ようやく半分を終えた2020年と言う年は、生活全てに於いて新型コロナウイルス感染症に振り回されています。生活スタイルの激変、人と人との繋がり方の急激な変化。

ついて行けてる人行けてない人おられると思いますが、何もかもが「これまで通り」といかなくなったのは確かだと思います。まだ何か「生活しづらい」感が拭えません。

スポーツ界も、最大のイベントだった東京オリンピックの一年延期、プロ野球やJリーグの開幕見合せや陽性患者発生による試合の中止。当然その波は社会人野球の世界にも一気に押し寄せ、ローカル大会だけでなく、社会人野球日本選手権、全日本クラブ野球選手権も中止を余儀なくされました。

様子を見ながら再開された大会もことごとく無観客での開催。いったいどこでどうやって盛り上がればよいのか、何が正解で何が不正解なのか既に方向性すら見失ってしまっているように思います。

そんな殺伐とした世情の中、近畿地方に一つ、社会人野球のクラブチームが産声を上げました。

DSC_0085_20200810235434117.jpg
B‐BACKS

DSC_0092_20200810235617f55.jpg DSC_0094_202008102357596c1.jpg DSC_0095_202008102357172ce.jpg
DSC_0098_202008102357396c9.jpg DSC_0100_20200810235809758.jpg DSC_0104_202008102358009d6.jpg
京都市のクラブチーム・京都フルカウンツに在籍されていた井堂輝明投手が「一人でも多くの人に硬式野球を続けて欲しい」の念の元、今年7月に後輩の方らと立ち上げられたクラブチーム。

DSC_0105_202008102357407c9.jpg DSC_0106_20200810235749a59.jpg DSC_0108_20200810235800617.jpg
DSC_0111_20200811000513e87.jpg DSC_0116_20200811000724516.jpg DSC_0124_20200811000708ca7.jpg
ツイッターやインスタグラムなどでも選手やマネージャーさんを募集、5人とか、本当に少ない人数ながら週一回程度、短い時間ながら、京都府城陽市にある、鴻ノ巣山運動公園野球場(城陽市総合運動公園)で練習を積み重ね、この日はいよいよ記念すべき「対外試合初戦」となりました。

DSC_0140_202008110006258f9.jpg DSC_0149_20200811000757aa7.jpg DSC_0159_20200811000707909.jpg
もちろんこのグラウンドにたどり着くまでに、理想や目標、希望など、さまざまなプラス要素と同じくらいの「不安」ももしかしたらあったかも知れません。しかしながらそれらは、グラウンドで対外試合をする事によって、全て払拭されるんではないかな、とも。

DSC_0126_20200811000545b27.jpg DSC_0135_202008110005535fd.jpg DSC_0138_202008110006261ca.jpg
日本野球連盟への登録は2021年度に、とか。それまでに日々練習を重ね、オープン戦の繰り返し。それと同時に選手募集や練習場確保などなどまだまだせねばならん事も多かろうと思いますが。

DSC_0163_20200811000817244.jpg DSC_0195_202008110008149a3.jpg DSC_0212_2020081100075822a.jpg
企業チームの解散や活動休止が伝えられる中、そしてクラブチームの認知度がまだまだ低い中、こうやってチームが動き出すのは非常によい事と考えています。

DSC_0216_20200811000805e00.jpg DSC_0217_202008110008184c8.jpg DSC_0219_20200811000746ec3.jpg
そして試合内容は、井堂監督以外まだ誰が誰か殆んど分からぬ状態ゆえ割愛しますが、選手の皆さん、くっそ暑い中ではありましたが(終了後暫くしてから夕立も)心底試合を楽しんでおられました。

DSC_0223_20200811001809e0a.jpg DSC_0224_202008110018017ad.jpg DSC_0225_20200811001802f2d.jpg
DSC_0226_20200811001712bd1.jpg DSC_0227_20200811001724b9b.jpg DSC_0228_20200811001731e24.jpg
特に記念すべき「開幕投手」の熊谷大智投手。ご本人曰く「5年ぶりくらいの先発」だそうでして。ただ、最後4回表はバテバテだったのか、頭ブレブレ帽子飛びまくり。

DSC_0366_20200811002043ff0.jpg DSC_0367_20200811002052b55.jpg DSC_0368_20200811002101a06.jpg
DSC_0369_20200811002106791.jpg DSC_0370_202008110021249b1.jpg DSC_0372_20200811002121577.jpg
そして、マウンドにいる間、常に誰かと話してる。内野から声を掛けられるといちいち答える神対応。最初の対外試合の緊張を自らほぐす意味もあったんでしょう。

