fc2ブログ
さて、12球団合同トライアウトやらて、やや間が空いてしまいましたが、いよいよ「第40回記念社会人野球日本選手権」の決勝戦を無事、観戦することが出来ました。

日程が発表になって、とにもかくにも休日を確保。俗世間では日米野球が何たらかんたら、みたいな話題になっていますが、んなもんは知ったこっちゃない(笑)。出場してる選手には申し訳ないけど、こちらはこちらでまた「単独チーム日本一の栄誉」がかかってるんですよね。

そして対戦するのは、一回戦で三菱重工神戸を延長タイブレークて退けて勝ち上がってきたセガサミーと、エース佐竹功年投手の獅子奮迅の快投で勝ち上がってきたトヨタ自動車。

こんな事を言っては怒られるかも知れませんが、どちらのチームにも取り立てて思い入れはありません。これが日本生命対パナソニックならまた違った感覚になるかも知れませんが、思い入れがない分、どちらのプレイにも純粋に拍手を送れるんではないかと考えております。

DSC_8276_20141112014605a83.jpg DSC_8277_201411120146117a0.jpg
いよいよ京セラドーム大阪に来る、と言うか今年の野球観戦も最後。すっかり秋めいていました。

DSC_8282.jpg DSC_8283.jpg
そう言えば、オリックスバファローズの金子千尋がフリーエージェント宣言をしました。選手が自ら獲得した権利なのでとやかくは言えませんが、彼は言わばバファローズの顔役。こうやって色んなところに出てます。特にファンフェスタのポスターなんかこの先どないするつもりなんでしょうか。

DSC_8286_201411120148193e9.jpg DSC_8288.jpg
京セラドーム大阪に到着したのは16:00。まだ特別自由席の入場列の準備すら出来てません。当日券の発売その他は16:30から。やはり意気込みすぎてしまいました。

DSC_8302.jpg DSC_8301_20141112014920dcf.jpg
静かに日が暮れていきます。

DSC_8314_20141112015016080.jpg DSC_8318.jpg
17:00ちょうどに開門。バックネット裏最前列やや三塁寄りに席を確保。入場前に京セラドーム大阪の隣にあるイオンモールで買ってきたパンをかじりながら、両チームの練習見学など。もちろんこの間にトイレ等も済ませておきます。テンポの早い社会人野球。イニング間になどどだい無理。

DSC_8320.jpg DSC_8321.jpg
三塁側はセガサミー、一塁側はトヨタ自動車。

DSC_8332_20141112015244c74.jpg DSC_8344_2014111201524301d.jpg
17:41、セガサミーの「7分間ノック」終了。

DSC_8348_20141112015403992.jpg DSC_8347_20141112015404898.jpg
セガサミー試合前の円陣。チームを率いるのは、元千葉ロッテマリーンズの初芝清監督。

DSC_8356_20141112015512228.jpg DSC_8363.jpg
17:48、トヨタ自動車の「7分間ノック」終了。終わったら相手方ベンチに挨拶。

DSC_8365_20141112015612317.jpg DSC_8367_201411120156114e3.jpg
トヨタ自動車試合前の円陣。

DSC_8374_20141112015705810.jpg DSC_8373.jpg
社会人野球の大きな大会に欠かせないのは、両チーム応援団によるエール交換。まずは、送るセガサミー応援団に、受けるトヨタ自動車応援団。これがないと試合が始まりません。

DSC_8378_20141112015816b79.jpg DSC_8379_20141112015811dd1.jpg
そして、送るトヨタ自動車応援団に、受けるセガサミー応援団。

DSC_8389.jpg DSC_8390_20141112020012eae.jpg
DSC_8391_201411120200165ed.jpg DSC_8394.jpg
18:00。両チームがベンチから出てきてまずは応援団に挨拶。そしてホームベースを挟んで集合、セガサミー・初芝清監督、トヨタ自動車・田中大二郎監督ががっちり握手を交わして試合開始。



スターティングメンバー
先攻:トヨタ自動車 一塁側
1(右)小島宏輝 (愛工大名電高~早稲田大学)
2(一)多木裕史 (坂出高校~法政大学)
3(二)河合完治 (中京大中京高~法政大学)
4(遊)樺澤検 (前橋商業高~東京農業大学)
5(三)瀧野光太郎 (今治西高校~立命館大学)
6(左)保良久生 (平安高校~立命館大学)
7(指)亀谷信吾 (中京大中京高~法政大学)
8(捕)木下拓哉 (高知高校~法政大学)
9(中)辰巳智大 (郡山高校~慶應大学)
P:佐竹功年 (土庄高校~早稲田大学)

