3月恒例になりました「社会人オール広島対広島東洋カープ」の定期交流試合も、今年で数える事第11回を迎えました。カープのオープン戦の狭間とは言うものの、社会人野球部はそろそろ公式戦を迎える時期。力試しにはうってつけの試合。まずは、社会人オール広島のメンバーをずらっと。

【監督】
町田公二郎(明徳義塾高校~専修大学~広島東洋カープ~阪神タイガース~三菱重工広島)

【コーチ】
花本輝雄 (南宇和高校~近畿大学工学部~JR西日本)
松原 勲 (多々良学園高校~広島医療体育専門学校~ツネイシブルーパイレーツ)

【投手】
河野竜生 (20 鳴門高校~JFE西日本)
谷中文哉 (24 盈進高校~駒澤大学~JFE西日本)
伊藤一輝 (24 中京大学付属中京高校~駒澤大学~三菱重工広島)
鮫島優樹 (30 神村学園高等部~MSH医療専門学校~三菱重工広島)
加賀美希昇(30 桐蔭学園高校~法政大学~横浜DeNAベイスターズ~JR西日本)
佐原圭亮 (27 広陵高校~吉備国際大学~伯和ビクトリーズ)
西川昇吾 (25 愛知大成高校~日本福祉大学~JR西日本)
宮地翔太 (25 中京高校~中京学院大学~三菱重工広島)

【捕手】
國本剛志 (31 近畿大学付属福山高校~近畿大学~三菱重工広島)
財満征史 (30 高陽東高校~東京農業大学~ツネイシブルーパイレーツ)
佐々木駿 (26 桐光学園高校~國學院大学~三菱重工広島)
原田廣大 (27 東大阪大学付属柏原高校~近畿大学~JR西日本)

【内野手】
藤澤拓斗 (28 柳ヶ浦高校~西濃運輸~中日ドラゴンズ~JR西日本)
田中友博 (28 享栄高校~愛知学院大学~三菱重工広島)
三木大知 (27 倉敷工業高校~岡山商科大学~JFE西日本)
橋本拓也 (32 岡山理科大学付属高校~関西大学~JFE西日本)
岡  将吾 (29 西日本短期大学付属高校~駒澤大学~JFE西日本)
田村  強 (25 玉野高校~大阪体育大学~JR西日本)

【外野手】
岸村祥太郎(31 華陵高校~徳山大学~ツネイシブルーパイレーツ)
春原直登 (27 佐久長聖高校~関東学院大学~JR西日本)
汐月祐太郎(24 熊本高校~筑波大学~三菱重工広島)
青木拓己 (26 関西大学付属北陽高校~関西大学~三菱重工広島)
松野  光 (28 南陽工業高校~日本文理大学~JR西日本)
友滝健弘 (29 盈進高校~駒澤大学~JFE西日本)
実政太一 (32 如水館高校~三菱重工広島)

DSC_0017_20180308010131b35.jpg DSC_0023_20180308010138985.jpg DSC_0029_20180308010137e32.jpg
2017年度の広島県野球連盟加盟チーム、ベストスリーの監督で構成された首脳陣。そして勝手知ったる(個人的には)そうそうたるメンバー。日本野球連盟公式サイトには(ミスですが)「社会人オール広島(一軍)」と表記されてはいましたが、それが何ら間違いでもなさそうな顔ぶれ。

DSC_0041_2018030801013747d.jpg DSC_0050_201803080101394c5.jpg DSC_0071_2018030801014363a.jpg
経歴の前に、2018年度に迎える満年齢を入れてみましたが、25歳から30歳くらいまでの、野球選手としては一番動けるであろう(と考えています)選手が主体。さらには、ベテランに達しようと言う年齢の選手から、これからまだまだ伸びるであろうと思われる選手まで、これまた多彩。

DSC_0072_2018030801070398b.jpg DSC_0081_20180308010655705.jpg DSC_0098_20180308010659d18.jpg
そして、緒方孝市・広島東洋カープ監督と、町田公二郎・三菱重工広島監督は、カープ入団の経緯こそ異なりますが、かつては外野のレギュラー争いをした仲でもあり同い年の昭和43年生まれ。ただ、プロとアマチュアの差こそあれど、純粋な指導者・監督歴は町田監督の方がわずかに上。