DSC_0576_20200811002544435.jpg DSC_0578_202008110026156cd.jpg DSC_0580_202008110026329f3.jpg
DSC_0582_2020081100270729e.jpg DSC_0588_20200811002707f81.jpg DSC_0597_202008110027041f8.jpg
そんな熊谷選手の第一打席は「チーム第1号ホームラン(スリーラン)」。この後ショートの守備に就いた後にもうソロホームランを1本。投げる方は(略)ですが、とんでもない選手がいたもんだ。

DSC_0405_202008110029456fd.jpg DSC_0408_20200811003054497.jpg DSC_0414_20200811003119673.jpg
DSC_0440_20200811003109ea7.jpg DSC_0441_20200811003141066.jpg DSC_0448_20200811003056b2d.jpg
あとはもう、三振をするにも内野ゴロやヒットを打つにもフォアボールを出すにしてもポジションにボールが飛んでも、もっと言えば失点しても「チーム結成後初記録」のオンパレード。

DSC_0468_20200811003107826.jpg DSC_0471_20200811003138856.jpg DSC_0473_20200811003143d08.jpg
DSC_0735_202008110049037e8.jpg DSC_0736_20200811004923344.jpg DSC_0737_20200811004919445.jpg
酷暑とも思える陽射しの中、両チームの皆さん思い切り汗をかいておられました。

DSC_0516_202008110035111e9.jpg DSC_0518_2020081100365346d.jpg DSC_0523_20200811003537bf2.jpg
DSC_0542_202008110036221b7.jpg DSC_0544_20200811003630969.jpg DSC_0546_20200811003623f21.jpg
少ない人数、特にピッチャーがまだ足りないのか、またくっそ暑い中だったので短いイニングの継投だったのか、熊谷選手の後は交代交代。投げる前に足がつった人がいたりと、なかなか大変でした。

DSC_0616_20200811003604abf.jpg DSC_0621_202008110036334a2.jpg DSC_0624_202008110036411fb.jpg
DSC_1579_20200811005651703.jpg DSC_1585_20200811005709e55.jpg DSC_1594_202008110057206a5.jpg
でもって、けっしてグラウンドはいいものとは言えませんでした。それでもやはり、グラウンド(野球場)は選手にとっての「舞台」。そしてこの先の舞台はどんどん大きくなるはず。そしてその舞台の最高到達点は、西武ドームであり、東京ドーム、だとも思います。

DSC_0871_20200811010102d7d.jpg DSC_0885_2020081101010777e.jpg DSC_1575_20200811010045b8f.jpg
DSC_0291_20200811010337250.jpg DSC_0897_20200811010338098.jpg DSC_0919_2020081101031181e.jpg
某選手曰く「砂浜」みたいなグラウンドにも、自身の目標を高く掲げて、プレイする選手の皆さんがいます。事ある毎に野球人口の減少が懸念されていますが、けっして悲観することはないと思います。

DSC_1458_202008110042155c0.jpg DSC_1460_202008110043063cc.jpg DSC_1462_20200811004314f9a.jpg
DSC_1464_20200811004326cfd.jpg DSC_1473_20200811004317555.jpg DSC_1478_20200811004319627.jpg
そして試合終盤は、井堂輝明監督自らサード守備、そしてファースト守備、さらには自ら「人生初の柵越えホームラン」を放ち、最後は急遽マウンドに上って試合を締め括ると言う展開。

DSC_1753_20200811005305f1a.jpg DSC_1757_202008110053170e0.jpg DSC_1759_20200811005320472.jpg
この辺は人が足りないがゆえのシート変更の賜物ではありますが、そして心底猛暑の中の試合でしたが、皆さん存分に「試合が出来る喜び」を噛み締めておられたんどはないかな、と思います。けどやっぱり、暑い中の「タイム」はこうなりますよねぇ。何か無駄に和む時間。

DSC_1347_2020081101132460d.jpg DSC_1416_20200811011252820.jpg DSC_1430_202008110112443c4.jpg
DSC_1506_202008110112032c9.jpg DSC_1332_20200811011314dd5.jpg DSC_1812_20200811011313f04.jpg
マネージャーさんも、チームのスコアブックを記すのは初のお仕事。合同練習ついでですが、未来永劫語られる「歴史の1ページ目」。そしてそれは「大勝利」で終えることが出来ました。

試合結果
瀬田クラブ
201 300 1  7

611 014 X  13
B‐BACKS
※球場使用時間終了の為コールドゲーム

DSC_1816_20200811015852041.jpg DSC_1819_20200811015912cde.jpg DSC_1822_202008110159128b7.jpg
暑い中お疲れ様でした。そしてありがとうございました。こうやって新しいチームの「最初の第一歩」を観る機会があったのは感謝の極み。また時間があれば観に行きます。今後共よろしくお願いします。

2020.08.11 / Top↑