fc2ブログ
引き続き、第27回JRグループ硬式野球大会の様子です。

いよいよ決勝戦を迎えました。参加チームが7チームだけのグループ大会ではありますが、リーグ戦ではなく、トーナメント。やはり決勝戦と言うのは独特の雰囲気と緊張感があります。

特に東海を除いた6チームは、11月1日から始まる社会人野球日本選手権の、直前の大会という事もあり、どこのチームもかなりテンションは高め。JR西日本野球部はこの先「オフなし」とか。

九州は1試合の休憩を挟んでの試合、東海はインターバルが30分と言う過酷な戦いを強いられていますが、これもまた社会人野球大会。どれだけテンションを高めに維持出来るか、が勝負かなぁ。

などとだんだん前フリがずぼらになってきてますが、社会人野球大会ともなると、インターバルが30分くらいしかなく、その間に食事を済ませたりトイレに行ったりで、することは山のようにあります。

やはり最重要課題は「トイレ」。こう言う観戦スタイルを貫いている以上、インプレー中にトイレなどもってのほか。イニング間もほとんど無いに等しいので行ってる暇などありません。汚い話ですが、せいぜい5回終了時のグラウンド整備の間に小用を済ます程度。大用などまずありえない(笑)。

それ以上に、目の離せない試合も多いんですよね。



スターティングメンバー
先攻:九州旅客鉄道株式会社
1(三)刀根大輔 (沖学園高校~福岡大)
2(二)植松慎太郎 (鹿島実業高校~関東学院大)
3(右)藤島琢哉 (延岡工業高~九州東海大)
4(指)集和博 (鹿児島実業高)
5(捕)中野滋樹 (柳ケ浦高~東洋大)
6(一)三丸大地. (鎮西学院高校~沖データコンピュータ教育学院)
7(左)石橋拓朗 (佐賀学園高~愛知学院大)
8(遊)小瀬戸雄大 (長崎日大高~九州共立大)
9(中)田中允信 (福岡工業高~東亜大学)
P:福敬登 (神戸西・須磨・須磨翔風)

後攻:東海旅客鉄道株式会社
1(左)堀尾良馬 (神港学園高~亜細亜大学)
2(指)上甲数馬 (享栄高)
3(遊)村井一輝 (京都外大西高~京都学園大)
4(右)池田樹哉 (愛工大名電高~明治大)
5(一)津川智 (広陵高~近畿大)
6(三)内田樹久夫 (甲西高~東亜大)
7(中)稲津佑樹 (秀岳館高~日本文理大)
8(捕)江口大樹 (佐賀東高~関東学院大)
9(二)花嶋修平 (磐田東高)
P:菅野智也 (東総工業高~東京情報大)

打者成績
1回表
刀根     0‐1から2球目を打ってセンターフライ
植松     2‐2から8球目を打ってピッチャーゴロ
藤島     1‐2から4球目を打ってセカンドゴロ捕球エラー
集      2‐2から6球目を打ってセンターフライ

1回裏
堀尾     2‐1から4球目を打ってセンター前ヒット
上甲     1‐0から2球目を打ってセカンドゴロダブルプレイ
村井     1‐2から4球目を打ってセンターフライ

2回表 ※動画ありません
中野     2‐1から4球目を打ってセカンドゴロ捕球エラー
三丸     初球を打って左中間へヒット、中野はサードへ
石橋     1‐0から2球目を打ってショートフライ
小瀬戸    初球を打ってライトへ犠牲フライ
東海0‐1九州
田中允    1‐0から2球目を打ってライトフライ

2回裏
池田     3‐1から5球目を打ってレフトフライ
津川     フルカウントから8球目を選んでフォアボール
内田     1‐0から2球目を打ってライト前ヒット
稲津     2‐2から5球目を打ってライトフライ
江口     0‐1から2球目を打ってライトフライ

3回表
刀根     1‐0から2球目を打ってライトフライ
植松     0‐1から2球目を打ってショートゴロ捕球エラー
藤島     1‐1から3球目を打ってショートゴロダブルプレイ

3回裏
花嶋     2‐1から4球目を打ってピッチャーゴロ
堀尾     フルカウントから7球目を打ってレフト前ヒット
上甲     2‐2から7球目を空振り三振、堀尾はセカンドタッチアウト

