fc2ブログ
何が私を駆り立てたのか、ふと思い立って(とは言うものの、全ての手筈を整えたのは4月末のお話)、タマホームスタジアム筑後で行われた、ホークス対カープの試合を観戦に行ってきました。

当初の予定では、神戸サブ球場でバファローズ対ドラゴンズ、だったんですけどねぇ。

DSC_0114_201607010119327b5.jpg DSC_0118_201607010119340f5.jpg
タマホームスタジアム筑後。まさか開場初年度に「来る気」になるとは思いませんでしたが。

DSC_0153_2016070101222507f.jpg DSC_0261.jpg
どうせ新しいスタジアムで観戦するなら、そしてせっかくあるんだから、と言う事で、思い切って(とは言うものの2000円)三塁側フィールドシート最前列。テレビに映るのか映らんのか。

で、私の「観戦のお供」と言えぱビデオカメラなんですが、スタジアム内での動画撮影は禁止条項に盛り込まれており、動画はなし。ローカルルールはちゃんと守らんと。この辺り、FOXスポーツの著作権の問題も絡んでおるものと思われます。ちなみにカメラ撮影における、フラッシュの使用も禁止されています。

DSC_0165_201607010124027bc.jpg DSC_0168_20160701012403e07.jpg
DSC_0202_20160701012413040.jpg DSC_0186_20160701012414881.jpg
DSC_0154_201607010127570fb.jpg DSC_1111_20160701012754efb.jpg
DSC_1112_201607010128050cd.jpg DSC_1113_20160701012803343.jpg
とにかく「フィールドシート」と銘打っているだけに、選手が近い。ベンチの様子やブルペンの様子までガッツリ観る事が出来ます。お客さんが少なかったら、あちこち移動してみるのも良いかも。ただしブルペンは、キャッチャーが外野側になるので、投球練習は背中から見ることになります。



スターティングオーダー
先攻:広島東洋カープ
1(中)野間
2(二)庄司
3(三)梵
4(一)堂林
5(指)廣瀬
6(左)岩本
7(右)高橋大
8(遊)桒原
9(捕)中村亘
P:横山

●ウエスタンリーグは、予告先発こそないものの、ある程度両チームの申し合わせで、事前に先発ピッチャーが判るシステムになっているようです。そんな中でも庄司隼人と桒原樹のスタメン。庄司隼人はもう十分セカンド確約。桒原樹は可能性のレベルか。

●そして見所は、梵英心と廣瀬純、両ベテランがスタメンに名を連ねた所。梵英心のサード守備を見るのもいつ以来か。ジェイソン・プライディの出番はあるのかないのか。来週からは負傷欠場中のブラッド・エルドレッドの戦列復帰もあるとか。果たしてこの先、彼の処遇や如何に。

DSC_0252.jpg DSC_0255_20160701013040979.jpg
声出しの様子。こんな光景を真横から見れます。

後攻:福岡ソフトバンクホークス
1(右)福田
2(中)釜元
3(三)塚田
4(一)猪本
5(指)カニザレス
6(左)真砂
7(捕)張本
8(遊)川瀬
9(二)古澤
P:大隣

〇相変わらずウエスタンリーグどころか、このまま一軍のクリーンアップにしてもおかしくない中軸打線。そこにうまく育成選手を混ぜてくるホークス打線。チームの層の厚さが見てとれます。

審判と公式記録員
DSC_0328_20160701013238cef.jpg DSC_0334_201607010132375c2.jpg
球審:山村裕也、一塁:須山佑多、三塁:今岡諒平
公式記録員:河内

打撃成績
1回表
DSC_0356.jpg DSC_0357_20160701013351bc0.jpg DSC_0358_201607010133462f4.jpg DSC_0359.jpg
野間     2-1から4球目を打ってショートフライ
庄司     0-2から3球目を打ってレフト前ヒット
DSC_0387_2016070101343699f.jpg DSC_0388_20160701013443f49.jpg DSC_0389_20160701013443bd8.jpg DSC_0390_20160701013440410.jpg
梵       2-1から4球目を打ってサードゴロダブルプレイ

