ある程度予想はされていましたが、4月8日から続いた「緊急事態宣言」は、生活に関する条件は一部緩和されたものの、5月31日までの「延長戦」に突入しました。しかしながら、プロアマ問わずスポーツに関しては未だ先行き不透明と言う事で「延長タイブレーク」と言った所でしょうか。

とは言うものの、屋外で体を動かす人は少なくありません。やはり家に閉じ籠っていても、出来る運動と言うのは限られてきます。前にも少し触れたかも知れませんが、私の場合通勤に自転車を使用しているせいか、休日でも「ひとっ走り」しておかないと、どこか鈍ってしまうような気もします。

だからと言う訳でもないですが、今回も「サイクリングついでの撮り鉄」に出掛けてきました。今回目指すのは、近鉄南大阪線の大和川以南、松原市内から羽曳野市内古市駅付近迄の区間。あべの橋から高架を駆け抜けてきた近鉄電車は、大和川橋梁を越えて松原市内に入ると、地平を走ります。

その付近の踏切なり何なりで色々撮ってみる計画。今回もほぼ行き当たりばったりです。こう言う時ってスマートフォンの「位置情報」ってのが役に立ちます。この辺りは人それぞれではありますが。

前回の古市駅から南の区間は、通過する列車は2両だの3両だのと言う短い編成ばかりでしたが、北の区間は、特急以外は古市駅で2両なり4両なり増結をするので、比較的長い編成が撮れるんではないか、と言う「想像」だけで、思い付くまま気の向くまま、沿線を自転車で走り回ってみました。



DSC_0001_20200513010434676.jpg DSC_0007_20200513010503b58.jpg
DSC_0002_2020051301050695e.jpg DSC_0006_2020051301051725d.jpg
まず向かったのは、大和川南岸の土手上の道路にある、歩行者・軽車両専用の「矢田第五号踏切」。近鉄南大阪線の踏切は新旧問わず、こんな風に木製の表示が建てられています。2018年4月24日には、大和川の増水で橋脚が傾き、南大阪線河内天美駅以北が運休になりました。

DSC_0005_202005130107033a6.jpg DSC_0011_20200513010806d95.jpg
DSC_0033_20200513010801b92.jpg DSC_0051_202005130108129a4.jpg
DSC_0060_20200513010818fdf.jpg DSC_0074_20200513010746d46.jpg
朝8時前に着いた為、もろにラッシュアワー。阿部野橋行急行や準急行は「見よ 堂々の」8両編成、普通電車は6両編成など、古市駅以南ののどかさとは明らかに違います。南河内地方の通勤輸送を一手に引き受ける南大阪線の本来の姿、とでも申しましょうか。

0039 0041 0043 0045
DSC_0039_20200513010940122.jpg DSC_0041_2020051301102743b.jpg
DSC_0043_202005130110175e6.jpg DSC_0048_20200513011032317.jpg
吉野06:49発発阿部野橋08:19阿部野橋着の特急は、これも堂々たる南大阪線特急唯一の8両編成。前2両は16010系、続く中間4両は16600系、最後部2両は16400系。連結している形式がバラバラなので、屋根の高さや車体幅もバラバラなのは近鉄らしさ。

DSC_0088_2020051301182916c.jpg DSC_0093_20200513011717dcb.jpg
DSC_0110_2020051301175034b.jpg DSC_0129_2020051301174522b.jpg
鉄橋自体に目立つ設備もなく、見通しもよいので、望遠レンズでなくとも色々撮る事が出来ます。

DSC_0126_20200513012112ed4.jpg DSC_0145_20200513012059130.jpg
DSC_0147_20200513012129ce7.jpg DSC_0268_20200513012141af0.jpg
朝8時過ぎに通過した8両編成の特急は、阿部野橋駅で小休止の後編成を分割、2両は河内天美駅にある天美検車区に回送、前4両は南大阪線では平日に3本しかない「橿原神宮前行特急」、残る2両はその後の吉野行特急に充当されるようです。かなり面倒な入換作業。

