…とか何とか言いながら、第二試合しかナマで観戦してません。

ダメですねぇこんなこっちゃ。テレビでやってるし、慌てて行かんでも席は空いとるわとか悠長な事を考えとったらどんどんどんどん家を出るのが遅うなる。結局家を出たのが、第一試合が始まった後。

京セラドーム大阪に着いたのが14時前。まだJR九州の応援受付すら始まってない。しかも既に同じ一塁側のトヨタ自動車の受付は撤収済みと言う何とも中途半端な時間。まぁ何ともつまらん時間。
P1220219.jpg


14時丁度に受付開始。当然まだ第一試合の「トヨタ自動車対NTT東日本」は続行中。試合は一方的な展開。しかしここまでの3試合、無失点で来たトヨタ自動車投手陣にも疲れが出てきてたんかな。

第一試合は先発・佐竹投手の力投で、トヨタ自動車決勝戦進出決定。
P1220246.jpg



で、お目当ての試合は15:30試合開始予定。
P1220249.jpg

その間に両チームの練習を眺めたり「みずほ」が膨らんでいく様子を眺めたり。
P1220250.jpg


で、今日の両チームスタメン

先攻:JX-ENEOS
7榊原 8平田 9井領 DH坂下 3泉 5宮澤 2山岡 4宮田 6樋口 P廣瀬

後攻:JR九州
6田中マルシオ敬三 4田村 9藤島 3宇多村 2中野 7角谷 DH竹上 5只隈 8田中 P米藤

試合の全容。

回表
榊原    0-0から遊ゴロ
平田    2-0から二ゴロ
井領    2-1から三振

回裏
マルシオ  1-0から遊ゴロ
田村    0-1から一ゴロ
藤島    0-0から遊ゴロ

回表
坂下    0-1から一邪飛
泉     1-1から一邪飛
宮澤    2-3から遊内野安打
山岡    1-2から左前安打
宮田    2-1から三振

回裏
宇多村   0-0から右前安打
中野    0-2から三前犠打
角谷    2-3から三振
竹上    2-2から空振り三振(バット2本粉砕)

回表
樋口    2-2から空振り三振
榊原    2-0から空振り三振
平田    0-0から右飛

回裏
只隈    2-2から中前安打
田中    0-0から投前犠打
マルシオ  2-2から二飛
田村    2-1から一ゴロ

回表
井領    2-0から中飛(ダイビングキャッチ)
坂下    0-1から死球
泉     0-1から遊ゴロ二封
宮澤    0-1から右前安打
山岡    1-1から一飛

回裏
藤島    2-1から左前安打
宇多村   0-0から投前犠打
中野    2-1から三ゴロ
角谷    1-1から三飛

回表
宮田    2-3から四球
樋口    0-0から投前犠打
代打石岡  2-1から空振り三振

JR九州選手交代:ピッチャー米藤→濱野

平田    0-1から右飛

回裏

JX‐ENEMS選手交代:
代打石岡→センター須藤
センター平田→レフト

竹上    2-1から三振
只隈    2-3から四球
田中    0-1から投前犠打
マルシオ  0-0から死球
田村    0-0から遊ゴロ二封

回表
井領    0-0から投ゴロ
坂下    2-1から投直
泉     2-1から中飛

回裏
JX‐ENEMS選手交代:ピッチャー廣瀬→大城

藤島    2-3からレフトへ大会第19号ソロホームラン!

JR九州1‐0JX-ENEOS

宇多村   0-0から一飛
中野    2-1から見逃し三振
角谷    2-3から空振り三振

回表
宮澤    2-1から遊ゴロ
山岡    1-0から遊内野安打
宮田    2-2から右前安打
樋口    1-1から左直
榊原    2-2から中飛

回裏
代打塩田  2-0から遊ゴロ
只隈    1-2から二ゴロ
田中    2-1から空振り三振

回表
平田    1-1から左飛
井領    2-2から中前安打
坂下    2-2から右二塁打
泉     2-1から豪快空振り三振
宮澤    2-2から中飛

回裏
マルシオ  1-2から遊直
田村    2-3から遊ゴロ
藤島    2-2から空振り三振

回表
山岡    1-0から投ゴロ
宮田    0-0から右前安打
樋口    1-1から遊ゴロ併殺



JX 000 000 000 0
JR 000 001 00x 1


JR九州は、6回裏に飛び出した藤島選手の先制ソロホームランを、5回表2死から先発・米藤投手をリリーフしたエース・濱野投手が守り切って明日の決勝戦進出を決めた。JX-ENEOSは、JR九州を上回る倍の8本のヒットを放ちながらも決め手に欠け、残念ながら準決勝敗退。
P1220290.jpg

「息詰まる投手戦」っちゅうのんは今日みたいな試合を言うんでしょうな。見ててしんどかったですよ。1点差やし。塁上をにぎわすのんはJX-ENEOSの方ばっかりやし。8回表なんざドキドキしましたよ。ワンアウト1・3類ですからね。しかしよう凌いでくれました濱野投手。

対するJX-ENEOSの投手も凄かった。たった4安打ですからね。1球の失投(じゃないかも知れんけど)に泣いただけ。そらぁ都市対抗野球に補強選手を2チームに6人送り込んだチーム。底力のある選手ばっかりですからね。第二試合だけは正直、JR九州は負けるかもとか思ってましたよ。


↑今年の都市対抗野球で、三菱重工横浜の補強選手やったJX-ENEOS・大城基志投手。背はそんなに大きくないですが、小気味いいピッチングで好感が持てます。今年が大学卒業の1年目来年のドラフトが楽しみでございます。


で、明日の決勝戦は、史上4チーム目の連覇を狙うJR九州と、2年ぶり3回目の優勝を狙うトヨタ自動車との対戦になりました。期せずして「赤いチーム同士」の試合になりましたが(あんまり関係ない)、今年最後の「野球の試合」の観戦。いらん事は考えんと、JR九州の優勝を願いつつ存分に楽しんで来ようと思います。

しかし今日の試合、録画してたのにHDDの容量が足らんで途中で切れてたのが何とも…。



以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

広島ブログ

2010.11.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/270-cb910dfb