1回裏
福田     2-2から7球目を打ってレフトフライ
釜元     1-0から2球目を打ってライトフライ
DSC_0457_20160701013725263.jpg DSC_0458_201607010137256e7.jpg DSC_0459_20160701013722b63.jpg DSC_0460_20160701013725179.jpg
塚田     初球を打ってサードゴロ

2回表
堂林      0-2から3球目を打ってショートゴロ
DSC_0497_20160701013831450.jpg DSC_0498_20160701013843aa9.jpg DSC_0499_20160701013844a95.jpg DSC_0500_20160701013843d22.jpg
廣瀬      1-1から3球目を打ってセンターフライ
岩本      3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_0555_201607010139370aa.jpg DSC_0556.jpg DSC_0557.jpg DSC_0558.jpg
高橋大    2-1から4球目を打ってセンターフライ

2回裏
DSC_0582_20160701014034259.jpg DSC_0583_201607010140403f9.jpg DSC_0584_20160701014040c22.jpg DSC_0585_20160701014041da5.jpg
猪本     1-1から3球目を打ってセンターフライ
DSC_0589_20160701014133f32.jpg DSC_0590_201607010141368dd.jpg DSC_0591_201607010141383a3.jpg DSC_0592_20160701014140ced.jpg
カニザレス  0-1から2球目を打ってセンターフライ
DSC_0617_2016070101422978b.jpg DSC_0618_201607010142376d7.jpg DSC_0619_20160701014230287.jpg DSC_0621_20160701014235281.jpg
真砂     3-1から5球目を打ってファーストファウルフライ

3回表
桒原     0-1から2球目を打ってレフトフライ
DSC_0652_201607010143483ce.jpg DSC_0653_2016070101435243f.jpg DSC_0654_20160701014354afa.jpg DSC_0658.jpg
中村亘    0-1から2球目を打ってライトフライ
DSC_0666_20160701014450938.jpg DSC_0667_20160701014458e35.jpg DSC_0668_20160701014448cb8.jpg DSC_0669_20160701014454392.jpg
野間      0-1から2球目を打ってライト前ヒット
庄司      2-2から5球目を見逃し三振

3回裏
DSC_0761_20160701014628296.jpg DSC_0762.jpg DSC_0763.jpg DSC_0764.jpg
張本     1-2から6球目を打ってショートゴロ
川瀬     初球を打ってレフトフライ
DSC_0776_201607010147335f5.jpg DSC_0778_2016070101472537c.jpg DSC_0779_20160701014735ec3.jpg DSC_0781_20160701014734ea4.jpg
古澤     1-0から2球目を打ってキャッチャーファウルフライ

4回表
梵      0-1から2球目を打ってセンターフライ
DSC_0824.jpg DSC_0825.jpg DSC_0826_20160701014839396.jpg DSC_0830_20160701014830683.jpg
堂林     1-2から5球目を打ってライト前ヒット
次打者廣瀬の2球目に堂林セカンド盗塁成功
廣瀬     ストレートのフォアボール
DSC_0871.jpg DSC_0872_20160701014937131.jpg DSC_0873_20160701014938e91.jpg DSC_0874_20160701014933652.jpg
岩本     初球を打ってレフトフライ
高橋大    1-2から6球目を空振り三振

4回裏
カープ選手交代

サード梵に代えて美間

DSC_0930_20160701015047afc.jpg DSC_0931_201607010150444e5.jpg DSC_0932_20160701015048028.jpg DSC_0933.jpg
福田     初球を打ってライトへソロホームラン
Hawks1-0Carp
釜元     初球を打ってセカンドゴロ
塚田     1-2から4球目を見逃し三振
DSC_0963_20160701015148677.jpg DSC_0965_20160701015150c8f.jpg
猪本     1-1から3球目を打ってショートゴロ