後攻:セガサミー 三塁側
1(右)政野寛明 ( 桐光学園高校~青山学院大学)
2(指)大久保泰成 (東亜学園高校~専修 大学)
3(二)江藤圭樹 (大分商業高校~日本文理大学)
4(左)川端裕也 (神港学園高校~立命館大学)
5(捕)佐藤貴穂 (春日部共栄高校~東洋大学)
6(一)澤良宜喬之 (済美高校~日本文理大学)
7(中)富田裕貴 (福岡工業大学付属城東高校~日本文理大学)
8(三)宮之原裕樹 (平塚学園高校~東海大学)
9(遊)坂本一将 (浦和学院高校~東洋大学)
P:横田哲 (飯能南高校~上武大学)

審判
球審:長谷川(次)  一塁:藤野 二塁:竹本 三塁:土井(政)

打者成績
1回表
小島_    0‐2から3球目を打ってショートライナー
多木_    1‐1から3球目を打ってセカンドゴロ
河合_    1‐2から5球目を空振り三振

1回裏
政野_    初球を打ってレフトフライ
大久保    1‐2から4球目を見逃し三振
江藤_    2‐2から6球目を打ってライトフライ

2回表
樺澤     1‐0から2球目を打ってサードゴロ
瀧野     初球を打ってライト前ヒット、しかしセカンドタッチアウト
保良     1‐2から4球目を打ってセカンドフライ

2回裏
川端_    フルカウントから6球目を選んでフォアボール
佐藤_    0‐1から2球目をピッチャー前送りバント
沢良木    1‐1から3球目を打ってショートフライ
富田_    フルカウントから6球目を三振振り逃げ一塁セーフ
宮之原    2‐2から5球目を空振り三振

3回表
亀谷     2‐2から8球目を打ってセカンドゴロ
木下     フルカウントから7球目を打ってライトフライ
辰巳     2‐2から6球目を打ってセンターフライ

3回裏
坂本_    フルカウントから6球目を打ってショートゴロ
政野_    0‐1から2球目を打ってライト前ヒット
大久保    1‐2から4球目を空振り三振
次打者江藤の4球目前に政野牽制タッチアウト

4回表
小島     初球を打ってセカンドライナー
多木     初球を打ってライトフライ
河合     1‐1から3球目を打ってセカンドゴロ

4回裏
江藤     1‐2から6球目を空振り三振
川端     1‐2から4球目を打ってセカンドゴロ
佐藤     0‐1から2球目を打ってショートフライ

5回表
樺澤     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
瀧野     0‐1から2球目を打ってセカンドゴロ二塁封殺
保良     0‐1から2球目を打ってショートゴロダブルプレイ

5回裏
澤良木    2‐2から8球目を打ってファーストゴロ
富田_    1‐2から4球目を打ってライト前ヒット
次打者宮之原の2球目に富田セカンド盗塁成功
宮之原    2‐2から7球目を見逃し三振
坂本_    2‐2から5球目を打ってレフトフライ

○ここまでは、セガサミー先発横田投手、トヨタ自動車佐竹投手、ともんい相譲らぬピッチング。ただやはり横田投手は、前日の準決勝で完投完封した疲れが残っていたのか、ややボールにキレがなかったような。それを捉えきれなかったトヨタ自動車打線、といった感じ。

6回表
亀谷     初球を打ってセンターオーバースリーベースヒット
木下     0‐2から3球目を打ってレフト前タイムリーヒット
セガサミー0‐1トヨタ自動車
辰巳     0‐1から2球目を送りバント失敗サードファウルフライ
DSC_8583.jpg DSC_8584.jpg
小島     0‐1から2球目をサード前送りバント
(画像は、まるでバットを投げ出すような送りバントを決めた小島選手)
多木     2‐2から6球目を打ってピッチャーゴロ

○ここまで淡々と進んだ決勝戦。5回裏終了時点で約1時間10分と、緊張感がひしひしと伝わってくる試合、ではありましたが「そろそろここから本気出す」と言わんばかりの、亀谷選手の初球スリーベースヒット。5イニングで横田投手をそれこそ「見切った」か。