DSC_0099_20180308010700865.jpg DSC_0105_2018030801070157a.jpg DSC_0115_20180308010701994.jpg
さて今年の「JABA HIROSHIMA ALLSTARS」、どんな試合になるか。過去の対戦成績は、広島東洋カープの8勝2敗1分1雨天中止。カープが圧倒的リード、はもちろん当たり前なんですが、尋常ならざるメンバーの揃った今年の社会人オール広島。どんな試合になりますか。



スターティングオーダー
先攻:広島東洋カープ
1(右)堂林
2(遊)西川
3(指)下水流
4(一)メヒア
5(捕)坂倉
6(三)美間
7(二)庄司
8(左)高橋大
9(中)野間
投:ジョンソン

後攻:社会人オール広島
1(中)松野
2(二)田中
3(三)藤澤
4(一)國本
5(指)岸村
6(遊)田村
7(右)実政
8(左)友滝
9(捕)原田
投:西川

審判員
球審:楠 一塁:橘 二塁:佐々木 三塁:古川


さて、」リトルリーグ選手の始球式もあって、予定より若干遅れての試合開始です。

打撃成績
1回表
堂林     初球を打ってキャッチャーファウルフライ
西川     2-2から5球目を空振り三振
DSC_0199_20180308011343975.jpg DSC_0200_20180308011350ec1.jpg DSC_0201_20180308011347af9.jpg DSC_0202_20180308011349e83.jpg
下水流    3-1から5球目を打ってセンターフライ

〇1番に起用された堂林翔太。気負いもあったのか、それともまず打ちに行く事を考えた、そして「ヒット」と言う明確な結果が欲しかった、のかは解りませんが、1番打者に据えられた以上、与えられた役目と言うのはあるはず。それをもう少し考えないと居場所はない。一番白ける結果。

1回裏
DSC_0232_20180308011433715.jpg DSC_0233_20180308011433a06.jpg DSC_0234_20180308011433c7b.jpg DSC_0235_201803080114318b8.jpg
松野     初球を打ってセカンドフライ
田中     2-0から3球目を打ってショートフライ
藤澤     フルカウントから6球目を打ってサードゴロ

2回表
メヒア    1-1から3球目を打ってライトフライ
坂倉     フルカウントから8球目を打ってショートゴロ
美間     1-1から3球目を打ってライトフライ

2回裏
國本     0-1から2球目を打ってショートゴロ
DSC_0254_201803080115588c8.jpg DSC_0255_20180308011559f4d.jpg DSC_0256_201803080115597d4.jpg DSC_0257_20180308011557c48.jpg
岸村     フルカウントから7球目を空振り三振
田村     2-2から5球目を打ってショートゴロ

3回表
庄司     2-1から4球目を打ってセカンドゴロ
DSC_0306_2018030801185025d.jpg DSC_0307_201803080118483f4.jpg DSC_0308_201803080118512b2.jpg DSC_0310_20180308011851e26.jpg
高橋大    0-1から2球目を打ってキャッチャーファウルフライ
野間     2-2から5球目を打ってセカンドゴロ

3回裏
実政     2-2から5球目を空振り三振
DSC_0369_20180308011957983.jpg DSC_0370_20180308011959875.jpg DSC_0371_201803080120034d0.jpg DSC_0372_201803080120009fc.jpg
友滝     1-2から4球目を打ってレフトフライ
DSC_0375_20180308012104f17.jpg DSC_0376_20180308012104975.jpg DSC_0377_20180308012105a16.jpg DSC_0378_2018030801210764a.jpg
原田     1-0から2球目を打ってレフト線ツーベースヒット
松野     0-1から2球目を打ってサードライナー

●社会人オール広島、チーム初安打は國本選手でも松野選手でも田村選手でもなく、まさかまさか(!?)の原田廣大選手のバットから。若干体勢が崩れたものの、レフト線へ痛烈なツーベースヒット。

4回表
社会人オール広島選手交替

DSC_0415_2018030801235977e.jpg DSC_0416_20180308012409a9a.jpg DSC_0417_2018030801240758b.jpg DSC_0418_20180308012407539.jpg
ピッチャー西川に代えて加賀美

