fc2ブログ
第67回JABA京都大会、優勝決定戦はついに「三菱事業所対抗野球大会」になりました。

とは言うものの、JABA京都大会だけではなく、随所でその力を見せている両チーム。日本選手権にも幾度となく出場しています。好ゲームが期待されました。

ちなみに両チームとも、この試合に勝つとJABA京都大会は初優勝、そして重工広島は5大会連続16回目の日本選手権出場が決定、重工神戸・高砂は4大会連続22回目の出場が決定します。

DSC_7666.jpg
準決勝第二試合終了から20分。あらためてバッターボックスならびにダートサークルが書かれました。静かに決勝戦開始の時間を待ちます。

DSC_7667_20160504055131093.jpg DSC_7670.jpg
試合開始予定時刻までの間、重工広島ナインはクラブハウスに下がって休息。國本選手ほかごく一部の選手が体慣らしに出てきた程度。さすがに「ダブルヘッダー」はスタミナ勝負。

DSC_7671.jpg DSC_7674_20160504055412893.jpg
神戸・高砂ナインも、外野でのキャッチボールの他は、ベンチ前での守備練習のみ。

DSC_7688.jpg DSC_7690_20160504055516437.jpg
試合開始前のスタンドへの挨拶終了。



スターティングオーダー
先攻:三菱重工神戸・高砂
1(三)渡邉祥平 (作陽高校~専修大学)
2(中)根来祥汰 (滝川第二高校)
3(左)黒川栄次 (広島広陵高校~関西学院大学)
4(二)津野祐貴 (東福岡高校~日本体育大学)
5(右)那賀裕司 (大阪桐蔭高校~立教大学)
6(一)福田和弘 (明徳義塾高~道都大)
7(指)松原鴻介 (大阪桐蔭高~関西学院大)
8(捕)渡  将太 (福岡第一高校~亜細亜大学)
9(遊)宮崎雅史 (柳川高校~城西大学)
P:中山勇也 (八戸工業大学第一高校)

DSC_7703_2016050405563491f.jpg DSC_7704_20160504055626bbe.jpg
DSC_7705.jpg DSC_7706_20160504055635a61.jpg
●神戸・高砂先発の中山投手。

後攻:三菱重工広島
1(左)市原一樹 (松商学園高校~専修大学)
2(遊)田中友博 (享栄高校~愛知学院大学)
3(指)実政太一 (如水館高校)
4(右)井口晴樹 (四日市工高校~愛知工業大学)
5(二)松永弘樹 (広陵高校~早稲田大学)
6(捕)國本剛志 (近大福山高校~近畿大学)
7(一)渕上大地 (球磨工業高~日本福祉大)
8(中)青木拓己 (関大北陽高~関西大)
9(三)田ノ窪泰基(市立呉高~近畿大工学部)
P:大下佑馬 (崇徳高~亜細亜大)

DSC_7787_20160504055741ec6.jpg DSC_7788_2016050405573614a.jpg
DSC_7789_20160504055749bed.jpg DSC_7790_20160504055748f00.jpg
〇重工広島先発の大下投手。

審判員
球審:堀口、一塁:宅間、二塁:左海、三塁:飯田



打撃成績
1回表
渡邉     1-1から3球目を打ってライトフライ
根来     初球を打ってショートゴロ
黒川     3-1から5球目を打ってショートゴロ

1回裏
市原     1-1から3球目を打って左中間突破ツーベースヒット
田中     初球をピッチャー前送りバント
実政     0-2から3球目を打ってサードゴロ 市原ホームタッチアウト
井口     2-2から6球目を打ってライト前ヒット
松永     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_7771_20160504061406a09.jpg DSC_7772_20160504061405af9.jpg
DSC_7773_20160504061403731.jpg DSC_7774_20160504061407e6e.jpg
國本     初球を打ってレフト線タイムリーツーベースヒット
三菱重工広島2-0三菱重工神戸高砂
DSC_7776_20160504061546cb3.jpg DSC_7777_20160504061533e7a.jpg
DSC_7779_20160504061541ec3.jpg DSC_7780_20160504061548f90.jpg
しかしファーストランナー井口、サードオーバーランタッチアウト