6回裏
政野_    初球を打ってショートゴロ
大久保    1‐0から2球目を打ってライトフライ
江藤_    1‐1から3球目を打ってファーストゴロ

7回表
セガサミー選手交代

ピッチャー横田に代えて前原侑宜(出水高校~ 日本文理大学)

河合     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
樺澤     初球をピッチャー前送りバント
瀧野     1‐1から3球目を打って左中間突破タイムリースリーベースヒット
セガサミー0‐2トヨタ自動車
DSC_8663.jpg DSC_8664_20141112021155e46.jpg
保良     フルカウントから6球目を打ってショートゴロタイムリーエラー
セガサミー0‐3トヨタ自動車
DSC_8665_20141112021201521.jpg DSC_8667_20141112021204a70.jpg
(3点目のホームインをした瀧野選手を迎えるトヨタ自動車ベンチ。)

セガサミー選手交代
ピッチャー前原に代えて松永大介(九州学院高校~上武大学)

次打者亀谷の2球目前に保良挟殺プレイでタッチアウト
亀谷     0‐2から4球目を空振り三振

○4番の樺澤選手に送りバントを命じてまで追加点を取りに行ったトヨタ自動車。その執念の采配が実を結んだか、一気員2点追加。これで試合の主導権を完全に握ったように思いました。

7回裏
川端_    初球を打ってライト前ヒット
佐藤_    1‐0から2球目を打ってサードゴロダブルプレイ
沢良木 初球を打ってセカンドゴロエラー
富田_    1‐2から5球目を打ってセカンドゴロナイスプレイ

8回表
木下     1‐2から4球目を打ってライトファウルフライ
辰巳     2‐2から5球目を打ってセンターフライ
小島     3‐1から5球目を選んでフォアボール
多木     1‐2から4球目を見逃し三振

8回裏
宮之原の代打照屋真人(柏原高校~亜細亜大学) フルカウントから8球目を空振り三振
坂本     初球を打ってセカンドゴロ
政野     2‐2から5球目を打ってショートゴロ

9回表
セガサミー選手交代
代打照屋に代えてサード松延松延卓哉(熊本城北高校~ 横浜商科大学)

河合     2‐2から7球目を打ってセンターフライ
樺澤     初球を打ってレフト前ヒット
瀧野     1‐0から2球目を打って左中間突破タイムリーツーベースヒット
セガサミー0‐4トヨタ自動車

セガサミー選手交代
ピッチャー松永に代えて上津原詳(東海大相模高校~青山学院大学)

保良     2‐0から3球目を打ってセンターオーバースリーベースタイムリーツーベースヒット
セガサミー0‐5トヨタ自動車
DSC_8748_20141112020945a47.jpg DSC_8750.jpg
(保良選手のタイムリーヒットで生還した瀧野選手と、迎えるトヨタ自動車ベンチ)

セガサミー選手交代
キャッチャー佐藤に代えて乗替寿朗(若狭高校~立命館大学)

亀谷の代打福田康一(波佐見高校~亜細亜大学)  初球を打ってセンター前ヒット
次打者木下の4球目に福田セカンド盗塁成功
木下     0‐2から4球目を空振り三振、しかしf福田セカンド盗塁成功
辰巳     2‐2から5球目を打ってセカンドゴロ

9回裏
大久保の代打安井正也(広陵高校~同志社大学) 1‐2から4球目を打ってサードゴロ捕球エラー
江藤     1‐2から4球目を打ってショート内野安打
川端     2‐2から6球目を空振り三振
乗替     初球を打ってサードゴロダブルプレイ

DSC_8784.jpg DSC_8785.jpg
DSC_8786.jpg DSC_8791.jpg
トヨタ自動車硬式野球部
日本選手権4年ぶり4回目の優勝!!
おめでとうございます!!

