※大会は、荒天での試合中断等ありましたが、無事、順延等もなく全日程を終了しております。ゆえに「あぁ、こんな試合だったんだ」程度に見ていただければこれ幸いです。



いよいよ、対戦する両チームにとって、最後の予選リーグの試合。しかも、予選リーグは両チームともここまで2戦2勝。つまりは勝った方が優勝決定トーナメント進出。ただならぬ試合、です。

DSC_0009_20170503054921bcb.jpg
先攻は一塁側・JR西日本。

DSC_0004_20170503102343352.jpg DSC_0012_20170503102336af6.jpg
DSC_0018_201705031023275d2.jpg DSC_0026_20170503102341051.jpg
初戦の三菱重工神戸・高砂戦は加賀美投手、2戦目の西部ガス戦は湧川投手と、両エースの奮闘で1点差で連勝を飾ったJR西日本。試合開始前の時点である程度予想はしていましたが、相手が相手なだけに「投手陣総動員」は必至。攻撃陣の奮起も期待されます。

DSC_0054_2017050310245682f.jpg DSC_0058_20170503102458c4a.jpg
DSC_0055_201705031025010f5.jpg DSC_0060_20170503102503d7d.jpg
予選リーグ組み合わせが発表になってから、三菱重工神戸・高砂、西部ガスはともかくとして、一昨年の「夏秋連覇」を知るメンバーが多数残る王者・日本生命。ここに勝てば、京都大会の結果はともかく、今後の大きな糧にもなる、どの大会本選にも負けない、良い経験になる、と考えていました。

DSC_0010_201705030549210e5.jpg
後攻は三塁側・日本生命。

DSC_0027_20170503102628ae5.jpg DSC_0028_2017050310262725f.jpg
初戦の対ニチダイ戦こそ、阿部投手の完封で逃げ切ったものの、2戦目の対三菱重工神戸・高砂戦は、6点差で楽勝ムードのはずが一転、終盤8回に1点差まで追い上げられる試合展開。5投手のリレーで何とか振り切ったものの、若干ピッチャー陣に「波」があるのかなぁ、とも。

DSC_0029_2017050310262988c.jpg DSC_0033_201705031026333f6.jpg
エース(と勝手に思っている)清水翔太投手までリリーフで登板させただけに、この日の試合の投手リレーが見ものではありましたが、7安打で6点取った打線はいいとしても、肝心なところで2エラーだった野手陣も気になるところ。大舞台には慣れているはず、だと思うんですけどねぇ。

スターティングオーダー
先攻:JR西日本
1(左)春原直登 (佐久長聖高校~関東学院大学)
2(二)安田直人 (明徳義塾高校~拓殖大学)
3(三)藤澤拓斗 (柳ヶ浦高校~西濃運輸~中日ドラゴンズ)
4(遊)田村 強 (玉野高校~大阪体育大学)
5(指)亀井優輝 (東洋大姫路高校~関西国際大学)
6(中)松野  光 (南陽工業高校~日本文理大学)
7(一)高木智大 (福岡大学付属大濠高校~法政大学)
8(捕)原田廣大 (東大阪大学付属柏原高校~近畿大学)
9(右)佐藤直樹 (報徳学園高校)
投:西川昇吾 (愛知大成高校~日本福祉大学)

後攻:日本生命
1(中)神里和毅 (糸満高校~中央大学)
2(左)皆川  仁 (学法石川高校~立正大学)
3(右)上西主起 (県立和歌山高校~中部学院大学)
4(指)高橋英嗣 (九産大九州高校~東海大学)
5(一)廣本拓也 (浪速高校~法政大学)
6(二)原田拓実 (天理高校~立正大学)
7(三)中井竜基 (光星学院高校~中部学院大学)
8(捕)古川昌平 (大阪産業大学付属高校~ 愛知学院大学)
9(遊)河野勇磨 (延岡工業高校~福岡工業大学)
投:高橋拓巳 (前橋育英高校~横浜桐蔭大学)

審判員
球審:堀口 一塁:高畑 二塁:大屋 三塁:清水誠

打撃成績
1回表
春原     フルカウントから6球目を打ってショートゴロ
安田     1-1から3球目を打ってサードゴロ
藤澤     初球を打ってレフトフライ

