さて、早朝の南海高野線初芝駅から、直線ではないものの、大阪府道204号線を南下し、50km先までの輪行を敢行しました。我ながらよくもまぁこんな所まで走れたもんだな、とは思います。

で、再び堺市内の自宅を目指して北上を始めたわけですが。いくら大阪府民とは言え、余程の用がない限りこんな所に来る事もない。せっかくの休暇、さらにはよい天気なんだし、どうせなら「南海本線を撮りながら戻る」事にしました。ええ、もう完全に運動がてらの「不要不急の外出」です。

南海本線は、難波駅から岸和田駅付近までは高架線、もしくは高架工事の真っ最中。大小問わず踏切を巡りながら撮って回れるのは、羽倉崎駅以南のこの付近だけ。下調べすらもろくすっぽしてませんが、ここはいつも通り、自転車ならではの機動力を駆使しての「踏切からの撮り鉄」を敢行です。



大阪市内からひたすら真っ直ぐ和歌山市を目指した阪和線(旧阪和電気鉄道)とは違い、大阪湾岸の町を縫うように敷設された南海本線は、大阪府南部では比較的きついカーブを描きながら走っています。そのカーブの途中にある踏切を、地図上で探しながら走ります。

DSC_0186_202005240128009f3.jpg DSC_0187_20200524022607c99.jpg DSC_0188_202005240226173ab.jpg DSC_0190_20200524022624678.jpg
まず見つけたのは、淡輪駅東側にある「箱作18号踏切」。

DSC_0206_2020052402271312c.jpg DSC_0207_2020052402272948c.jpg
DSC_0213_202005240227282c7.jpg DSC_0215_20200524022737294.jpg
ですが、初戦思い付きは思い付き。通過する電車が、難波方にある小さなガードを抜けるタイミングを間違えると、最後部が影になると言う悲惨な結果に陥ります。ここはちょっと無理っぽかったか。

DSC_0228_20200524023018f89.jpg DSC_0229_2020052402305294e.jpg
DSC_0230_20200524023213b36.jpg DSC_0231_20200524023053f20.jpg
上記のガードの先にある「箱作16号踏切」。ここは踏切の前後がカーブになっています。

DSC_0232_20200524023125e51.jpg DSC_0236_20200524023213495.jpg
DSC_0243_20200524023117a3e.jpg DSC_0246_2020052402330718d.jpg
DSC_0252_20200524023142c76.jpg DSC_0255_20200524023235fe9.jpg
DSC_0264_202005240237019cd.jpg DSC_0267_202005240232267b0.jpg
この辺り、カーブは多いですが、山を切り拓いた土地なので、両側が山もしくは宅地になっているので、編成の最後部まで入れるのはなかなか難しゅうございます。4両編成の普通電車なら何とか。

DSC_0273_20200524023248dbf.jpg DSC_0280_20200524023319a13.jpg
DSC_0290_20200524023319152.jpg DSC_0291_20200524023247a77.jpg
DSC_0300_202005240233122b4.jpg DSC_0302_202005240232570c8.jpg
DSC_0314_20200524023255b36.jpg DSC_0320_202005240232541f3.jpg
さらには、時刻表をチェックしていないので、何が来るのか全くわからない、さらには何両編成かすらももちろん把握してないので、出来としてはあまりよくないです。

DSC_0325_202005240239315f6.jpg DSC_0326_202005240239413b4.jpg
更に東側にの「箱作15号踏切」。ここは両側カーブだけでなく、難波方は下り坂になっています。

DSC_0335_20200524024128b2c.jpg DSC_0339_20200524024220897.jpg
DSC_0352_20200524024234aed.jpg DSC_0363_202005240242251c3.jpg
DSC_0364_20200524024205391.jpg DSC_0371_20200524024223fca.jpg
DSC_0401_20200524024205377.jpg DSC_0406_20200524024231a06.jpg
坂をグイッと登って来る所を撮れればいいんですが、そうもなかなかいきません。

DSC_0410_2020052402434117e.jpg DSC_0409_2020052402435171e.jpg
続いて「箱作14号踏切」。この辺りの移動は、少し南側にある一本道を基本にしています。ここは難波方は緩やかなカーブ、和歌山方は急カーブなので、上り電車をメインにした方がいいでしょう。

DSC_0427_202005240245033b9.jpg DSC_0428_20200524024534695.jpg
DSC_0444_202005240246194ba.jpg DSC_0456_202005240246109dd.jpg
DSC_0458_2020052402454296a.jpg DSC_0464_2020052402462562c.jpg
パンタグラフが切れたとか、そんな事は個人的にはいいんです。

DSC_0467_20200524024727577.jpg DSC_0468_20200524024742b71.jpg
「箱作12号踏切」。ここはこれまでのカーブよりも若干見通しが良いです。

