fc2ブログ
豪快に放て 宇品に向けて走れ 始まりの鐘が鳴る 広島電鉄



広島電鉄 平和願う心乗せ開業100周年 読売新聞関西版

広島市を中心に路面電車などを運行する広島電鉄が23日、開業100周年を迎える。車窓の風景は大きく変わったが、今も市民に親しまれ、原爆で壊滅的な被害を受けながらも、3日後に運行再開にこぎつけた歴史は、人々の記憶から消えることはない。

1945年8月6日朝、広島工業専門学校(現広島大)4年だった土岐(とき)龍一さん(87)(広島市西区)は、自宅近くで電車に乗り、勤労動員先に向かっていた。

午前8時15分。前の窓がオレンジ色に光った直後、ほぼ満員の車内は真っ暗になった。窓から必死に脱出すると、頭にはガラス片が刺さり、首は真っ赤に焼けていた。爆心地から1・4キロ。周りの家は全て壊れ、人々が下敷きになっていた。

広電では保有する車両123両の9割が損壊、社員ら185人が殉職した。生き残った社員らはすぐ、東京から来た陸軍の電信隊とともに復旧にあたった。

他社から送電線を譲り受け、船のマストを電柱に使った。軌道のがれきを撤去し、無事だった変電所から送電。同9日、わずか約1.5キロ区間だったが、電車を走らせることができた。

車掌の手記が残る。

『お金のない人からは電車賃をもらわんでも、ええで』と言うことでした。『おゝ電車が動くんか』と驚かれる人(もいた)

同社で社史を編さんする藤田睦さん(45)は「東日本大震災と同じで、社員は壊滅した街の復旧にはインフラが必要と考えたのです」と話す。3年後には全線がほぼ復旧し、焼け野原を走る姿は市民を勇気づけた。

原爆投下時に運行していた車両のうち、「650形」2両は今も現役だ。「被爆電車」と呼ばれ、毎年8月6日前後には車内で被爆体験を聞く会がある。

当時の電車には、出征した男性社員の代わりに、広電家政女学校の生徒も乗務していた。15歳だった岡田イツエさん(82)(広島県北広島町)は車掌として乗務中に被爆。別の電車に乗っていた同級生の行方は今もわからない。「悲惨な出来事を伝えるためにも、いつまでも被爆電車を走らせて」と願う。

67年前と同じ路線を今も使う土岐さんは「大きな被害を受けた広電が、多くの電車を走らせているのは感無量。次の100年も市民の足として活躍を」と話している。

広島電鉄 1912年(大正元年)11月23日、大林組創業者・大林芳五郎らが設立した前身の広島電気軌道が、広島駅前―相生橋など3路線6キロで開業。現在は国内最大の7路線約35キロ(宮島線含む)で、1日当たり約15万人が利用する。



大正元年(1912年)11月23日に、広島電鉄の前身「広島電気軌道」の手によって、広島駅前(現在の広島駅電停)~相生橋電停(現在の原爆ドーム前)、紙屋町電停~御幸橋西詰電停(現在の御幸橋電停)、ならびに八丁堀電停~白島電停が開業して、今日でちょうど100年が経ちます。

日々粛々と、100万都市広島の生活を支え続けています。

8月6日の原子爆弾投下にも屈することなく、8月9日には本線の一部、己斐電停(現在の広電西広島)から西天満町電停(現在の天満町電停あたり)までの2.8kmが復旧。そして3年後の12月には全線が復旧しました。

復旧復興と言う言葉に、鉄道はなくてはならないもの、かと思います。

阪神大震災の時、六甲道駅が崩壊してしまったJR神戸線(山陽本線)。4月1日には見事に復旧を果たしました。その当時の工事の様子は、後に「プロジェクトX」で映像化されていますが、それ以上の、世界でも類を見ない「苦難」を乗り越えている広島電鉄。

原子爆弾投下直後の逸話に関しては、7年前の中国新聞の特集「ヒロシマを聞く」でも紹介されていますが、21世紀の現代ならどうでしょうね。クルマ上位の社会になってしまった現在、「路面電車」と言えば何かと隅っこに追いやられてしまいがち、ゆえ「即刻廃止」になってもおかしくない。

しかしながら現在、広島電鉄をはじめとして

札幌市(市交通局)、函館市(市企業局交通部 )
東京都(都交通局荒川線、東急世田谷線)
豊橋市(豊橋鉄道東田本線)
富山市(富山地方鉄道市内軌道線本線他、富山ライトレール)
高岡市・射水市(万葉線)、福井市(福井鉄道福武線)
大津市(京阪電気鉄道京津線、石山坂本線)
京都市(京福電気鉄道嵐山本線、北野線)
大阪市・堺市( 阪堺電気軌道)
岡山市(岡山電気軌道)
高知市・南国市・いの町(土佐電気鉄道)
松山市(伊予鉄道)、長崎市(長崎電気軌道)
熊本市(市交通局 )鹿児島市(市交通局)

など、19都市18事業者が「路面電車」を走らせています。

よその経営状態はよく分かりませんが、阪堺電気軌道に関しては、経営の悪化により、一時堺市内を「分割公営化する」などの話が出てましたが(堺市も金がないらしい、です。公務員給与は全国トップレベル、らしいですが)、現在では堺市からの補助により、全区間200円均一等で、利用者数の拡大を図っています。東区民にはあんまり関係ないですが(笑)。

どこの事業者も、昭和40年代のモータリゼーションの波を受けながらも生き延びてきた事業者。その波をモロにかぶって崩壊してしまったのが、大阪市電であり、呉市電なんですが。

現在では、高知市の土佐電気鉄道では、JR高知駅の高架工事完成と同時に、駅入口の直前まで線路を延長、JRからの乗換客の不便を解消しています。福井鉄道では、JR福井駅前広場の再開発工事(駅前広場整備)に伴い、駅前広場への乗り入れを検討されているそうです。

広島電鉄は、ドイツから5000系電車「Green mover」を購入したり、近畿車輛・三菱重工業・東洋電機との共同開発で5100系電車「Green mover max」を開発したりと、積極的に世界的に導入されつつある「Light Rail Transit」化を目指しています。

また、具体化はされていませんが、JR広島駅自体の大規模な駅舎工事で、駅前広場の大規模な再開発により、広島駅停留所も大きく生まれ変わる可能性があります。一部では高架化だの地下化だの、と言う話が出てますが、一体どうなるんでしょうか。楽しみではありますけどね。

「やっぱりイ○バ 100人乗っても大丈夫」と言う某物置会社のキャッチコピーがありましたが「やっぱり広電 100年乗っても大丈夫」と言われるような電鉄会社になって欲しいものです。


100年の終わりと、101年目の始まり、おめでとうございます。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2012.11.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/1490-ead8e1b1