5回表
DSC_0997.jpg DSC_0998_20160701015304c1b.jpg DSC_0999.jpg DSC_1001.jpg
桒原     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
中村亘    2-2から5球目を見逃し三振
野間     1-0から2球目を打ってレフトフライ

5回裏
カニザレス  初球を打って右中間突破ツーベースヒット
真砂     2-2から5球目をキャッチャーゴロ
送りバントにもかかわらずカニザレス走らず
DSC_1092_201607010154444e6.jpg DSC_1093_20160701015452972.jpg DSC_1094_20160701015456a9f.jpg DSC_1095_20160701015447860.jpg
張本     0-2から4球目を打ってセンターフライ
川瀬     0-1から2球目を打ってセカンドゴロ

6回表
庄司     1-2から5球目を打ってセンターフライ
美間     3-1から5球目を選んでフォアボール
堂林     フルカウントから6球目を打ってライト前ヒット
廣瀬の代打バティスタ 初球を打ってショートゴロダブルプレイ

6回裏
古澤     0-2から球3目を打ってセカンドフライ
福田     初球を打ってセンター前ヒット
釜元     初球を打ってファースト強襲内野安打
塚田     0-1から2球目を打ってサードゴロダブルプレイ

7回表
DSC_1217_20160701015600f51.jpg DSC_1218.jpg DSC_1219_20160701015608549.jpg DSC_1220_20160701015604c97.jpg
岩本     0-1から2球目を打ってセカンドゴロ
DSC_1237.jpg DSC_1238_201607010157087d0.jpg DSC_1239.jpg DSC_1240_20160701015709017.jpg
高橋大    2-0から3球目を打ってライトフライ 福田ナイスプレイ
DSC_1243.jpg DSC_1244.jpg DSC_1245.jpg
桒原     初球を打ってセカンドゴロ

7回裏
猪本     初球を打ってレフトオーバーソロホームラン
Hawks2-0Carp
DSC_1279.jpg DSC_1280.jpg DSC_1281_20160701015922c84.jpg
カニザレス  2-2から5球目を打ってサードゴロ
真砂     1-0から2球目を打ってショートゴロ
張本     初球を打ってライト前ヒット
川瀬     フルカウントから6球目を打ってファーストゴロ

8回表
DSC_1364_2016070102022508d.jpg DSC_1365_201607010202291b4.jpg DSC_1366_20160701020227f75.jpg DSC_1367_2016070102023023e.jpg
中村亘の代打上本 2-2から5球目を打ってライトフライ
野間     0-2から3球目を打ってライト前ヒット
庄司     初球を打ってライト前ヒット 野間はサードへ
美間     1-1から3球目を打ってセンターへ犠牲フライ
DSC_1413_201607010204008e1.jpg DSC_1417_201607010204087e5.jpg
Hawks2-1Carp
堂林     1-1から3球目を打ってレフトオーバーツーベースヒット
バティスタ  フルカウントから7球目を打ってサードライナー

8回裏
カープ選手交代

代打上本がそのまま入りサード
サードの美間がファースト
ファースト堂林に代えてキャッチャー白濱

古澤の代打江川 3-1から5球目を打ってレフトフライ
福田     1-0から2球目を打ってライトフライ
釜元     1-1から3球目を打ってピッチャーゴロ

9回表
ホークス選手交代

代打江川がそのまま入りレフト
レフトの真砂がライト
ライト福田に代えてセカンド曽根

DSC_1530_201607010205304d4.jpg DSC_1531_20160701020527e13.jpg DSC_1532_20160701020521724.jpg DSC_1534_20160701020531b81.jpg
岩本     2-2から5球目を打ってレフトオーバーツーベースヒット
DSC_1549.jpg DSC_1550_20160701020620d4d.jpg DSC_1551.jpg DSC_1552_20160701020626d3b.jpg
高橋大    初球をキャッチャー前送りバント
桒原     2-2から5球目を空振り三振
上本     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
野間     フルカウントから6球目を打ってライト前2点タイムリーヒット
Hawks2-3Carp