4回表
集      0‐1から2球目を打ってセカンドゴロ
中野     初球を打ってサードゴロ
三丸     フルカウントから8球目を打ってライト前ヒット
石橋     2‐1から4球目を打ってレフトフライ

4回裏
村井     1‐2から4球目を打ってセカンドゴロ
DSC_7155_20141028015116ff8.jpg DSC_7157_201410280151287f2.jpg
DSC_7162_201410280151285f2.jpg DSC_7171.jpg
池田     初球を打ってライトスタンドへホームラン
東海1‐1九州
津川     2‐0から3球目を打ってレフトフライ、石橋ダイビングキャッチ
内田     フルカウントから7球目を打ってライトフライ

5回表
小瀬戸    1‐2から4球目を打ってセンター前ヒット
次打者田中充の3球目前に小瀬戸キャッチャーからの牽制タッチアウト
田中允    2‐2から6球目を空振り三振
刀根     2‐1から4球目を打ってセンターフライ

5回裏
稲津     0‐2から4球目を見逃し三振
江口     初球を打ってセカンドゴロ
花嶋     1‐0から2球目を打ってレフト前ヒット
堀尾     2‐0から3球目を打って右中間突破タイムリーツーベースヒット
東海2‐1九州
DSC_7173.jpg DSC_7181.jpg
DSC_7189.jpg DSC_7191.jpg
上甲     初球を打って右中間スタンドへホームラン
東海4‐1九州
村井     1‐0から2球目を打ってファーストライナー

6回表
植松     2‐2から5球目を打ってショート内野安打
次打者藤島の初球にピッチャー牽制悪送球で植松は一気にサードへ
藤島     1‐0から2球目を打ってレフトオーバータイムリーツーベース
DSC_7194.jpg DSC_7197.jpg
※ホームインした植松選手をグータッチで出迎える中野選手とJR九州ベンチ
東海4‐2九州
集の代打宇多村典明(南陽工業高~九州東海大) フルカウントから9球目を打ってセンターフライ、ランナーサードへ
中野     1‐1から3球目を打ってセンター前タイムリーヒット
東海4‐3九州
三丸     1‐0から2球目を打ってセンター前ヒット

東海選手交代
ピッチャー菅野に代えて上村勇太
石橋の代打中田一機(福岡大大濠高~九州共立大) 3‐1から5球目を選んでフォアボール

東海選手交代
ピッチャー上村勇太に代えて代えて川野

小瀬戸の代打田中マルシオ 1‐1から3球目を打ってサードフライ
田中允    2‐2から6球目を空振り三振

○この試合、スタメンを集選手に譲ってベンチスタートだった宇多村選手がこの回代打で登場。ファウル一発放つごとに発せられる気合いの一声と、ファウルゾーンとは言えスタンドに放り込まれる打球。この試合、この打席に懸ける執念がうかがえたシーン。見応えがありました。

○来年2月で33歳を迎える宇多村選手。社会人野球を観戦しだしたここ数年、ずっとJR九州で4番を張り続けて来られてます。チームが若手主体に移行していく中、社会人野球の中ではもうベテランの域。それでも出番があれば体を張って打席に立つ。企業スポーツとは言え「戦い」です。

6回裏
池田     ストレートのフォアボール

九州選手交代
ピッチャー福に代えて菊池

津川     0‐1から2球目を打ってセカンドライナーダブルプレイ

内田     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
稲津     0‐1から2球目を打ってセカンドゴロ

7回表
刀根の代打只隈 0‐2から3球目を打ってライト前ヒット
植松     1‐0から2球目を打ってキャッチャー前送りバント失敗セカンド封殺
藤島     1‐1から3球目を打ってライトオーバーツーベースヒット
宇多村    敬遠のフォアボール
中野     1‐2から4球目を打ってレフト前タイムリーヒット
東海4‐4九州

東海選手交代
ピッチャー川野に代えて秋葉

三丸の代打東向 0‐1から2球目を打ってショートゴロダブルプレイ

7回裏
九州選手交代
代打只隈がそのまま入りサード
代打東向がそのまま入りファースト

江口     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
花嶋     0‐1から2球目を送りバント失敗サードフライダブルプレイ
堀尾     1‐1から3球目を打ってレフトフライ