トヨタ  000 001 202 5 H8 E2
セガサ 000 000 000 0 H4 E1

関連記事:トヨタ自動車が4回目V 日本選手権 毎日新聞

投手成績
(左から投球イニング数、対戦打者数、投球数、被安打数、与四死球、奪三振数、失点、自責点)

トヨタ自動車
佐竹_ 9   32 128  4  1  7  0  0

セガサミー
横田_ 6   20  68  3  1  1  1  1
前原_ 0.1  4  16  1  1  0  2  2
松永_ 2    8  31  2  1  1  2  2
上津原 0.2  4  13  2  0  1  0  0

DSC_8792.jpg DSC_8794.jpg
DSC_8796_201411120238122e6.jpg DSC_8800_201411120238162f4.jpg
試合終了後の挨拶。両監督の握手はもとより、大学の先輩後輩で声をかけ合ったり。

DSC_8808_2014111202410100c.jpg DSC_8807_20141112024059d60.jpg
そして、声をからして応援した応援団に向けても挨拶。

DSC_8835.jpg DSC_8846.jpg
DSC_8855.jpg DSC_8862.jpg
勝利監督インタビュー、殊勲選手インタビューのその後は表彰式に移るんですが、マイク等のセッティングの間に始まった胴上げ。監督だけでなく(まともに撮れてない)、キャプテンやら誰彼なしに?胴上げ。頂点に立った者だけが許される通過儀礼。



DSC_8892_201411120252071b7.jpg
試合が終わったあとはそのまま表彰式に移ります。

DSC_8902_201411120254420f1.jpg DSC_8906.jpg
DSC_8910.jpg DSC_8912.jpg
左上から優勝旗、佐伯達夫杯、大阪市長杯、エンブレムの授与。どうしても気になるのが、左側に立っているカメラマン。我々と違って、この人達は、お仕事ですから分からなくはないんですが、そこで撮るのに脚立に乗る必要はあるのかどうか。ちょっと興ざめした場面、ではあります。

DSC_8918.jpg DSC_8921.jpg
準優勝杯を受けるセガサミー・江藤主将。

DSC_8925.jpg DSC_8927.jpg
DSC_8928_20141112030159f54.jpg DSC_8931.jpg
両チームへのメダル授与。

DSC_8937_20141112030045e86.jpg DSC_8940_20141112030042bd7.jpg
最優秀選手賞は、トヨタ自動車・佐竹功年投手!
関連記事:トヨタ佐竹投手、登板4試合で無失点でMVP 毎日新聞

DSC_8944_201411120305088fa.jpg DSC_8947.jpg DSC_8948.jpg
敢闘賞はセガサミー・横田哲投手!
関連記事:セガサミー1年目・横田投手 エースの意地 毎日新聞

DSC_8950.jpg DSC_8956.jpg
左:首位打者賞は日本生命・岩下知永選手。右:打撃賞はトヨタ自動車・瀧野光太郎選手。

DSC_8963.jpg DSC_8968_2014111203114492d.jpg
左は大会実行委員長・北前雅人氏の挨拶。右はJABA日本野球連盟・市野紀生氏の挨拶。なんでも今大会は、それまで観客動員最多だった第24回大会を上回る、15万人超のお客さん。そしてバックネット裏の特別自由席は昨年比6割増の観客で埋まったとか。確かに今年は多かったですねえ。

DSC_8983.jpg DSC_8989.jpg
DSC_8991.jpg DSC_8987.jpg
表彰式が終わったあとは、バックスクリーンを背に記念撮影したり、応援団をバックに集合写真を撮ったりと、割と忙しいんですよね。とは言うものの、一番楽しい時間かも知れません。



DSC_8999.jpg DSC_9002_20141112033041773.jpg
そして、私の2014年の「野球観戦」は全て終了しました。おかげさまで社会人野球でも「ここのチームは出来る限り追いかけたい」と言うチームも、無事二つの全国大会に出場をしました。無論プロ野球もこれまで通り見ていきますが、社会人野球にももう少し、足を突っ込もうかと思っています。

具体的に「魅力って何よ」と問われてもうまく答える自信は皆無です。私以上に社会人野球を見ておられる方がいてますし。しかしながら、一発勝負のトーナメントのキツさ、一球に注ぎ込む集中力と、一点への執念、これらは半年をかけて戦うプロ野球ではなかなか見られないと思います。

DSC_8996_2014111203383508f.jpg DSC_8305.jpg
また来年も、ここ京セラドーム大阪で行われるであろう、社会人野球日本選手権決勝戦で、一年をを締めくくれたら、と考えております。プロ野球とはまた違った、熱い戦いを見せてくれた選手の皆さんには、ただただ感謝するしかありません。特にJR西日本野球部の皆さん、ありがとうございました。

DSC_9008_20141112034111b64.jpg DSC_9012.jpg
表彰式も終わり、応援団も撤収後、京セラドーム大阪のnチケット売り場では「第40回記念社会人野球日本選手権」の看板の撤収作業が早くも進んでいました。翌日は日米野球の舞台になります。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2014.11.12 / Top↑
11月5日第二試合に引き続き、第三試合です。