1回裏
神里     0-2から3球目がデッドボール
皆川     1-0から2球目をピッチャー前送りバント
DSC_0087_20170503102900e62.jpg DSC_0088_20170503102913ba1.jpg DSC_0089_20170503102900e27.jpg
上西     1-2から4球目を打ってレフトオーバータイムリーツーベースヒット
DSC_0091_20170503102909280.jpg DSC_0092_2017050310291335f.jpg DSC_0094_201705031029171dd.jpg
日本生命1-0JR西日本

DSC_0096_20170503103133fb4.jpg DSC_0098_20170503103129432.jpg
〇ここでJR西日本・花本輝男監督がマウンドへ行き、若干の間を取る。

高橋英    1-1から3球目を打ってライト前ヒット
廣本     2-2から6球目を空振り三振
ファーストランナー高橋英は挟まれタッチアウト

DSC_0106_201705031034206b4.jpg DSC_0108_201705031034221b1.jpg
〇何とかピンチを切り抜けた野手陣を迎えるベンチ。

2回表
田村     1-2から4球目を空振り三振
DSC_0123_2017050310351973c.jpg DSC_0125_20170503103514add.jpg DSC_0126_20170503103521b16.jpg
亀井     1-1から3球目を打ってライト前ヒット
DSC_0129_20170503103619eb1.jpg DSC_0131_201705031036279d2.jpg DSC_0132_20170503103628eb4.jpg
松野     初球を打ってキャッチャーファウルフライ
DSC_0143_2017050310383307b.jpg DSC_0144_201705031038445ea.jpg DSC_0145_201705031038438f6.jpg
高木     2-0から3球目を打ってライトフライ

2回裏
原田     0-2から3球目を打ってピッチャーゴロ
中井     2-2から6球目を打ってセカンドゴロ
古川     1-1から3球目を打ってピッチャーゴロ

3回表
原田廣    初球を打ってピッチャーゴロ
DSC_0176_20170503103959e98.jpg DSC_0178_20170503103952a9c.jpg DSC_0179_20170503104000a54.jpg
佐藤     フルカウントから12球目を選んでフォアボール
DSC_0185_20170503104237596.jpg DSC_0187_20170503104231f32.jpg DSC_0188_201705031042342c7.jpg
春原     0-1から2球目を打ってライト前ヒット
安田     フルカウントから7球目を空振り三振
DSC_0261_2017050310440782d.jpg DSC_0262_201705031044091fb.jpg DSC_0264_20170503104414b91.jpg
藤澤     フルカウントから8球目を選んでフォアボール
田村     フルカウントから6球目を選んで押し出しフォアボール
DSC_0307_201705031047505b7.jpg DSC_0310_201705031047510c2.jpg DSC_0312_2017050310475274a.jpg
日本生命1-1JR西日本
亀井     2-2から5球目を空振り三振

3回裏
河野     1-2から4球目を打ってサードゴロ
神里     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
皆川     2-1から4球目を打ってライト前ヒット
ファーストランナー神里はサードへ
上西     1-2から4球目を空振り三振
高橋英    2-2から7球目を打ってライト前タイムリーヒット
DSC_0357_2017050310501966f.jpg DSC_0359_2017050310502058b.jpg DSC_0361_2017050310502698d.jpg
日本生命3-1JR西日本
廣本     フルカウントから9球目を打ってショートゴロ

DSC_0364_2017050310515991a.jpg DSC_0365.jpg
〇ちょっと厳しい先発マウンドになった西川投手。それでもベンチはその「健投」を称える。

4回表
松野     フルカウントから6球目を打ってレフトフライ
高木     初球を打ってライトへツーベースヒット
DSC_0384_201705031053585e4.jpg DSC_0385_201705031054003e4.jpg DSC_0386_2017050310535082d.jpg
原田廣    2-1から4球目を打ってセンターフライ
佐藤     1-2から4球目を空振り三振

4回裏
JR西日本選手交代

ピッチャー西川に代えて前元良太(徳之島高校~日本福祉大学)

