DSC_0001_20171015025128584.jpg DSC_0004_20171015025143d67.jpg
「スポーツの秋」と言う事で、全国各地の都道府県連盟、また地区連盟主催で、JABA公式大会も多数行われている10月ではありますが、社会人野球日本選手権出場を決めているチームは、オープン戦の為に旅から旅への毎日、となります。大半はバス移動ゆえ、大変かとは思います。

DSC_0005_20171015025149bc6.jpg DSC_0006_20171015025146c93.jpg
対戦するチームの様子見、自身のコンディションの把握等、目的は多々あると思いますが、それもこれも全ては「秋の頂点」へのバックスイング。11月12日に歓喜の輪を作る為の長い長い前フリ。10月最終週には、京セラドーム大阪でのオープン戦も始まり、闘いは本格化します。

DSC_0011_20171015025433b47.jpg DSC_0013_20171015025500b87.jpg
都市対抗野球大会、社会人野球日本選手権、二大大会の出場チームが全て出揃って本選を迎えるまで、約1か月半程度の期間があります。その間、チームは壮行会やら強化練習に充てていますが、その間チームのマネージャーさんは、オープン戦の予定を組むのに四苦八苦されてると思われます。

DSC_0019_20171015025500c67.jpg DSC_0036_2017101502544996e.jpg
ほとんどが抽選会を終えてから決まるもんですが、ごくたまに抽選会前に決まる予定もあったり。でもって抽選会を終えて、二回戦とかで当たる可能性とかが出てくると取り止めになる試合も幾つか出て来ます。実際、昨年の日本選手権前、某チームと某チームのオープン戦が中止になった事も。

DSC_0039_20171015025450428.jpg DSC_0079_20171015025510740.jpg
>この辺は「もうしゃーない」で済ますしかないんですが。ちなみに今回の選手権、日本生命さんとJR四国さんは完全に別ブロック。優勝決定戦まで対戦の可能性はありません。こんな試合の方が、自身の調整には一番よいか、と思われます。つーか、手の内晒すわけにもいきませんしね。

DSC_0074_20171015025512389.jpg DSC_0095_20171015025514050.jpg
と言うわけで、この試合もダイジェストにて。私がバラしたら何の意味もありませんしね。



スターティングオーダー
先攻:日本生命
1(左)神里和毅 (慶應義塾高校~慶應義塾大学)
2(中)伊藤悠人 (宇治山田商業高校~近畿大学)
3(二)原田拓実 (天理高校~立正大学)
4(指)皆川  仁 (学校法人石川高校~立正大学)
5(一)廣本拓也 (浪速高校~法政大学)
6(右)上西主起 (県立和歌山商業高校~中部学院大学)
7(三)河野勇磨 (延岡工業高校~福岡工業大学)
8(遊)籾山雄斗 (今治西高校~早稲田大学)
9(捕)椎名亮平 (銚子商業高校~立正大学)
投:高橋拓

後攻:JR四国
1(三)篠原仁一朗(高松商業高校~駒澤大学)
2(左)高木ちから(松山商業高校~道都大学)
3(中)山下  遼 (鳴門工業高校)
4(一)笹田  仁 (高松商業高校~流通経済大学)
5(捕)小林奨平 (鳴門第一高校)
6(左)佐藤健人 (徳島商業高校)
7(指)神原裕司 (尽誠学園高校~環太平洋大学)
8(遊)森山海暉 (英明高校)
9(二)野尻佑介 (川島高校)
投:畠山啓太(宿毛高校)

いきなりですが2回表
DSC_0332_2017101501395190f.jpg DSC_0333_20171015013958339.jpg DSC_0334_20171015013959f49.jpg
DSC_0340_201710150141532e3.jpg DSC_0342_20171015014149bba.jpg DSC_0343_20171015014150ec4.jpg
DSC_0347_2017101501415380c.jpg DSC_0348_20171015014154298.jpg DSC_0350_2017101501415689f.jpg
先頭の皆川選手がライトへツーベースヒット、廣本選手の送りバントでサードまで進んだものの、続く上西選手がピッチャーゴロで、皆川選手が三本間に挟まれタッチアウトで無得点。