2回表
津野     1-1から3球目を打ってレフトフライ
那賀     初球を打ってレフトフライ
福田     2-2から8球目を空振り三振

2回裏
DSC_7838.jpg DSC_7839_2016050406182480b.jpg
DSC_7840_20160504061831663.jpg DSC_7841_20160504061820fba.jpg
渕上     初球を打ってレフト前ヒット
青木     1-0から2球目がデッドボール
田ノ窪    2-1から4球目をピッチャー前送りバント

神戸・高砂選手交代
DSC_7862.jpg DSC_7863_20160504055932c70.jpg
DSC_7864.jpg DSC_7866_20160504055940dae.jpg
ピッチャー中山に代えて尾松義生(明徳義塾高~拓殖大)

市原     2-0から3球目を打ってセカンドゴロ
田中     1-0から2球目がデッドボール
DSC_7900_20160504062009939.jpg DSC_7901_201605040619582c4.jpg
DSC_7902.jpg DSC_7903_2016050406201429e.jpg
実政     0-2から3球目を打ってショートライナー

3回表
松原     1-1から3球目を打ってセンターフライ
渡      ストレートのフォアボール
DSC_7925_2016050406004472f.jpg DSC_7926_20160504060041b70.jpg
DSC_7927_20160504060048387.jpg DSC_7928.jpg
宮崎     1-0から2球目を打ってライト前ヒット
DSC_7940.jpg DSC_7941.jpg
DSC_7942.jpg DSC_7945.jpg
渡邉     1-1から3球目を打ってライト前ヒット
根来     0-1から2球目を打ってセカンドゴロホームフォースアウト
黒川     初球を打ってサードゴロタイムリーエラー
三菱重工広島2-2三菱重工神戸高砂
津野     1-1から3球目を打ってセンターフライ

DSC_7973_2016050406055172c.jpg DSC_7976.jpg
DSC_7977.jpg DSC_7980_2016050406060198e.jpg
〇3回表終了後、タイムリーエラーをやらかしてしまった田ノ窪内野手の肩を抱いて円陣の中心に立つ田中友博主将。

3回裏
実政     ストレートのフォアボール
井口     フルカウントから6球目を打って右中間ヒット
ファーストランナー実政はサードへ
國本     1-2から5球目を打ってサードゴロセカンドフォースアウト
DSC_8024.jpg DSC_8025_20160504060745fc4.jpg DSC_8026_20160504060745d11.jpg DSC_8029_20160504060754eb7.jpg
渕上     初球を打ってレフトへ犠牲フライ
三菱重工広島3-2三菱重工神戸高砂
青木     初球を打ってサードゴロ

4回表
那賀     2-2から6球目を空振り三振
福田     1-0から2球目を打ってレフト前ヒット
松原     2-1から4球目を打ってショートゴロダブルプレイ

4回裏
田ノ窪    0-2から3球目を打ってレフト前ヒット
市原     初球を打ってセカンドゴロダブルプレイ
田中     1-2から4球目を打ってライト前ヒット
実政     1-1から3球目を打ってファーストファウルフライ

5回表
DSC_8131.jpg DSC_8132_20160504060922e03.jpg
DSC_8133_20160504060936de9.jpg DSC_8134_201605040609350b4.jpg
渡      フルカウントから7球目を打ってショートゴロ
宮崎     初球を打ってライトフライ
DSC_8149_20160504061053cfe.jpg DSC_8150_20160504061102702.jpg
DSC_8151_20160504061104838.jpg DSC_8154_20160504061105de0.jpg
渡邉     3-1から5球目を打ってレフトオーバースリーベースヒット
根来     2-2から5球目を打ってセカンドゴロ