原田     初球を打ってショートゴロ
中井     初球を打ってファーストファウルフライ
古川     1-0から2球目を打ってファーストゴロ

DSC_0411_20170503110223af6.jpg DSC_0412_20170503110231ac3.jpg
DSC_0413_201705031102329e0.jpg DSC_0415_2017050311023726d.jpg
〇日本福祉大学の先輩・西川昇吾投手の跡を継いだ前元良太投手。好リリーフを見せてマウンドを降りる。一塁塁審からフォームのチェックを受ける。

5回表
春原     初球を打ってショートゴロ
安田     1-2から4球目を空振り三振
DSC_0449_2017050311060080d.jpg DSC_0450_20170503110559057.jpg DSC_0455_20170503110602c37.jpg
藤澤     2-2から5球目を打ってライト前ヒット
DSC_0456_2017050311073837c.jpg DSC_0457_20170503110749cbf.jpg DSC_0458_201705031107495c4.jpg
田村     0-1から2球目を打ってショートゴロ

5回裏
河野     初球を打ってショートゴロ
神里     2-2から5球目を打ってセンター前ヒット
次打者皆川の2球目前にボーク
皆川     3-1から5球目を選んでフォアボール
上西     2-2から5球目がデッドボール
高橋英    3-1から5球目を打ってセカンドライナーダブルプレイ

6回表
亀井     1-1から3球目を打ってライト前ヒット
DSC_0467_201705031109490e2.jpg DSC_0468_2017050311095045f.jpg DSC_0471_20170503110942a46.jpg
松野     初球をピッチャー前送りバント失敗セカンドフォースアウト
高木     2-0から3球目を打ってセンターフライダブルプレイ

6回裏
JR西日本選手交代

ピッチャー前元に代えて加賀美希昇( 桐蔭学園高校~法政大学~横浜DeNAベイスターズ)
センター松野に代えて田中勇次(鳴門工業高校~明治大学)

廣本     1-1から3球目を打ってショートフライ
原田     初球を打ってライトフライ
中井     2-2から5球目を空振り三振

7回表
日本生命選手交代

ピッチャー高橋拓に代えて藤井貴之(天理高校~同志社大学)

原田     1-2から4球目を空振り三振
佐藤     0-2から3球目を空振り三振
春原     1-2から4球目を空振り三振

●JR西日本が加賀美投手で試合を引き締めにかかれば、日本生命ベンチも藤井投手をマウンドに送って逃げ切りにかかる。両チームの前に両エースのガチンコのぶつかり合い。

7回裏
古川     1-2から6球目を打ってショートライナー
河野     1-2から4球目を打ってサードゴロ捕球エラー
DSC_0507_20170503111619d2d.jpg DSC_0508_20170503111621876.jpg DSC_0510_201705031116255d8.jpg
神里     1-2から4球目を打ってレフトフライ
皆川     1-0から2球目を打ってセンターフライ

8回表
安田の代打伊與田一起(明徳義塾高校~専修大学) 1-0から2球目を打ってセンターフライ
藤澤     2-2から6球目を打ってレフト前ヒット
DSC_0528_20170503112347a08.jpg DSC_0529_201705031123507e4.jpg DSC_0531_201705031123494ba.jpg
田村     初球を打ってセンターフライ
亀井     初球を打ってセカンドフライ

8回裏
JR西日本選手交代

代打伊與田がそのまま入りセカンド

上西     2-2から5球目を空振り三振
高橋英    2-2から7球目を打ってショートゴロ
廣本     1-1から3球目を打ってセンターフライ

DSC_0513_2017050311183640e.jpg DSC_0515_2017050311182781c.jpg
DSC_0516_201705031118416e6.jpg DSC_0519_2017050311184208c.jpg
〇必勝リレー、ではありませんが、JR]西日本ベンチは3番手ピッチャーに加賀美希昇投手を投入。決勝トーナメントのいずれかに投げると思っていただけにちょっと驚き。それ以上に花本監督の、この試合に懸ける思いが垣間見えた采配。そしてそれに応えるピッチングを見せる加賀美投手。そしてベンチには「まだまだいける!」の雰囲気がありあり。そう、まだ2点ビハインドなだけ。