DSC_0153_202005130124023d4.jpg DSC_0159_202005130124489a2.jpg
DSC_0165_2020051301243775b.jpg DSC_0271_20200513012430700.jpg
南大阪線でやはり気になるのは、古豪のスプリンター16000系特急型電車と、吉野線開業100周年を記念して復刻された、6020系電車の「ラピッドカー復刻塗装車」。せっかくですから、1980年代後半に消えた「近鉄マルーン一色」も復刻してもらえぬものでしょうか。

DSC_0173_202005130126108e6.jpg DSC_0183_202005130126286d5.jpg
DSC_0241_202005130126513a9.jpg DSC_0252_20200513012656573.jpg
「シリーズ21」も当たり前のように混結、どころか6両編成ともなると、列車の前後で形式が違うのも当たり前。性能云々は解りませんが、柔軟な運用を組む為、なんでしょうね。

DSC_0218_20200513012840f67.jpg DSC_0225_20200513012922d43.jpg
DSC_0228_20200513012900ca5.jpg DSC_0230_20200513012910f9f.jpg
踏切を行ったり来たりしつつ撮るのもよし、少し離れて斜め位置から撮るもよし。障害物らしいモノがない(運行に必要な設備はあって当たり前)ので、車両形式に拘らなければ存分に楽しめます。

DSC_0293_20200513013053d63.jpg DSC_0294_20200513013141296.jpg
DSC_0315_20200513013140447.jpg DSC_0316_20200513013139fa5.jpg
次は一旦西側にある大阪狭山線を渡り、大和川北岸に渡ってみます。

DSC_0317_20200513013348a03.jpg DSC_0318_20200513013359ace.jpg
DSC_0435_20200513013434ed0.jpg DSC_0434_202005130134220f2.jpg
その先にあるのが「矢田第四号踏切」。高架区間の終端であり、南大阪線最初の踏切。ここも「五号踏切」同様、歩行者・軽車両専用の踏切です。一号~三号は、高架化で廃止されたんでしょうね。真っ直ぐ南に向かう大和川橋梁と、矢田駅に向かう右カーブを見渡す事が出来ます。

DSC_0446_20200513014238174.jpg DSC_0449_202005130143290f2.jpg
DSC_0340_202005130136391e9.jpg DSC_0342_20200513013634813.jpg
DSC_0420_20200513013651643.jpg DSC_0422_20200513013712bce.jpg
ひとまず標準レンズにて、大和川橋梁を渡る電車を。かなり車両限界に近い位置に遮断機その他が設置されているので、通過する電車に近付きすぎないよう、また帽子など吹っ飛ばされぬよう。

DSC_0451_20200513014407544.jpg DSC_0458_20200513014357fc4.jpg
DSC_0464_2020051301434743d.jpg DSC_0467_20200513014513a8d.jpg
DSC_0469_20200513014437e4a.jpg DSC_0473_20200513014429907.jpg
DSC_0476_202005130145072e4.jpg DSC_0479_20200513014527368.jpg
DSC_0484_20200513014529d31.jpg DSC_0487_20200513014438ce7.jpg
矢田駅方のカーブ。阿部野橋行電車は後追い。長い編成だと前の方が下り線の防音壁に隠れてしまいます。6両編成が限度でしょうか。下り電車は言わずものがな。2両編成の特急なら何とか。

DSC_0499_2020051301481575c.jpg DSC_0526_202005130148304ba.jpg
DSC_0382_202005130150480cc.jpg DSC_0415_20200513015103fa8.jpg
大和川では全て東側からの撮影に終始しましたが、西側には高圧線が、橋梁中央付近で電車の車体の高さに張られているので、見映えよい画像が撮れぬような気がしたので、今回は回避しました。