5回裏
DSC_8181_201605040623263da.jpg DSC_8182.jpg
DSC_8183_20160504062328283.jpg DSC_8184.jpg
井口     0-2から4球目を打ってピッチャーゴロ
松永     フルカウントから6球目を打ってレフト前ヒット
次打者國本の2球目に松永牽制タッチアウト
國本     1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
渕上     初球を打ってピッチャーゴロ

6回表
黒川     初球を打ってレフトフライ
津野     1-2から4球目を空振り三振
那賀     3-1から5球目を打ってショートゴロ送球エラー
福田     2-2から5球目を打ってライト前ヒット ファーストランナー那賀はサードへ
松原     2-1から4球目を打ってライトオーバータイムリースリーベースヒット
三菱重工広島2-4三菱重工神戸高砂
渡      1-1から3球目を打ってレフトオーバータイムリーツーベースヒット
三菱重工広島2-5三菱重工神戸高砂

広島選手交代
DSC_8230_20160504062446412.jpg DSC_8231_20160504062436cf6.jpg
DSC_8233_20160504062444e86.jpg DSC_8234_20160504062446ae9.jpg
ピッチャー大下に代えて野上祐司 (藤蔭高校~コンピュータ教育学院)

宮崎     1-1から3球目を打ってサードゴロ

6回裏
神戸・高砂選手交代

ピッチャー尾松に代えて山田和也(長野県諏訪清陵高校~筑波大学)

青木     3-1から5球目を選んでフォアボール
田ノ窪    2-2から7球目を空振り三振
次打者市原の4球目前に牽制悪送球でファーストランナー青木は一気にサードへ
DSC_8288_201605040625569d7.jpg DSC_8289.jpg
DSC_8290_201605040625549a5.jpg DSC_8291.jpg
市原     1-2から6球目を打ってファーストタイムリー内野安打
三菱重工広島3-5三菱重工神戸高砂
次打者田中の5球目に市原セカンド盗塁成功
田中     フルカウントから7球目を打ってセカンドゴロ
実政     フルカウントから球目を見逃し三振

7回表
渡邉     2-2から7球目を打ってセンター前ヒット
根来     1-0から2球目をキャッチャー前送りバント
黒川     初球を打ってレフト前タイムリーヒット
三菱重工広島3-6三菱重工神戸高砂
津野     3-1から5球目を打ってレフトフライ
那賀     1-1から3球目を打ってショートゴロ

7回裏
井口     フルカウントから6球目を打ってセンターフライ
松永     1-2から4球目を空振り三振
國本     2-1から4球目を打ってレフト前ヒット
次打者渕上の3球目にワイルドピッチで國本はセカンドへ
渕上     2-2から5球目を打ってセンター前タイムリーヒット
三菱重工広島5-6三菱重工神戸高砂

神戸・高砂選手交代
ピッチャー山田に代えて堀田健吾(育英高校)

次打者青木の2球目にワイルドピッチ
青木     2-2から5球目を打って右中間突破タイムリースリーベースヒット
三菱重工広島6-6三菱重工神戸高砂

神戸・高砂選手交代
DSC_8308.jpg DSC_8309.jpg
DSC_8310_20160504062721eba.jpg DSC_8311_20160504062719c90.jpg
ピッチャー堀田に代えて高橋涼平(藤井学園寒川高校~ 駒沢大学)

田ノ窪の代打戎 1-2から6球目を打ってレフトフライ

8回表
広島選手交代

代打戎に代えてファースト山本祐大 (松山商業高校~駒澤大学)
ファースト渕上がサードへ
ピッチャー野上に代えて武田真一 (飯塚高~横浜商科大)

福田     1-1から3球目を打ってレフトフライ
國久     3-1から5球目を打ってライト前ヒット

広島選手交代
DSC_8342_201605040628501f0.jpg DSC_8343_20160504062845ca2.jpg
DSC_8345_20160504062852799.jpg DSC_8346_20160504062850018.jpg
ピッチャー武田に代えて秋田教良 (光星学院高校)

