとは、内野ゴロふたつでしっかり先制点。ヒットヒットをつなぐのがつなぎの野球」じゃない。とくに現在、一軍のチーム打率は高水準を保っていますが、いざ、シーズンが進んで疲れがたまり、率が落ちてきた時に、こういう野球が出来るかどうか。

1回裏
小島     2-2から7球目を見逃し三振
武田     1-2から5球目を打ってキャッチャーファウルフライ
川端     2-0から3球目を打ってピッチャーゴロ

2回表
DSC_2591_20160509021110a87.jpg DSC_2592_201605090211098df.jpg
DSC_2593.jpg DSC_2594.jpg
土生     2-0から3球目を打ってレフト前ヒット
廣瀬     3-1から5球目を選んでフォアボール
岩本     1-0から2球目を打ってライトフライ
次打者桑原の4球目に土生が飛び出しタッチアウト
桒原     2-2から5球目を空振り三振

●せっかくセカンドに進んだ土生翔平。中途半端な走塁でセカンドタッチアウト。どうせアウトになるのなら、サードでタッチアウトになった方がまだ印象はいい。良いヒットを打った後だけにこれでゼロ。

2回裏
奥浪     3-1から5球目を選んでフォアボール
伏見     初球を打ってライト前ヒットとエラー(打球処理ミス)
園部     0-2から3球目を空振り三振
ブランコ   ストレートのフォアボール
杉本     1-2から4球目を打ってピッチャー前タイムリー内野安打
バファローズ1-1カープ
鈴木昂    フルカウントから7球目を打ってショートタイムリー内野安打
バファローズ2-1カープ
小島     2-2から8球目を打ってセカンドゴロダブルプレイ

●残念ながら、バックネットの柱の陰になってしまってるので、打球は追ってないんですが、ライト野間峻祥のエラー。ヒット自体は強い打球ではなく、むしろ飛んだコースヒットみたいなもんなんですが、カバー処理があまりにも雑。伏見寅威に二塁に行かれているようではちょっとなー。

〇チャンスで打席の回ってきた杉本裕太郎。ボッテボテの三塁線への打球ながら、これもまた彼の持ち味でもある快足を飛ばしてのタイムリー内野安打。バットに当たれば何かを起こせる。

3回表
船越     2-0から3球目を打ってセカンドゴロ
野間     2-1から4球目を打ってファーストゴロ
庄司     2-2から球6目を打ってライト前ヒット
メヒア     2-0から3球目を打ってレフト前ヒット
プライディ  1-2から4球目を空振り三振

3回裏
武田     0-2から3球目を打ってレフト前ヒット
川端     1-0から2球目を打ってセカンドフライダブルプレイ
奥浪     1-1から3球目を打ってレフト前ヒット
次打者伏見の4球目に奥浪セカンド盗塁失敗

〇川端崇義の打球はどん詰まりのセカンドへのフライと言うかハーフライナーというか。しかし ナニをどうしたのか、武田健吾はファーストに戻れずダブルプレイ。その後奥浪鏡にヒットが出ただけに勿体無い走塁。ここまで互いに走塁ミスひとつづつ。これが今シーズンの両チームを象徴、か。

4回表
土生     0-1から2球目を打ってライト前ヒット
廣瀬     2-0から3球目を打ってショートゴロダブルプレイ
岩本     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
桒原     ストレートのフォアボール
船越     フルカウントから7球目を空振り三振

4回裏
カープ選手交代

DSC_2817.jpg DSC_2818.jpg
DSC_2819_2016050901245794a.jpg DSC_2820_2016050901244201e.jpg
ピッチャー久本に代えて今井

伏見     1-0から2球目を打ってセンターフライ
園部     0-1から2球目を打ってセンターオーバーツーベースヒット
ブランコ   1-2から4球目を打ってライトフライ
ファーストランナー園部はサードへ
杉本     初球を打ってファーストファウルフライ

5回表
野間     0-2から3球目を見逃し三振
庄司     0-1から2球目を打ってセカンドゴロ
メヒア     3-1から5球目を選んでフォアボール
プライディ  2-2から5球目を見逃し三振

5回裏
カープ選手交代

DSC_2862_2016050901231389e.jpg DSC_2865_20160509012322e47.jpg
DSC_2867_201605090123181c9.jpg DSC_2869.jpg
ピッチャー今井に代えて永川
ライト野間に代えて高橋大樹

鈴木昂    1-2から4球目を打ってレフト前ヒット
小島      1-1から3球目をファースト前送りバント
武田      1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
川端      2-0から3球目を打ってセカンドフライ
奥浪      初球を打ってファーストファウルフライ

●この回からカープのライトは野間峻祥から高橋大樹に交代。事情はわかりませんが推測するに、2回裏のエラーと5回表の打席での、見逃し3球三振が少なからず影響しているものと思われます。

●3回裏に同じツーナッシングから、武田健吾がヒットを放ったのとは好対照。彼自身がどの打順で活路を見出したいと思っているのか分かりませんが、少なくともイニングの先頭バッターとして打席に立つ以上、ファウルで逃げるなり、打席で何らかの工夫が欲しかった。ただ立っているだけでは何の足しにもならない。大卒ドラフト1位入団で、期待するむきも多いと思いますが、まだ役不足。