ここで若干、席の移動を目論んでみたものの、、第三試合でも地元大阪ガス野球部が出場する上、京セラドーム大阪のお隣さんにある、大阪ガスの子会社「オージス総研」からのお客さんもどんどんくる為、全く身動きが取れぬまま、第三試合を迎えることになってしまいました。

やはり複数試合観戦する場合は、早めに出かけたほうがよろしいようで。



スターティングメンバー
先攻:JR北海道
1(中)丹澤賢 (甲府工業高~国士舘大)
2(遊)嶋田源太郎(銚子商業高~流通経済大)
3(右)中谷泰周 (八頭高校~駒澤大学)
4(指)松浦昌平 (札幌第一高~筑波大)
5(一)小林勇希 (大館工業高~函館大)
6(三)柴草健太 (PL学園高~立正大)
7(捕)大東憲司 (青森山田高~日本大学)
8(左)吉川陽介 (高陽東高~福岡大)
9(二)前口良太 (東海大四高~東海大)
P:福山 雄 (高知高校~法政大学)

後攻:大阪ガス
1(遊)青柳 匠 (金光学園高~亜細亜大学)
2(左)大谷幸宏(大垣北高~同志社大学)
3(一)小倉飛鳥 (鹿児島実業高)
4(三)加嶋健志郎 (新田高校~亜細亜大学)
5(中)藤原大輔 (立命館莵道高~立命館大)
6(右)土井翔平 (智辯学園高~法政大)
7(指)亀山祐樹 (報徳学園高)
8(捕)猶木 光 (秀岳館高校)
9(二)近藤竜二 (育英高)
P:小畑彰宏 (鳥取西高校~青山学院大)

審判
球審:中田 一塁:長谷川(文) 二塁:奥津 三塁:野口

打者成績
1回表
丹澤     2‐1から4球目を打ってサードフライ
嶋田     2‐1から4球目を打ってファーストゴロ
中谷泰    1‐0から2球目を打ってセカンドゴロ

1回裏
青柳     1‐1から3球目を打ってセンター前ヒット
大谷     2‐0から3球目を打ってファースト前送りバント
小倉     フルカウントから6球目を打ってレフト前ヒット
加嶋     2‐2から5球目を打ってレフト前タイムリーヒット
大阪ガス1‐0JR北海道
藤原     3‐1から5球目を打ってショートフライ
土井     1‐1から3球目を打ってレフト前ヒット
亀山     1‐0から2球目を打ってライト線へタイムリーツーベースヒット
大阪ガス4‐0JR北海道
猶木     2‐0から3球目を打ってセンター前タイムリーヒット
大阪ガス5‐0JR北海道
近藤     初球を打ってセンター前ヒット
青柳     0‐2から3球目を打ってファーストゴロ

2回表
松浦     0‐2から3球目を空振り三振
小林     2‐2から5球目を打ってライト前ヒット
柴草     初球を打ってレフトフライ
大東     1‐2から4球目を打ってショートゴロ

2回裏
大谷     0‐2から3球目を打ってライトオーバースリーベースヒット

JR北海道選手交代
ピッチャー福山に代えて金澤光基(札幌創成高~仙台大)

小倉     2‐0から3球目を打ってショートフライ
加嶋     1‐0から2球目を打ってライトフライ
藤原     2‐0から3球目を打ってレフトフライ

3回表
吉川     1‐2から4球目を打ってショートゴロ
前口     1‐2から4球目を空振り三振
丹澤     1‐0から2球目を打ってレフトフライ

3回裏
土井     1‐2から5球目を打ってセカンドゴロ
亀山     2‐2から5球目を空振り三振
猶木     フルカウントから7球目を打って左中間突破ツーベースヒット
近藤     0‐1から2球目を打ってライト前ヒット

JR北海道選手交代
ピッチャー金澤に代えて戸田公星(日田林工高校)

青柳     ストレートのフォアボール
大谷     2‐2から6球目を打ってショートゴロ

4回表
嶋田     初球を打ってセンター前ヒット
中谷泰    1‐0から2球目を打ってサードファウルフライ
松浦     2‐2から5球目を打ってセンターフライ
小林     1‐2から5球目を空振り三振