8回表
中田     1‐2から4球目を打ってレフトファウルフライ
田中マルシオ 初球を打ってショートゴロ
田中允    2‐2から6球目を見逃し三振

DSC_7199.jpg DSC_7200.jpg
※8回表途中から、とうとう照明が点灯されました。

8回裏
上甲     1‐2から4球目を空振り三振
村井     1‐1から3球目を打ってレフト前ヒット
池田     初球を打ってセンター前ヒット
津川     初球を打ってショートゴロダブルプレイ

9回表
只隈     1‐2から4球目を打ってセカンドゴロ
植松     2‐2から5球目を打ってレフト前ヒット
藤島     0‐1から2球目を打ってピッチャーゴロダブルプレイ

9回裏
内田     1‐0から2球目を打ってレフト線ツーベースヒット
稲津     0‐1から2球目をファースト前送りバントも、セカンドランナー挟殺、バッターランナーはセカンドへ
江口     初球を打ってレフトファウルフライ
花嶋     フルカウントから7球目を空振り三振

DSC_7206_20141028014543218.jpg DSC_7207_20141028014547b3d.jpg
延長10回よりタイブレークに突入します。イニングはワンアウト満塁からスタート。打者・走者は事前に申告。都市対抗野球でも経験しましたが、緊張感は尋常ではありません。しかも今シーズンのグループ各チームの「頂点」を決める試合。ただならぬ雰囲気を感じて頂ければこれ幸い。

DSC_7204.jpg DSC_7203.jpg
延長タイブレークを前に、もう一度気合いを入れ直す両チームベンチ。

10回表
ランナーはサードに田中、セカンドに只隈、ファーストに植松

藤島     2‐2から6球目を打ってレフト線走者一掃タイムリーツーベースヒット
東海4‐7九州
宇多村    2‐2から5球目を打ってレフト前ヒット、バッターランナーはセカンドへ
中野     3‐1から5球目を選んでフォアボール
DSC_7208.jpg DSC_7209.jpg DSC_7210.jpg
東向     2‐2から5球目を打ってセカンドライナーダブルプレイ

10回裏
ランナーはサードに花嶋、セカンドに堀尾、ファーストに代走佐藤大将

村井     1‐2から4球目を打ってセンターへ犠牲フライ
東海5‐7九州
池田     1‐1から3球目を打ってセンターフライ

○タイブレークに突入して表裏1イニング。応援団の鳴り物もないので、一球ごとに静まり返るスタジアム。少ないお客さんと両チームベンチが、共に一球に集中。固唾を飲んで見守る、とは言いますが、スタジアム全体を包み込む、一種異様なまでの緊張感は、ローカル大会ならではかと思います。

○高校野球界では昨今、選手への負担を考慮して、タイブレークの導入が検討課題ともなっています。しかしながら一部の指導者からは「高校野球の醍醐味が失われる恐れがある」などと、おおよそ指導者・監督者とは思えない回答をする方もいます。

○社会人野球では2003年から導入されているタイブレーク。適用条件の変遷もありますが、今では国際大会にも導入されています。高校野球でも既に「特別規則」として追加されています。それでも疑問に感じておられる方は、一度この「極度の緊張感」を体感されるのもいいのではないでしょうか。


つばめ 010 002 100 3 7 H13 E0
のぞみ 000 130 000 1 5 H10 E4

DSC_7211.jpg DSC_7218_20141028023213daa.jpg
DSC_7224.jpg DSC_7225.jpg
2014年度 第27回JRグループ硬式野球大会
JR九州、2年連続優勝!おめでとうございます!

