ある程度覚悟は出来てましたが、敢えて申し上げるなら、来るべきものが来てしまいました。

JR西日本や三菱重工広島、ツネイシブルーパイレーツはじめ、各チームの正式な発表よりもほんの少しだけ前に情報は頂きましたが、第68回JABA松本滝庫旗兼第56回JABA三浦芳郎旗争奪広島県野球大会は、予想通り「無観客試合」として開催される事に「なってしまいました」。

世間の流れ、と言ってしまえばそれまでですが、個人的には、3日間で、広島県野球連盟に登録されている企業チーム、クラブチームの試合がいっぺんに観る事が出来るってんで、毎年、前年の社会人野球日本選手権閉幕以降、この日だけを楽しみにしておったんですが、至極残念でなりません。

プロ野球ペナントレースの開幕が延期となり、ウエスタンリーグは3月中は無観客の練習試合、当然の事ながら、堺市原池公園野球場(くら寿司スタジアム)でのオープニングゲームでもある、ウエスタンリーグ・オリックスバファローズ対福岡ソフトバンクホークスもパァになってしまいました。

プロアマ問わず、公式戦と言う公式戦がどんどん観れなくなっている現状「命綱」は企業チームクラブチーム問わずのオープン戦。一部チームでは引き続き制限が設けられていますが「このままでは死あるのみ」てんで、野球を探しての東奔西走。今月4度目の「広島上陸」となりました。

当初はこの日、広島東洋カープ対三菱重工広島硬式野球部のオープン戦を観戦する予定にしていたんですが、折からのコロナウイルス禍で、残念ながら非公開となってしまい、その代替となったもの。

と言いますか、無観客試合が決定して以降「何かしら広島で試合があるだろう」と言う事で、新幹線の切符をキャンセルせずにそのまま存置していたところ、前日になってJR西日本野球部のツイッターより、この試合の予定が発表になった、と言う次第。見たいチームが沢山あるって良い事です。

DSC_0004_20200314015139bd8.jpg DSC_0009_20200314015148902.jpg
広島駅到着後、後を追ってきた、3月14日のダイヤ改正で姿を消す「白い700系」を使用した「ひかり441号」を、広島駅東側の「荒神陸橋」で撮影した後、JR西日本広島総合グラウンドへ。

DSC_0024_20200314015359877.jpg DSC_0028_20200314015420eb7.jpg
DSC_0032_20200314015415f5e.jpg DSC_0034_2020031401542647c.jpg
毎度お馴染み、アストラムライン上安駅。ここからはいつも通りに「フォーブル(第一タクシーから社名変更)」のバスにお世話になります。由宇練習場へいくバスよりは本数は多いです。

DSC_0035_20200314015519fd2.jpg DSC_0037_202003140155268ec.jpg
DSC_0038_20200314015542d57.jpg DSC_0040_20200314015537b22.jpg
おはようございますJR西日本広島総合グラウンド。

DSC_0047_2020031401573046f.jpg DSC_0054_20200314015739a11.jpg
そして、JR西日本硬式野球部の皆様おはようございます。今年もよろしくお願いいたします。

DSC_0122_20200314020036196.jpg DSC_0123_20200314020104699.jpg DSC_0124_20200314020148005.jpg DSC_0125_20200314020139ff3.jpg
DSC_0126_20200314020137526.jpg DSC_0127_20200314020200b68.jpg DSC_0128_20200314020158417.jpg DSC_0129_2020031402020951f.jpg
DSC_0130_20200314020151911.jpg DSC_0131_20200314020239969.jpg DSC_0132_20200314020240cc2.jpg DSC_0133_202003140202136fa.jpg
DSC_0134_20200314020236c3b.jpg DSC_0135_202003140202414e2.jpg DSC_0142_20200314020248b60.jpg DSC_0154_202003140202400f8.jpg
すでに鹿児島県串間市での春季合宿、そして帰りがてらのオープン戦行脚も終え、今年最初のJABA公式戦でもある松本旗三浦旗大会、さらには4月に始まる日本選手権対象大会の、JABA四国大会・岡山大会に向けて鍛練の日々かと思います。体調の方は如何でしょうか。