堂林     1-0から2球目を打ってレフト前ヒット
西川     1-0から2球目を打ってセカンドゴロダブルプレイ
下水流    2-2から5球目を空振り三振

4回裏
田中     初球を打ってセンター前ヒット
次打者藤澤の初球にファーストランナー田中セカンド盗塁失敗
藤澤     1-2から4球目を空振り三振
DSC_0435_20180308012245521.jpg DSC_0436_20180308012245ee7.jpg DSC_0437_20180308012244861.jpg DSC_0439_20180308012252bef.jpg
國本     フルカウントから6球目を空振り三振

5回表
社会人オール広島選手交替

サード藤澤に代えて岡

DSC_0457_2018030801255488f.jpg DSC_0458_20180308012548224.jpg DSC_0459_201803080125571e0.jpg DSC_0460_20180308012551304.jpg
メヒア    2-1から4球目を打ってファーストゴロ
坂倉     1-0から2球目を打ってセカンドゴロ
美間     1-0から2球目を打って左中間へ先制ソロホームラン
社会人オール広島0‐1広島東洋カープ
庄司     初球を打ってセンター前ヒット
高橋大    3-1から5球目を打ってライト前ツーベースヒット
野間     2-2から5球目を打ってサードファウルフライ

●どうも短いイニングでの投げ方にイマイチ不安の残る加賀美投手。ツーアウトを取ってホッとしてしまうんか。それとも、カープを相手にしてチカラが入ってしまったのか。

5回裏
広島東洋カープ選手交替

サード美間に代えてショート桒原
ショート西川がサードへ

DSC_0479_201803080127020f4.jpg DSC_0480_20180308012654ec8.jpg DSC_0481_20180308012659f6e.jpg DSC_0482_2018030801270433d.jpg
岸村     1-2から4球目を空振り三振
田村     0-1から2球目を打ってセンターフライ落球 田村はセカンドへ
実政     0-2から3球目を空振り三振
友滝     1-2から5球目を空振り三振

〇スタメンセンターの野間峻祥、ですがこの回の守備はちょっと頂けなんだ。スピンのかかったような打球ではありましたがグラブの土手に当ててポロリ。やや半身で捕りにいったのもあまりよろしくなかった。バッティング動向言われますが、やはり一軍に生き残るには守備から、ぢゃないですかね。

〇ジョンソンはこの回でお役御免。ストレートはMax142km/hながら、ゆったりしたフォームから投げ込まれる、わずかに動くボールを捉えきれない社会人オール広島。これから更に精度を増していくんだろうな、とも。3年契約の2年目。調整登板とは言うものの、今年も磐石かなぁ。

6回表
社会人オール広島選手交替

DSC_0539_20180308013932c14.jpg DSC_0540_201803080139407b1.jpg DSC_0541_20180308013937e5d.jpg DSC_0542_201803080139449d2.jpg
DSC_0543_201803080139395aa.jpg DSC_0544_201803080139463a1.jpg DSC_0545_20180308013946240.jpg DSC_0546_2018030801395190a.jpg
DSC_0547_20180308013952ffb.jpg DSC_0548_2018030801395460d.jpg DSC_0549_20180308013955f5c.jpg DSC_0550_20180308013959156.jpg
ピッチャー加賀美に代えて河野

堂林     フルカウントから6球目を打ってサードゴロ
西川     2-2から5球目を空振り三振
下水流の代打中村奨 1-0から2球目を打ってレフト前ゴロヒット
メヒア    2-0から3球目を打ってセンターオーバーツーランホームラン
DSC_0561_201803080146188a3.jpg DSC_0562_20180308014618a4a.jpg DSC_0563_20180308014621467.jpg
社会人オール広島0‐3広島東洋カープ
坂倉     0-1から2球目を打ってセカンドゴロ

〇期待を背負ったドラフト1位指名の中村奨成。対外試合初打席は代打での登場。2球目の高めのストレートを強引に叩いて三遊間をゴロで抜けるレフト前ヒット。これで少しは緊張感が解けたかな、と。

●高卒ながら昨年の都市対抗野球大会で、三菱重工広島の補強選手にも選出された河野投手。2年目のジンクス、ではないとは思いますが、ちょっとピリッとしたところがありませんでした。