2回裏
DSC_0390_20171015014525e06.jpg DSC_0413_20171015014532e3e.jpg DSC_0451_2017101501453794d.jpg
DSC_0498_20171015014538bd5.jpg DSC_0475_201710150145331bb.jpg DSC_0527_201710150145392f2.jpg
先頭の笹田選手がフォアボール、小林選手が送りバント、佐藤選手のファーストゴロ、神原選手がフォアボールでランナーを2人ためるも、森山選手が空振り三振。

3回表
DSC_0619_20171015015355f9a.jpg DSC_0664_20171015015408875.jpg DSC_0715_20171015015409d9d.jpg
DSC_0766_2017101501542346d.jpg DSC_0778_2017101501540836b.jpg DSC_0830_2017101501542212f.jpg
DSC_0862_2017101501543969b.jpg DSC_0877_201710150154383ec.jpg DSC_0880_2017101501544238c.jpg
ワンアウトから椎名選手がセンター前ヒット、神里選手、伊藤選手がフォアボールを選んで満塁。ここで原田選手がライト前へ2点タイムリーヒットで日本生命2点先制、さらに皆川選手が右中間へタイムリーツーベースヒット。さらに上西選手のフォアボール、河野選手のデッドボールで攻め立てるも追加点ならず。
JR四国0-4日本生命

3回裏
DSC_0896_20171015015818710.jpg DSC_0897_201710150158338a3.jpg DSC_0905_201710150158396d3.jpg
DSC_0906_20171015015830128.jpg DSC_0942_2017101501583886f.jpg DSC_1002_20171015015832379.jpg
先頭の野尻選手がレフト前ヒットで出塁するも後続が続かず。


4回表
DSC_1035_201710150202202f5.jpg DSC_1036_20171015020225e83.jpg DSC_1037_20171015020231b95.jpg
DSC_1038_201710150202335ad.jpg DSC_1039_20171015020229b18.jpg DSC_1040_20171015020235c43.jpg
JR四国のピッチャーは上野哲平投手(高松工芸高校)

DSC_1044_201710150205110c8.jpg DSC_1045_201710150205267b0.jpg DSC_1046_20171015020526268.jpg
DSC_1113_20171015020527fc6.jpg DSC_1114_20171015020515ea4.jpg DSC_1119_20171015020527ab1.jpg
日本生命は先頭の椎名選手がワンヒットワンエラーで一気にサードに進んだ後、神里選手のセンターへの犠牲フライで1点追加。
JR四国0-5日本生命

6回裏
DSC_1586_201710150210440dc.jpg DSC_1588_20171015021055502.jpg DSC_1589_20171015021056b7c.jpg
DSC_1590_2017101502104435a.jpg DSC_1591_201710150210565ac.jpg DSC_1592_20171015021209155.jpg
日本生命はピッチャー高橋拓に代えて本多洋平投手(愛知高校~愛知学院大学)

DSC_1649_2017101502160997c.jpg DSC_1655_201710150216383b1.jpg DSC_1666_20171015021638a06.jpg
DSC_1755_20171015022127a58.jpg DSC_1756_20171015022137479.jpg DSC_1757_20171015022130916.jpg
DSC_1760_2017101502214506d.jpg DSC_1762_20171015022145d60.jpg DSC_1764_20171015022147174.jpg
対するJR四国は、先頭の篠原選手が、ファウルボールをすねに当てながらもサード強襲内野安打、ツーアウトから笹田選手がライト線ツーベースヒット、5番小林選手がレフト前2点タイムリーヒット。
JR四国2-5日本生命

7回表
DSC_2079_20171015022559016.jpg DSC_2080_20171015022610e68.jpg DSC_2081_2017101502261474d.jpg
DSC_2082_20171015022610616.jpg DSC_2083_201710150226173b6.jpg DSC_2084_20171015022615498.jpg
ワンアウトランナー1、2塁になった所で、JR四国はピッチャー上野投手に代えて、田内亘投手(岡豊高校)がマウンドへ。もう今年何回見たかなぁ。とは言うものの、JR四国さん、ピッチャーが少ないんですよねぇ。このあたりが戦力的に厳しいところ、かと思います。後続を絶って無失点。

