※いろいろ試行錯誤しているうちに、公開の時期を逸してしまった内容になっています。


もうそろそろ、自主トレーニングは終わりの時期なんです、が。

関西在住だもんで、カープ選手の動く姿ってのは、残念ながらごく一部の報道とかでしか伝わってきません。尤も、唯一無二とも思えるローカル球団ですから、それもまたありかとは思いますが。

しかしそのごく僅かな報道でも、ただ漠然と紙面を飾ってるだけで、何一つ伝わって来る「熱いもの」がないのは何故でしょうかね。これだけ優勝から遠ざかっているにも拘わらず、そしてここ数年の「チームの顔」とも言える前田健太が離脱したにも拘わらず。ガツンとくるものが何故かない。

と言うわけで、このオフはカープどころか、野球のネタすらわざと遠ざけてました。自主トレーニングの記事にいちいち反応してる年齢でもないし、生活がかかってるんだから、頑張るのは当たり前。

極端な話かも知れませんが、カープの選手って知らぬ間に、自己表現をする事をどっかに忘れて来てるんじゃないかな、と。何かしらがっつく姿勢が感じられない。野性味がない、と言えばいいか。

やたら「アピール」を前面に押し出す風潮があるけど、自ら発言する事によって自分をとことんまで追い込んで、徹底的に鍛練して、成績を残す。出来そうで出来ないけど、出来てた選手はいた。

前田健太などは具体的に目標を立て、それに向かって着実に「自分で」計画を立て、それを忠実に遂行して、メジャーリーグと言う目標に辿り着いた。なかなか真似の出来る事ではないけど、こう言う面に関しても前田健太はさすがだったし、ある意味「孤高の存在だった」とも考えます。

長らくカープの投手陣を引っ張って来たのは事実だし、しかもそれを「誰に頼る事なく」築き上げてきた彼の道を真似しろ、とは言えんし、難しいだろうけど、ならばどのポジションでも構わない、一人くらい「わしが今年のカープを引っ張りまわす!」くらいの事を豪語してもいいんじゃないか。

ここ数年のカープベンチの雰囲気がそうですよ。勝ってる時はそら雰囲気は良いけども、敗けが込んできたらすっかりお通夜状態。試合が終わったらさっさと帰ってしまう。感情の起伏と言えばそれまでですが、適度に常時ハイテンションな選手が一人くらいいてもいいはず。若い選手が多いのに。

ホントなら誰かが「わしがカープを変えちゃる」くらいの事を豪語して、自分を高めてみたらいいんですよ。ただ残念な事に、その役割はここ数年、一軍監督の仕事になってしまってる。そう言う「OB」をカープ球団が監督に選んでしまってるのも間違いだとは思いますし、監督が選手の延長みたいな感覚でやってるのもいい加減排除せねばならないか、とは思いますが、ローカル球団の性かなぁ。

もっと足掻いていいんですよ。悪足掻きって言われてもいいんですよ。長らく敗け続けてるんだから、今まで通りでいいはずがない。監督を変えたところで何の現状打破にはならない。選手の誰かがそれこそ「荒ぶらない」といかん、とすら思いますよ。色んな面でもっとがっつかないと。

他球団の選手と合同で自主トレーニングをやるのも構わんけども、まだまだ追い込み方、のめり込み方が足りないように見えて仕方がない。やるなとは言わんけど、所詮自主は自主、野球に取り組む姿勢ってのは自分の手で作り上げていくもんだと思う。チームとは言え、個人の集まりなんだし。

「自主トレで得るものはあった」とか言うコメントもいらない。得るものはあっても、それを半年間出し切れなかったら、そして成績に反映されなんだら宝の持ち腐れになってしまうんだし。

頭で覚えても、体が動かなければ何の意味もない。まだまだ若い選手の多いカープ。頭でっかちになるのは少し早すぎるような気も。覚えた事をすぐに動きで表現出来るような選手はまだ少ない。

バカな考えかも知れませんが、自主トレーニングだけで全てが決するわけじゃないけど、ボールを投げる、バットを振る、のはキャンプが始まってから嫌と言うほど出来るんだから、この時期は「嫌になるまで体を虐め抜いても壊れない体」を作る時期。頭を使ってお勉強、の時期じゃない。

「頑張りまーす」みたいなコメントはもういらない。リーグ戦を戦っている以上、勝負がかかっている以上「一年間頑張りました」で終わるシーズンはもういらないし、もう見飽きた。

もっともっと荒ぶる事も必要かと思いますし、荒ぶっていい。


そうだそうだと思われる方も、んなわけなかろーがヴォケナス!と思われる方も、とにかくクリック(笑)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
広島東洋カープ
2016.01.27 / Top↑
TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/2652-cb9f75cd