fc2ブログ
昨年あたりからたびたび見てはいますが、今年も福岡ソフトバンクホークス公式Ustreamにはお世話になります。と言うか、なかなか流れてくることのないウエスタンリーグの映像。こうやってインターエット経由ではありますが、流してくれるのは本当いありがたい事でございます。

カープも、全試合ではないとは言え、地元広島のCATVで、今年も由宇練習場での公式戦を放送してくれるそうでして(関西人には関係ないですが)。オリックスバファローズが一時、積極的になるか、と思われましたが、いつの間にか尻すぼみ。今年はあるのかないのかすら伝わってきません。

スポーツ新聞やらで結果だけ見るのもいいですが、その他の要素もいろいろある。バッティングの内容はどうなんよ、ピッチングの内容はどうなんよ。素人目にも「お!」と思わせるような選手であればやはり見たいもの。その欲求をホークスは満たしてくれています。ありがたいことですよ。

で、この試合も仕事に出るギリギリまで生で見て、帰ってきてから最後、と言うか8回裏~回表の見直し。「過去の番組」としていつ頃まで残すのかまではよく知りませんが、記録としては残しておきたい。そこまで深くは考えてませんが、自分でみた記録としての「Ustream監視」でございます。

0000_201503220102267d0.jpg
で、このホークス公式Ustream。試合前の練習も見せてくれる(ほんとほんとありがたや)んですが、東出輝裕内野手兼二軍野手コーチ補佐がこの日から合流。打撃投手にも挑戦してました。高校時代は投手兼内野手、ではありました。時折スライダーらしきボールも投げてましたが、内容は省略します。




スターティングオーダー
先攻:広島東洋カープ
1(左)赤松
2(二)庄司
3(三)堂林
4(右)土生
5(一)栗原
6(中)中東
7(指)高橋
8(遊)桒原
9(捕)白濱
P:中村恭

後攻:福岡ソフトバンクホークス
1(右)真砂
2(遊)金子
3(指)江川
4(一)猪本
5(左)福田
6(三)白根
7(中)釜元
8(二)勧野
9(捕)高谷
P:バンデンハーク

審判
交換
球審:柳内遼平、一塁:今岡諒平、三塁:梅木謙一
※キャプション画像です。

最近はNPBも何かしらの考えがあるのか、こんなページを作っておられるようです。

打撃成績
1回表
赤松     初球を打ってピッチャーゴロ
庄司     フルカウントから7球目を打ってレフト線シングルヒット
堂林     1-1から3球目を打ってセカンドゴロダブルプレイ

1回裏
真砂     初球を打ってピッチャー弾くもサードゴロ
金子     1-2から6球目を打ってライト線ツーベースヒット
江川     1-1から3球目を打ってレフト線タイムリーヒット
しかし江川はセカンドタッチアウト
ホークス1-0カープ
猪本     0-2から3球目を打ってセカンドゴロ

2回表
土生     フルカウントから8球目を打ってセカンドゴロ
栗原     0-1から2球目を打ってショートゴロ
中東     2-2から5球目を空振り三振

2回裏
福田     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
白根     1-0から2球目を打って左中間へツーランホームラン
ホークス3-0カープ
釜元     0-2から3球目を打ってショートゴロ
勧野     1-1から3球目を打ってショートフライ
高谷     初球を打ってセカンドゴロ

3回表
高橋     0-2から3球目を空振り三振
桑原     2-2から6球目を打ってセンター前ヒット
白濱     1-2から5球目を見逃し三振
赤松     2-2から9球目を打ってファーストファウルフライ

●この試合が公式戦デビューとなった桒原樹。もちろん二軍で終わる選手ではないですが、まずは初打席初ヒット。おめでとうございます。以前からそのフルスイングが目を引きました。このヒットも打球としてはどん詰まりながら、そのフルスイングで持っていったようなもの。小柄な選手の多いカープ内野陣の中で、182cmの身長は際立ちます。まずは伸び伸び、打たせてやってほしいなぁ。

3回裏
真砂     2-2から6球目を空振り三振
金子     2-1から4球目を打ってサードゴロ
江川     1-2から5球目を打ってピッチャーゴロ

4回表
庄司     フルカウントから7球目を打ってレフトフライ福田ナイススライディングキャッチ
堂林     初球を打ってセンター前ヒット
次打者土生の2球目に堂林セカンド盗塁失敗
土生     1-1から3球目を打ってセンターフライ

4回裏

※現地観戦の戦友が撮影した動画です。

猪本     0-2から4球目を空振り三振
福田     1-1から3球目を打ってライトフライ
白根     フルカウントから8球目を打ってセカンドゴロ

5回表
栗原     フルカウントから9球目を打ってキャッチャーファウルフライ
中東     0-2から4球目を空振り三振

ホークス選手交代
ピッチャーバンデンハークに代えて日高

高橋     初球を打ってショートゴロ

5回裏
釜元     0-1から2球目を打ってファーストゴロ
勧野     初球を打ってレフトフライ
高谷     1-0から2球目を打ってセンターフライ

6回表
桑原     1-2から5球目を打ってレフト横ポテンヒット、守備もたつく間にセカンドへ
白濱     1-0から2球目を打ってライトフライ
赤松     1-1から3球目を打ってセンターフライ
庄司     初球をサード前セーフティバント内野安打
堂林     1-2から4球目を打ってサードゴロ