9回表
DSC_2504_20171015023408dd1.jpg DSC_2505_201710150234244e8.jpg DSC_2508_201710150234340da.jpg 
DSC_2596_2017101502343078e.jpg DSC_2649_20171015023651fb3.jpg DSC_2653_20171015023702c10.jpg
DSC_2656_2017101502370566d.jpg DSC_2728_20171015023702b3b.jpg DSC_2729_20171015023703ed3.jpg
ワンアウトから伊藤選手、原田選手の連続ヒットと、途中出場の高橋英嗣選手のデッドボールで満塁。ここで廣本選手のライト前2点タイムリーヒット、こさらにこれまた途中出場の宇高選手のタイムリーヒットで日本生命3点追加。
DSC_2731_201710150238139ae.jpg DSC_2736_20171015023915ead.jpg DSC_2738_201710150239219d4.jpg
しかしながらセカンドランナー代走の福富選手はホームタッチアウト。
JR四国2-8日本生命

9回裏
DSC_2779_20171015024110541.jpg DSC_2781_20171015024117731.jpg DSC_2783_20171015024130a45.jpg
DSC_2784_2017101502412996a.jpg DSC_2785_201710150241329f1.jpg DSC_2787_20171015024129539.jpg
日本生命はピッチャー本多投手に代えて山形晃平投手(土佐高校~慶應義塾大学)

その山形投手の前に、JR四国は三者凡退で試合終了・・・。

DSC_2834_201710150259267de.jpg DSC_2837_20171015025932777.jpg
日生 004 100 003  8
四国 000 002 000  2

[日生]高橋拓、本多、山形-椎名
[四国]畠山、上野、田内-小林
試合時間:2時間52分くらい
観衆:10人



DSC_2838_20171015031648d67.jpg DSC_2842_20171015031702664.jpg

はしょる所ははしょる、みたいな感じになってしまいましたが、日本生命打線は、社会人野球日本代表に選ばれた神里選手を核弾頭として「健在」。エース格と思われる清水翔太投手の登板をあまり見かけなくなりましたが、これはタイミングの問題かなぁ。貝塚移転初年度、秋に花を咲かせるか。

DSC_2841_201710150316570ae.jpg
対するJR四国さん。先のJR大会や大阪ガスさんとのオープン戦で見せた打棒はやや影を潜めたように思いましたが、三振も多かったわけではなく、バットは振れてると思います。後は田内投手を中心としたピッチャーのやりくりかな。7人しかいないので、ここは佐野晃監督の腕の見せどころ。

春先の対関メディベースボール学院戦から、がっちがちに固定して、鍛練に鍛練を重ねて来た打線。都市対抗野球大会は不発に終わってまいましたが、それこそ「実りの秋」を前にして、成熟の度合いも増してきたと思います。社会人野球日本選手権、初戦は東芝。相手にとって不足はないでしょう。

どこが勝ってもおかしくない一発勝負のトーナメント。健闘を祈らずにはおれません。

2017.10.15 / Top↑
さて、第43回JABA高砂大会予選Bグループ最終戦です。

ここまで、大和高田クラブは1勝1分で予定終了。残るNOMOベースボールクラブは0勝1敗、MSH医療専門学校は1分の大混戦。NOMOクラブが勝つとどうなるか?は考えてませんでしたが、MSHが予選を突破するには、NOMOクラブを2得点以下に抑えて勝つのが条件(のはず)。

集中打で大和高田クラブを追い詰めた前の試合とは違い、投手力が問われる試合。コールドゲームはあれど、延長タイブレークのないこの大会の予選リーグ。総失点が同じの場合、次は「得失点差」が順位決定の条件になるだけに、勝利以上に、その試合内容が重要になってきます。