DSC_0156_2020031402065495f.jpg DSC_0160_20200314020722754.jpg DSC_0171_20200314020730e5c.jpg DSC_0179_20200314020914040.jpg
DSC_0190_2020031402075404a.jpg DSC_0197_20200314020741ecb.jpg DSC_0200_2020031402092267c.jpg DSC_0220_20200314020900961.jpg
DSC_0227_202003140208171ba.jpg DSC_0238_2020031402084922e.jpg DSC_0241_20200314020857bcb.jpg DSC_0254_202003140208344b4.jpg
DSC_0261_20200314020859361.jpg DSC_0279_20200314020849123.jpg DSC_0286_2020031402092464c.jpg DSC_0300_20200314020907d50.jpg
新加入の選手も多く加入し、チーム内でのポジション争いも勃発している事と思われます。それがまた、今後のチームの「熱」になるはず。そして今年は何としても「全国8強の壁」を突破して、カープカープで浮わつき気味の広島の街に、新しい波を起こしていただきたい、と思っています。

DSC_0310_20200314021520db3.jpg DSC_0319_20200314021603191.jpg DSC_0327_20200314021545995.jpg DSC_0341_20200314021639117.jpg
DSC_0352_20200314021632bb6.jpg DSC_0368_202003140216540a7.jpg DSC_0386_202003140216042b3.jpg DSC_0402_20200314021708753.jpg
DSC_0410_202003140216552ea.jpg DSC_0422_20200314021644236.jpg DSC_0424_20200314021707ca1.jpg DSC_0450_20200314021709d58.jpg
残念ながら前述のように、松本旗三浦旗大会は観戦出来なくなりましたが、再結成から8年目を迎え。一期生の選手は30歳となります。スポーツ選手としては一番脂の乗る年齢のはず。今年は是非とも、何かひとつ勲章を取れる、とも考えています。今年も存分に応援させていただきます。

DSC_0092_202003140220019f5.jpg DSC_0112_20200314022010ba0.jpg
そして、中部学院大学硬式野球部の皆様初めまして。

DSC_0137_2020031402243831f.jpg DSC_0152_20200314022539894.jpg DSC_0458_20200314022546e7e.jpg DSC_0465_202003140225144be.jpg
DSC_0472_2020031402251230d.jpg DSC_0476_2020031402252465c.jpg DSC_0479_20200314022633642.jpg DSC_0486_20200314022614076.jpg
DSC_0492_20200314022635d70.jpg DSC_0496_202003140225330ce.jpg DSC_0497_202003140226274ba.jpg DSC_0499_202003140226129d5.jpg
DSC_0510_202003140226281e9.jpg DSC_0520_202003140226220cc.jpg DSC_0521_20200314022611528.jpg DSC_0527_2020031402263639b.jpg
学校は岐阜県関市。東海地区大学野球連盟所属。全日本大学野球選手権大会出場の実績があります。主なOBには、広島東洋カープ・野間峻祥外野手、床田寛貴投手、そして平岡敬人投手。だからと言うわけではないかと思いますが、胸のロゴをはじめ、ユニフォームの作りはカープそっくり。

DSC_0544_20200314023339ce5.jpg DSC_0547_20200314023411dc3.jpg DSC_0559_20200314023449811.jpg DSC_0569_202003140235032f9.jpg
DSC_0573_202003140234343cb.jpg DSC_0577_20200314023503bf7.jpg DSC_0583_20200314023456504.jpg DSC_0588_202003140235119d6.jpg
DSC_0591_202003140235195bd.jpg DSC_0599_20200314023455d1d.jpg DSC_0602_20200314023521bc1.jpg DSC_0661_20200314023525164.jpg
学校が出来たのは平成になってからではありますが、短期間でこれだけのプロ野球選手を輩出しているのは驚異。そう言えば先日観戦したJFE西日本硬式野球部にも卒業生がいます。

