fc2ブログ
青春18きっぷのシーズンに突入しております。

しかしながら冬季のそれにはあまりこれと言った使い道がありません。とは言うものの、何だかんだ言いながら毎年買ってはおるんですが、買ってから「さて何処へ行くか」と思案しておる次第。

で、まずは日帰りで思い立ったのが JR貨物食堂 

岡山県岡山市内にある、JR貨物岡山機関区の敷地内にあるそうですが、何でも「一般の方もどうぞ」とか。場所が場所なだけに「ポッポ屋気分」を味わいたくなり、ノコノコ出掛けてきました。

DSC_7614_20151216220822a53.jpg
毎度お馴染み南海高野線初芝駅。混雑するのはたいたい07:00から08:00くらいまで。それを過ぎたので閑散としています。岡山なので、そないに朝早く出る必要もございませぬゆえ。

DSC_7615.jpg DSC_7616_20151216220834ada.jpg
DSC_7620.jpg DSC_7622_20151216220832a8c.jpg
三国ヶ丘駅で乗り換えます。「みどりの券売機」がJRきっぷうりばに設置されたので、まずはここで青春18きっぷを購入。少し前までは、12月1日に「常備券(いわゆる赤券)」を買いに阪和線は東佐野駅まで出掛けてたもんですが、いつの間にかそう言った「執着心」はなくなりました。

DSC_7625.jpg
関空・紀州路快速で大阪駅到着。ここからは新快速電車で西に向かいます。が、今回は西明石駅で途中下車の予定。新快速電車で途中下車をするのは初。たいがい姫路まで寝てますからね。

DSC_7678_20151216221300d22.jpg DSC_7687.jpg
西明石駅でのお目当ては「500typeEVA」こと「こだま730号」。限定運用なので捉えやすい列車かとは思いますが、さすがに平日の日中ゆえギャラリーはかなり少なめでした。

DSC_7680.jpg DSC_7684_201512162213030de.jpg
切れ味鋭いフロントノーズを存分に生かしたデザイン。航空機に近い車体側面にも違和感がない。この「目付き」だと様々なバリエーションが考えられるかと思われます。どう見ても「異次元」。これは乗車するより撮る列車。出来る事ならもう一度16両で。

DSC_7689_20151216235233fac.jpg DSC_7692_201512162352328c2.jpg
西明石駅から播州赤穂駅到着。相生駅でも乗り換えがありましたが上郡行。そないに急ぐ旅でもなし。たまには遠回りもまたおつなもの。とは言え播州赤穂駅で約30分待ち合わせ。「旅」と言うものは、時間を無駄に過ごすモノと解釈しております。狭い日本そんなに急いで何処へ往く。

DSC_7690_20151216235539d3a.jpg DSC_7700_20151216235554787.jpg
DSC_7696_201512162355507cb.jpg DSC_7703.jpg
この115系電車、こんな外観で、なおかつ昔ながらの固定クロスシート。かつてJR西日本には「113系3800番台」と言う絶望的な電車がありましたが、内装はそれを彷彿とさせます。

DSC_7706_20151216235805b1e.jpg DSC_7707.jpg
DSC_7709_201512162358031cd.jpg DSC_7714_20151216235758a85.jpg
大都会岡山駅到着。改札口がホームの上にある「橋上駅舎」になってから、混雑の度合いが増したように思うのは気のせいでしょうか。それだけ東西の人の往来があったと言う事なんでしょうか。

DSC_7715_201512170000054a4.jpg DSC_7717_201512162359584c1.jpg
岡山駅東口を出て、右に曲がり、新幹線の高架下を歩きます。高架下にはJR西日本の関連子会社の他、レンタサイクル「駅リンくん」(1日310円)もあるので、何かと使えるかと思います。

DSC_7722_201512170001494d5.jpg DSC_7724_2015121700015481a.jpg
DSC_7725_20151217000200c4e.jpg DSC_7726_20151217000158f3c.jpg
DSC_7728_2015121700025138c.jpg DSC_7729_201512170002465c3.jpg
高架下を歩いてはいますが、少し逸れるとJRの用地(駐車場など)に入ってしまう事があるので注意してください。だからと言って怒られはしませんが、曲がりなりにも「私有地」ですからね。