DSC_0483_20200524024909163.jpg DSC_0488_20200524024945df2.jpg
DSC_0489_20200524024958093.jpg DSC_0499_20200524024948d24.jpg
難点と言えば、架線柱が太いコンクリート製なので、目障りと言えば目障りな所。ただ、こんな所でも、いずれここを走らなくなる車両が出てくるので、撮っておく事に越した事はないと考えます。

DSC_0507_202005240251222eb.jpg DSC_0516_202005240251299cc.jpg
DSC_0519_20200524025156b63.jpg DSC_0524_202005240252032e5.jpg
「和歌山市ふくさと観光大使」に選ばれた、ロックバンド「L′Arc~en~Chel」のヴォーカル・HYDE(和歌山市出身)とのコラボレーション企画「HYDEサザン」がやってきました。

DSC_0549_2020052402531692e.jpg DSC_0555_20200524025325986.jpg
次の踏切への移動中の住宅地の道路から。線路より高い位置になりますが、高圧線が気になるかな。

DSC_0564_202005240129382db.jpg  DSC_0590_20200524013026b44.jpg
前項でも触れた、箱の浦駅建設中止地。組まれたままの手摺を何とか回避出来ればよいんですが。

DSC_0571_202005240257079f9.jpg DSC_0589_202005240257159e2.jpg
DSC_0591_202005240258132e5.jpg DSC_0595_20200524025753c9f.jpg
DSC_0600_20200524025809719.jpg DSC_0604_2020052402581753e.jpg
残念ながらクリア出来ませんでした。三脚等立てればなんとかなるとは思いますが、相変わらず手持ちでの撮影なのでこうなります。それとも、もしかしたら工事の再開の予定があるのかどうか。

DSC_0611_20200524030036b5f.jpg DSC_0612_20200524030057315.jpg
住宅地を離れ「箱作10号踏切」にやってきました。大阪湾もかなり近くなってきました。

DSC_0613_2020052403010708a.jpg DSC_0620_20200524030121666.jpg
和歌山方は急カーブになっていますが、難波方は障害物があるのであまりよいのが撮れません。

DSC_0622_20200524030220f32.jpg DSC_0621_20200524030236868.jpg
「箱作7号踏切」。この踏切の海側は「せんなん里海公園」の入り口になっています。

DSC_0628_20200524030511158.jpg DSC_0629_20200524030657403.jpg
DSC_0637_20200524030757868.jpg DSC_0650_2020052403064760b.jpg
DSC_0657_20200524030733d80.jpg DSC_0664_202005240308127c8.jpg
DSC_0690_20200524030717bea.jpg DSC_0699_20200524030740afc.jpg
DSC_0706_202005240307599ac.jpg DSC_0713_2020052403075430c.jpg
DSC_0721_20200524030730c51.jpg DSC_0726_202005240308229b9.jpg
難波方は直線、和歌山方は急カーブ。撮るなら上り電車でしょうかね。

DSC_0728_20200524031116979.jpg DSC_0729_20200524031144116.jpg
DSC_0730_20200524031145a05.jpg DSC_0732_20200524031156816.jpg
「箱作3号踏切」。この踏切の和歌山方に1本、えらく古びた架線柱がありました。一部を拡大して撮影してみましたが「昭・1・5」とありました。なぜここだけが交換されずに残っているのか。

DSC_0737_202005240313571a8.jpg DSC_0743_202005240315120d5.jpg
DSC_0745_202005240314525a0.jpg DSC_0750_20200524031533cde.jpg
DSC_0770_202005240315418f5.jpg DSC_0786_20200524031551680.jpg
DSC_0792_20200524031553a5a.jpg DSC_0795_202005240315572f8.jpg
難波方・和歌山方ともども急カーブになっているので、編成の最後部まではなかなか入りづらいですが、そこそこの画が撮れると思います。列車本数も多いので、枚数はこなせます。

DSC_0796_20200524031705a70.jpg DSC_0797_20200524031712f37.jpg
「箱作2号踏切」。難波方に箱作駅が見えます。

DSC_0803_20200524031851392.jpg DSC_0808_20200524031930582.jpg
DSC_0810_2020052403193223c.jpg DSC_0813_20200524032003ae7.jpg
DSC_0818_20200524032017e72.jpg DSC_0822_2020052403203799f.jpg
DSC_0825_2020052403204154a.jpg DSC_0829_20200524032022d2f.jpg
上り電車の迎え撃ちは、バックにある加茂神社の森のお陰で、山中っぽい画になります。下り電車は若干下り坂になるので、そこそこ迫力のある画になると思いますがいかがでしょうか。