DSC_3777_2017101106112681a.jpg DSC_3779_20171011061123749.jpg
で、第二試合終了(14:05)から第三試合開始予定時刻(14:35)までの間、両チームは何をしてるかというと、MSH医療専門学校はベンチ裏、と言うか球場の外で遅い昼食。NOMOベースボールクラブは、当然昼食は終わってるはずではありますが、軽めのウォーミングアップ。グラウンドでは念入りに整備が行われています。どっちかと言えば「穏やかな時間」ですかね。

スターティングオーダー
先攻:NOMOベースボールクラブ
1(二)沼谷友基吉 (清教学園高校~同志社大学)
2(右)村上誠也 (近畿大学高等専門学校~国学院大学)
3(遊)横田優輝 (岡豊高校)
4(指)小野耀平 (智弁学園高校~甲賀医療専門学校)
5(三)荒木貫佑 (石見智翠館高校~奈良学園大学)
6(左)近藤一聖 (開星高校)
7(一)津門尚吾 (大阪学芸高校)
8(中)坂本晃馬 (神戸国際大学付属高校)
9(捕)西河洋樹 (三田松聖高校~兵庫大学)
投:中村聖也 (東淀工業高校)

後攻:MSH医療専門学校
1(左)塩崎陸人 (盈進高校)
2(二)松下  翼 (折尾愛真高校)
3(遊)佐々木良輔(福山工業高校)
4(一)牛尾諒汰 (瀬戸内高校)
5(捕)澤田晃司 (広島工業大学高校)
6(右)追立壮輝 (鹿児島実業高校)
7(中)寺岡稜亮 (神辺旭高校)
8(指)髙田拓海 (多良木高校)
9(三)松田敬之 (武田高校)
DSC_3835_20171011061334e59.jpg DSC_3836_2017101106133938e.jpg DSC_3837_20171011061348bee.jpg DSC_3838_20171011061348a9d.jpg
DSC_3839_20171011061349656.jpg DSC_3840_20171011061343ed2.jpg DSC_3841_201710110613468db.jpg DSC_3842_20171011061356c13.jpg
投:大田凌也 (広島工業大学高校)

審判員

球審:濱田 一塁:松川 三塁:文殊

打撃成績
1回表
沼谷     0-2から3球目を空振り三振
村上     フルカウントから6球目を打ってレフトフライ
横田     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
小野     初球を打ってレフトフライ

1回裏
DSC_3914_201710110617505a2.jpg DSC_3915_20171011061755a99.jpg DSC_3916_20171011061753101.jpg DSC_3919_201710110617516ea.jpg
塩崎     1-1から3球目を打ってレフト前ヒット
DSC_3931.jpg DSC_3932_20171011061907913.jpg DSC_3933_2017101106191364d.jpg DSC_3934_2017101106191691f.jpg
松下     初球を打ってライト前ヒット ファーストランナー塩崎サードタッチアウト
DSC_3954_20171011062041e65.jpg DSC_3955_201710110620454f1.jpg DSC_3956_201710110620456cb.jpg DSC_3957_20171011062039891.jpg
佐々木    2-2から6球目を打ってファーストゴロ
DSC_4111_20171011062252857.jpg DSC_4112_201710110623105bf.jpg DSC_4113_20171011062313df9.jpg DSC_4114_2017101106231560a.jpg
牛尾     フルカウントから7球目を打ってセカンドゴロ

