なーんか昨日の試合は、最初っから最後まで、見ててイライラしっぱなし。

下位に沈んでるタイガース相手にあの体たらくでは、イラっとするしかない。土曜日は8点取ったけど案の定「明日に取っとけよ」状態。これまでよくあった事とは言え、これが勝ちきれない理由か。

さらに勢いがつかない理由を考えてみた。どう考えても先発ローテーションですよ。

先発4本柱。この考え方は間違ってない。福井君(昨日出場選手登録抹消)や今井君を入れて、どうにかこうにか6人揃えた。リリーフの負担も考えるとこれもこれで良い事だと思います。

しかしながら問題なのは

前田健太・野村祐輔・大竹寛・バリントンを「固めてしまったこと」。先発ローテーションを見ていると、試行錯誤している形跡は見られますが、ここ二週間のローテーションを見ていると、明らかに「4強2弱」状態。4本柱を前に固めてしまったらどうしようもないって。

そらぁ4本柱でも負けることはあります。残り2本でも勝てることはあるでしょう。けど、6連戦最初のカード3タテ、なんか出来るわけもないんだし、ましてや残り3人でどうにかして1勝、も計算できるわけもない。へたしたら3連敗4連敗すらあるかも知れない。

計算出来るピッチャーが4人いたら、もっと均等に勝てるように配分しようよ。番号をつけるなら「1・5・2・3・6・4」くらいに。これが決していい、とは思えないけど、だんだん下がっていくような状態だと、見てる方もテンションも下がるんだ。

それと「5・6」はもっと頻繁に入れ替えよう。

もうさ「期待してるんだけど」的な呑気な事を言うてる場合じゃない。野村謙二郎監督は「Aクラスとかクライマックスシリーズとかいう奴は去れ!」と就任当初に自ら言い放ってしまった手前、具体的な目標はすっかり口にせんようになりましたが、もう我慢して使ってる時期ではない。

ジャイアンツにマジックが点灯しているんだ。


あと、しつこいようだけど左右病打撃コーチは何をやってるんだろう。毎日毎日10点取るような打線を期待してるわけじゃない。4点5点くらい取れれば、今のカープは十分勝負出来るはずなのに、さっぱり打てない時には、なんかの呪文みたいに「コウキュウヒツダ」しか言わない。「好球必打」はごく当たり前なんだ。そこまでに至るプロセスが全く感じられないから、どうなんだって話。

作戦も相変わらず。毎度のように一人の打席の中で、送りバントにしてみたり、強硬策に切り替えてみたり。こんな雑な試合の進め方で、ドラゴンズやジャイアンツに刃向かえるものか。

追撃の6回、赤松君がタイムリーヒットを打って何とか格好は付いたけど、あれがなかったらとんでもない采配ミスのままで試合が終わってた。あれで石原君のバントミスが霞んだようなもんだ。


世の中は、先の野村謙二郎監督の言葉をまるで忘れたかの如く「目指せクライマックス」と躍起になってる。カープ球団すらも「めざせ!!CSスペシャルグッズ」を発売することにしている。

バカジャネーノ

10000歩譲って、クライマックスシリーズに進出したことを喜んでみよう。けどさ、5割でひーこら言うてるような成績のチームが、レギュラーシーズンで思い切り負け越してるチームに勝ち越せるかって。相手は貯金20とか30とかのレベルですよ。

もう、乗車券だけでトワイライトエクスプレスのスイートに乗ろうってのと同じ。場違いも甚だしい。大阪駅からこっそり乗り込んで車掌に見つかって、新大阪駅で放り出されるレベルですよ。



1勝1敗1分。前進も後退もなし。こんな所でモタモタしようて、何がクライマックスだ。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2012.08.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/1357-93e0c4bd