渡      1-0から2球目をピッチャー前送りバント
宮崎     1-2から4球目を打ってライト前ヒット
渡邉     1-2から4球目を空振り三振

8回裏
市原     0-2から3球目を空振り三振
田中     3-1から5球目を打ってレフト前ヒット
実政     初球を打ってライト線ツーベースヒット
DSC_8404_201605040630127f6.jpg DSC_8405.jpg
DSC_8406_2016050406301375b.jpg DSC_8410_20160504063012dbc.jpg
井口     1-2から4球目を打ってセンター前タイムリーヒット
三菱重工広島7-6三菱重工神戸高砂

神戸・高砂選手交代
ピッチャー高橋に代えて若竹竜士(育英高校~阪神タイガース)

松永     2-1から4球目を打ってサードゴロダブルプレイ

9回表
根来     2-2から5球目を打ってレフト前ヒット 代走に殿川慎哉(神港学園神港高校)
次打者黒川の初球前にボーク(?)で殿川はセカンドへ
黒川     初球をピッチャー前送りバント
津野     2-2から7球目を空振り三振
那賀     初球を打ってレフト前タイムリーヒット
三菱重工広島7-7三菱重工神戸高砂
福田     1-1から3球目を打ってファーストゴロ

9回裏
國本     2-1から4球目を打ってサードフライ
渕上     1-2から5球目を打ってレフト前ヒット
青木     1-2から5球目を打ってセカンドライナー
山本     1-2から4球目を空振り三振

DSC_8515_20160504084250a00.jpg DSC_8516_20160504084252ed1.jpg
さて、延長戦突入と言う時間になって、照明塔が点灯。

10回表
國久     1-0から2球目を打ってセカンドゴロ
渡      初球を打ってライトフライ
宮崎     1-2から5球目を見逃し三振

10回裏
市原     2-2から5球目を空振り三振
田中     0-1から2球目を打ってライトフライ
実政     1-1から3球目を打ってサードゴロ

11回表
タイブレーク1死満塁から
黒川     初球を打ってレフト犠牲フライ
三菱重工広島7-8三菱重工神戸高砂
津野     2-2から5球目を打ってセカンドゴロ

DSC_8522_201605040839148e6.jpg
とうとう、この日2試合目の「延長タイブレーク」に突入。11回表開始前に、バッターとランナーの確認を行う三菱重工広島・町田公二郎監督と、球審の堀口さん。

11回裏
タイブレーク1死満塁から
実政     初球を打ってセンターへ犠牲フライ
三菱重工広島8-8三菱重工神戸高砂
井口     2-2から7球目を打ってサードゴロ

12回表
タイブレーク1死満塁から
那賀     2-0から3球目を打ってサードゴロダブルプレイ

12回裏
タイブレーク1死満塁から
DSC_8554.jpg DSC_8555_20160504063353310.jpg
DSC_8556_20160504063348ba9.jpg DSC_8557_201605040633570d2.jpg
松永     1-0から2球目を打ってライトへサヨナラ犠牲フライ
DSC_8560_20160504063616730.jpg DSC_8562_20160504063625243.jpg
DSC_8566_201605040636198ec.jpg DSC_8573.jpg
※サードランナー田中、歓喜のホームイン!
三菱重工広島9-8三菱重工神戸高砂

わかさスタジアム京都 JABA京都大会 優勝決定戦
重工神高 002 003 101 010 8
重工広島 201 001 210 011 9
試合時間:3時間49分

三菱重工広島はJABA京都大会初優勝!
5大会連続16回目の日本選手権出場決定!