6回表
バファローズ選手交代

ピッチャー佐野に代えて坂寄

土生     2-2から5球目を見逃し三振
廣瀬     2-2から5球目を打ってショートフライ
岩本の代打バティスタ フルカウントから8球目を見逃し三振

6回裏
カープ選手交代

DSC_2946.jpg DSC_2948_2016050901265048d.jpg
DSC_2950_2016050901265001f.jpg DSC_2953.jpg
ピッチャー永川に代えて岡田
代打バティスタがそのまま入りファースト

伏見     2-2から5球目を打ってライトフライ
園部     1-0から2球目を打ってセカンドフライ
ブランコ   フルカウントから6球目を選んでフォアボール
次打者杉本の2球目にワイルドピッチ、4球目前にボークでブランコはサードへ
杉本     2-2から5球目をファーストゴロ

〇トニ・ブランコ、フォアボールからサードに進むまですべて「ほぼ徒歩」。

7回表
バファローズ選手交代

DSC_2978.jpg DSC_2979.jpg
DSC_2980_201605090129360cd.jpg DSC_2982.jpg
ピッチャー坂寄に代えて大山

桒原      1-2から4球目を空振り三振
船越      0-1から2球目を打ってショートゴロ
高橋大    0-1から2球目を打ってセカンドゴロ

7回裏
鈴木昂    1-1から3球目を打ってセカンドゴロ
小島     1-2から4球目を空振り三振
武田     2-1から4球目を打って左中間突破ツーベースヒット
川端     2-2から5球目を打ってセカンドゴロ

8回表
バファローズ選手交代

DSC_3008_20160509013148391.jpg DSC_3009_20160509013151a58.jpg
DSC_3010_2016050901314806c.jpg DSC_3011_20160509013139da2.jpg
ピッチャー大山に代えて赤間
キャッチャー伏見に代えて田中

庄司     フルカウントから7球目を打ってライト線ツーベースヒット
メヒア    2-1から4球目を打ってサードゴロ
プライディ  2-2から球目を空振り三振
土生     1-0から2球目を打ってセカンドゴロ

8回裏
奥浪     2-2から5球目を打ってサードゴロ
田中     2-1から4球目を打って右中間突破ツーベースヒット
園部     1-0から2球目を打ってレフト線タイムリーツーベースヒット
バファローズ3-1カープ
代走に吉田雄人
ブランコ   2-2から5球目を打ってセンター前ヒット
代走に堤
杉本     0-1から2球目を打ってレフト前タイムリーヒット
バファローズ4-1カープ
鈴木昂    2-2から7球目を打ってライトファウルフライ
小島     フルカウントから6球目を空振り三振

●3イニング登板2失点で終わった、カープのルーキー岡田明丈。地元東大阪市、お隣の大東市にある大阪商業大学孝行、大阪商業大学の出とあって、言わば凱旋登板となりましたが、厳しい内容。

●大卒ルーキー開幕ローテーション、と言う構図ってのはどこの球団にもあると思います。岡田明丈も大学ナンバーワン右腕として鳴り物入りで入団、開幕ローテーションに入れてはみましたが、ぶっちゃけまだまだ「調整で出場選手登録抹消」とは言い切れない。ここまで言っては言い過ぎかも知れませんが、大学の勢いで投げては見たものの、もうボロが出た、と言ったところかな。

●そもそも、セントラリーグの覇権を争うはずの一軍の戦いの、先発ローテーションにルーキーが2人も入っていることが既にお菓子といえばおかしい。期待するのは悪い事ではないけども、ドラフト1位イコール即戦力、では決してないはず。そして、起用法もこれでよかったのかな、と言う考えも。

9回表
バファローズ選手交代

代走堤がそのまま入りセカンド
セカンド小島がファースト
レフト川端に代えて中村

廣瀬の代打中東 1-0から2球目を打ってセンターフライ

バティスタ  フルカウントから9球目を打ってバックスクリーン横へ来日第1号ホームラン
バファローズ4-2カープ
桒原     初球を打ってセンターフライ
船越の代打美間 1-0から2球目を打ってショートゴロ

●昨年の秋季キャンプ以降、その長打力が話題になっていたザビエル・バティスタ。ちょっと期待より遅めの来日第1号ホームランは、バックスクリーンのすぐ横へ。決して急ぐ事はないと思いますが、最低限の守備だけは出来るようになってもらわないと。「守備は目をつぶる」選手はもういらない。

花園セントラルスタジアム 10回戦 オリックス6勝3敗1分
広島 100 000 001 2 H 7 E1
神戸 020 000 02X 4 H13 E0
勝投手:佐野皓大 (15試合1勝0敗) プロ入り初勝利!
S投手:赤間  謙 (6試合0勝0敗1S)
敗投手:久本佑一 (7試合0勝1敗)
本塁打:[広島]バティスタ号(9回表 ソロ 赤間から)
試合時間:3時間
観衆:2195

