さて、豚が大群で押し寄せてくるようなスープの「らすた麺」を堪能した翌日。もう大阪に帰るだけの、ごくごく単調な旅、であります。だからと言って真っ直ぐ帰る気はさらさらないんですが。

まぁそう簡単にカメラぶら下げて来れる所でもないし、昼前後に横浜・川崎近辺を出発すれば、十分余裕をもって帰宅出来るので、多少なりとも「鉄分補給」をして帰ろうかと思った次第です。

特に行ってみたかったのが、南武線八丁畷駅。

東上してきた東海道貨物線が、川崎駅の西方で分岐して南に向きを変え、川崎貨物駅・東京貨物ターミナル駅へ向かうべく、南武支線浜川崎駅方面への線路と合流する駅です。また、東北方面から武蔵野線を経由してやってくる貨物列車もここを通ります。言わば貨物列車の要衝。

私鉄沿線に住んでる人間としては、旅客列車もいいけれど、長編成の貨物列車にも心をひかれます。走行距離も尋常じゃないくらいに長く、夜行列車は当たり前。中には札幌発福岡行、なんてのも。

いわゆる「ワム」と呼ばれる貨車が廃止になってから、牽引されるのはコンテナ車ばかりになってしまいましたが、そのコンテナの荷札枠に書かれた「苫小牧」とか「旭川」とか言う文字に、「線路は繋がってるんだな」などと無性にロマンを感じるお年頃になってしまいました(笑)。

DSC_7990.jpg DSC_7987.jpg
で、ホテル東横イン京急川崎駅前を08:30にチェックアウト。よく食べてよく寝た川崎一泊。しかも泊まった部屋が四階。ほぼ京急川崎駅の高架ホームと同じ高さ。ぎゅうぎゅうな詰め込まれるラッシュアワーの様子もよく見えました。逆に言えば、カーテンでも開けてようもんなら、こっちの部屋の様子が丸分かりになると言う諸刃の剣。宿泊にはくれぐれもご注意を。

DSC_7991.jpg DSC_7994.jpg
どうせなら近くにあるんだし、目指す八丁畷駅はすぐ隣なんだし、てんで移動は「東の阪神電車」京浜急行電鉄。川崎駅前広場の上空を通過するところも、かぶり付きで見てみたいですからね。

DSC_7995.jpg DSC_7998.jpg
程なくして八丁畷駅到着。一旦改札を出て、入場は青春18きっぷ。京浜急行への業務委託駅なので、日付印は京浜急行のモノが押印されます。かなりの難関だとは思われますが、一度、私鉄への業務委託駅の日付印だけで青春18きっぷを埋めてみたいものです

DSC_8000.jpg DSC_8441.jpg
八丁畷駅南武線ホーム。終日2~3両編成の電車しか来ないので、かなり短くなっています。相対式ホームの京急八丁畷駅跨線橋が、そのまま南武支線ホームになってると言う巧妙な造り。ゆえに、電車が頻繁に発着するわけでもないのに、人通りだけは結構あったりします。

で、あまり休むことなく貨物列車。
DSC_8006_20140109231156c80.jpg DSC_8012.jpg
八丁畷駅に着いていきなりやってきた、EF200を先頭にした貨物列車。とにかく何も決めない、何も決まらないまま、ただヤミクモにシャッターを切ってみました。

DSC_8018.jpg DSC_8029.jpg
DSC_8040.jpg DSC_8070.jpg
吹田機関区のEF66 115の牽引する貨物列車。トラックの荷台みたいなコンテナもあったりで、見るだけでもなかなか楽しいものです。平日なので荷物満載。

DSC_8107.jpg DSC_8108.jpg
DSC_8116.jpg DSC_8133.jpg
続いてやってきたのは新鶴見機関区のEF210 164牽引のタンカー列車。多分根岸線方面に向かう列車だと思うんですが。私の、関東の貨物列車に関する知識はこの程度です。

DSC_8179.jpg DSC_8194.jpg
DSC_8150.jpg DSC_8158.jpg
次にやってきたのは、岡山機関区のEF210 10。いわば正統派「桃太郎」。