4回裏
小倉     2‐2から6球目を空振り三振
加嶋     0‐2から3球目を空振り三振
藤原     1‐0から2球目を打ってレフト線へシングルヒット、しかしセカンドタッチアウト

5回表
柴草     1‐2から5球目を打ってレフトフライ
大東     0‐1から2球目を打ってファーストゴロ
吉川     フルカウントから8球目を打ってセンターフライ

5回裏
土井     2‐2から5球目を打ってライトフライ
亀山     フルカウントから10球目を空振り三振
猶木     2‐2から5球目を空振り三振

DSC_8076.jpg DSC_8077.jpg
試合中のスタンドの様子。さすがに三塁側、大阪ガス応援団は外野下段席まで進出しました。ただ、バックスクリーンの際までいっぱいになることはありませんでした。一塁側JR北海道応援団は、人数は遠く及ばないものの、一か所に固まってそれはそれで見事でした。

6回表
前口     2‐0から3球目を打ってサードライナー
丹澤     1‐2から4球目を見逃し三振
嶋田     1‐2から4球目を打ってセカンドゴロ

6回裏
近藤     1‐2から4球目を打ってセカンドゴロ
青柳     初球を打ってファーストゴロ
大谷     2‐2から6球目を打ってレフト前ヒット
小倉     1‐2から4球目を空振り三振

7回表
中谷泰    1‐1から3球目を打ってショートゴロ
松浦     1‐2から4球目を空振り三振
小林     初球を打ってキャッチャーファウルフライ 

7回裏
加嶋     2‐2から5球目を空振り三振
藤原     1‐2から4球目を打ってファーストゴロ
土井     1‐1から3球目を打ってセンター前ヒット
亀山     1‐1から3球目を打ってライト前ヒット
亀山の代走に大杉正夫(大成高校)
猶木     2‐2から5球目を打ってライトフライ

DSC_8081.jpg DSC_8080.jpg
今大会から(だと思いますが)、7回表裏の攻撃中は、両チームの社歌がバックスクリーンに表示されるようになっています。JR九州も当然のように応援歌「鉄路轟轟」ではなく「浪漫鉄道」でした。だからいまいちノリが悪かったのか、とすら。面白い施策だとは思います。

8回表
柴草     フルカウントから6球目を打ってファーストゴロ
大東     1‐2から4球目を空振り三振
吉川     3‐1から5球目を選んでフォアボール
前口の代打浦嶋忠義(創価高校~創価大学) 1‐0から2球目を打ってセカンドゴロ

8回裏
JR北海道選手交代

代打浦嶋に代えてセカンド美馬健太(北海高校~中央大学)

近藤     1‐2から7球目を打ってセカンドゴロ
青柳     0‐1から2球目を打ってセンター前ヒット
大谷     1‐2から4球目を見逃し三振
小倉     1‐1から3球目を打ってセカンドゴロ

9回表
丹澤     1‐1から3球目を打ってサードゴロ
嶋田     初球を打ってライト前ヒット
中谷泰    0‐2から4球目を打ってセカンドゴロセカンド封殺
松浦     初球を打ってレフトフライ

北海道旅 000 000 000 0 H3  E0
大阪瓦斯 500 000 00X 5 H15 E0

投手成績
(左から投球イニング数、対戦打者数、投球数、被安打数、与四死球、奪三振数、失点、自責点)
JR北海道
福山  1.0 11  37  8  0  0  5  5
金澤  1.2  7  27  2  0  1  0  0
戸田  5、1 21  91  5  1  7  0  0

大阪ガス
小畑  9   31 105  3  1  6  0  0



スミ1ならぬ「スミ5」で終わったこの試合。それこそ「大阪ガス(打線)爆発」と言った所。

けっしてJR北海道先発・福山投手が悪かったわけではなく、大阪ガス打線がよかっただけ、とも。ぶっちゃけいい音たてて打球が飛んでいった。もちろんそれだけ練習を積み重ねてたってことだとは思うけど、2回以降はほんと、打ち込まれながらも0点にしのぎ切ったJR北海道。

普通ここまで点差がつけば、緊張の糸も切れがちかと思うけど、そんな雰囲気すらなく、ノーエラーで試合を乗り切った。また強くなって、京セラドーム大阪い帰ってくるのをお待ちしております。

その前に、来年四国で行われるJR大会でしょうかね。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2014.11.07 / Top↑