DSC_0664_20200314023918ddd.jpg DSC_0665_20200314023925648.jpg
試合の詳細ですが、今回の対戦相手は学生さんな上に。スタメン等が全く掴めないどころか、背番号の上に記されているのは名前ではなくアルファベットで「GAKUIN」。これでは実況やまとめどころの話ではない、と言う事で急遽「守備・走塁を撮影する練習」に充てる事にしました。



DSC_0690_202003140241201f1.jpg DSC_0757_20200314024125921.jpg
しかしながらこれがまた難しいもんでして、ヤマを張ったところでそこに打球が飛んでいく訳でもなく、ほとんどが失敗に近い状態。それでも何枚かは「あぁ、これなら何とか」と言う画像を織り混ぜながら、最近の心境をダラダラと綴ってみたいと思います。

DSC_0753_20200314024244f63.jpg DSC_0771_20200314024258b81.jpg DSC_0791_202003140243018e2.jpg
今後のJABA日本野球連盟なら各都道府県野球連盟主催大会の動向について思うこと。

DSC_0801_202003140245108e4.jpg DSC_0808_20200314024526244.jpg DSC_0814_2020031402451819d.jpg
日本野球連盟公式サイトトップページには現在「無観客」だの「中止」だの、見たくない単語がずらり。ついには「JABA大会中止・無観客試合一覧」が掲載される始末。これは本当に頭が痛いです。

DSC_0829_20200314024814d91.jpg DSC_0831_20200314024825036.jpg DSC_0842_202003140248227c7.jpg
その中にはローカル大会だけでなく、第45回全日本クラブ野球選手権の都道府県予選も入ってます。企業・クラブの違いこそあれ、社会人野球三大大会に向けて、重要な試合が続きます。

DSC_0873_20200314024927f1c.jpg DSC_0875_20200314024946a22.jpg DSC_0882_20200314024947679.jpg
今年初っぱなの日本選手権対象大会、第75回JABA東京スポニチ大会を中止に「してしまった」。日本選手権出場枠の扱いをどうするか、当然討議に入ってはいると思いますが、この後に行われる静岡大会・四国大会・岡山大会や京都大会に至るまでの大会すら、全く希望が持てない状況です。

DSC_0892_20200314025044afe.jpg DSC_0907_20200314025059f0d.jpg DSC_0917_20200314025104f66.jpg
あれこれ討議している時間など、あってないようなもの。このままでは日本選手権の開催すら危ぶまれる事態になりかねません。特に、社会人野球日本選手権が京セラドーム大阪と言う、いわゆる「密閉空間」での開催、と言う事。

DSC_0928_2020031402521445b.jpg DSC_0937_202003140252313de.jpg DSC_0940_20200314025229c13.jpg
今年は東京オリンピックの影響で、一回戦はほっともっとフィールド神戸と言う「屋外」での開催ですが、このままでは大会もろともなくなる可能性もなきにしもあらず。予断を許しません。

DSC_0949_2020031402532615a.jpg DSC_0963_20200314025344cba.jpg DSC_0992_20200314025338688.jpg
致命的なのは、無観客での開催が検討されていた、今年のセンバツ高校野球の中止。これが今年3月以降に行われる、全てのアマチュアスポーツの指針になるんではないかとすら危惧しています。

DSC_1006_20200314025455009.jpg DSC_1014_2020031402550416a.jpg DSC_1017_2020031402550901f.jpg
ただ、あくまでも素人考えですが、このままなし崩し、右にならえ状態で、次々に大会を中止や無観客試合に追い込んでしまって良いもんなんでしょうか。