9回表
田中の代打鳥居丈寛(愛工大名電高校~東洋大学) 1-1から3球目を打ってレフトオーバーツーベースヒット
代走に吉澤翔吾(日本大学第三高校~早稲田大学)
高木     初球を打ってファーストゴロ
※しかしながら打撃妨害があり、JR西日本サイドは、代走吉澤をセカンドに戻す条件で、ノーアウトランナー1、2塁での試合続行を選択。
高木の代走に原田拓実(秀岳館高校)
原田廣    1-1から3球目をピッチャー前送りバント
佐藤の代打蔵桝孝宏(広陵高校~法政大学) 1-0から2球目を打ってライト前タイムリーヒット
DSC_0549_2017050311223628e.jpg DSC_0550_20170503112235bb0.jpg DSC_0551_20170503112228260.jpg
日本生命3-2JR西日本
DSC_0575_20170503112522496.jpg DSC_0576_2017050311252092e.jpg DSC_0577_2017050311252516f.jpg
春原     2-1から4球目を打ってライト線タイムリーツーベースヒット
DSC_0580_20170503112742f87.jpg DSC_0582_20170503112758103.jpg DSC_0584_20170503112753c6f.jpg
DSC_0587_20170503112801472.jpg DSC_0588_20170503112800f88.jpg DSC_0590_20170503112802454.jpg
日本生命3-3JR西日本
DSC_0597_20170503112954e0c.jpg DSC_0610_20170503113001095.jpg DSC_0629_20170503113004867.jpg
伊與田    フルカウントから7球目を選んでフォアボール

日本生命選手交代
ピッチャー藤井に代えて阿部翔太(酒田南高校~成美大学)

DSC_0725_2017050311313664e.jpg DSC_0726_201705031131304a6.jpg DSC_0727_201705031131374a0.jpg
藤澤     2-2から9球目を打ってレフトへ犠牲フライ
DSC_0730_201705031135131fb.jpg DSC_0733_20170503113522b03.jpg DSC_0735_201705031135188b1.jpg
DSC_0738_201705031135225b4.jpg DSC_0739_20170503113523343.jpg DSC_0744_20170503113520bd5.jpg
日本生命3-4JR西日本
田村     0-2から3球目を打ってライトフライ

9回裏JR西日本選手交代
代走吉澤がそのまま入りライト
代走原田拓がそのまま入りセンター
代打鳥居に代えてファースト林誉之(清峰高校~福岡大学)」

原田     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
中井の代打山本 3-2から7球目を打ってライトフライ
古川     初球デッドボール
河野の代打福富 3-1から5球目を選んでフォアボール
神里     2-2から5球目を空振り三振

DSC_0749_20170503113909da9.jpg DSC_0750_20170503113920ecd.jpg
DSC_0751_20170503113920ab6.jpg DSC_0752_2017050311392511e.jpg
〇最後のバッター、神里選手を空振り三振に取って、派手なガッツポーズを見せる加賀美投手。ロングリリーフにはなりましたが、ナイスピッチング!

DSC_0755_20170503114159251.jpg DSC_0761_201705031142145c1.jpg
DSC_0765_201705031142107fe.jpg DSC_0767_20170503114214e99.jpg
そして、試合終了!JR西日本、3戦全勝で予選リーグ突破!

広島 001 000 003 4
日生 102 000 000 3




DSC_0769_201705031159259eb.jpg
正直、2点ビハインドで9回表を迎えた時点で「アカンかも」と勝手に腹を括ってました。しかしながら先頭バッターの代打・鳥居選手のツーベースヒットで、明らかにベンチの空気が変わりました。

そこに輪を描けての蔵桝選手のタイムリーヒット、春原選手のタイムリーツーベースヒット。身震いしました。さらには、ツーアウトながらも、そして緊張感の高まる中、粘り粘ってフォアボールを選んだ伊與田選手。打席3枚目の画像を見て頂ければ、緊張の度合いが解って頂けると思います。

下位に向かう打線でありながらも、粘れば、そして上位に回せば何とかなる。打撃妨害の選択権をも駆使して、試合の空気を完全に支配する事が出来た試合だったと思います。堪らん試合でした。

そして、無傷の3連勝で文句なしの優勝決定トーナメント進出。いよいよ翌日はクライマックスです。

2017.05.06 / Top↑