投手成績
(左から投球イニング数、対戦打者数、投球数、被安打数、与四死球、奪三振数、失点、自責点)
九州旅客鉄道株式会社
_  5.0 22  82  7  1  2  4  4
菊池  4.2 16  49  3  2  2  0  0

東海旅客鉄道株式会社
菅野_ 5.1 24  66  6  0  1  3  2
上村勇 0    1   5  0  0  1  0  0
川野_ 1    7  25  3  1  1  1  1
秋葉_ 3.1 11  45  4  0  1  0  0

DSC_7241_201410280235561c5.jpg
試合終了後は、表彰式に移ります。

DSC_7242.jpg
♪栄光の旗を目指して 立ち上がれ闘士の友よ ♪栄光の歌を贈ろう 今ここに勝利の雄姿

DSC_7244_20141028031445826.jpg DSC_7246_20141028031456516.jpg 
DSC_7249.jpg DSC_7250_20141028031453985.jpg
優勝旗授与の他には、JR西日本社長賞、交通新聞社賞、鉄道弘済会からの表彰など。

DSC_7256_20141028031727267.jpg
準優勝・JR東海の表彰。

DSC_7258.jpg
最優秀選手に選ばれたのは、JR九州・菊池翔太投手。

DSC_7261.jpg DSC_7264_20141028032234ef6.jpg DSC_7267.jpg
(左から)優秀選手賞のJR九州・藤島琢哉選手、敢闘賞のJR東海・池田樹哉選手、首位打者賞のこれまたベテランJR九州・中野滋樹選手(12打数7安打 0.583)。



新聞にもろくすっぽ掲載されない、小さな小さなローカル大会ではありましたが、思う存分に楽しめました。悔やまれるのは北海道対東日本東北の試合を、都合により観戦出来なかった事くらい。

主管の西日本が敗退してしまったのは残念ではありましたが、その分、応援歌に惹かれて気にし続けてきた九州の「優勝」を見れたのは嬉しかったです。「赤いチーム」でもありますし。

DSC_7284_20141028034131430.jpg DSC_7285.jpg
来年度のこの大会は、四国主管で行われるとのこと。観戦に行けるかどうかは、まだ開催球場どころか日程すらも発表になってないので何ですが、行ける所なら行ってみたいものです。


そして今週末からはいよいよ、社会人野球日本選手権。参加各チームの健闘をお祈り致します。


カープとは何ら関係ないですが「赤いチーム」と言う事で、以下どれでもクリックして頂ければ是幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2014.10.30 / Top↑
さて、第27回JRグループ硬式野球大会、二日目第二試合です。

7チームしか参加しない、ほんと小さなトーナメント戦ではありますが、決勝戦進出チームを決める試合、と言う事で、場内アナウンスでも「準決勝」と言う紹介のされ方をしてました。

それと、あまり関係無い話ではありますが、JRグループには、旅客鉄道各社のチームの他「JR東日本秋田硬式野球クラブ」と「JR千葉硬式野球部」が、企業チームとして日本野球連盟に登録されています。これらのチームもいずれ、このトーナメントに入ってくれば面白いと思うんですが如何でしょう。

で、この試合なんですが、イニング動画はありません。と言うのも、試合開始予定時刻が12:00と言う事で、食事等の時間に充てたため、ちょっとゆっくり観戦しようか、と言う事で。試合詳細のメモは取りましたが、どこかに飛ばすわけでもなく、ピッチャーの動画を撮りつつ、写真撮影。



スターティングメンバー
先攻:北海道旅客鉄道株式会社
1(中)丹澤賢 (甲府工業高~国士舘大)
2(遊)美馬健太 (北海高~中央大)
3(右)中谷雅哉 (駒大苫小牧高~東北福祉大)
4(指)松浦昌平 (札幌第一高~筑波大)
5(一)小林勇希 (大館工業高~函館大)
6(三)柴草健太 (PL学園高~立正大)
7(捕)大東憲司 (青森山田高~日本大学)
8(左)吉川陽介 (高陽東高~福岡大)
9(二)前口良太 (東海大四高~東海大)
P:成田隼人(鵡川高~明治大)


JR北海道先発の成田投手。

後攻:東海旅客鉄道株式会社
1(右)堀尾良馬 (神港学園高~亜細亜大学)
2(指)佐藤大将 (愛工大名電高)
3(遊)村井一輝 (京都外大西高~京都学園大)
4(左)池田樹哉 (愛工大名電高~明治大)
5(一)津川智 (広陵高~近畿大)
6(三)内田樹久夫 (甲西高~東亜大)
7(中)稲津佑樹 (秀岳館高~日本文理大)
8(捕)江口大樹 (佐賀東高~関東学院大)
9(二)花嶋修平 (磐田東高)
P:加藤智弘 (中京高)