DSC_8200.jpg DSC_8212.jpg
DSC_8223.jpg DSC_8234.jpg
その後ろを追うように、尻手駅方面からやってきたのはEF65 2097。いきなり後ろから通り過ぎていったので、カメラの設定も何も弄ってる間すらなし。東北方面からの列車でしょうか。

DSC_8265.jpg DSC_8276.jpg
DSC_8277.jpg DSC_8329.jpg
これはどこへどう向かおうとしてるのか全く分からない列車。イメージ的に「EF66は東海道・山陽本線」となってしまってるので、ただ漠然と想像出来ないだけ、なのかも知れません。

DSC_8336.jpg DSC_8345.jpg
DSC_8354.jpg DSC_8388.jpg
比較的荷の少ない列車を牽引して登場した、吹田機関区のEF210 169。吹田機関区の運用の中には「1ヶ月間吹田に帰れない運用がある」と聞いたことがあるんですが本当でしょうか。

DSC_8397.jpg DSC_8402.jpg
単機回送で現れたEF65 2093。赤ナンバーと青ナンバーの違いって何なんでしょうか。ちなみに、八丁畷駅滞在中に、貨物列車を牽引して戻ってくることはありませんでした。

DSC_8416.jpg DSC_8422.jpg
DSC_8423.jpg DSC_8427.jpg
図体のでかいハイパワー電機には似つかわしくないような、コキ3両とホキ1両の短い編成を牽引して登場はEF210-2。中間のホキには「太平洋セメント 武州原谷駅常備」とありました。

DSC_8447.jpg DSC_8455.jpg
DSC_8464.jpg DSC_8491.jpg
EF210-16

DSC_8509.jpg DSC_8518.jpg
DSC_8519.jpg DSC_8533.jpg
EF210-123

2時間弱の滞在ではありましたが、尻手・浜川崎両駅方面への旅客列車の倍の貨物列車を捉える事が出来ました。ただし、相変わらず時刻表やらネット等、全く下調べをしててない為、どの列車がドコから来てドコへ行くのかが全然分からないままシャッターを切ってましたが(笑)。

DSC_8565.jpg DSC_8579_2014010923325970d.jpg
すでに青春18きっぷには日付印を押してもらってるので、即帰路につきます。かなりめんどくさいですが、南武線尻手駅まで出て、川崎駅に戻ります。まず横浜駅まで出てお土産を買わないと。

DSC_8585.jpg DSC_8590.jpg
何年ぶりかの横浜駅。JRだけでなく、東急東横線やらみなとみらい線やら相鉄線やら集まった一大ターミナルですが、いつ来てもどこかしら工事をやってる印象があります。

DSC_8593_201401092332540d4.jpg DSC_8595.jpg
根岸線ホームに入線して来た横浜線直通電車。その南側には今でも、東急東横線が桜木町駅まで通じてた頃の遺稿が残されています。高島町・桜木町両駅が廃止されてからちょうど10年。あのカーテンコールならぬ「シャッターコール」の桜木町駅の動画の感動は忘れられません。

DSC_8597.jpg DSC_8598.jpg
お土産もいいんですが、横浜駅まで来て絶対に買っておくべきモノと言えば「シウマイ弁当」。時間もお昼ご飯時な上、この先熱海駅までの移動の間に食えばいい、てんでひとつ購入。

しかし参ったのが、グリーン車二階席。東京駅から乗車したらしいお客さん、おそらく熱海かどっかの温泉で一泊二泊するんでしょう。もうすっかり出来上がってしまって、車内が酒臭いのなんのって。もっとも、そう言うお客さんを隔離するための「グリーン車」なんだとは思いますが。

DSC_8600.jpg DSC_8601_20140109233546240.jpg
熱海駅到着。ここからは前日同様乗り換えに乗り換えを重ねて静岡県横断。まずは熱海発たった4駅先の沼津行に乗車、途中の三島駅で隣のホームに停車中の静岡駅行にいそいそ4分乗り換え。

DSC_8607.jpg DSC_8603.jpg
そして丸一日ぶりに興津駅で乗り換え。ありがたい事に、ここからは一気に浜松駅へ。しかし残念ながら、淡い期待を寄せていた富士山は今日も姿を現さず。今回は縁がありませんでした。

