※タイトルと本文と画像は何ら関連はありません(笑)。

DSC_5083.jpg DSC_5085_2016061603171004c.jpg
急に「行かなきゃ」てんで、阪神甲子園球場に行ってきました。幾度となくウエスタンリーグ公式戦では訪れてますが、一軍の試合、と言う事を考えると7年ぶりくらいになりますでしょうか。

それもこれもこれのおかげ。

「超変革オーダー」で奥浪、杉本が14日プロ初スタメンへ
スポーツ報知 2016年6月14日

DSC_5196_201606160406336a2.jpg DSC_5245_20160616040637fbd.jpg
現状、バファローズは最下位。数字のお遊びみたいなもんですが、既にパシフィックリーグでの自力優勝の可能性は消滅。スターティングオーダーを色々模索している中での、初の出場選手登録。

ただただ、嬉しかったですね。

DSC_5251_201606160407274d4.jpg DSC_5252.jpg
ウエスタンリーグでは完全に壁にぶち当たり、打率が1割にすら届かなかった時期もありましたが、現在では打率0.235、3本塁打10打点と、ようやく成績らしい数字になってきました。

DSC_5267_201606160408031ac.jpg DSC_5294_20160616040800497.jpg
正直、ここまで苦しむとは思っても見ませんでした。ライバルの多いセンターのポジション。ウエスタンリーグ公式戦やら何やらでは、センターではなくライトやレフトでの出場もありました。

DSC_5307.jpg DSC_5310.jpg
シーズン突入前は色々と話題になりましたが、二軍でもがいているのと平行して、新聞記事にもならなくなりました。ウエスタンリーグのビジターゲームでも、帯同していながら出場機会がない、と言う事態にも陥りました。「やっぱり最下位指名は最下位指名に過ぎぬのか」とも思いましたが、チーム(一軍)がどん底状態の中で、ついに出場選手登録の機会が回ってきました。

DSC_5339_20160616040956f5c.jpg DSC_5349_20160616040957440.jpg
当日昼間は神戸サブ球場でバファローズ対日本生命のプロアマ交流試合。これは前々から観戦予定だったんですが、急遽帰り道に阪神甲子園球場に観戦に。まさか初出場が対タイガース戦とは。

DSC_5367.jpg DSC_5368_201606160410538ad.jpg
DSC_5369.jpg DSC_5383_20160616041058dd8.jpg
前日14日は、能見篤史の前に3打席ノーヒット、振り逃げ出塁こそありましたが、期待されたプロ入り初ヒットはお預け。まぁ相手がチームのエースゆえ、致し方ないかな、とも思いましたよ。

DSC_5385.jpg DSC_5391_20160616041156430.jpg
しかしながら昨日15日、新外国人選手のマット・クラークと入れ替わりで、残念ながら出場選手登録抹消。たった1日3打席でプロ入り初の一軍はあっと言う間に終了。ダブル出場なら、昼間の試合は早退が常。それが結局フル出場で、おかしいなと思ってNPB公式サイトで確認したら案の定。

DSC_5531_20160616041238977.jpg DSC_5487.jpg
同時に昇格した奥浪鏡がマルチ安打を記録したのとはあまりにも対照的な結果になってしまったけど、ぶっちゃけこれが今のオリックスバファローズのやり方なのか。この手法で誰が得するのか。

DSC_5564_2016061604140090f.jpg DSC_5565_20160616041359a0c.jpg
DSC_5566_20160616041354e0f.jpg DSC_5569_2016061604135458e.jpg
ホークスがあまりにも強すぎるがゆえに、既に自力優勝の可能性が点いたり消えたり。もちろんまだまだ可能性がゼロになったわけではないから、選手はみな必死にやるんだろうけど、こんな取って付けた出場選手登録と抹消を繰り返してて、来年再来年の戦力の整備は出来るのかどうか。

DSC_5583_201606160415297c2.jpg DSC_5595_20160616041528b11.jpg
リーグ優勝の可能性を完全に放棄しろ、と言ってるわけではない。長期的な勝ち星を得るには、ある程度の我慢が必要なんではなかろうか。取って付けたようにコーチの配置転換をやった所で、よそのチームのお古外国人助っ人を中途参戦させた所で、チームが劇的に変わる、もんでもなかろうに。

オリックス瀬戸山本部長ブチッ「智弁学園より弱い」
日刊スポーツ 2016年6月11日

DSC_5684_20160616042620f85.jpg DSC_5685_201606160426356bc.jpg
DSC_5686_2016061604263271a.jpg DSC_5688_20160616042638888.jpg
そもそも、編成のトップでもある人間が、こんな事を言っているようでは勝てませんよ。このひと言で、もしかしたら選手のモチベーションがダダ下がりになっている可能性すらある。勝てるチーム、勝つチームってのはものすごく時間がかかる。即効性のある手段は何もない。お金をかけて補強しているつもりでも、バファローズ球団の場合は全てが無駄金に思えるんですよ。

DSC_5705_2016061604274497e.jpg DSC_5708_20160616042748db5.jpg
DSC_5711.jpg DSC_5712_20160616042741e4b.jpg
足元から地道に積み上げていかない事には、そして球団上層部と、現場、つまりは実際にグラウンドに出る選手、監督、コーチの意思疎通、意思の統一がなされていないと、絶対に強いチームは作れない。

