fc2ブログ
絶望的に打てなくなっているカープ打線。ブラッド・エルドレッドの戦線離脱の時点で、ある程度予測は出来ましたが。ここまで点が入らないとは思いませんでした。それだけ彼におんぶに抱っこ、と言うか助っ人外国人選手頼み、一発長打頼みの打線になっているとは思いませんでした。残念ですが。

長い一軍コーチ生活の中で、緒方孝市監督の構想の中に、どう言うオーダーが理想なのか、という青写真みたいなのは描かれていたと思います。ただ、それが根底から崩されている、のは明らか。

ヘスス・グスマンが、何とか率を残してはいるけど、どう言う働きを期待して獲得したのかは分からないけど、明らかに目算違いになっている。その中にはもちろん、ライネル・ロサリオの盲腸炎も含まれているでしょうけど、今の打線はあまりにも貧弱。これじゃ誰が投げても勝てやせん。


ブラッド・エルドレッドが長期戦線離脱となった時点で、ネイト・シャーホルツの調査は始めていただろうし、故にこれだけ早い時期に獲得出来たんだろうけど、そこまで外国人選手のホームランが頼みの打線を組みたいんだろうか。これが正直不可解でならない。と言うか煩わしささえある。

そこに輪をかけて、ヘスス・グスマンが脇腹痛で出場選手登録抹消。二軍で単打のみの打率0.214、長打が1本もなしののライネル・ロサリオを出場選手登録、試合開始50分前にナゴヤドームに到着して即4番起用。そこまで急かなければいけない理由は何だ、って話。

打力重視なのは、野村謙二郎前監督もそうでしたが「ビッグレッドマシン」出身の監督の宿命か、とも思ったり。尤もその当時、4番を張っていたのは、二軍で鍛えに鍛えた江藤智だったんですが、そう言う「鍛え上げたパワー」を持った選手が、栗原健太以降カープから出て来ないのは如何なものか。

ここ10年ほどで、岩本貴裕、松山竜平と「長距離砲候補」は入団して来ている。しかしながらそれらの選手に、無駄に確実性を求め過ぎたせいか、中距離ヒッターっぽくなってしまっている。

ヒットの延長がホームラン、とは言いますが、誰か一人くらい、わがままいっぱいに豪打を連発する選手を育てよう、と言う考えは今のカープ球団にはどこにも存在しないのか、と言う気にもなる。

「巧打者」を育てたり見つけてくるのはカープ球団は上手だと思う。その際たる選手が菊池涼介だとは思いますが、「貧ホームラン」に喘ぐ打線の中で、チームのホームランの全てを打っているのが菊池涼介、ってのは何かの皮肉なのか。いっその事、彼を4番打者に据えてみますかね。

緒方孝市監督も手を変え品を変え、打順をいじっている。土曜日の試合、「5番キャッチャー會澤翼」は当たったかどうか、てのは置いといて、思い切るんなら其れくらいやった方がいい。ただ、拘りがあるのか上位打線は全くいじらず。どうせ弄るんなら、上から下まで総入れ替えすればいいのに。

そして「起爆剤」としての堂林翔太の昇格。逆転の4点に絡んだから、多少なりとも起爆剤にはなったけど、その他には一切つながりを感じなかった。売って打って打ちまくれる打線でもないのに、ブンブンバットを振り回すだけの節操のなさ。どんな指示が出てるのか知らんけど。

今の所チーム防御率は2.74。まぁこのあたりで推移していくとは思われます。ピッチャーは本当によく投げてくれていると思います。ただ、そのよく投げてくれているピッチャーを削ってまで、打線に起爆剤を投入せねばならんようになった原因を、緒方孝市監督はどう捉えているのか問い詰めたい。

その代償が一岡竜司の2イニング、デュアンテ・ヒースのイニングまたぎ。

9回までは良かっただろう。9回はデュアンテ・ヒース、て決めてるんだし。問題はその後だ。延長戦は12回まで、と言う規定があるんだから、無理させずに1イニングずつ投げさせればいいものを、今井啓介の出場選手登録を抹消してしまったばっかりに、2人に無理をさせる結果になってしまった。あと1点が取れない、あと1本が出ない悪循環が、他のポジションにまで影響を及ぼしている。

それとやっぱり「頼れる代打」の存在って大きいですよ。小笠原道大。

谷繁元信監督は、出しどころを迷ったような発言が試合後にあったけど、高橋周平ともども、完全にはまった。ヒットでいい、と言う場面でしっかりその役割を果たせる大ベテラン。それが全てじゃないんでしょけど、昨日のサヨナラ勝ちに関してはそう見えた。とっておきの代打、ってやっぱり必要ですよ。

やたらめったら若手の起用が前面に押し出されるカープ。それを取りまとめるはずの中堅・ベテランは完全に「由宇閉」状態。これもまた、緒方孝市監督はどうお考えなのかは知らんけど、やはり煩わしさはありますよ。吉沢秋絵じゃないですが「なぜ、の嵐」ですよ(ネタが古い)。

来るべき時に備えて、あえて下に置いているのか、それとも全く起用する気がないのか。個人的にはどう見ても後者のような気がしてならない。若手選手起用は決して免罪符にはならない。

とうとう、週間勝ち星なしの6連敗。大型連敗には慣れっこです。しかしながら、去年の9連敗は圧倒されての負けだったから諦めがついた。この6連敗は、僅差の試合が続いているだけにダメージが大きい。特に一週間で3度のサヨナラ負けってのはもうどうしようもないレベルではなかろうか。

そして、それをひっくり返すだけの「底力」は今のカープにはあるのかないのか。


そうだそうだと思われる方も、んなわけなかろーがヴォケナス!と思われる方も、とにかくクリック(笑)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2015.04.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/2449-bc70d97e