あれだけ必死に走っていたのは「ジャイアンツに向かって走り去るため」やったでしょうか。



村田が巨人と初交渉「必要とされうれしい」 スポニチ

横浜からフリーエージェント(FA)宣言した村田修一内野手(30)が3日、東京都内のホテルで巨人と初交渉した。背番号などの条件提示を受けた村田は「伝統ある球団で優勝を狙えるチームに必要とされた、というのはうれしい」と話した。

交渉では、原監督から「一緒にやろう」とのメッセージが伝えられ、原沢敦球団代表からは「144試合、三塁手で」と熱心に誘われたという。「原さんや長嶋さんが守ったホットコーナー。ありがたい」と村田。同代表は「補強ポイントにぴったり。全力疾走を通したのも高く評価した」と話した。

村田は中旬までに残留か、巨人移籍を決めるとし「優勝したいのが第一。条件面は重視してない」と話した。2日には新球団となった横浜DeNAから複数年契約を提示され、強い残留要請を受けている。



今シーズン当初、「全力疾走がチーム方針です。」とまで豪語し、途中入団の中村紀洋にも臆することなく、同じようなことを言うてました。継続はされたものの、結局ベイスターズは例年通りの最下位。しかしながら「意識付け」としてはすごくいいことだと思いました。

その結果が今シーズンの「スピードアップ賞」につながったんだと思います。しかし逆に考えたら、「スピードアップ賞」ってその程度のもんなのかな、とも思ったりしますが(笑)。


けど結局は、フリーエージェントの権利を行使しての「退団5秒前」状態。

別新聞の「一問一答」には「「今年は全力疾走を評価して頂いた。」とも言うてます。しかしこの「全力疾走」はむしろ「やって当たり前」の事なんであって、今さらとやかく言うことでもないでしょうに。

それにこの「全力疾走」。村田修一本人の考えの真相は分かりませんが「このままでは当分の間ベイスターズは勝てない。ならば、些細な意識革命からでも」と思って始めたはず。チーム成績的には、完全に尻すぼみにはなりましたが「おー、何かちゃうやんけ」と、だれもが思ったはず。

まだ出ていくと決まったわけではないですが、このままやと、せっかく自分で地道に蒔き始めた蒔いた「チームの意識改革」と言う種を、自ら踏み躙ってしまう事になりやせんか。

意識革命には時間がかかると思います。カープ同様「負けグセ」がついてしもうたチームは特にそう思います。「勝てばいい」だけじゃない所にも原因はあると思います。それにいち早く気付いた張本人でもあるのに、それをあっさり投げ出してしまうようなフリーエージェント宣言には疑問を感じます。


新しい親会社「DeNA」の会長でもあり、「横浜DeNAベイスターズ」のオーナーでもある春田さんも、実は同じような事を考え「来季の目標は最下位脱出、3年以内にクライマックスシリーズ進出、5年以内に優勝」と、長期的目標を記者会見で述べてました。みな考える事は同じなんですよ。

これもまた別の記事ですが、ベイスターズとの交渉で 「これから横浜をどうするのか。いいところ、悪いところ、改善すべきところ、補強や育成方針、チーム運営方法について話した」と言いながら、ジャイアンツとの交渉後には「主軸を張れるうちに優勝争いをしたい」。

5年後ともなると村田修一は36歳。「主軸を張れるうち」とは言うけど、何となく「5年後は主軸じゃねぇ」とも言いたげではありますが。「男・村田」とレガースに入れてる割にはえらく弱気ですね(笑)。

気持ちは分からんでもないですが、若干辻褄が合わない、と言うか「あっちとこっちで言うてる事がちゃうやん」と思うのはわしだけでしょうか。まぁ「揺れ動いている」と言えばそれまでですが。

プロ野球選手ですから、成績如何、チーム状況如何によっては、「移籍するしない、辞める辞めない」は必ずついて回るもんだと思います。その最たるものが「トライアウト」なんですが。

フリーエージェント制度の導入で、最近はもう一つ「出て行く行かない」が加わってきてます。ベイスターズの選手会納会でも「引き止め」の声があったと聞きます。それだけチームの戦力とか営業面以外のところで、周りの選手からも必要とされてる人なんですよ。

ただ伝わって来んだけなのかも知れませんが、よそのチームではこんな話、そうそう聞きませんよ。手近な所では昨年引退したカープ・高橋建さんが、花束を渡しに来た石原君に「他のチームに行かないでくれよ」と言うたのは記憶に新しいところですが。

このままやと、新生ベイスターズにとっては大きな損失になりかねません。

こんなことを言うと怒られるかもしれませんが、まだ村田修一は、ホームラン王と言う「個人タイトル」には輝きましたが、横浜ベイスターズの歴史には、大きな足跡は残してないと思いますよ。

そして、ジャイアンツからも「戦力」として必要とされてるかも知れませんが、横浜には、それ以上に村田修一を必要としてる人がたくさんいてると思います。ベイスターズファンだけじゃない、よそのファンでも「横浜ベイスターズ・村田修一」をもっと見たいと思ってる人が多くいてますよ。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.12.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/1018-755bfc58