DSC_5729_20160616042844d71.jpg DSC_5739_201606160428451aa.jpg
もう一度「オリックス野球クラブ株式会社」は「オリックスバファローズ」をどうやって強くするか、どうすれば強くなるか、を長期的展望で考えたほうがよろしいのではないでしょうか。

でないと「関西ダービー」は阪神タイガースに差をつけられるばかりですよ。


何でや!カープ関係ないやろ!と思われるかも知れませんが、クリック頂ければ幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2016.06.17 / Top↑
※以下、俄の戯言です。また、間に挟まってる画像は内容とは何ら関係ありません。

DSC_4611.jpg DSC_4613.jpg
今年からバファローズのファンクラブに入会しまして。でもって初めて、バファローズファンのつもりでバファローズ対ジャイアンツの試合を観戦しに京セラドーム大阪に行ってきました。ただし、応援スタイルは全く未知の世界なので、とりあえずは内野席で大人しく感染してました。

しかし、何でこうもバファローズは勝てんのかな、と。

DSC_4616.jpg DSC_4620.jpg
先週は先週で22失点の大敗。ランニングスコアは、小学校1年生には少し難しい足し算の問題の様相。14四死球とかやらかしていては、トニ・ブランコがなんぼホームランを打っても一緒。

DSC_4639.jpg DSC_4636.jpg
事情はよう分かりませんが、本来先発ローテーションにいるはずの吉田一将がリリーフにいたりと、傍からみたら何やわやくちゃ。これじゃ金子千尋が復活したところで上位進出など望めない。

DSC_4641_20160603010341c2d.jpg DSC_4644_20160603010348fe4.jpg
そう言えば二軍も正直さっぱり、かなぁ。チーム打撃成績こそ底を脱したものの、チーム投手成績は上向く気配がない。ただ、一時の防御率を考えたら、若干上向き加減。ただ、行く先が見えない。

DSC_4650_20160603010434105.jpg DSC_4652_20160603010435080.jpg
打つ方も投げる方も、完全に、動ける奴総動員状態。しかもそれが「休ませながら」とか言う前向きなもんじゃなく、誰を出して良いのか分からないと言う、チームとしては迷走に近いもんがある。

誰の何がバファローズをこんなにしたのか。

DSC_4672.jpg DSC_4673_201606030105542c1.jpg
バファローズを狂わせてしまったのはやはり、2014年の「リーグ最多勝の2位」かな。森脇浩司監督の下、リーグ優勝したホークスよりも2つ多い勝ち星ながら、敗戦数も2つ多く、引き分けが少ない分2位。それをチームとして、球団として自信にすれば良かったはずなのに、無駄に補強に走ってしまい、すべてがうまく回らなくなってしまったように思う。

DSC_4692.jpg DSC_4694.jpg
ある者は負傷で戦力にならない、ある者は期待通りの成績を残せない。2014年の戦い方を、ほんの少し、膨らませれば良いだけだったのに、変に慣れぬ背伸びをしてしまったように見えた。

DSC_4706.jpg DSC_4708.jpg
その余波が確実に二軍にも及んでいる。調整目的とは言え、トニ・ブランコが社会人野球部との交流試合に出場しているのには違和感すらありませんでしたよ。嫌いな選手じゃあないんですけどね。

DSC_4731.jpg DSC_4730_20160603011024f70.jpg
ただ、僅かながら光もありますよ。高卒カルテットとも言える、奥浪鏡、若月健矢、園部聡、吉田雄人の4人。この4人だけは、あわてて一軍に昇格させるような事だけはせんで欲しいんですよ(園部聡はまだ育成選手のままですが)。せっかく時間をかけて鍛えよう(に見える)としてるんだし。

DSC_4744.jpg DSC_4751.jpg
チームとして球団として、勝ちたい気持ちも理解出来るし、従来からのファンの方もそう願っているとは思いますが、強いチームってのは、多少の補強では絶対に出来ぬと考えます。選手補強てのは所詮は上っ面。球団としてのスカウトの方針、選手の育成方針、営業方針、総てが合致しないと。

DSC_4778_201606030117348b9.jpg DSC_4781_201606030117374d2.jpg
各SNSやらで、バファローズの様々なイベントを、一軍二軍関わらず目にする事も多いです。二軍の「選手ウェルカムハイタッチ」とか、その企画力には頭が下がります。ただ、最近はそればっかりに走ってしまってるような気も。春季キャンプ中のトークショウには違和感すら感じました。

DSC_4885_201606030118557ab.jpg DSC_4886_201606030118524df.jpg
選手の名前や顔を覚えてもらう。悪い事ではないと思いますが、野球選手が自らをアピールする場ってのはやはりスタジアムでの活躍のはず。それを忘れた結果が、今の成績じゃないかな、と。

昨日、とうとうパシフィックリーグでの自力優勝の可能性が消えたそうで。

5位オリックス、最下位楽天の自力Vが消滅
日刊スポーツ 2016年6月2日

まぁこのあたりは数字上の問題ですから大した話ではないと思いますが、6月に入っていきなりこんな話が出てくること自体がこっぱすかしい話。今からでも、考え直すべきじゃないかなぁ。


DSC_4905_20160603013159b09.jpg
もっとも、0-1の試合で3時間半近くも費やしているようではなぁ・・・・。


何でや!カープ関係ないやろ!と思われるかも知れませんが、クリック頂ければ幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2016.06.03 / Top↑