DSC_8581_20160504063845277.jpg DSC_8584_20160504063845468.jpg
DSC_8585_20160504063850ff4.jpg DSC_8587_20160504063840271.jpg
そして、試合終了の挨拶。敵味方とは言え、同じ会社。広島ナインに手を振る神戸・高砂ナイン。

投手成績 ※タイブレークのイニングは除外します。
三菱重工神戸・高砂
中山  1.1回  9打者 26球 4被安打 2与四死球 0奪三振 2失点 2自責点
尾松  3.2回 16打者 60球 5被安打 2与四死球 0奪三振 1失点 1自責点
山田  1.2回  9打者 44球 3被安打 0与四死球 0奪三振 1失点 1自責点
堀田  0  回  1打者  5球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
高橋  0.2回  5打者 19球 3被安打 0与四死球 1奪三振 1失点 0自責点
若竹  2  回  7打者 28球 1被安打 0与四死球 2奪三振 0失点 0自責点

三菱重工広島
大下  5.2回 26打者 91球 7被安打 1与四死球 3奪三振 5失点 2自責点
野上  1.1回  6打者 21球 2被安打 0与四死球 0奪三振 1失点 1自責点
武田  0.1回  2打者  8球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
秋田  2.2回 11打者 35球 3被安打 0与四死球 3奪三振 1失点 1自責点



期待していた対戦になった決勝戦、そしてやってる方は大変でしょうけど、観てる方は楽しくて仕方のないシーソーゲーム。一発長打が國本選手以外望めそうにない(?)広島打線は単打単打で7得点。こんな野球大好きです。そして共に準決勝でエースを使い果たしているだけに、二番手投手がどれだけ投げれるか、だったと思うんですが、やはり大下投手の存在感はハンパなかった。

ともにエースを準決勝で消耗してしまっているだけに、チームの二番投手の出来如何に行方が掛かってたかと思いますが、そのあたりの戦力の厚さ薄さが出てしまったかなぁ。重工広島はまずは大下投手を「行けるところまで」だったと思います。そしてそのとおり5回までは投げ切った。対する神戸・高砂はしのいで凌いで総動員の投手リレー。けど結果は残念ながら出なかった。この差かな。

そして、広島県からまず、三菱重工広島が社会人野球日本選手権出場権を得ました。この後、都市対抗野球大会の予選等、まだまだ激闘は続きますが、まずは11月まで野球が楽しめることになりました。この大会には出場出来なかった期待の新戦力(と言うか新入社員)の方もまだまだおられます。半年先にはなりますが、熱い戦いを期待します。あわよくば昨年以上の成績を!


DSC_8588_20160504064122685.jpg DSC_8589_201605040641207be.jpg
そして、表彰式です。

DSC_8594_2016050406422101c.jpg DSC_8598_2016050406422462d.jpg
色々とカップが手渡されるんですが、場内アナウンスの音量が小さくて聞き取れず(笑)。

DSC_8601_20160504064529e6b.jpg DSC_8604_201605040645241a2.jpg
最高殊勲選手賞は、三菱重工広島・鮫島優樹投手。

DSC_8608_20160504064723d16.jpg DSC_8610_2016050406472424f.jpg
敢闘選手賞は重工神戸・高砂から守安玲緒投手。

DSC_8613_20160504064935796.jpg DSC_8619_20160504064936402.jpg
首位打者賞は重工神戸・高砂から福田和宏選手。13打席12打数6安打。

DSC_8630_20160504084525f1f.jpg DSC_8632.jpg
1日、雨天順延がありました。そして決勝トーナメントは、女子プロ野球・京都フローラ対埼玉アストライアの試合が控えていたので、グラウンドでの胴上げもありませんでしたが、無事、三菱重工広島が日本選手権出場権を獲得しました。もちろんnこの先も、対象大会があったり、地区予選もありますが、中国地区のどのチームも、重工広島に続けと言わんばかりの戦いを繰り広げるはず。

もちろんその前には、都市対抗野球大会の県予選、地区予選も入ります。気の抜けない戦いがまだまだ続きますが、各チームの健闘を、草葉の陰からこっそりとお祈りしたいと思います。


何でや!カープ関係ないやろ!と思われるかも知れませんが、クリック頂ければ幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2016.05.06 / Top↑
準決勝第二試合、三菱重工広島対日本生命です。

たいがいの場合、一日で2試合戦わなければいけない社会人野球の「地方大会」の決勝トーナメントですが、この場合、エース投手を準決勝と決勝のどちらで起用するか、そして2番手ピッチャーの出来如何が多分に影響するモノと思われます。二本柱が確立されておれば申し分ないんですけどね。