6回裏
広島東洋カープ選手交替

DSC_0571_2018030801490156d.jpg DSC_0572_201803080149067ce.jpg DSC_0573_20180308014908b57.jpg DSC_0574_20180308014907cb7.jpg
DSC_0575_201803080149132c5.jpg DSC_0576_20180308014913ea9.jpg DSC_0577_201803080149121a1.jpg DSC_0578_20180308014912a41.jpg
ピッチャージョンソンに代えてジャクソン
ライト堂林に代えて船越
ファーストメヒアに代えて青木

DSC_0585_20180308015126dcb.jpg DSC_0593_2018030801513538f.jpg DSC_0595_2018030801513475c.jpg DSC_0599_20180308015131e91.jpg
原田の代打春原 0-1から2球目を打ってセカンドゴロ
松野     0-2から3球目を打ってライト前ヒット
田中     2-2から7球目を空振り三振
岡      ストレートのフォアボール
國本     1-1から3球目を打ってショートゴロ

7回表
社会人オール広島選手交替

代打春原がそのまま入りレフト
レフト友滝がセンター
センター松野に代えてキャッチャー佐々木

桒原     1-2から4球目を打ってセンター前ヒット
庄司     1-0から2球目を打ってライトオーバーツーベースヒット
高橋大    1-0から2球目を打ってショートゴロ
野間     0-1から2球目を打ってレフトへ犠牲フライ
社会人オール広島0‐4広島東洋カープ

社会人オール広島選手交替
DSC_0706_20180308015354e56.jpg DSC_0707_20180308015359f6c.jpg DSC_0708_20180308015400413.jpg DSC_0709_201803080153587e5.jpg
DSC_0710_20180308015404fa4.jpg DSC_0711_20180308015406351.jpg DSC_0712_20180308015404b2f.jpg DSC_0713_20180308015408747.jpg
ピッチャー河野に代えて谷中

船越     フルカウントから8球目を打ってレフトフライ

〇もう二軍でやる事はほとんど残されてないと思われる庄司隼人。この回の打席ではあと2メートルでホームランかと言う大飛球。西川龍馬が何かと話題になる内野手争いではありますが、これまで積み重ねて来たモノを考えると、彼にもっとスポットライトが当たってもいい、はずなんですよねぇ。

7回裏
広島東洋カープ選手交替

DSC_0775_2018030801575298c.jpg DSC_0776_201803080157516a6.jpg DSC_0777_20180308015753ce2.jpg DSC_0778_20180308015750389.jpg
ピッチャージャクソンに代えてカンポス
セカンド庄司に代えてレフト永井
レフト高橋大に代えてセカンド木村

岸村の代打橋本 初球を打ってセンターフライ
DSC_0818_201803080159229d7.jpg DSC_0819_20180308015929b4e.jpg DSC_0820_20180308015929996.jpg DSC_0821_20180308015930b49.jpg
田村     フルカウントから7球目を空振り三振
実政の代打青木 1-1から3球目を打ってセカンドゴロ

〇ジョンソンだジャクソンだカンポスだと、容赦ない外国人助っ人投手リレー。まぁカープさんからしたら、調整の一環なんだとは思いますが、ちょいと興醒め。

8回表
社会人オール広島選手交替

代打青木がそのまま入りライト
DSC_0855_20180308020249854.jpg DSC_0856_2018030802025276b.jpg DSC_0857_201803080202494db.jpg DSC_0858_2018030802024995b.jpg
DSC_0859_20180308020252e36.jpg DSC_0860_201803080202538ed.jpg DSC_0861_201803080202585bf.jpg DSC_0862_20180308020254c57.jpg
ピッチャー谷中に代えて宮地

西川     2-0から3球目を打ってセンターフライ
DSC_0878_2018030802050808d.jpg DSC_0879_20180308020510859.jpg DSC_0880_201803080205103a1.jpg DSC_0881_20180308020520dc6.jpg
DSC_0882_20180308020516917.jpg DSC_0883_2018030802052268a.jpg DSC_0884_20180308020523098.jpg DSC_0885_2018030802052228c.jpg
中村奨    1-0から2球目を打ってライトへツーベースヒット
DSC_0901_2018030802104327a.jpg DSC_0902_20180308021047a87.jpg DSC_0903_201803080210467ea.jpg DSC_0904_2018030802104870a.jpg
青木     1-0から球目を打ってセカンドゴロ セカンドランナー中村奨はサードへ
坂倉     3-1から5球目を選んでフォアボール