2回表
DSC_4121_20171011062504c62.jpg DSC_4122_2017101106245610d.jpg DSC_4123.jpg DSC_4125_2017101106250735f.jpg
荒木     0-1から2球目を打ってセカンドゴロ
DSC_4135.jpg DSC_4136_20171011062754b26.jpg DSC_4138_201710110628010f9.jpg DSC_4141_20171011062807eed.jpg
近藤     1-1から3球目を打ってキャッチャーファウルフライ
津門     0-2から4球目を打ってレフト前ヒット
DSC_4174_20171011062628391.jpg DSC_4175_20171011062637406.jpg DSC_4176_201710110626360c5.jpg DSC_4177_20171011062643a87.jpg
坂本     2-0から3球目を打ってセンター前ヒット
さらに打球処理エラーでファーストランナー坂本はサードへ
DSC_4212_20171011062929f34.jpg DSC_4213_20171011062928159.jpg DSC_4214_20171011062927f48.jpg DSC_4215.jpg
西川     2-1から4球目を打ってレフト前タイムリーヒット
MSH医療専門学校0-1NOMOベースボールクラブ
DSC_4235_201710110630378cb.jpg DSC_4236_201710110630480ff.jpg DSC_4237_20171011063048077.jpg DSC_4238_2017101106304732d.jpg
沼谷     2-0から3球目を打ってゴロタイムリー送球エラー
MSH医療専門学校0-3NOMOベースボールクラブ
村上     1-2から4球目を打ってショートライナー

2回裏
DSC_4264_20171011063212c65.jpg DSC_4265_20171011063216e5c.jpg DSC_4266_2017101106321397c.jpg DSC_4267.jpg
澤田     2-0から3球目を打ってライト前ヒット
DSC_4321_201710110634186ba.jpg DSC_4322_20171011063412c00.jpg DSC_4323_20171011063443e69.jpg DSC_4324_20171011063453490.jpg
追立     フルカウントから6球目を打ってショートゴロダブルプレイ
DSC_4339_20171011063437a92.jpg DSC_4340_20171011063453393.jpg DSC_4341_20171011063452cc1.jpg DSC_4342_201710110634484bd.jpg
寺岡     1-1から3球目を打ってレフト前ヒット
DSC_4348_20171011064049f33.jpg DSC_4349_2017101106404802a.jpg DSC_4350.jpg DSC_4351_20171011064048018.jpg
次打者高田の初球にファーストランナー寺岡セカンド盗塁成功
DSC_4382_201710110639235e2.jpg DSC_4383_20171011063927354.jpg DSC_4384_20171011063928eb1.jpg DSC_4385_20171011063911792.jpg
高田     2-2から5球目を打ってライトフライ

3回表
横田     初球を打ってショートゴロ捕球エラー
小野     1-0から2球目を打ってレフト前ヒット ファーストランナー横田はサードへ

MSH医療専門学校選手交代
DSC_4400_20171011064437f0d.jpg DSC_4401_20171011064433abd.jpg DSC_4402_20171011064449fbb.jpg DSC_4403_20171011064441197.jpg
DSC_4404.jpg DSC_4405_201710110644448b2.jpg DSC_4406_20171011064445763.jpg DSC_4407_201710110644535b4.jpg
ピッチャー大田に代えて石田悠(鳥取中央育英高校)

DSC_4430_201710110646479b0.jpg DSC_4431_201710110646415a9.jpg DSC_4432_2017101106463755b.jpg DSC_4435.jpg
荒木     0-1から2球目を打ってセカンドゴロホーム送球もセーフ
MSH医療専門学校0-4NOMOベースボールクラブ
DSC_4439_20171011064917df8.jpg DSC_4440_201710110649072c0.jpg DSC_4441_20171011064907d2a.jpg DSC_4443_20171011064911c04.jpg
近藤     0-1から2球目をピッチャー前送りバント
DSC_4461.jpg DSC_4462_20171011065157ca1.jpg DSC_4464.jpg DSC_4466.jpg
津門     1-0から2球目がデッドボール
DSC_4497_20171011065323e06.jpg DSC_4498_20171011065324591.jpg DSC_4499_201710110653314ca.jpg DSC_4500_201710110653298b1.jpg
坂本     フルカウントから6球目を空振り三振
DSC_4545_20171011065530d93.jpg DSC_4546_20171011065537fd9.jpg DSC_4547_20171011065538d46.jpg DSC_4548_20171011065532f71.jpg
西河     フルカウントから6球目を打ってサードゴロ

