まぁ、玉砕しましたな正直。

そらそうですよ。李大浩にあれだけポカスカ打たれたらそれこそ「ごめんなさい」と言うしかない。前日が前田健太だったから、そしてこの試合がルーキーだったからとか、そんな事は関係なさそう。

李大浩が4番としてどっしり座ってるから、だけじゃない。前後を打つバッターが想像以上に怖い。

何年か前、雁の巣球場でのウエスタンリーグ開幕戦と、福岡ドームでのオープン戦を掛け持ち出場してた長谷川勇也が首位打者と最多安打のタイトルを取るような打者になるとは思わなかったし、一部では「帝王化するのでは」とまで言われた江川智晃が、ごく当たり前に福岡ドームにいる。

ここ数年で主力と位置づけられる選手が続々抜けていった。川崎宗則に和田毅、杉内俊哉に小久保裕紀、ブライアン・ファルケンボーグ。しかしながらそんな穴を感じさせない若手・中堅選手の飛躍的な活躍、そこに手当たり次第とも思える補強をしておいて、さらに選手を煽る。強くならぬ訳がない。


で、惨敗のカープに晒し投げに遭ってしまった九里亜蓮。

まず問題はキャッチャーかなぁ。

否応なしに石原慶幸と組ますのはいかがなもんだろう。そらぁ「正捕手」だから、一番受けてもらう機会が多いとは思うけど、それではあまりに「可能性」が見い出せなさすぎる。それもこれも、教育リーグもオープン戦も少なすぎるせい。チームを強くする為なのに変に惜しんでる。

何の為にキャッチャーを3人も福岡ドームに連れていってるんだよ。何の為にキャッチャーを6人も支配下登録してるんだよ。7人も選手として置いてるんだよ。オプションがとにかく少な過ぎる。

どうせやるんなら、九里亜蓮が投げているうちに、キャッチャーだけでも交代させても良かったんじゃないかとすら思いますよ。試合を見てても、ボールを受けたあとに石原慶幸がいろいろとジェスチャーをして指示はしているけど、そんな無駄な間を作ってしまうからいろいろ考えて打たれるんだ。

「一軍のピッチャーはこうあるべきなんだよ」と、試合を使って教えるのはいい事かも知れない。ただそれを試合中に考えさせてしまうような仕草ってのはどうなんだろう、とは思います。

ウエスタンリーグのUStream中継(ほんとホークスさんありがとうございます)を見てて思ったんですが、開幕戦の福井優也に対する磯村嘉孝、2戦目の篠田純平に対する中村亘佑。とにかく二人とも「ピッチングのテンポ」に気をつけてたように思う。福井優也も篠田純平も言わば「崖っぷち」だけに、あれこれ考えてしまうとだめ、と思ったんだろう。現に2人ともいいピッチングをしてましたよ。

大卒選手だから、即結果を求めるのも悪いことではない。けど、いきなりビビってしまってるようではダメ。今シーズンはいらん事を考えずに、バンバン投げてガンガン打たれてしっかり練習すればいいんだ、マウンド上であれやこれや思いを巡らすのはまーだまだ早いんじゃないですかね。

それと、いろいろと選手を試したい結果があそこまでの「晒し投げ」につながったんだろうけど、試合数が少ないから試す機会も少ない、もうこれはどうしようもない。もう少し「増やそう」と言う努力をすべき。毎年毎年最小試合数で鍛えるものも鍛えれない。こうやって、どうやって修正していいか分からないままペナントレースに「突入」してしまう残念さ。まぁ本人はわかってるでしょうけど。

ペナントレース序盤はどのチームも「手探り」の状況ではあると思いますが、迷走しかけのピッチャーがいて「開幕ダッシュ」など出来る訳がない。毎日毎日前田健太が投げるわけにはいかないんだ。

チームの士気を高めるべく、前田健太が先頭に立つ決意を固めてくれたのはありがたい話とも思うけど、まだ公式戦で1試合も投げていないルーキーを、そんな中にいきなり放り込むのはどうかなぁ。

最近の大卒ピッチャーってのは、ある程度完成したピッチャーが多い。スワローズの小川泰弘しかり、カープの野村祐輔然り。しかしながらみんながみんなそうじゃない。期待をするのは大いに結構ではあるけど、その通りに行く選手なんかそうそういてない。


そして九里亜蓮。個人的には大瀬良大地以上に期待してみたい。

投げる後ろ姿を見ていると、何となしではありますが黒田博樹がオーバーラップする。手足の長い身体を思い切り使ってのしなやかなフォーム。怪物打線に真っ向勝負を挑んでの玉砕。

彼がドラフト2位指名、と言うのは球団が考えての結果なんだろうけど、そして大卒選手だからある程度期待してのこの試合の先発だったんだろうけど、ほんと今シーズンはがむしゃらに投げてくれればいいですよ。マウンド上ではまず投げること。そのボールを投げる意味を考えるのはまだ早い。

これは大瀬良大地とて同じこと。仮にシーズン通して5勝しか出来なかったとしてもそれはそれでいい。来年6勝出来るように反省して、練習すればいいだけのこと。練習して損はないはずなんだし。

今やセントラルリーグのエースになった前田健太ですら、「超高校級」とまで言われながら1年目は一軍登板はなく、二軍で雌伏の時を過ごした。そしてじっくりじっくり鍛えて今がある。遠くに行ってしまった黒田博樹ですら、シーズン通して1勝しか出来なかった年もあるくらいなんだから。

こんな事を言うのはまだ早いかも知れませんが、それこそ「つまづくのなら早い方がいい」とも思います。ただでさえ尻すぼみのピッチャーが多いカープ大卒組。その轍を踏まない為にも、九里亜蓮や大瀬良大地に過大な期待はかけぬほうがいい。チームで選手を潰すようなことはあってはならない。

そして



広島九里が初炎上4回8失点「実力ない」 日刊スポーツ

広島ドラフト2位の九里亜蓮投手(22=亜大)が開幕前最後の調整登板で初炎上した。

初回、4番李大浩に左前先制打を献上。3回は再び李大浩に中越え適時三塁打を浴びるなど、この回だけで4安打、2四球で5失点した。4回にはまたもや李大浩に左越え2ランを許し、4回を9安打4四球8失点で降板。「実力がないだけ。それ以外に何もないです」と猛省した。

試合前の時点で1軍実戦3試合8回2/3を1失点と結果を残し、すでに開幕ローテ入りを確実にしていた。3月29日の中日戦(ナゴヤドーム)でデビューする見込みだ。



もっともっと練習していい。そして打たれて恥かいていい。さらに練習すればいいだけの話ですから、そしてそれはいずれチームの熱になり、チカラになるんだから。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2014.03.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/2074-34da73ce