DSC_7082_201605040505520f8.jpg DSC_7083_20160504050550056.jpg
DSC_7085.jpg DSC_7088_2016050405060733e.jpg
試合の合間を見て、食事等取らなければいけないんですが、その間に終わってしまった三菱重工広島の試合前練習。どっかで何かを犠牲にしなければ、一日3試合も観戦出来ません。

DSC_7094.jpg DSC_7097.jpg
DSC_7106.jpg DSC_7112.jpg
と言う訳で、日本生命の試合前練習。いつ見てもキビキビテキパキ。

DSC_7131.jpg DSC_7136_20160504051128476.jpg
DSC_7141_20160504051126c81.jpg DSC_7150_20160504051123a37.jpg
思うに、普段は業務の合間を縫っての練習かと思います。もちろんそうでないチームもありますが、練習時間ってのは限られてます。故に、大会の試合前の練習、通常のノック時間は7分間ですが、それすらも疎かにできない、と言う緊張感すら漂い、ます。一球たりとも見逃せない。

DSC_7167_20160504051433a24.jpg DSC_7174_2016050405144009e.jpg
DSC_7177_20160504051441d78.jpg DSC_7180_2016050405143783f.jpg
練習で出来ない事は試合でも出来る訳ありません。つまり、練習ですべてを想定していたら試合でも出来る、と言う事。ジャンピングスローやグラブトスやらが頻発するのもごく当たり前。けっして「体慣らし」ではない練習、と言うよりも「鍛錬」と言った方がいいでしょうかね。

DSC_7194_20160504051735689.jpg DSC_7189_201605040517387ce.jpg
試合開始前の挨拶。



スターティングオーダー
先攻:日本生命
1(中)伊藤悠人 (宇治山田商業高校~近畿大学)
2(左)神里和毅 (糸満高校~中央大学)
3(三)原田拓実 (天理高校~立正大学)
4(指)高橋英嗣 (九産大九州高校~東海大学)
5(遊)山本真也 (PL学園高校~東洋大学)
6(一)廣本拓也 (浪速高校~法政大学)
7(右)上西主起 (県立和歌山高校~中部学院大学)
8(二)籾山雄人 (報徳学園高校~関西学院大学)
9(捕)椎名亮介 (調子商業高校~立正大学)
P:藤井貴之 (天理高校~同志社大学)

DSC_7251.jpg DSC_7252_2016050405185487c.jpg
DSC_7253_20160504051858fa3.jpg DSC_7255_20160504051901e79.jpg
●先攻の日本生命は、エースの清水翔太投手を準決勝は温存、藤井貴之投手で勝負に出ました。皇子山球場での試合では、NPBのスカウトからは手厳しい言葉が聞かれましたが、さてどうなるか。

後攻:三菱重工広島
1(左)市原一樹 (松商学園高校~専修大学)
2(遊)田中友博 (享栄高校~愛知学院大学)
3(右)実政太一 (如水館高校)
4(指)井口晴樹 (四日市工高校~愛知工業大学)
5(二)松永弘樹 (広陵高校~早稲田大学)
6(捕)國本剛志 (近大福山高校~近畿大学)
7(一)渕上大地 (球磨工業高~日本福祉大)
8(中)青木拓己 (関大北陽高~関西大)
9(三)田ノ窪泰基(市立呉高~近畿大工学部)
P:鮫島優樹 (神村学園高~MSH医療専門学校)

DSC_7324_2016050405202794f.jpg DSC_7326_20160504052029bd2.jpg
DSC_7328_20160504052034522.jpg DSC_7330_201605040520258d2.jpg
〇後攻め重工広島は、エース鮫島優樹投手を準決勝で起用。尤も三菱重工広島の場合は、大下佑馬投手が控えているので、たいして問題ではないのかも。鮫島投手は27日以来、中4日での登板。