3回裏
DSC_4557_20171011065702b47.jpg DSC_4558_20171011065714792.jpg DSC_4559_20171011065713a3d.jpg DSC_4560_20171011065714cc1.jpg
松田     0-2から3球目を打ってショートゴロ
DSC_4573_2017101106582083e.jpg DSC_4574_20171011065828be6.jpg DSC_4575_2017101106583291c.jpg DSC_4576_20171011065831024.jpg
塩崎     1-0から2球目を打ってショートゴロ
DSC_4583.jpg DSC_4584.jpg DSC_4585_201710110700030f7.jpg DSC_4586_2017101107000215e.jpg
松下翼    初球を打ってセカンドゴロ

4回表
MSH医療専門学校選手交代

サード松田に代えて馬服廉志朗(都城東高校)

沼谷     フルカウントから6球目を打ってセンター前ヒット
村上     0-1から2球目を打ってピッチャー強襲内野安打
横田     初球をピッチャー前送りバント
DSC_4610_20171011070518dd1.jpg DSC_4611_20171011070518d25.jpg DSC_4614_20171011070519b93.jpg DSC_4615_20171011070509ba8.jpg
小野     初球を打ってセンターフライ
荒木     初球を打ってピッチャーゴロ

4回裏
DSC_4636_20171011070651391.jpg DSC_4637_20171011070651c56.jpg DSC_4639_20171011070700fcc.jpg DSC_4642_20171011070658206.jpg
佐々木    2-0から3球目を打ってショート内野安打
DSC_4665.jpg DSC_4666_201710110708203ab.jpg DSC_4667.jpg DSC_4669_201710110708363bc.jpg
牛尾     1-0から2球目を打ってライトオーバーツーベースヒット
DSC_4677_20171011071035a80.jpg DSC_4678.jpg DSC_4679.jpg DSC_4681_20171011071034851.jpg
澤田     1-0から2球目を打ってライトオーバー3ランホームラン
DSC_4684_20171011071407136.jpg DSC_4686_20171011071405d33.jpg DSC_4687_20171011071421a79.jpg DSC_4690_20171011071422155.jpg
DSC_4691.jpg DSC_4696_20171011071431bfe.jpg DSC_4700.jpg DSC_4702_20171011071432adf.jpg
MSH医療専門学校3-4NOMOベースボールクラブ
DSC_4703.jpg DSC_4708_20171011071658681.jpg DSC_4711_201710110717073c0.jpg DSC_4716_20171011071704a45.jpg
追立     ストレートのフォアボール
DSC_4737.jpg DSC_4745_20171011071836410.jpg DSC_4751_20171011071839954.jpg DSC_4768_20171011071835f5f.jpg
寺岡     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
DSC_4774_20171011072041f3e.jpg DSC_4775_2017101107203909a.jpg DSC_4776_20171011072046885.jpg DSC_4777_20171011072045421.jpg
高田の代打宮地将平(因島高校) 初球をキャッチャー前送りバント
DSC_4787.jpg DSC_4788_20171011072153680.jpg DSC_4789.jpg DSC_4790_20171011072201c76.jpg
馬服     初球を打ってセンターフライ
DSC_4802_2017101107232470c.jpg DSC_4803_20171011072330f53.jpg DSC_4804_20171011072340543.jpg DSC_4805_20171011072336434.jpg
塩崎     初球を打ってファーストフライ

5回表
近藤     1-0から2球目を打ってセンター前ヒット
津門     2-2から5球目をピッチャー前送りバント
坂本     3-1から5球目を選んでフォアボール
西川     初球を打ってライトフライ
沼谷     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
村上     初球を打ってレフトフライ