ホークス選手交代
ピッチャー大隣に代えて嘉弥真

庄司     初球を打ってセカンドゴロ

9回裏
塚田     フルカウントから6球目を打ってサード内野安打
DSC_1794_2016070102080038f.jpg DSC_1795_20160701020752d19.jpg DSC_1796_20160701020804f74.jpg DSC_1797.jpg
猪本     2-0から3球目を打ってレフトオーバーツーベースヒット
猪本の代走に斐紹
カニザレス  敬遠のフォアボール
真砂     2-2から5球目を打ってレフトオーバー逆転サヨナラツーベースヒット
DSC_1828_201607010209393de.jpg DSC_1835.jpg DSC_1839_201607010209497c5.jpg DSC_1843.jpg
Hawks4-3Carp

タマホームスタジアム筑後 17回戦 福岡ソフトバンク8勝8敗1分
広島 000 000 012 3
福岡 000 100 102 4

勝投手:嘉弥真新也(19試合2勝2敗5セーブ)
敗投手:横山弘樹(9試合2勝5敗)
本塁打:[福岡]福田秀平2号(4回裏 ソロ 横山弘樹から) 猪本健太郎9号(7回裏 ソロ 横山弘樹から)

投手成績
広島東洋カープ
横山   8.0回 33打者  99球 9被安打 1与四死球 1奪三振 4失点 4自責点

福岡ソフトバンクホークス
大隣   8.2回 37打者 134球 9被安打 4与四死球 4奪三振 3失点 3自責点
嘉弥真 0.1回  1打者   1球 0被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点



DSC_1848.jpg
ホークス先発大隣憲司、カープ先発横山弘樹、両先発とも、ウエスタンリーグではなかなか見られない、完投しそうな勢いの試合。しかしながらその内容はあまりにも好対称でした。

球数を費やしながらも、じっくりじっくり攻めてくる大隣憲司のピッチング。野間峻祥と堂林翔太が猛打賞を記録はしましたが、打たれながらも締める所は締めるピッチングはさすがとしか。

DSC_1851_2016070102183138e.jpg
対する横山弘樹。球数は少なく済んではいますが、ストライク先行でポンポン投げてしまったばっかりに、それがホークス中軸打線のリズムにはまってしまったんではないか。よく、ガンガン振ってくるパ・リーグとは言いますが、猪本健太郎にしろ福田秀平にしろ、初球から躊躇なく全力でスイングしてくる。そこに落とし穴があったか。これでウエスタンリーグ被本塁打部門屈辱の1位(8本)。

ウエスタンリーグってのはリーグ戦ですから、勝敗は重要です。しかし、ただ投げてれば良い、と言うモノでもない。二軍にいるならいるだけの「一軍での反省材料」があるはず。その辺りを中村亘佑がしっかりリードしてやらないと。よく投げたとは思いますが、テンポよく投げ過ぎたかゆえの、投球数とは関係ない所で「ガス欠」してしまったか。まぁ「打たれて反省」と言う所でしょうか。

あと、気になったのが、最終盤になってキャッチャーだけ交代させた事。これはもうただただベンチワーク、としか言いようがありませんが、横山弘樹、中村亘佑を次のステップに進ませようと考えるなら、最後までこの二人に任せてもよかったんではないかと。これもまた経験なんだし。

経験と言えば9回裏。ノーアウト二・三塁になったところで、ハーバロ・カニザレスを敬遠する策に打って出た。結果は「案の定」になってしまいましたが、あの場面は敬遠ではなく、ハーバロ・カニザレスと勝負して欲しかった。横山弘樹を先発ローテーションピッチャーとして考えるなら、今後もこんな場面が幾度となく訪れるはず。もしかしたら1回表もしくは裏にくるやも知れない。

乗り越えなきゃいかんハードル、てのはこの先なんぼでもあります。その度に敬遠やらで回避しててはいつまで経っても「グラウンド上で切り抜ける術」が身に付かない。課題はあっていいんです。それを試すのが「実践の場」でもあるウエスタンリーグ。満塁にしました、打たれました、の前に、出来る事、試しても良い事は山のようにあると思います。まだまだこれから。