JR東海先発の加藤投手。

打者成績
1回表
丹澤     1‐1から3球目を打ってレフト前ヒット
美馬     1‐1から3球目を打ってキャッチャー前送りバント
中谷     1‐0から2球目を打って左中間突破タイムリーツーベースヒット
東海0‐1北海道
松浦     1‐0から2球目を打ってレフトフライ
小林     1‐2から4球目を打ってファーストライナー

●1番打者が出塁して、2番打者がしっかり送って、クリーンアップで先制点。おそらく日本の野球チームの監督さん誰しもが望む形でお1点目。いとも簡単に決めてきました。

1回裏
堀尾     初球を打ってショートゴロ送球エラー
佐藤大    2‐0から3球目を打ってセカンドゴロ
村井     1‐2から4球目を打ってピッチャーゴロセカンドランナーサードタッチアウト
池田     0‐1から2球目を打ってセンター前ヒット
DSC_6999_2014102723055955a.jpg DSC_7000_20141027230607774.jpg
DSC_7001.jpg DSC_7002.jpg
津川     初球を打ってセンター前タイムリーヒット
東海1‐1北海道
DSC_7019.jpg DSC_7023_20141027230717928.jpg
内田     1‐2から4球目を打ってスリーランホームラン
東海4‐1九州
稲津     0‐2から3球目を空振り三振

2回表
芝草     フルカウントから7球目を見逃し三振
大東     ストレートのフォアボール
吉川     1‐2から6球目を打ってピッチャーゴロセカンド送球も捕球エラー
前口     フルカウントから6球目を空振り三振
丹澤     1‐0から2球目を打ってキャッチャーファウルフライ

2回裏
江口     フルカウントから7球目を打ってセカンドゴロ
花嶋     0‐1から2球目を打ってレフトフライ
堀尾     2‐2から6球目を打ってサードライナー

3回表
美馬     0‐1から2球目を打ってレフト前ヒット
中谷     1‐0から2球目をサード前送りバント
松浦     2‐2から6球目を打ってショートゴロ
小林     1‐0から2球目を打ってセカンドフライ

3回裏
佐藤大    フルカウントから8球目を見逃し三振
村井     1‐0から2球目を打ってセンター前ヒット
池田     2‐1から4球目を打ってライト前ヒット
津川     2‐2から6球目を空振り三振
内田     2‐2から6球目を打ってセンター前タイムリーヒット
東海5‐1北海道
稲津     フルカウントから7球目を打ってショートゴロタイムリー送球エラー
東海6‐1北海道

北海道選手交代

ピッチャー成田に代えて清原雄貴(東北高=東北福祉大) (動画)

江口     2‐1から4球目を打ってレフトフライ

4回表
芝草     フルカウントから6球目を打ってショートゴロ
大東     フルカウントから12球目を選んでフォアボール
吉川     1‐2から6球目を打ってショートゴロダブルプレイ

4回裏
花嶋     フルカウントから8球目を選んでフォアボール
堀尾     1‐1から3球目を打ってピッチャーゴロダブルプレイ
佐藤大の代打上村卓哉(中京高~國學院大)  2‐2から6球目を空振り三振

5回表
前口     1‐0から2球目を打ってセンターフライ
丹澤     初球を打ってピッチャーゴロ
美馬     1‐1から3球目を打ってセカンドファウルフライ

5回裏
北海道選手交代

ショート美馬に代えて島田源太郎(銚子商業高~流通経済大)

村井     2‐2から5球目を打ってセカンドゴロ
池田     初球を打ってライトフライ
津川     1‐0から2球目を打ってセンターオーバーホームラン
東海6‐1北海道
内田     1‐2から4球目を空振り三振

中谷     2‐1から4球目を打ってショートゴロ
松浦     2‐2から6球目を打ってレフトフライ
小林     1‐1から3球目を打ってセンターフライ

6回裏
北海道選手交代


ピッチャー清原に代えて若杉健(留萌千望高~道都大学)

稲津     0‐2から3球目を打ってセンターフライ
江口     1‐2から4球目を見逃し三振
花嶋     2‐2から6球目を見逃し三振

7回表
芝草     2‐2から6球目を打ってライトフライ
大東     1‐1から3球目を打ってショートフライ
吉川の代打土屋晋助(浦和学院高~函館大) 0‐1から2球目を打ってセンターフライ

