DSC_0001_20171018185243c99.jpg DSC_0004_2017101818523913c.jpg
第43回社会人野球日本選手権まで残り三週間を切りました。出場各チームのオープン戦も活発化してきましたが、17日から3日間、三菱重工広島硬式野球部が、長駆関西に遠征してきました。

DSC_0006_2017101818524304b.jpg DSC_0007_201710181852433ad.jpg
17日はパナソニックベースボールスタジアムにてパナソニック野球部と、18日はNTT淀総合運動場てNTT西日本、そして19日は、日本生命スタジアムで日本生命、と三連戦となってました。

DSC_0008_201710181857251b1.jpg DSC_0010_201710181857262c6.jpg
しかしながら17日は、当初の試合開始予定は12:30でしたが、午前中の天候不良を鑑みて、前日16日に30分繰り下げのアナウンス。出勤時間に多大なる影響を及ぼすので見送りました。

DSC_0014_201710181909083c3.jpg
で、通常は「オープン戦」と表記しておりますが、この試合に関しては、云わば主催チームでもあるNTT西日本野球部公式サイトでは「壮行試合」と記されているので、それに倣っています。

DSC_0019_201710181927000d2.jpg DSC_0020_20171018192651746.jpg
昨年もこのカードで、ここNTT西日本淀総合運動場野球場を訪れ、また機会があれば、と考えていましたが、結局まる一年開いてしまいました。尤もそれ以上にいろんな大会等に出掛けましたが。

DSC_0030_20171018192843f12.jpg DSC_0053_201710181928509d6.jpg
ただ、今年のNTT西日本野球部公式サイトの、スケジュールのページでは、試合日程は事細かに書いてあるものの、対戦相手の表記がなく、行っていいものかどうなのか、てのもありました。

DSC_0078_20171018192900057.jpg DSC_0081_2017101819290247d.jpg
しかしながら今回は、広製さんの公式サイト優先で観戦予定を色々組んでいたので、ここにぶち当たった次第。幸いにも公休の水曜日。しかも午前中試合開始。これは行っておかないと勿体無い。

で、この先なんですが。試合途中でデジカメのSDカードに不具合が発生、書き込みが出来なくなると言う事態になったため、試合中のいい場面での画像がほとんどありません。故にこれまでのダイジェスト版とは全く構成が異なっています。予めご了承ください。



スターティングオーダー
先攻:三菱重工広島
DSC_0031_2017101821372308e.jpg DSC_0102_2017101821372358d.jpg
1(左)市原一樹 (松商学園高校~専修大学)
DSC_0111_20171018213858bd3.jpg DSC_0112_201710182139002e7.jpg
2(遊)田中友博 (享栄高校~愛知学院大学)
DSC_0625_2017101821403491a.jpg DSC_0115_20171018214032651.jpg
3(右)実政太一 (如水館高校)
DSC_0160_2017101821432096b.jpg DSC_0169_20171018214326d92.jpg
4(指)松原匡志 (天理高校~同志社大学)
DSC_0342_20171018215041bce.jpg DSC_0345_20171018215042a41.jpg
5(一)山本祐大 (松山商業高校~駒澤大学)
DSC_0350_20171018214934bef.jpg DSC_0356_20171018214936ab3.jpg
6(二)堤  裕貴 (龍谷高校~オリックスバファローズ)
DSC_0054_2017101821481894a.jpg DSC_0358_20171018214826ea3.jpg
7(三)渕上大地 (球磨工業高~日本福祉大)
DSC_0564_20171018215205177.jpg DSC_0567_20171018215212081.jpg
8(中)青木拓己 (関大北陽高校~関西大学)
DSC_0068_20171018214635cdd.jpg DSC_0573_20171018214642173.jpg
9(捕)佐々木駿 (桐光学園高~國學院大学)
DSC_0217_201710182144315bf.jpg DSC_0227_201710182144295ba.jpg
投:宮地翔太 (中京高校~中京学院大学)