DSC_1028_202003140255569b4.jpg DSC_1031_202003140256063d8.jpg DSC_1034_20200314025613ba3.jpg
社会人野球の選手の皆さんは、会社の為、自分の為と言う、言い方は悪いですが極々狭い範囲の人の為に野球をやっておられます。しかしながら、その姿に魅力を感じ、応援している第三者と言うのも多数おられます。見方は個人個人差異はありますがどうあれ、社会人野球ファンはいます。

DSC_1051_20200314025641913.jpg DSC_1052_20200314025659fea.jpg DSC_1053_20200314025652245.jpg
そしてチームと言う組織の上に、都道府県連盟があり、日本野球連盟と言う組織があります。その組織は、最近になって公式サポーターを使ったり、YouTubeチャンネルを使ったりして、世の中での認知度を高めようとしてます。手法はまだまだ稚拙ですが、決して悪い事ではないです。

DSC_1056_2020031402574065e.jpg DSC_1058_202003140257489b2.jpg DSC_1063_20200314025754581.jpg
そんな中でのコロナウイルスの蔓延、と言いますかウイルスに対する過剰な自粛。確かに、拡散防止の手段として「換気の悪い閉鎖空間・不特定多数の人の密集・至近距離での会話」の抑止が挙げられ、厚生労働省や国土交通省等からも、各種イベントの自粛ならびに中止の要請が出ています。

DSC_1068_202003140259071bf.jpg DSC_1088_2020031402592287c.jpg DSC_1094_20200314025914497.jpg
しかし、考えても見てください。京都府春季大会でわかさスタジアム京都が超満員札止めになった事がありますか?松本旗三浦旗大会で、やまみ三原市民球場が一杯になった事がありますか?

DSC_1105_2020031403000528d.jpg DSC_1114_20200314030020f68.jpg DSC_1128_202003140300267d7.jpg
これだけ危ない危ないと言われながらも、野球場以外に「感染経路」となりうる場所は幾らでもあります。観てる側からすると娯楽、言わば不要不急の外出に当たるかも知れませんが、それらが禁止にならぬ限り、これらの措置はむしろ過敏な、と言うよりも「異常」な反応、とすら感じます。

DSC_1158_20200314030111aa3.jpg DSC_1160_202003140301314db.jpg DSC_1176_20200314030125e79.jpg
不要不急の外出とは言え、その先で働いてる方もおられます。もっと言えば、人の繋がりを考えるとこの世の中に、人の心身に関わるモノに「不要不急」は絶対にあり得ない、とすら考えてもいます。

DSC_1199_202003140302108bf.jpg DSC_1200_2020031403022835e.jpg DSC_1202_202003140302310f2.jpg
それ以上に、選手の皆さんは試合をしたがっています。それも、オープン戦ではなく、日本野球連盟の公式戦。自分を試す場のオープン戦、勝負のかかった、一番を目指す為の公式戦。緊張感は雲泥の差。そして、家族などなど、見られる事でモチベーションも全然違うと感じますが如何でしょう。

DSC_1301_20200314030405e79.jpg DSC_1308_20200314030404b54.jpg DSC_1359_202003140304118b9.jpg
DSC_1392_20200314030639f15.jpg DSC_1400_202003140306456c5.jpg DSC_1433_202003140306502bb.jpg
何よりも、グラウンドに立つ選手の皆さんの士気にも関わってきます。病に打ち勝てるのは化学や医学だけではない。やれる身体のに出来ない、見に来て欲しい人がいるのに来てもらえない。スポーツを続ける上で、技術とはまた別の、肝心なモノを忘れてしまってるような気もいたします。

DSC_1432_20200314030907a98.jpg DSC_1433_2020031403084778c.jpg DSC_1456_202003140311118fd.jpg
どうかお願いです。これ以上「見せない、やらない試合」を増やさないでください。

DSC_1475_20200314031413b49.jpg DSC_1479_20200314031422b41.jpg

試合結果
中部学院大学
000 200 010  3
 H7 E1
050 010 01X  7 H9 E1
JR西日本


2020.03.12 / Top↑