7回裏
北海道選手交代

代打土屋に代えてレフト中谷雅哉(駒大苫小牧高~東北福祉大)

堀尾の代打藤川寛大(東海大菅生高~愛知工業大) 0‐2から3球目を空振り三振
上村卓    1‐0から2球目を打ってセカンドフライ
村井     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
池田     0‐2から4球目を打ってセカンドゴロ

8回表
東海選手交代

代打藤川がレフト
レフト池田がライト
ショート村井に代えて井上裕貴(平安高~近畿大)

ピッチャー加藤から秋葉知一(四日市工業高~国士舘大)

前口     0‐1から2球目を打ってセンター前ヒット
丹澤     2‐1から4球目を打ってセンター前ヒット
島田     初球を打ってライト前タイムリーヒット
東海7‐2北海道
中谷     1‐1から3球目を打ってショートゴロ、サードランナー生還
東海7‐3北海道
松浦     1‐2から4球目を打ってサードゴロ
小林     3ストレートのフォアボール
芝草     初球を打ってライト前タイムリーヒット
東海7‐4北海道
大東     2‐2から5球目を見逃し三振

8回裏
北海道選手交代

ピッチャー若杉に代えて金澤光基(札幌創成高~仙台大)

津川     初球を打ってファーストフライ
内田     0‐2から4球目を打ってライトフライ
稲津     1‐2から4球目を空振り三振

9回表
東海選手交代


ピッチャー秋葉に代えて川野慎也(鵬翔高)

中谷の代打浦嶋忠義(関西創価高~創価大) 3‐1から5球目を打って左中間突破ツーベースヒット
前口     1‐2から4球目を打ってセンター前ヒット
丹澤     1‐2から5球目を打ってセンターへ犠牲フライ
東海7‐5北海道
嶋田     0‐1から2球目を打ってサードファウルフライ
中谷     1‐1から3球目を打ってライト前ヒット
松浦     1‐2から4球目を空振り三振

DSC_7114_2014102800381864b.jpg

DSC_7117.jpg DSC_7119.jpg

北海道 100 000 031 5 H7  E2
東海旅 402 010 00X 7 H10 E1

投手成績
(左から投球イニング数、対戦打者数、投球数、被安打数、与四死球、奪三振数、失点、自責点)
北海道旅客鉄道株式会社
成田  2.2 16  67  6  0  2  4  3
清原  2.1  8  32  1  1  0  2  1
若杉  2    7  28  0  1  3  0  0
金澤  1    3   9  0  0  0  0  0

東海旅客鉄道株式会社
加藤  7   26 101  3  2  2  1  1
秋葉  1    8  24  4  1  1  3  3
川野  1    6  23  3  0  0  1  1



こんな事言ったら怒られるかも知れませんが、正直北海道は勝てないだろうな、と試合開始前には思ってました。しかしながら前日、東日本東北(もちろん日本選手権出場)を、逆転で倒してこの日を迎えただけあって、短期決戦特有のそれこそ「勢い」を感じました。

8回表、9回表の追い上げなど、見てて本当にドキドキしたものです。締めに出てきたはずの秋葉投手を打ち込んでの3点差。アマチュア野球だけに、たった一つのエラーやフォアボールで、何が起こるかわからない展開だっただけに、試合中盤にもうひと押し出来なかった事が悔やまれます。

しかし、選手個々の地力が勝るのか、東海打線はあっという間にひっくり返す展開。「うちはプロ選手養成機関ではない」と言う事なのか、詩人選手情報がなかなか伝わってこないどころか、硬式野球部の公式サイトすらもない東海ではありますが、やはりいい選手は揃ってると思います。

ただ残念だったのはエラーの頻発。試合自体、フォアボールが比較的少なかっただけに、内容が間延びしてしまったのは事実。もしかしたらこれが、日本選手県予選を勝ちきれなかった理由なのかな、とも。まぁプロチームではないので、多くを望んでもしゃーないといえばしゃーないですが。


何にしろ薄氷の勝利。次は決勝戦で九州と対決です。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2014.10.29 / Top↑