フリーエージェント制度とかポスティングシステムとかが、プロ野球に導入されてからもうかなり経過しました。かつてはオフのネタっちゅうたら、トレードと契約更改くらいしかなかったですからね。

おかげさんでシーズンオフにもネタは事欠かずに済んでます。

しかし昨日はいっぺんに色んな事がありましたな。

ベイスターズの村田修一がジャイアンツへ
ジャイアンツのアレックス・ラミレスがベイスターズへ
イーグルス山崎武司がドラゴンズへ
ホークス杉内俊哉がジャイアンツと初めての交渉
ダルビッシュ有がポスティングでのメジャー移籍表明
ベイスターズ真田裕貴に連絡なし

どれもこれも方法は違えど主力級、エースだ4番だレベルの選手の話。

選手レベルだけでなく、チームレベルでも

ドラゴンズ・・・・・監督交代
スワローズ・・・・・青木宣親ポスティング
ジャイアンツ・・・・内紛(笑)
タイガーズ・・・・・監督交代
ベイスターズ・・・・いっぱいありすぎる(笑)


(パ・リーグは省略)

カープだけ何もなし

何もなし、と言うか、栗原君と広瀬君に関しては早々に決着してしもうたし、黒田博樹についてはぶっちゃけ進展なし。まぁいちいち気にしてられん、って言うのもありますけどね。逐一動向を追いかけてるわけでなし、毎日毎日どっかからレポートが送られてくるわけでもなし。

ただただ日々、粛々と契約更改が行われてるだけ、に過ぎません。

まぁそれはそれでええこっちゃとは思いますよ。「頼りのないのはナンチャラ」って言いますからね。そもそも、大阪に住んでて、そないこまめにカープの情報が入ってくるわけじゃないですからね。

しかし

オフとはいえ、カープはチームも何もかもが大人しすぎますよね。もっとよその地域の人、よそのチームにもインパクトを与えるようなシーズンオフにしていただきたいもんですが。

昨年は何かと騒がしかった分、余計につまらんと言うか何というか。もう早々に「フリーエージェントには手を出しません」と言うたし、トライアウトに関しても、川端編成グループ長が「収穫なし」と言い切ってしもうた。トレードしそうな気配もないし、出てきたと言うたらドラフトと新外国人選手だけ。


まぁこれが「本来のオフの姿」と言えばそれまでですが、あまりにも「昔のまま」すぎやせんかな。

「古き良き時代そのまま」と言うてしもうたらそれまでですが、あまりにも「鎖国政策」が酷すぎる。これじゃチームの活性化は当分ないですよ。「不動如山」とは言うけど、当然その言葉の前には「風・林・火」が当たり前のようについて回る。それらをすっ飛ばしての「動かざること」はやっぱりおかしい。

アマチュア野球であれば多少動きが無くてもいい。社業があっての野球ですからね。けど、そのアマチュア野球でも、都市対抗野球とかになれば「補強選手」と言う制度すらある。なのにいっぱしの「プロ」を名乗っておるのに、それらしい動きを何も見せんってのは、何かおかしいとしか思えない。


もう変にクソ真面目な発言や行動はいりません。

大阪のスポーツ新聞、この時期といえば「バースの再来や!」とか「来年はぶっちぎりや!」みたいな一面の記事を多く見かけます。これが春季キャンプとかに突入するとなおさら酷くなります(笑)。


そんなんを押しのけて、多少馬鹿げた事でも構わんから、全国47都道府県、どこでも一面トップを飾れるような記事を、毎年シーズンオフに一回は「やらかして」ほしいものではあります。

そうやって、全国の目を集めることによって、さらにチームへの注目度が高まり、球団全体の「緊張感」に繋がればいいな、と思いますがどうでしょう。

その事を考えたら、中畑清氏を監督に迎えたベイスターズは面白いと思いますけどね。もっとも、何でもかんでも「ゼッコーチョー」で片付けてもらっても困りますが、そこはもういい大人なんだし(笑)。

よく考えたら、中畑清氏も駒沢大学なんですよねぇ。なんでこうも違うんでしょ?


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ


2011.12.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/1027-20b386fb