5回裏
DSC_4880_20171011072626b7a.jpg DSC_4896_201710110726231da.jpg DSC_4900_201710110726211b1.jpg DSC_4910_201710110726266e7.jpg
松下翼    ストレートのフォアボール
DSC_4946_20171011072746570.jpg DSC_4947.jpg DSC_4948_20171011072748f2e.jpg DSC_4949_20171011072752aa6.jpg
佐々木    2-1から4球目を打ってライト前ヒット
DSC_4983_2017101107291888b.jpg DSC_4984_201710110729221e7.jpg DSC_4985_20171011072924130.jpg DSC_4987_201710110729230be.jpg
牛尾     2-2から5球目を打ってファーストゴロ
DSC_5016_20171011073112010.jpg DSC_5017_201710110730584ed.jpg DSC_5018_20171011073114c77.jpg DSC_5019_2017101107311541f.jpg
澤田     0-2から3球目を打ってライト前タイムリーヒット
MSH医療専門学校4-4NOMOベースボールクラブ
DSC_5052_201710110732479ff.jpg DSC_5053_2017101107323658d.jpg DSC_5055_20171011073250c53.jpg DSC_5056.jpg
追立     3-1から5球目を打ってセンターへ犠牲フライ
DSC_5059.jpg DSC_5062_201710110735295a6.jpg DSC_5064_20171011073542235.jpg DSC_5065_2017101107353495c.jpg
DSC_5066_20171011073550c07.jpg DSC_5068_2017101107354036f.jpg DSC_5069_2017101107355453c.jpg DSC_5071_2017101107355448d.jpg
MSH医療専門学校5-4NOMOベースボールクラブ
次打者寺岡の4球目にセカンドランナー佐々木が飛び出しタッチアウト

6回表
MSH医療専門学校選手交代
DSC_5138_201710110739345fa.jpg DSC_5139_20171011073942114.jpg DSC_5140_20171011073933f81.jpg DSC_5141_20171011073936944.jpg
DSC_5142_201710110739379bd.jpg DSC_5143_20171011073924078.jpg DSC_5144_2017101107394703e.jpg DSC_5145_20171011073936fa9.jpg
ピッチャー石田に代えて岡本祐一(岡山共生高校)

横田     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_5175_20171011074213387.jpg DSC_5176_20171011074222326.jpg DSC_5177_2017101107421668e.jpg DSC_5179_20171011074223a86.jpg
小野     1-1から3球目を打ってファーストファウルフライ
次打者藤野の初球にファーストランナー横田セカンド盗塁成功
荒木の代打藤野友彰(玉野光南高校) 1-0から2球目を打って右中間へタイムリーツーベースヒット
MSH医療専門学校5-5NOMOベースボールクラブ
DSC_5262_20171011074536c53.jpg DSC_5263_201710110745368ef.jpg DSC_5264_20171011074531014.jpg DSC_5265_20171011074517846.jpg
近藤     フルカウントから7球目を打ってライト前ヒット

MSH医療専門学校選手交代
DSC_5270_20171011074859a17.jpg DSC_5271_20171011074901166.jpg DSC_5272_20171011074848e93.jpg DSC_5274_20171011074902853.jpg
ピッチャー岡本に代えて西坂倖汰(鳥取城北高校)

DSC_5282_201710110751153ba.jpg DSC_5284.jpg DSC_5285_20171011075109c6d.jpg DSC_5287_201710110751193cd.jpg
津門     初球を打ってセンターフライ
坂本     0-1から2球目を打ってファーストゴロ

6回裏
NOMOベースボールクラブ選手交代

代打藤野がそのまま入りサード

DSC_5326.jpg DSC_5333_201710110756411ae.jpg DSC_5342_20171011075643c84.jpg DSC_5347_2017101107564434b.jpg
寺岡     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
DSC_5358_20171011075900193.jpg DSC_5359_2017101107590620c.jpg DSC_5360_2017101107591136e.jpg DSC_5361_20171011075909e4a.jpg
宮地     初球をキャッチャー前送りバントセカンドへ悪送球
DSC_5470_20171011080031188.jpg DSC_5471_20171011080041380.jpg DSC_5472.jpg DSC_5477_20171011080047de3.jpg
馬服の代打伊藤勇希(瀬戸内高校) フルカウントから11球目を打ってセカンドフライトリプルプレイ
(セカンドへのハーフライナー、各ランナー戻れず)