社会人オール広島選手交替
DSC_0939_2018030802122663e.jpg DSC_0940_20180308021226bd2.jpg DSC_0941_201803080212358ca.jpg DSC_0942_20180308021231b60.jpg
DSC_0943_20180308021234457.jpg DSC_0944_201803080212333e3.jpg DSC_0945_2018030802123429b.jpg DSC_0946_20180308021238b4e.jpg
ピッチャー宮地に代えて伊藤

桒原     フルカウントから球目を打ってセカンドタイムリー内野安打
社会人オール広島0‐5広島東洋カープ
DSC_0987_20180308021408b3d.jpg DSC_0988_20180308021405784.jpg DSC_0989_20180308021408dc3.jpg DSC_0990_20180308021409def.jpg
永井     初球を打ってライトフライ

8回裏
広島東洋カープ選手交替

DSC_0994_201803080215095d7.jpg DSC_0995_20180308021506074.jpg DSC_0996_20180308021513d69.jpg DSC_0997_20180308021513a2d.jpg
DSC_0998_20180308021515c7a.jpg DSC_0999_201803080215209b3.jpg DSC_1000_2018030802151778b.jpg DSC_1001_20180308021519e17.jpg
ピッチャーカンポスに代えて藤井
キャッチャー坂倉に代えて磯村

友滝の代打汐月 1-0から2球目を打ってセンター前ヒット
DSC_1035_20180308021715775.jpg DSC_1036_20180308021719570.jpg DSC_1037_20180308021720538.jpg DSC_1038_2018030802172100d.jpg
春原     1-2から4球目を打ってセカンドライナー
DSC_1043_20180308021806839.jpg DSC_1044_201803080218092c7.jpg DSC_1045_20180308021810268.jpg DSC_1046_20180308021811565.jpg
佐々木    1-1から3球目を打ってレフト前ヒット ファーストランナー汐月はサードへ
田中     ストレートのフォアボール
岡      フルカウントから6球目を空振り三振
國本     0-2から4球目を打ってセカンドゴロ

9回表
社会人オール広島選手交替

代打汐月がそのまま入りライト
ライト青木がセンター
DSC_1162_20180308022027315.jpg DSC_1163_20180308022038544.jpg DSC_1164_201803080220369a5.jpg DSC_1165_20180308022033067.jpg
DSC_1166_20180308022041551.jpg DSC_1167_20180308022038180.jpg DSC_1168_20180308022039285.jpg DSC_1169_20180308022044e99.jpg
ピッチャー宮地に代えて佐原

木村     初球を打ってサードゴロ
DSC_1179_20180308022203eb0.jpg DSC_1180_201803080222041f6.jpg DSC_1181_20180308022200bc7.jpg DSC_1182_20180308022205912.jpg
野間     1-1から3球目を打って左中間突破スリーベースヒット
船越     初球を打ってセンター前タイムリーヒット
社会人オール広島0‐6広島東洋カープ
西川     初球を打ってセンターフライ
DSC_1211_201803080223104c4.jpg DSC_1212_20180308022311ede.jpg DSC_1213_20180308022314d94.jpg DSC_1214_20180308022316821.jpg
中村奨    2-2から5球目を空振り三振

9回裏
広島東洋カープ選手交替

DSC_1218_201803080224494e7.jpg DSC_1219_201803080224525b6.jpg DSC_1220_2018030802252249e.jpg DSC_1221_20180308022519be3.jpg
DSC_1222_20180308022526984.jpg DSC_1223_20180308022523abd.jpg DSC_1224_20180308022533726.jpg DSC_1225_20180308022525867.jpg
DSC_1226_2018030802253231c.jpg DSC_1227_2018030802253283f.jpg DSC_1228_201803080225305a6.jpg DSC_1229_2018030802253358c.jpg
ピッチャー藤井に代えてアドゥワ
橋本     0-1から2球目を打ってセンター前ヒット
田村の代打三木 2-2から8球目を空振り三振
青木     初球を打ってセカンドゴロダブルプレイ