DSC_0527_20200513015209a53.jpg DSC_0528_20200513015236c39.jpg
DSC_0530_2020051301530126b.jpg DSC_0532_20200513015249f0a.jpg
大和川土手上を辞して、再度橋を渡って街中の路地に入り、辿り着いたのは「矢田第六号踏切」。踏切西側から撮影しています。奥に見えるのは阪南大学のキャンパス。土手に向かう勾配を昇り降りする電車をターゲットとします。比較的見通しが良いので、長い編成も大丈夫かと思います。

DSC_0535_20200513015454d3f.jpg DSC_0537_202005130155382c2.jpg
DSC_0562_20200513015544c3b.jpg DSC_0563_20200513015541ec5.jpg
DSC_0569_20200513015621902.jpg DSC_0581_20200513015610c80.jpg
上下列車とも撮影出来ますが、上り列車は勾配に向けてノッチを入れるので、かなり高速で通過します。ゆえに後追いも、実はこれ遮断機が開いた後なんです。ここもまた(と言うか個人的にそう言う場所ばかり選んでます)歩行者・軽車両専用の踏切ですが、くれぐれも迷惑にならぬよう。「バズーカ」必須かと思われます。300mmでは残念ながらちょっと届きませんでした。

DSC_0540_202005130157349e2.jpg DSC_0543_20200513015738af6.jpg
2両編成の特急電車は寸詰まりになり、単行列車のようになってしまいます。ネタには使えます。

DSC_0585_202005130158596df.jpg DSC_0609_20200513015915a3b.jpg
標準レンズにて撮影。

DSC_0616_20200513020119fc0.jpg DSC_0622_202005130201181fa.jpg
DSC_0619_20200513020137843.jpg DSC_0621_202005130201241a7.jpg
「矢田第七号踏切」に来ました。もうここまで来れば、河内天美駅もすぐそこ。

DSC_0624_20200513020325107.jpg DSC_0626_202005130204122e4.jpg
DSC_0649_20200513020352b3b.jpg DSC_0657_20200513020417f1a.jpg
踏切を過ぎた先の、某居酒屋さんの前付近より撮影敢行。藤井寺行普通電車で、6020系ラピッドカー復刻塗装の編成が戻ってきました。やはりこの塗装はこの電車に似合います。某旅客鉄道会社の「国鉄特急リバイバル」がまるっきり「ウソ電」のように思えます。

DSC_0660_20200513020519d8a.jpg DSC_0661_20200513020534871.jpg
河内天美駅の通過線を走る特急や、副本線をゆっくりと走り出す普通電車が撮れます。

DSC_0677_202005130206420bd.jpg DSC_0684_20200513020720d5b.jpg
DSC_0679_20200513020718576.jpg DSC_0683_20200513020729952.jpg
河内天美駅のホームのすぐ北側にある「矢田第八号踏切」。やはり歩行者・軽車両専用ですが、エキチカと言う事で通る人、自転車、バイクいずれもかなり多いです。もちろん三脚は御法度です。

DSC_0681_20200513020922a5d.jpg DSC_0694_20200513020952083.jpg
DSC_0699_20200513021023bec.jpg DSC_0702_20200513021034d52.jpg
DSC_0703_20200513021034a22.jpg DSC_0711_20200513021047e9d.jpg
見栄えのせぬ画像ばかりではありますが、こうやって日常生活を運んでいる電車も、廃車等でいずれはこの地を去ります。その日になって慌てて「貴重だ貴重だ」と騒ぎ立てて撮りに行くことのないよう、こうやって日頃から「撮れるものは皆撮っておく」のも大事なことではないでしょうか。

DSC_0713_20200513021331092.jpg DSC_0721_2020051302134235a.jpg
DSC_0716_20200513021411751.jpg DSC_0714_20200513021403108.jpg
河内天美駅南側の「天美第一号踏切」にやって来ました。整備されたのか、広くて新しめ。しかし木製の表示は従来のまま。北側には天美検車区が、そして南側にはその入れ換え線があります。