DSC_0839_20200524032153be4.jpg DSC_0840_20200524032231493.jpg
DSC_0841_202005240322394a7.jpg DSC_0843_202005240322194a0.jpg
DSC_0844_20200524032237a7c.jpg DSC_0849_20200524032236d33.jpg
淡輪駅~箱作駅間を堪能した所で、20分かけて府道204号線を北上、阪南市と泉南市の境界・男里川へやってきました。1967年には急行電車と立ち往生していた大型トラックの衝突事故、2017年には台風21号の影響で橋脚沈下と、何かと曰く付きの鉄橋です。こちらは樽井10号踏切。

DSC_0850_20200524032345b56.jpg DSC_0853_20200524032412a7c.jpg
DSC_0851_202005240324001d9.jpg DSC_0852_20200524032408d56.jpg
対岸に回ってみました。土手上に道がありますが線路で途切れ、踏切はありません。もしかしたらここが、上記の急行電車の事故現場になった「樽井9号踏切」の跡地でしょうか。ひとまず難波方が急カーブになっているので、かなり面倒ではありますが、かなり粗い金網越しに狙ってみる事に。立ち位置としてはフェンスギリギリ。足場は悪くないです。

DSC_0866_20200524032759aca.jpg DSC_0868_20200524032927543.jpg
DSC_0886_20200524033035d0e.jpg DSC_0892_20200524033012d91.jpg
最初の二枚は300mmでの撮影ですが、迫力に欠けるってんで「バズーカ砲」投入。ちなみに金網はレンズキットの望遠レンズも入るので、撮影に関しては特段支障はありません。

DSC_0897_202005240329550a3.jpg DSC_0900_202005240329383ac.jpg
DSC_0903_20200524033002f38.jpg DSC_0915_20200524033024dd8.jpg
DSC_0922_20200524032955479.jpg DSC_0928_202005240330265b2.jpg
何故か思い切り寄せ切れてません。

DSC_0940_20200524033319e78.jpg DSC_0941_202005240333301f4.jpg
二色浜駅のすぐ北側にある「貝塚11号踏切」。ここまでと違い、交通量も多く、車も多いです。

DSC_0945_202005240335183d9.jpg DSC_0947_202005240335488fb.jpg
DSC_0950_20200524033633807.jpg DSC_0961_20200524033612545.jpg
DSC_0960_202005240336253b3.jpg DSC_0970_20200524033640b37.jpg
まるで振り子電車かと言うぐらいに、車体を思い切り傾けてカーブを駆け抜けてきます。

DSC_0973_20200524033857fe5.jpg DSC_0974_20200524033921dd3.jpg
DSC_0989_2020052403393335d.jpg DSC_0990_20200524033943a4d.jpg
その難波方にあるのが「貝塚10号踏切」。ここは、難波方が府道40号岸和田牛滝山貝塚線を越える為の高架から下ってくる、そしてかなり急なS字カーブを描いているので8両編成の「特急サザン」や急行電車を、ダイナミックに撮れるかと思われます。上り電車の後追いは辛いです。

DSC_0992_20200524034607fd0.jpg DSC_0995_20200524034922bf9.jpg
DSC_1008_20200524034703850.jpg DSC_1020_2020052403473718e.jpg
DSC_1036_202005240348108bc.jpg DSC_1043_20200524034851d1e.jpg
DSC_1047_2020052403491493b.jpg DSC_1058_202005240348325cf.jpg
DSC_1065_20200524034915e88.jpg DSC_1071_202005240348526ae.jpg
DSC_1074_20200524034911805.jpg DSC_1080_20200524034847274.jpg
住宅が両サイドに建て込んでいるので、残念ながら高架を渡り終えた所、また高架に駆け上がっていく所はうまく捉える事が出来ません。上り列車の後追いは、どうしても左側の塀が車両に被ります。ただ、こんな所にこんなカーブがあるとは思いも寄りませんでした。

DSC_1081_2020052403533092e.jpg DSC_1085_20200524035536a73.jpg
DSC_1108_20200524035430a48.jpg DSC_1120_202005240355095f3.jpg
DSC_1131_202005240356159d9.jpg DSC_1134_20200524035649325.jpg
DSC_1138_202005240356177b2.jpg DSC_1143_20200524035552b42.jpg
DSC_1146_20200524035627fd7.jpg DSC_1148_2020052403564556e.jpg
DSC_1163_20200524035622213.jpg DSC_1174_20200524035651126.jpg
この日は幾つか「カーブ」を巡りましたが、ここが一番サマになるなったでしょうかね。諸般の事情で「ラピート」は運休になっていますが、運転が再開されれば、また来てみようと思います。



と、普段は沿線に来るどころか、下車する事すらない南海本線沿線。高石市内でも高架工事が進行中ですが、そして交通量の多い道路を跨ぐような踏切もないですが、いずれはここを通らなくなる車両もあります。「つまらぬ騒ぎ」になる前に、時間があるならまた来ようと思います。

2020.05.24 / Top↑