DSC_8617.jpg DSC_8618.jpg
静岡駅発車時点での「後部展望」。青空がいと恨めしや。

DSC_8623.jpg DSC_8624.jpg
菊川駅~掛川駅間。とうとう雲すらなくなってしまいました。せめてこの天気が、5時間早く来ておれば。幸いにも傘はホテルで借りれしたが、ホントこの二日間は天気に恵まれませんでした。

DSC_8630.jpg DSC_8633.jpg
浜松駅到着。ここはまたもや慌ただしくく乗り換え。とは言うものの、次の豊橋駅行は向かい側のホーム。「速くて快適な新幹線を云々」とは言え、この辺りのローカル輸送には配慮されてます。

DSC_8638.jpg DSC_8639.jpg
豊橋駅到着。ここで24分の大休憩。そして待つはは米原駅行新快速電車。米原駅まで戻れば、もう帰って来たも同然。しかし東京駅~大阪駅間556.4kmの半分を、たった2本の列車だけで乗り切れるありがたさ。

すぐに連絡する特別快速電車に乗っても良いんですが、残念ながら大垣駅行。乗り換えの米原駅行は、豊橋駅を12分後に発車する新快速電車。ならば豊橋駅でまとめて時間を潰せ、となった次第。

DSC_8634.jpg DSC_8636.jpg
で、24分の待ち時間の間に腹ごしらえ。ホーム直上の改札内コンコースにある立ち食いうどん「壺屋」にてカレーきしめん(400円也)、ねぎだくあげだく。カレーが見えませぬ。

DSC_8642.jpg DSC_8643.jpg
普段はこんな時間に来る事がない、来たとしても、短い乗り換え時間と混雑に追われ、周囲を見渡すヒマすらない大垣駅。たまには素通りしつつ、こんなのを撮ってみるのも良いかも知れません。

DSC_8646.jpg DSC_8647.jpg
米原駅到着。乗り換えの新快速電車は長浜発姫路行。しかしながら長浜から来るのはたった4両。米原駅で8両増結。ただもう帰宅ラッシュからずれてるのか、以外にもがら空き。

そう言えば、乗車した豊橋駅17:01発新快速電車は、JR東海「最後の117系新快速定期運用」だった列車。あれだけ走ってた117系電車も、あっという間になくなりました。

DSC_8651.jpg DSC_8654.jpg
DSC_8655.jpg DSC_8656.jpg
米原駅から1時間24分、帰宅ラッシュも落ち着いた大阪駅到着。何か相変わらず無駄な照明、と言うかイルミネーションが多いですな。最近のんはLEDを使ってるんだとは思いますが、まるで灯火官制のごときの節電狂騒曲とはいったい何だったんでしょうか。

DSC_8664.jpg DSC_8665.jpg
大阪駅からは関空快速で一気に阪和線三国ヶ丘駅へ。南海電車の三国ヶ丘駅は、昨年9月に分離独立、橋上駅舎化され、引き続きホームの一部改装工事が行われていますが、阪和線ホームはエレベーターが設置された以外は昔のまま。何となしではありますが、国鉄以前は私鉄だった、南武線の駅とだぶるところがあります。そう言えば今日の青春18きっぷのスタートは、京急に業務委託されてる八丁畷駅、ゴールは最近まで業務委託されてた三国ヶ丘駅。何の因果か(笑)。

DSC_8667.jpg DSC_8668.jpg
南海高野線HTSB駅到着。最近になって、駅前にあったマクドナルドが閉店しました。相変わらず散髪屋さん関係の店だけが目立ちます。電車を降りたお客さんは、蜘蛛の子を散らすように、おらんようになります。何かとアワレな町の駅ですが愛すべきローカル駅(笑)。

結局最後まで「天候」に左右されました。雨雪を想定して(前日までの予報は怪しかった)、衣類の防水スプレーまで購入しましたが、川崎市内滞在中は雨に降られることもなく、あげく静岡県内に至っては晴天。これさえなければもう少し早起きして、あと一か所回りたいところがあったんですけどねぇ。

また今度、行く機会があれば、もっと綿密に計画を立てて行こうと考えてます。その為には、次のダイヤ改正で「貨物時刻表」を購入すること。ごくごく基本的な事ですが、そこから始めないと(笑)。


まるで野球とは関係ありませんが以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2014.01.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/1992-3879a31b