福井、1200万円増の2700万円 木村は2800万円で更改
中国新聞

2008年に横浜から加入して以来、4年連続のアップとなった木村。「2年続けてレギュラーの穴を埋めてくれたと評価してもらった」と笑顔を見せた。

昨季は東出、今年は梵の故障離脱をカバー。7月から遊撃で先発し自己最多の106試合に出場、リーグ2位の37犠打をマークした。「すごく充実していた。野球をしてる感じがした」

50分間の交渉の大半は勝てるチームづくりがテーマだったという。「遊撃でレギュラーを取って勝つために活躍したい」。来季は節目の10年目。スーパーサブ脱却を誓った。



本文、あえて変えました。記事のタイトルにもなってるのに、本文中で一切触れられていないというのもどうかと思ったんで、本文は携帯サイトからの引用です。

で、福井君。斎藤佑樹が1年間ローテーションに入ってなかったにも関わらず倍増だったこと、そして自分の来季の年俸が倍増とならんかった事には、思うところがあるんだろうな、と思います。

ここからは個人的なアレですが。

昨年入団時に「1500万円」で契約した事については、期待度の現れやったかと思います。そして、球団首脳陣、またフロントの思惑通りに、とにもかくにも1年間、ローテーションで投げました。

けどこれって、新人でありながら一軍最低保証の年俸を貰った選手の「最低限の義務」だと思います。学生時代に成績を収めてるとはいえ、まだプロで1球も投げてない選手に、それだけの「先行投資」をするわけですから。当然その中には「ドラフト1位」の期待料も入ってると思いますけどね。

で、思うに、この「期待料」を、今いてる選手にももっと向けてやれんもんかな。

特に木村昇吾なんかそうですよ。

本人さんは「2年続けてレギュラーの穴を埋めてくれたと評価してもらった」と喜んでますが、106試合も出場したらもう十分「レギュラー」ですよ。何も恥じることはないと思いますよ。

今年の梵君の怪我も、昨年の東出君の負傷も、絶対に偶然じゃない。彼が「レギュラー」を取るための「必然」であり「運命」だったんだと思います。そのチャンスをしっかりとモノにした。

900万円アップとありますが、もっと上げてやってもいい、と思います。いっその事倍増くらいでも良かったんじゃないかな。もう彼も、カープベンチには「おってもらわんと困る」選手ですよ。

つーか最近「期待料込み」みたいな契約更改って聞かんようになりましたね。

ファイターズでは「ベースボール・オペレーション・システム」と言うのを導入して、実務的、また客観的査定に基づいてに契約更改が進められてるらしいです。故に「保留」が一切ないそうですが。

まぁここまでやらんでも、やはり最終的には「人対ヒト」の話し合いですから、多少の「情」くらいは入ってもいいはず。かと言って、何にもしてない新人監督に、現役時代の背番号が「7」だったからってんで「7000万円」で契約してしまうようなバカタレな契約もどうかと思いますけどね。

最近は代理人と言う名の弁護士を伴って、至極「ビジネスライク」に契約更改を進める流れになってますが、もうほんの少しだけ「対話」があってもいいんじゃないかなぁ、と思います。

去年の中国新聞の記事にもありましたよね。。「1年間、お疲れさま」。まずこの一言がお互いにないと始まりませんよ。そこから1年間あった事を色々話し合いながら、最後に「来年はこれで」

まぁそこからまたもめる人はもめるんでしょうけど(笑)。

何にしろ契約更改は、5分とか10分で出てきたらダメですね。数少ない、球団首脳陣との話し合いの時間なんだから、2時間でも3時間でも、とことんまで、お互いが納得出来るまでやればいい。

分からん事があればナンボでも聞いていいと思うし、言いたい事があるんならナンボでも言うたらええ。それが正解であろうが間違っていようが、互いの意見はぶつかってナンボ、ですよ。


最後にまた、木村昇吾の契約更改の話に戻りますが

彼は50分間の大半を「勝てるチームづくり」に費やした、とありますが、これもまた、木村昇吾が遠回しではありますが、レギュラー、また「主力」として認められた証拠、ではないでしょうか。

試合に出れた時期、出れんかった時期で、野球の見方もかなり変わってくるはず。この話を木村昇吾が持ち出したのか、鈴木本部長が持ち出したのかは分かりませんけどね。


とにかく、思ってることは皆どんどん言えばいい。それも又「チームの活性化」ですよ。


しかし、野村祐輔の来年の年俸は1500万円、大竹寛ちゃんの来年の年俸は、今年のそれからマイナス1500万円、には笑わせてもらいました。さすが勘定奉行鈴木清明本部長。ぬかりなし(笑)。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.12.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/1025-d682aad7