●あーもうこれは勢いかなぁ、と思わせた桒原樹のプロ入り2本目のヒット。レフトの福田秀平も上手く滑り込んだんですが、無情にも打球はグラブの少し先にポトリ。その機を見逃さなかった桒原樹は一気にセカンドへ。ちょっと楽しみになってきました。

6回裏
真砂     1-0から2球目を打ってレフト前ヒット
金子     初球をピッチャー前送りバント
江川     2-1から4球目を打ってショートゴロバット真っ二つ
猪本     フルカウントから7球目を打ってサードゴロ

7回表
ホークス選手交代
ピッチャー日高に代えて寺原

土生     2-2から7球目を打ってセカンドゴロ
栗原     2-2から6球目を打ってセンター前ゴロヒット
栗原の代走に下水流
中東     2-2から5球目を見逃し三振
高橋     1-0から2球目を打ってショートフライ

7回裏
カーブ選手交代
代走下水流がそのまま入りライト
ライト土生がファースト

福田     0-1から2球目を打ってピッチャーゴロ
白根     0-1から2球目を打ってセンターフライ
釜元     1-2から4球目を空振り三振

8回表
桑原     0-1から2球目を打ってセカンドゴロ
白濱の代打東出 0-1から2球目を打ってセカンドゴロ
赤松     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
庄司     0-2から3球目を打ってショートゴロ

8回裏
カーブ選手交代
ピッチャー中村に代えて西原
代打東出に代えてキャッチャー松浦

勧野の代打上林 0-1から2球目を打ってセンター前ヒット
高谷の代打カニザレス 1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
真砂     1-1から3球目を打ってサードゴロダブルプレイ(多分タッチプレイかと)

9回表
ホークス選手交代
代打上林に代えてセカンドに川島
代打カニザレスに代えてキャッチャー細山田
ピッチャー寺原に代えて星野

堂林      1-2から4球目を空振り三振
土生      2-2から5球目を打ってショート強襲内野安打
下水流    0-1から2球目を打ってセカンドフライ
中東      1-0から2球目を打ってレフトフライ

広島 000 000 000 0
福岡 120 000 00X 3

勝投手:寺原隼人(1試合1勝)
S投手: 星野大地(1試合1セーブ)
敗投手:中村恭平(1試合1敗)
本塁打:[福岡]白根尚貴1号(2ラン 2回裏 中村恭)

投手成績
(左から投球イニング数、対戦打者数、投球数、被安打、与四死球、奪三振数、失点、自責点)
広島東洋カープ
中村恭 7   25  86  4  1  3  3  3
西原   1    3   9  1  0  0  0  0

福岡ソフトバンクホークス
バンデ 4.2 15  73  3  0  3  0  0
日高  1.1  6  16  2  0  0  0  0
寺原  2    8  33  1  1  1  0  0
星野  1    4  13  1  0  0  0  0



3月上旬に、同じくUstreamで中村恭平のピッチングを見ました。そして先週、ナゴヤ球場での教育リーグでも中村恭平を見ました。そしてこの試合の先発も偶然なのか必然なのか中村恭平。別にローテーションを知ってるわけでもなく、ホントたまたまなんですが。

本当に、自滅しなくなりました。以前はストレートは高めに行く、変化球は真ん中に集まって連打を喰らう。ぶっちゃけて言えば「とっ散らかったピッチング」が多く、球数を費やすことがほとんどでした。

しかしながら、ようやく長い手足を存分に生かしたフォームを見出したのか、初球もしくは2球目までに、易々とストライクを取れるようになってる。この試合でも、2ボールノーストライクになったのは、6回裏の猪本健太郎の打席だけ。確実に2球目までに何らかの形でストライクを取ってる。

多分フォームだけの問題ではないでしょうが、これだけでも大きな進歩ではないでしょうか。

佐々岡真司二軍投手コーチの助言素音他もあったかと思います。もちろん本人の自覚もあったろうとは思いますが、ようやく、ルーキーの頃に期待された形とは違いますが、イメージチェンジを図ってそれこそ「覚醒」しようとしている、風にも思えます。球数も少なく済ませてますし。

カープの先発陣は6人がほぼ固まってる、とも言われます。それはそれで良い事かもしれませんが、しつこいようですが6人が6人、万全の内容と体調でシーズンを過ごせるとはます思えない。そう言う時に、いつでも上で登板出来るように準備しておくのも、ウエスタンリーグの目的。

金曜日の試合では福井優也が6回1安打無失点の好投。彼もまたそれこそ「逆襲」を目論んでいるピッチャーの一人。先発が出来るピッチャーは何人いてもいいんです。むしろ「いい」と思った先発ピッチャーは全員先発ローテーションに入れててもいい、それこそ中13日とかでもいいくらい。

極端な話になってしまいましたが、まずはこ中村恭平自身が、この好調を維持する事が大是亭ではありますが。ただでさえ「左ヒダリ」と言われるカープ投手陣。そろそろ「来て」もいい頃のはず。

期待しています。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2015.03.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/2438-836589d3