投手成績
広島東洋カープ
久本  3回 13打者 59球 5被安打 2与四死球 0奪三振 2失点 1自責点
今井  1回  4打者  9球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
永川  1回  5打者 14球 2被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
岡田  3回 15打者 65球 5被安打 1与四死球 1奪三振 2失点 2自責点

オリックスバファローズ
佐野  5回 21打者 86球 5被安打 4与四死球 5奪三振 1失点 1自責点
坂寄  1回  3打者 18球 0被安打 0与四死球 2奪三振 0失点 0自責点
大山  1回  3打者  8球 0被安打 0与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
赤間  2回  8打者 32球 2被安打 0与四死球 1奪三振 1失点 1自責点

DSC_3096_20160509023914718.jpg DSC_3100_201605090239155bd.jpg
DSC_3104.jpg DSC_3110.jpg

試合終了後の「ヒーローインタビュー」は、プロ入り2年目通査32試合目にして初勝利の佐野皓大と、4打数2安打2打点の大活躍の杉本裕太郎。杉本裕太郎などは遠く徳島・阿南市からお母さんが観戦の為来阪。ウエスタンリーグとは言え最高の「母の日のプレゼント」。



振るわないカープ打線ではありましたが、その中で、打率こそ上がらぬものの、相変わらず庄司隼人の状態の良さは目に付きます。進塁打有り、自ら生きるヒットあり。どれだけの数字を上げれば一軍、と言うのはないと思いますが、そして菊池丸に拘るのも悪くないですが、いざという時は絶対に考えておいて方がいい。そして庄司隼人は、いざという時のちからは既に持ち合わせている筈。

もうひとり土生翔平。攻守ともに現在充実しきっているはずなのに、なぜかお呼びがかからない、攻撃という面では、左打者ということで松山竜平とかぶる部分があろうけど、打率も3割台後半をキープできている。もう、シーズン終盤の「お試し」の段階の選手ではないはずだし。

そして、岡田明丈の話の続きにもなりますが、今年のカープは前田健太が抜け、先発ピッチャーの再編が急務とされています。ただ、そこにルーキー2人がうまくはまるか、と言えば決してそうじゃない。はまってるかはまってないか、と言えば明らかにはまってない。同じルーキーの横山弘樹もまだまだ数字を残せているとは言い難いし、前田健太の大穴を埋めるまでには当然至っていない。

毎年のように急務の課題を解決出来ないまま、と言うかほったらかしのままシーズンに臨んでいるように見受けられるカープ。さらに、黒田博樹が右肩痛等で出場選手登録抹消の憂き目に遭い、さらに混沌としている投手事情。打線好調な間に、キャリア関係なしに、思い切った起用をしてみるのも手。

5月3日の阪神甲子園球場での対タイガース戦では、ものの見事な「ブルペンデー」で窮地を乗り切りました。これくらいの柔軟性が一軍にも欲しいんです。いないと言うのは簡単です。けどそれは、刀折れ矢尽きた状態になるまで絶対に口にしてはいけない。まだまだ刀も矢もあるはず。

そしてバファローズ。一時打率が1割にすら届かないというどん底だった杉本裕太郎。ナゴヤ球場ではプロ入り初ホームランも記録し(見たかった)、由宇練習場では右方向へのスリーベースヒットも出るようになり、ここ三週間かそこらで調子も急上昇。この試合の4打数2安打で打率も0.259。

さらにはチーム打率も、2割を切った時期もありましたが、奥浪鏡らの上昇もあり、ようやく2割台半ば近くまで上がってきました。とは言え、ポンと出場選手登録するにはまだ時期尚早な選手が大半。トニ・ブランコなどはこんな所で何やっとるんじゃ状態。まぁ貫禄は見せてくれてますけどね。

しかし、まだまだ両チームベンチ、元気がない。それがそのままチーム状況につながっているようにも。ベンチがさして遠くないにも関わらず、動画にはあまり選手の声ってのが入って来ない。元気があれば何でもできる、とは言うけどまさにそれ。監督の声が一番響いているようではまだまだ。


DSC_3169.jpg DSC_3175_2016050902465846d.jpg
DSC_3186.jpg DSC_3191_201605090246565e9.jpg
夕暮れも近づき、試合後のイベントも終わろうとする頃、ライト定位置付近で、宗佑磨、塚田貴之、鈴木優らとともに、親子連れとプラスチックバットを使って「三角ベース」に興じる杉本裕太郎。

DSC_3208_20160509024238f01.jpg DSC_3209_20160509024235eb6.jpg
DSC_3214.jpg DSC_3215_201605090242394cd.jpg
DSC_3222_201605090302303ac.jpg DSC_3231.jpg
DSC_3234.jpg DSC_3235.jpg
最後の「親子対決」で代打に登場して、ライトスタンドへ見事な逆転サヨナラホームランを放ってこのポーズ。そしてホームインしてハイタッチ。早くこの姿を一軍で見たいですねぇ。あ、プロ入り初のサヨナラホームランの記念のボールは、この後直接本人に手渡ししておきました。


そうだそうだと思われる方も、んなわけなかろーがヴォケナス!と思われる方も、とにかくクリック(笑)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2016.05.10 / Top↑
TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/2702-66bbe621