DSC_1282_20180308022728ee2.jpg DSC_1289_201803080227295e9.jpg

日本野球機構広島 000 012 111  6
日本野球連盟広島 000 000 000  0


投手成績
広島東洋カープ
ジョンソン  5  回 17人 62球 2被安打 0与四死球 7奪三振 0失点 0自責点
ジャクソン  1  回  5人 19球 1被安打 1与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
カンポス   1  回  3人 11球 0被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
藤井     1  回  5人 23球 2被安打 1与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
アドゥワ   1  回  3人  9球 1被安打 0与四死球 1奪三振 0失点 0自責点

社会人オール広島
西川    3  回  9人 36球 0被安打 0与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
加賀美   2  回  9人 28球 4被安打 0与四死球 1奪三振 1失点 1自責点
河野    1.2回  9人 28球 4被安打 0与四死球 1奪三振 3失点 3自責点
谷中    0.1回  1人  8球 0被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
宮地    0.2回  4人 12球 1被安打 1与四死球 0奪三振 1失点 1自責点
伊藤    0.1回  2人  8球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
佐原    1  回  5人 11球 2被安打 0与四死球 0奪三振 1失点 1自責点



DSC_1293_20180308022839a16.jpg
試合はやはり、広島東洋カープの投打ともの圧勝に終わりました。クリス・ジョンソンか先発、と言う事で、右打者主体のオーダーで挑んだ社会人オール広島でしたが、やはり手も足も出なかった、と言うのが感想です。それだけジョンソンが充実したオフシーズンとキャンプを過ごしてきた証拠。

DSC_0283_20180308023123fba.jpg DSC_0284_20180308023129bc4.jpg DSC_0285_20180308023126ee4.jpg DSC_0286_20180308023136013.jpg
対する社会人オール広島。先発の西川昇吾投手が、3イニングをパーフェクトピッチング。昨年末には、日本野球連盟中国地区連盟から、2017年の最優秀選手にも選ばれた「サウスポーライアン」。

DSC_0287_20180308023129a9b.jpg DSC_0288_201803080231410b3.jpg DSC_0289_20180308023145fe1.jpg DSC_0290_20180308023143f23.jpg
目に見えて速い球を投げる訳ではないんですが、その鍛え抜かれ、練り上げられたピッチングフォームと、しっかりしたコントロールさえあれば十分にピッチャーとしての個性を確立出来る。やたら「Max〇〇〇km/h」が持て囃される傾向にありますが、所詮MaxはMax、ですからね。

DSC_0135_2018030802385401e.jpg
そして広島東洋カープ。次々に外国人助っ人がマウンドに上がる、何となく異様な試合に見えたんですが、やはり気になるのは、中村奨成入団で、改めてクローズアップされるキャッチャー、坂倉将吾。

ともにバッティングが話題になりがちですが、キャッチャーと言うポジションである以上、やはりキャッチングと言う「壁」的な役割が要求されるとは思いますが、クリス・ジョンソンとバッテリーを組んだこの試合では、昨年からあまり進歩が感じられなかった。と言うのが正直な感想です。

ビッシビシ、豪速球がくるわけではないんですが、キャッチするタイミングの問題なのか、マツダスタジアムと言う屋外球場だからなのか「バシッ!」と威勢のいい音がなかなか響かない。昨年のJABA広島大会では、永川勝浩の変化球を溢す場面もありましたが、それがなかった分、成長なのか。

DSC_0125_201803080236272e6.jpg DSC_0130_2018030802361952a.jpg
今後は、右と左、豪打と巧打、と言う事で、何かと中村奨成と比較される事になるやも知れません。ましてや一年目からクローズアップされて「しまった」以上、衆目が集まるのは必須。今後は互いに鍛え合い、切磋琢磨して、かつての西山秀二・瀬戸輝信のような関係になれば、とも考えます。

残念ながら期待通りの試合、にはなりませんでしたが、毎年毎年何かしらの「見所」が出てくる。それもまた、春先のこの試合の、厳しくともまた楽しみ、とも考えております。

2018.03.08 / Top↑