後攻:NTT西日本
DSC_0199_201710182202263e2.jpg DSC_0206_201710182202333ad.jpg
1(三)仮谷優人 (履正社高校~龍谷大学)
DSC_0230_201710182203275b8.jpg DSC_0231_20171018220331614.jpg
2(遊)濱田祥伍 (日本体育大学荏原高校~富士大学)
DSC_0251_20171018225713333.jpg DSC_0257_20171018225721a45.jpg
3(中)中村篤人 (青森山田高校~亜細亜大学)
DSC_0093_20171018220034e6d.jpg DSC_0302_201710182200410fc.jpg
4(捕)大城卓三 (東海大学付属相模高校~東海大学)
DSC_0323_201710182217049e4.jpg DSC_0325_20171018221708162.jpg
5(左)景山拓也 (済美高校~東海大学)
DSC_0385_20171018215707378.jpg DSC_0389_20171018215713fa7.jpg
6(二)長田涼平 (柳ヶ浦高校~愛知学院大学)
DSC_0419_20171018221503e0b.jpg DSC_0424_20171018221504da3.jpg
7(指)中西純平 (青森山田高校~亜細亜大学)
DSC_0428_201710182212460a7.jpg DSC_0431_201710182212549a7.jpg
8(右)石山励雄 (京都外大西高校~創価大学)
DSC_0476_20171018220601e6b.jpg DSC_0478_20171018220608a86.jpg
9(一)赤嶺  慎 (沖縄尚学高校~日本大学)
DSC_0533_201710182322147a5.jpg DSC_0534_2017101823222054a.jpg
投:吉元一彦 (大阪市立汎愛高校~大阪産業大学)


ざっくり過ぎる試合経過
DSC_0316_201710182235144cc.jpg DSC_0318_201710182235218bb.jpg
試合はNTT西日本1回裏、先頭の仮谷選手がセンター前ヒットで出塁、牽制悪送球でセカンドに進んだあと、大城選手のピッチャー強襲タイムリー内野安打で1点先制。
NTT西日本1-0三菱重工広島

DSC_0490_20171018223640bdd.jpg DSC_0491_2017101822364954d.jpg
DSC_0493_2017101822365099e.jpg DSC_0495_20171018223658c87.jpg
2回裏のNTT西日本、ワンアウトランナー1、2塁から赤嶺選手のライト前ヒットでセカンドランナー長田選手がホームを突くもタッチアウト。

DSC_0606_20171018224752e94.jpg DSC_0607_20171018224809c0a.jpg
DSC_0608_201710182248153d7.jpg DSC_0609_20171018224814b53.jpg
3回表ツーアウトから1番の市原選手がセーフティバント内野安打で出塁するも得点には至らず。ここまで画像は生きてました。

8回表三菱重工広島は、NTT西日本3番手ピッチャーの李投手を攻め立て、1安打1エラー1フォアボールで満塁から、1番の市原選手が押し出しフォアボールを選んで同点。
NTT西日本1-1三菱重工広島

9回表にも三菱重工広島はワンアウト1、2塁から途中出場の戎選手のセンター前ヒットでセカンドランナー(これまた途中出場の)國本選手がホーム突入もタッチアウト。

で、結局そのまま引き分け、でした。

広製 000 000 010  1
電電 100 000 000  1

[広製](投)宮地・松下・秋田・伊藤・鮫島-(捕)佐々木・國本
[電電](投)吉元・波多野・李・松田-(捕)大城
試合時間:3時間くらい
観衆:一塁側にNTT関係者らしきスーツ姿の人3、三塁側にヒマ人1



当初の試合開始予定時刻より10分ほど早く、10:20には始まりましたが、そこはやはりオープン戦。試したい事やピッチャーの登板予定などあるんでしょう、みっちり3時間ゲームになりました。

だからと言って酷い試合内容でもなく、選手の皆さん、課題はしっかり見つかった試合だった、とは思います。まぁ時期が時期なだけに、全てをおおっぴらに記すのはやはり憚られます、が。

社会人野球日本選手権まで約二週間となりました。2、3日前には広製さんは大阪入りされるモノと思われます。NTT西日本さんは云わば「地元」ゆえ、一回戦の前日までじっくり腰を据えて最終調整・体調管理が出来るかと思います。どちらが有利、と言うのはないでしょうね。一発勝負だし。

いずれにしろ両チーム、怪我さえなければ素晴らしい戦いが出来るはず。広製さんもNTT西日本さんも、都市対抗野球大会は一回戦敗退。期する所は凡人の我々の想像をはるかに越える所にあるはず。

両チームの日本選手権本選での健闘と活躍をお祈りします。その前に広製さんは翌日には日本生命さんとの「関西遠征第三戦」が控えています。朝から悪天候が予想されますが、無事出来るでしょうか。

2017.10.18 / Top↑