※以下、思いつくままに書いています。当然のように雑な文章になっている上、間違った認識その他もろもろ、あるかと思いますが、ご了承ください。おっちゃんは怒ってるんだぞ(笑)。


巨人、高木京介投手を告発 NPBが調査
毎日新聞 2016年3月10日

自主トレーニングや春季キャンプも終わって、オープン戦も中盤戦、さぁて目指せ開幕一軍、ってぇ時に降って湧いたようなこれまたとんてもない話。

どの順番であれやこれや書き連ねたらいいのか分からんけど、まず高木京介。

散々う嘘を突きまくった挙げ句に「去年の10月以降、どうしようかとびくびくしていた」ってのも(汚い言い方をすれば)こいつ何考えとんねん、て事にもなるし、奥さんや両親に話してようやく喋る気になった、てのも滑稽な話。嫁さんもおるようないい大人が、両親に問わないと何も決められないとは何事か。ええ大人やないか。こんな話を聞いたら「ビクビクしてた」すらも嘘っぽく聞こえる。アホか。

うそつき通すのは限界…高木京介投手が謝罪
毎日新聞 2016年3月9日

泣いて謝ったところで罪は罪。反省するだけならきょうび猿でもしよる。何が「やってしまったことを深く反省して、それを受け止めて前に進んでいきたい」だよ。やったのは野球賭博だよ。自分の同業者、ライバル、戦友を「賭けの対象」にしたんだよ。今後はどう考えても「茨の道」だよ。


んで、次はジャイアンツ球団。

高木京介自身の希望での記者会見だったうようだけど、何でわざわざ「ジャイアンツの旗」の前で記者会見さすかね。「こいつは今まで黙ってたけど、正義感にさいなまれて自分から喋ったんだから許してやってくださいね」みたいなのがミエミエ。薄ら寒いしちゃんちゃら可笑しいわ。

高木京介の問題発覚で、渡辺恒雄氏を含めた球団経営陣トップが辞職に追い込まれたけど、辞職だけで責任を取ったつもりかね。記者会見で「反省」するのはあんたらじゃないか。ぶっちゃけ「会社内」で問題が発覚した場合、どこの会社でもまず最初にトップの人間が頭を下げるはずなのに、傍から見れば高木京介に無理矢理押し付けて、自分らはアッカンベーしながら「雲隠れ」。何じゃそら。

読売グループの一角でもあるジャイアンツ球団からすると、渡辺恒雄「総帥」の、最後に恥をかかすわけには行かん、ちゅう考えもあるんだろうけど、紳士であるはずのジャイアンツが、球団ぐるみでそんな事でどうするよ。紳士どころかもっと「真摯」にならんのといかんのとちゃうかいな。

今回「読売巨人軍取締役最高顧問」を辞した渡辺恒雄氏なんか何回「辞任」してるんだよ。一場靖弘関連の裏金問題で「オーナー」を辞任して以来2度目。なんとなく、ではあるけど、そのうち長嶋茂雄氏みたいに「読売グループ終身名誉顧問」とか意味不明の肩書きを持ちそうで怖いんですけど。

あの爺さんが、黙って引き下がるわけがない。

まぁね、長嶋茂雄氏も推薦した新人監督の最初のシーズンだから、そんな新人監督にいきなり大きな負担をかけるわけには行かない、と思ってんだろうけど、俗世の目は厳しいよ。選手に対して行った調査が「ザル」だったのを露呈してしまったんだから。甲子園球場とかで、ヤジが飛ぶかも知れんよ。「おーい〇〇、今日はドコにナンボ賭けとんのやー?」とかね。


最後はNPBだ。

福田聡志、笠原将生、松本竜也の場合は発覚から契約解除、無期失格処分に至るまで約2か月。もちろんその期間中「調査」が行われていたんだろうけど、結局何の意味もなかったことになる。しかもやったのは「NPBの調査委員会」だ。それすら「クソ無能」だったんじゃないかとすら。

通常この手の問題が発覚した場合、即「外部からの人間」の招聘しての調査委員会が設置されるはずなのに、なぜか自前の調査委員会。この時点でユルユルですよ。本気でプロ野球の浄化を推し進めたいんであれば、外部調査委員会を「常設」させたほうがいいんじゃないか。

そして、コミッショナーがホント権限が無さ過ぎる。多少なりとも「強権発動」があってもいいはずなのに、何かいっつも「後出しジャンケン」みたいな存在。逮捕とかの権限のない調査ゆえ、限界もあろうとは思うけど、ジャイアンツ同様、心底本気で真相を解明しようと思っていたのか疑わしい。


最後に・・・・

笠原元投手が飲食店を開店 報道陣大挙も取材禁止…
スポニチ 2016年3月11日

今このタイミングで 飲食店経営者になる か。


そうだそうだと思われる方も、んなわけなかろーがヴォケナス!と思われる方も、とにかくクリック(笑)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2016.03.11 / Top↑
TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/2669-41fb8698