審判員
球審:田中聖、一塁:西本、二塁:萩原、三塁:井尾

打撃成績
1回表
伊藤     0-1から2球目を打ってライトフライ
神里     2-1から4球目を打ってライトフライ
原田     初球を打ってライト前ヒット
高橋     2-2から5球目を空振り三振

1回裏
市原     初球を打ってレフト前ヒット
田中     1-0から2球目をキャッチャー前送りバント
実政     2-2から6球目を打ってライト前ヒット
井口     初球を打ってライトへ犠牲フラ
三菱重工広島1-0日本生命
次打者松永の3球目に実政セカンド盗塁失敗

2回表
山本     2-2から5球目を見逃し三振
廣本     フルカウントから7球目を打ってセカンドニゴロエラー
上西     3-1から5球目を選んでフォアボール
籾山     0-1から2球目を打ってピッチャーゴロダブルプレイ

2回裏
松永     0-1から2球目を打ってピッチャーゴロ
國本     初球を打ってサードフライ
渕上     0-1から2球目を打ってライトフライ

3回表
椎名     2-2から6球目を打ってライトフライ
伊藤     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
神里     1-2から4球目を打ってライトフライ
原田     2-2から5球目を打ってセンターフライ

3回裏
青木     2-2から6球目を打ってセンター前ヒット
田ノ窪    1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
市原     1-0から2球目を打ってレフト前ヒット
DSC_7371_20160504052319e09.jpg DSC_7372_20160504052310831.jpg
DSC_7373.jpg DSC_7374_201605040523207f6.jpg
田中     1-0から2球目を打ってレフト前タイムリーヒット
三菱重工広島2-0日本生命
DSC_7376_20160504052428f60.jpg DSC_7377_201605040524356f5.jpg
DSC_7378_201605040524385f2.jpg DSC_7379_20160504052441c83.jpg
実政     初球を打ってセンターへ犠牲フライ
三菱重工広島3-0日本生命
DSC_7391_20160504052553d7f.jpg DSC_7392.jpg
DSC_7393_20160504052551d81.jpg DSC_7394_20160504052553ca5.jpg
井口     初球を打ってレフト前タイムリーヒット
三菱重工広島4-0日本生命
松永     初球を打ってセカンドゴロ
國本     初球を打ってサードフライ

4回表
高橋     2-1から4球目を打ってサードゴロ
山本     初球を打ってライト前ヒット
廣本     1-0から2球目を打ってレフト前ヒット
上西     1-2から4球目を打ってショートゴロダブルプレイ

4回裏
日本生命選手交代
DSC_7455_20160504052720eee.jpg DSC_7456.jpg
DSC_7457_20160504052732f6f.jpg DSC_7458.jpg
ピッチャー藤井に代えて小林慶佑(八千代松陰高校~東京情報大学)

渕上     0-2から3球目を打ってサードゴロ
青木     1-2から6球目を打ってライトフライ
田ノ窪    1-0から2球目を打ってライト前ヒット
市原     1-2から6球目を空振り三振

5回表
DSC_7490_20160504052842b92.jpg DSC_7491.jpg
DSC_7492.jpg DSC_7493.jpg
籾山     初球を打ってサードゴロ
椎名     0-1から2球目を打ってレフト前ヒット
伊藤     0-1から2球目を打ってレフト前ヒット
神里     2-2から7球目を打ってセンターフライ
原田     2-1から4球目を打ってセンターフライ

5回裏
田中     1-1から3球目を打ってライトフライ
実政     ストレートのフォアボール
井口     3-1から5球目を打ってセカンドゴロ送球エラー
松永     1-0から2球目を打ってセンター前タイムリーヒット
三菱重工広島5-0日本生命
DSC_7514.jpg DSC_7516.jpg
DSC_7518_20160504053059ab5.jpg DSC_7519_20160504053100691.jpg
※ホームインした実政選手を出迎える重工広島ベンチ
國本     0-2から3球目を空振り三振
渕上     1-1から3球目を打ってショートライナー

6回表
高橋     2-2から5球目を打ってセンター前ヒット
山本     1-2から4球目を打ってショートゴロセカンドフォースアウト
廣本     0-2から3球目を打ってサードゴロ
上西     2-2から6球目を空振り三振