7回表
MSH医療専門学校選手交代

代打伊藤に代えてセンター小坂
センター寺岡がサード

DSC_5480_20171011080332b67.jpg DSC_5481_20171011080329a89.jpg DSC_5482_20171011080321e0d.jpg DSC_5483.jpg
西河     0-2から3球目を打ってセカンドフライ
沼谷     1-1から3球目を打ってショートゴロ
DSC_5548_20171011080736d2e.jpg DSC_5556_201710110807402f4.jpg DSC_5562_201710110807442b3.jpg DSC_5566_20171011080742a59.jpg
村上     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
次打者横田の2球目にファーストランナー村上セカンド盗塁成功
DSC_5592_2017101108095475d.jpg DSC_5593_20171011081002241.jpg DSC_5594_201710110809551ab.jpg DSC_5605_2017101108100101b.jpg
横田     2-1から4球目を打ってファーストゴロ(ヘッスラ及ばず)

7回裏
DSC_5611_20171011081103200.jpg DSC_5612.jpg DSC_5613_201710110811382ff.jpg DSC_5614_20171011081137019.jpg
塩崎     1-0から2球目を打ってセンターフライ
DSC_5620_2017101108130360b.jpg DSC_5621_2017101108130636c.jpg DSC_5622_201710110813130d5.jpg DSC_5623.jpg
松下翼    初球を打ってセカンドゴロ
DSC_5628_201710110814234c9.jpg DSC_5629_20171011081433d08.jpg DSC_5631_20171011081434a88.jpg DSC_5633_201710110814310eb.jpg
佐々木    初球を打って左中間へツーベースヒット
DSC_5702.jpg DSC_5705_201710110816125b1.jpg DSC_5707.jpg DSC_5713_20171011081610016.jpg
牛尾     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
DSC_5765_20171011081953a6e.jpg DSC_5767.jpg DSC_5769.jpg DSC_5773_201710110819591b5.jpg
次打者澤田への5球目がワイルドピッチ
DSC_5795_201710110822008da.jpg DSC_5796_2017101108215550b.jpg DSC_5797_201710110821576a5.jpg DSC_5798_201710110822008d6.jpg
澤田     フルカウントから7球目を打ってセンターフライ

NOMOベースボールクラブ
031 001 0  5
000 320 0  5
MSH医療専門学校

[NOMO]中村―西河
[MSH]大田、石田、岡本、西坂ー澤田
【本塁打】澤田(MSH)
試合時間:2時間13分



DSC_5805_201710110831130a3.jpg
残念ながら5失点のドローゲームとなってしまいMSH医療専門学校は予選突破とはなりませんでした。大和高田クラブと互角の試合が出来ただけに、ひょっとしたら、とは思いましたが。

しかし、先にも記したように、3年生の帯同は松田選手ただ一人。ほぼ完全に1・2年生だけのメンバーで、これだけの試合が出来たのは、選手の皆さんにとっては相当の自信になったはず。試合後は、片岡新之助監督のお叱りがありましたが、それだけ監督も手応えを感じた2試合では。

今年の広島県の社会人野球は、個人的にツネイシブルーパイレーツの大躍進が目を引きましたが、そして少し気が早いかも知れませんが、2018年の広島県社会人野球は、大なり小なり、どこかの大会でMSH医療専門学校の大活躍が見られるような気もします。それを期待させる2試合でした。

企業チーム登録とは言うものの、高卒選手を受け入れる専門学校生。有名無名関係なく、18歳から21歳の、云わば鍛えれば鍛えるだけどんどん力を付けて、伸びる年齢の選手ばかり。みなそれぞれ、野球や就職先、色々目標もあると思いますが、来年度への期待はとてつもなく無限大。

ひょっとしたら、はたくさんありますが、2014年のJABA徳山スポニチ大会以来の「栄冠」が待ち受けているような気もします。そしてそれを期待させるだけの「2分け」だったと思います。

DSC_5806_20171011083229e0f.jpg
この後、MSH医療専門学校は、ひとつ小さな大会を控えていますが、私が観戦出来るのはこの試合が最後。3年生の「引退大会」は次の大会になるのかな。その辺は片岡監督に問うてくるのを忘れましたが、1・2年生がひと冬越して、どこまで強くなるか。またひとつ、楽しみが増えました。

2017.10.12 / Top↑