やっぱり「C型」なんでしょうか。



広島インフルエンザ禍が止まらない 日刊スポーツ

広島がインフルエンザ禍に見舞われた。2日、高信二チーフ兼守備走塁コーチ(45)小窪哲也内野手(27)が、インフルエンザのため中日とのオープン戦(ナゴヤドーム)を欠場した。すでに梵英心内野手(32)ら3選手がインフルエンザで離脱中。試合は1-0で完封勝ちも、野村謙二郎監督(46)は思わぬ誤算に頭を抱えている。

まさにインフルエンザ禍だ。前日1日にオープン戦に備えて名古屋入りした小窪が、この日朝に体調不良を訴えてリタイア。同じく発熱した参謀役の高コーチとともに、名古屋市内の病院で診察を受け、インフルエンザと診断された。この日は宿舎で静養。今日3日以降、広島に戻るかなどについては今後判断するが、野村監督は「昨日の夜、小窪に『頑張れよ』って言ったばかりなんだけどなあ」と渋面だった。

誤算続きだ。日南キャンプスタートの2月1日に、新外国人ルイスがインフルエンザに感染。いきなりチームから隔離されたところから不運が続く。2月26日には梵、広瀬、赤松も発症が確認されてチームを離脱。まだ復帰のメドは立っていない。29日の開幕を控えてチームづくりを進めていく時期に選手がそろわない。

この中日2連戦は、本来ならテストの場になるはずだった。東出が左膝前十字靱帯(じんたい)断裂の重傷を負い、今季中の復帰が絶望的となった。梵、菊池、安部を中心に二遊間を形成する見込みだが、控え戦力として、東出の代わりに呼んだ小窪の状態を実戦で確認するつもりだった。

「そりゃあ呼んだ以上は使うでしょう。試合で見たかったですよ」と、小窪の先発起用も考えていた野村監督はガックリ。「今年はうちが外れクジだね」と苦笑いするしかなかった。



フレッド・ルイスだけで終わったかと思った、広島インフルエンザ。あとから出てくる出てくる。廣瀬純に赤松真人、梵英心。それだけにとどまらず、高信二コーチから小窪哲也って。

しかも野村謙二郎監督がわざわざ小窪哲也に声をかけてる。その瞬間に「もらってる」可能性もある。狭い部屋で毎日毎日叱咤激励、ミーティングをするのもいいけど、その部屋、しっかり空気の入れ替えはしてますか?て話にもなる。

もうこれは体調管理とかそんな問題じゃなくなってますよ。もっと基本的な話「外から帰ったら手洗い・うがいの励行」これをチーム全体で守れているか。やってても貰うもんは貰う、とは言うけども、やらない予防よりやる予防。2~3分あれば出来る事なのに、なんでやらないのかね。

やってる選手はやってるんだろうけど、あとからあとから感染者が出ている以上「やってない」と見られても仕方がない。大の大人が何やってんだよ。「俺くらいは大丈夫」とか思ってないか。

言うてることは小学生相手並みの話ではあるけど、実際のところ、やるとやらないでは雲泥の差がありますよ。外からとかそんな話じゃなく、人混みから帰って来たら、くらいの考え方の方がいいかも。

極端は無しかもしれませんが、私なんか、バスとかの後ろの席で咳き込まれても気になる。隣の席でゲッホゲホしようものなら、ぶっちゃけ一発殴ってやろうか、とすら思う。電車の中で延々咳き込んでる人なんか見たら「次の駅で降りてマスク買って来い!とすら言いたくなりますよ。

たとえ、風邪やらじゃないかも知れないけど私じゃなくても、神経質じゃない人であってもも、あんまり心地のいいもんじゃない。「もらわないためのマスク」も最近はありなんじゃないか、と言う話もありますが、やはりその前に「拡散させない」のも重要かと思いますよ。


で、困ったことに、このインフルエンザがとうとうよそにまで(笑)



川上がインフルエンザ 自宅で静養

中日は4日、川上が名古屋市内の病院でインフルエンザと診断されたと発表した。同日から5日間、自宅で静養する。



まー、この土曜日曜、ひとつ屋根のしたでずっと試合をやってたドラゴンズとカープ。今年最初のグラウンドでの対戦ゆえ、顔を合わせたらお互いご挨拶、みたいなこともあったとは思うけど、誰がうつしたんだよ(笑)。よその球団にまで迷惑かけよってからに(違)。


また、アルコール消毒液が売れたりするんでしょうかね。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2013.03.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/1600-02d936f8