6回裏
青木     2-2から5球目を見逃し三振
田ノ窪    フルカウントから6球目を打ってピッチャーゴロ
市原     0-1から2球目を打ってレフトフライ

7回表
籾山の代打福富裕(慶応義塾高校~慶應義塾大学) 1-0から2球目を打ってレフトファウルフライ
椎名     フルカウントから7球目を空振り三振
伊藤     2-0から3球目を打ってファーストゴロ

7回裏
日本生命選手交代

代打福富に代えてセカンド田中啓嗣(日本大学第三高校~明治大学)

田中     ストレートのフォアボール
実政     1-2から7球目を打ってセンターフライ
井口     0-1から2球目を打ってレフト前ヒット

日本生命選手交代
DSC_7627.jpg DSC_7628.jpg
DSC_7629_20160504053224606.jpg DSC_7630.jpg
ピッチャー小林に代えて山形晃平(土佐高~慶應義塾大学)

松永     1-0から2球目を打ってライト前ヒット
國本     0-1から2球目に押し出しデッドボール
三菱重工広島6-0日本生命
DSC_7647_20160504053321ad7.jpg DSC_7648_20160504053323592.jpg
DSC_7649_20160504053325675.jpg DSC_7650.jpg
渕上     0-1から2球目を打ってライト前タイムリーヒット
三菱重工広島7-0日本生命

わかさスタジアム京都 JABA京都大会準決勝第二試合
日本生命 000 000 0
重工広島 103 010 2 7
※大会規定によりコールドゲーム
試合時間:2時間8分

投手成績
日本生命
藤井  3  回 15打者  35球 7被安打 0与四死球 0奪三振 4失点 4自責点
小林  3.1回 16打者  63球 3被安打 2与四死球 3奪三振 2失点 2自責点
山形  0  回  3打者   6球 1被安打 1与四死球 0奪三振 3失点 2自責点

三菱重工広島
鮫島  7  回 27打者 103球 5被安打 2与四死球 2奪三振 0失点 0自責点



この試合は鮫島投手の出来如何にすべてがかかってると、思ってた通りの試合展開。崩れそうで崩れないのはやはり彼も「絶対エース」だからでしょうね。27日の対ニチダイ戦のように、立ち上がりが不安定でもなく、黙々と投げている印象。あまり感情を表さないのもいいなぁ、と。

そして打線は、長打のないまま7得点。つなぎの野球、と言う言葉がありますが、先の松本旗三浦旗大会以降、継続出来ている様に見受けられます。こんな事を言ったら関係者の方に怒られるかも知れませんし、実際のところどうか分かりませんが、長打の望めそうなのが國本選手しかいてあい、かな。

豪快な野球、と言うのは社会人野球では求められてないかも知れません。しかしながら、ビッグイニングというのは単打の積み重ねて簡単に作れる、と言うのを改めて思い知らされた試合でした。

それ以上に驚いたのが日生のコールド負け。知らないピッチャーではないとは思うんですが、さすがに予選で「打ち疲れ」なのかな。結局日生はこの大会、全試合コールドゲーム(〇〇〇●)と言う珍記録?達成。さらに日生は藤井投手がぱっとせなんだ。そう言えば皇子山球場にたくさん来られてたNPBのスカウトの評判(と言うか真後ろで繰り広げらていた雑談)もあまり芳しくなかったなぁ。

この先、日本生命野球部は、5月7日から行われるJABA東北大会、さらにんは6月20日から行われるJABA北海道大会で、改めて日本選手権出場を目指すことになります。その前に都市対抗野球の予選も始まります。昨年の夏秋連覇の底力を見せるのはこれからかなぁ。

そしてついに、優勝決定戦は、三菱重工広島対三菱重工神戸・高砂の顔合わせになりました。


何でや!カープ関係ないやろ!と思われるかも知れませんが、クリック頂ければ幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2016.05.05 / Top↑