今シーズンのカープは、とことん貧打に泣かされました。

そのドが付く程の貧打の集大成が、1安打で終わったシーズン最終戦だと思うんですが、その結果、貧打の責任を一身に背負うが如く新井宏昌打撃コーチの退団が決定しました。

Screenshot_2015-10-09-02-18-11.jpg

三顧の礼をもって迎えた「カープとは全く関係ない所」からの打撃コーチ招聘。球団だけでなくファンも相当の期待を持っていたはず。 しかしながら機能したのは昨シーズンだけ新井コーチのコメントにもある「昨年 ま で は 楽しくやることができた。」のひと言。ベンチの空気は推して知るべし。

0.272を誇った昨シーズンのカープ打線。しかし結果は3位。あと1本が出れば、あと1点があれば、の思いは誰しもが持ってはいたと思いますが、2015年シーズンを迎えるにあたり、ある程度の指針みたいなモノは見えたし、その延長線上にあるのが今シーズンのはずだった。しかし。

カープ球団が取った手段は、外国人選手のさらなる補強と言う安易な手法。結果はリーグ4位。昨年を下回った。チーム打率も残念ながら昨年を大きく下回り、0.245に終わった。

チーム本塁打数こそ増えたが「あと1本打線」は変わらなかった。打撃成績を見れば「セ界の火ヤク庫」と言われたスワローズは別として、ジャイアンツよりも上、タイガースとは1厘差なのに。

そしてシーズン終盤になって噴出した緒方孝市監督との不仲説。中国新聞にも出てましたよね。不仲説と言うより折り合いがつかなかったと言った方が正しいのかな。お互いにベンチの立ち位置すら距離を置く監督と打撃コーチ。そして鬱蒼としたベンチの空気を表すようなペナントレース。

「監督から代打の相談はほとんどなかった」とも聞きます。攻撃の舵取りをせにゃいかん首脳陣がこれでは、勝てるものも勝てなくなるのは当たり前。そんなベンチの雰囲気ってのは、緊張感の中で戦ってる選手が察知するのは簡単だったろうな、とは思いますよ。首脳陣は一体何と戦ってるんだ。

明らかにプロ野球選手としての育ちが違うとは言うものの、これでチームが勝てるわけがない。 そもそも、半ば教えたがりみたいな新井宏昌コーチを一軍に置く必要性はあったんだろうか。

就任当初、バファローズベンチから會澤翼や堂林翔太のバッティングを観察してた、みたいな話があったけど、それはあくまでも「ここをこうすれば良くなる」と言うレベルのものであって、決して一軍が勝ち進む為の「作戦面」での打撃コーチの目ではなかったように思いますがどうでしょう。

ぶっちゃけ、一軍に打撃コーチなんか必要ないんですよね。打って走って守って、一定の成績をあげた選手が一軍にいるはずなのに、ここ暫くのカープは、あまりにも若い選手、実績に乏しい選手を起用し過ぎて、監督だけでなく選手育成すら一軍でやらざるを得なかった、と言うのが現状。

昨年はそれが見事にはまったものの、基礎として身に付いてない打線の化けの皮が剥がれるのに時間はかからなかった。その結果がチーム打率の急降下。その責任を新井コーチが自ら取った。

そして丸3シーズン、ものすごく後味の悪い退団になってしまった。しかも明らかに、今シーズンのカープに対しての不満を露わにしての退団。この後いったいどんな「ウミ」が出てくるのか。

OBや内部昇格、もういりませんよ。

緒方孝市監督を、作戦面でコントロール出来るようなヘッドコーチを招聘してください。どうせまたこの先4シーズン、緒方孝市監督で貫き通すなら、緒方監督を「再教育出来る」人を呼んできてください。打撃コーチよりも、何の役にもたってない総合コーチをどうにかしてください。

当分は続きそうなきな臭い風。何となく、野村謙二郎政権1年目オフと似た空気が漂ってるのは気のせいでしょうか。あの頃も殺伐とした話は幾つも出てきましたからね。私も又聞きで耳にしましたが。


そしてこれがいわゆる「暗黒臭」と言う奴なのか。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2015.10.11 / Top↑
TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/2574-fde296f2