DSC_0720_202005130216047b7.jpg DSC_0722_202005130216112a4.jpg
DSC_0724_20200513021621a19.jpg DSC_0727_2020051302165285c.jpg
DSC_0729_20200513021658fa8.jpg DSC_0730_20200513021711301.jpg
何の気なしに列車を待っていたら、午前中の運用を終えた26000系「さくらライナー」が戻ってきました。副本線から一旦入れ換え線に入って入庫。午後からの運用に備えます。

DSC_0736_20200513022206004.jpg DSC_0735_202005130222213bb.jpg
DSC_0738_2020051302223505e.jpg DSC_0739_202005130222233ac.jpg
布忍駅にやって来ました。布忍駅の南側で、南南東に進路を取っていた南大阪線は、急カーブを描いて東に向きを変えます。その布忍駅の南側にあるのが「布忍第一号踏切」。車も通る踏切です。

DSC_0741_202005130223540a3.jpg DSC_0744_20200513022407c6e.jpg
DSC_0748_20200513022431e98.jpg DSC_0752_20200513022439927.jpg
まずは布忍駅を発車する電車を撮影。光線の具合が厳しいですが、撮れない事はないな、と。

DSC_0764_20200513022603b32.jpg DSC_0770_20200513022649d26.jpg
DSC_0772_20200513022639a89.jpg DSC_0782_20200513022623d1b.jpg
阿部野橋行急行電車その他を迎え撃ち。4両~6両編成が本当にギリギリ、最後尾まで入ります。急カーブなので、急行電車でもそんなにスピードは出てません。とにかくこの日は天気が良かったので、この先も逆光気味の画像が多くなっています。あらかじめご了承ください。

DSC_0783_20200513022823fc0.jpg DSC_0785_2020051302282983d.jpg
布忍駅前の路地を抜け、大阪府道12号堺大和路線に出ます。高見ノ里駅前を過ぎてしばらく走ると、目前に国道309号線の陸橋が見えてきます。横に歩道がかあるようなので昇ってみます。

DSC_0787_20200513022943066.jpg DSC_0788_20200513023005e67.jpg
DSC_0789_2020051302303501a.jpg DSC_0792_20200513023034857.jpg
ものすごく急な階段になっています。自転車はその下に一時駐輪。交通量が多いのでよく揺れます。また近隣に踏切がないので、通行される方や自転車も多いです。そして、かなり狭いのでご注意。

DSC_0795_20200513023153003.jpg DSC_0808_202005130231587e8.jpg
架線柱と架線柱の間を縫うような感じでの撮影になるため、かなり難儀します。
DSC_0811_20200513023315cdf.jpg DSC_0813_20200513023400dbf.jpg
DSC_0814_20200513023357c2c.jpg DSC_0816_20200513023406af9.jpg
階段を降りて先を急ぎます。と言っても完全に行き当たりばったり。途中、カメ〇ラのキ〇タムラさんがありますが、その裏手に「高見ノ里二号踏切」がありました。


DSC_0826_20200513023601479.jpg DSC_0830_20200513023619997.jpg
DSC_0848_20200513023625594.jpg DSC_0852_20200513023642d87.jpg
北側に立って右手は直線からカーブ、左手からは河内松原駅を発車してきた電車を捉えます。但しこの踏切、異常な程狭い上、歩行者自転車の利用がすごく多いです。とにかく邪魔にならぬよう。



DSC_0017_20200513054244fa0.jpg DSC_0041_20200513054331b58.jpg
なかなか来る事のない近鉄南大阪線の平日朝の通勤ラッシュ時間帯、そして休む事なくやって来る、多種多様の列車のお陰で大和川橋梁に時間を費やし、長くなりそうなので一旦終了します。

DSC_0719_20200513054313ece.jpg DSC_0747_20200513054334be6.jpg
この後は、ただひたすらインターネット地図の位置情報と、現地での我が目を頼りに、踏切を探しつつ、電車を撮影して回ると言う、好きでないと出来ないであろう行動が延々と続きます。既に時間は12:25。5月にしては暑いですが、何ぞの探検のようで、少し楽しくなってきました。

後編に続きます。

2020.05.12 / Top↑