DSC_7731_20151217000502558.jpg DSC_7804_20151217000755451.jpg
やがて新幹線の高架下を走る宇野線(瀬戸大橋線)の盛り土が見えてくるので、その横を歩きます。

DSC_7802.jpg DSC_7733.jpg 
やがて右手に宇野線を潜るガードがあるので、それを「向こう側」へと進みます。この辺り、狭い道ではありますが、わりとクルマが多く通るので注意してください。

DSC_7800_20151217001005ae2.jpg 
DSC_7797_2015121700104437c.jpg DSC_7798_20151217001042bcc.jpg
くぐった先は「JR貨物 岡山機関区」の機関庫。一度じっくり中を覗いてみたいもんです。こう言う所に来ると、ほんのりと機械油の何とも言えぬ香りが漂ってきます。わりと好きなにほひです。

DSC_7742.jpg DSC_7743_201512170012158d2.jpg
更に線路沿いに進むと、今度はJR貨物岡山機関区の「社屋(と呼ぶもんなのか)」があります。

DSC_7793.jpg DSC_7795.jpg
社屋(と言っていいのかどうか)を正面から。建物はいかにも「国鉄」。そして車寄せには「安全第一」の文字。さらに入り口には蒸気機関車の動輪が展示してあります。「C62 1」とありますが、本物なのかどうなのか。当の「C62 1」は、旧梅小路蒸気機関車館にありましたが。

DSC_7794_20151217001759af4.jpg
入ってすぐ、建物の右側に平屋建ての建物があります。これが目的地の「JR貨物食堂」です。色々撮って回りながら歩いたので時間がかかりましたが、普通に歩けば10分かそこらで着くかも。

DSC_7752_20151217002000393.jpg DSC_7751_20151217001953483.jpg
DSC_7753.jpg DSC_7750_20151217002009401.jpg
実は食堂への入り口はもうひとつありまして。敷地を右手に進むと、自転車置き場の傍らに、このような看板とともに「食堂入口」があります。むしろ一般人はこっちを使った方が無難かと思われます。しかしながら「関係者以外無断立入禁止」とあるんですがどうしたもんでしょうか(笑)。

DSC_7757_20151217002656612.jpg
早速入ってみましょう。着いたのがもうお昼時を過ぎていたので、ひっそりとしていました。

DSC_7760.jpg DSC_7768.jpg
店内の様子。入って左手に一品料理のカウンターと精算窓口があります。うどんやカレーを注文する場合はここで告げて、席に座って待ちましょう。食べた後の食器は返却口へ。

DSC_7761.jpg DSC_7762_201512170029549ba.jpg
店内の様子その2。造りは実に素っ気ないです。50人くらいは入れますかね。しかし面白いのは、テーブル毎に椅子が違うこと。同じモノが揃わなかったのかそれとも、拡張の度に買い足したか。

DSC_7765_20151217003042bfa.jpg
注文したのはカツカレー(消費税込500円)と野菜サラダ(100円)。そんなに手の込んだ仕上がりではなく、どっちかといえばホント家庭料理に近い感覚。そしてカツが普通に分厚い。カレー自体も自家製なのでしょう、業務用のようなソース臭さが感じられませんでした。他の料理も気になるところではありますが、遠くで汽笛を聞きながら 食べるカツカレーはとても美味しかったです。

DSC_7771.jpg
営業時間は07:00~19:00。日曜日は定休日になっています。定休日がネックかと思いますが、駅からさほど遠いわけではないので、姫路駅そばを我慢してでも(笑)行ってみる価値はありそうです。

ごちそうさまでした!

DSC_7787_20151217004700dce.jpg DSC_7788_2015121700471042f.jpg
DSC_7789_20151217004712665.jpg DSC_7773.jpg
DSC_7776_20151217004917838.jpg DSC_7778_201512170049282a9.jpg
ちょっとだけ、岡山機関区を見て回りました。草臥れたDE10や、最新鋭のHD300などなど。


何でや!カープ関係ないやろ!と思われるかも知れませんが、クリック頂ければ幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2015.12.17 / Top↑
TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/2624-815e1fb3