そうだそうだと思われる方も、んなわけなかろーがヴォケナス!と思われる方も、とにかくクリック(笑)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
広島東洋カープ 福岡ソフトバンクホークス ウエスタン・リーグ
2016.07.01 / Top↑
今シーズンを最後に福岡ソフトバンクホークス二軍は、本拠地球場を、福岡移転以来長らく使用した雁ノ巣レクリエーションセンター野球場を離れ、筑後市に建設中の新本拠地に移転します。今までは福岡市内で宿泊すれば、比較的簡単に観戦出来ましたが、来年からはそうも行きません。

何と言っても新本拠地球場は、九州新幹線筑後船小屋駅前。新幹線で乗り換えなし、と行きたいところですが、筑後船小屋駅は正直そうもいかない。乗り換え云々の手間を考えると、堺市内からは、梅田から夜行バス~博多駅から在来線、が当たり前になるかなぁ。

おいそれと行けなかった雁ノ巣球場ではありますが、やはり「さらにホークスが遠くなる」事を考えると、最後くらいは行っておきたいもの。とは言うものの、球場がなくなる訳ではないんですが。

サヨナラ気分も幾らかはありますが、新本拠地そばには合宿所も併設され、名実ともに「ホークスタウン」となり、ただでさえ強いホークスの、更なるレベルアップすら期待(懸念)されます。

これまでの福岡ソフトバンクホークスの基礎を作り上げた、雁ノ巣レクリエーションセンター野球場。いよいよ(多分)最後のウエスタンリーグ公式戦。ここでの観戦も最後です。


と言う事で、前日25日に撮影した動画を使って、こんなのを作りました。この先も、雁の巣レクリエーションセンター野球場は有り続けますが、大阪から観戦に訪れるのは最後になるかも知れんし。

観戦は、土日か、金土にしようか、結構考えました。けど結局金曜土曜。日曜日は大混雑が予想出来ましたし(実際、ライト芝生席は全席開放したそうで)、出来ることなら、お祭りムード抜きの「いつも通りの雁の巣球場」で終わりたかったもので。とは言え、週末なのでお客さんは多かったですが。

DSC_7719.jpg DSC_7720.jpg
いつも通りの09:30出勤。最後の雁の巣球場。

DSC_7723_20150928020953c98.jpg DSC_7726_20150928020956aee.jpg
来シーズンから使用する、筑後市の新球場には「年間指定席」が設けられるそうです。そうなれば当然、入場も有料になるでしょう。年間指定席を購入する予定はありませんが、出来れば1000円前後で。PRの為のうちわが置いてあったので、ありがたく頂いてきました。

DSC_7730.jpg DSC_7731_20150928020953833.jpg
え、バックネット裏席ですが、翌27日のこの試合が、TNCテレビ西日本で深夜の録画中継をやる、と言う事でリハーサル。とは言うものの、実際にしゃべっているのは若手アナウンサー。それをチェックしに訪れたのは、プロ野球ニュースでお馴染みの田久保尚英アナウンサー。ゆえに、今回の動画には、ほんのわずかではありますが、実況練習の様子が「勝手に」収録されています。

DSC_7741.jpg DSC_7744.jpg
カープ選手の到着は9:47.ビジターではほぼ定刻。そう言えば雁の巣球場へのアクセスは終始JR九州バスでしたが、来シーズンからは「やはり」西鉄バスになるんでしょうか。ちょっと気になります。

DSC_7745.jpg DSC_7749.jpg
DSC_7751.jpg DSC_7754_20150928021843920.jpg
岸本秀樹スコアラーを先頭に降りてくるカープナイン。来年も、こうやって選手の球場入りを間近に見る事は出来るのかな。こうやって正面から堂々と球場入りする所を見れるのは嬉しいんですが。

DSC_7756_201509280223267c3.jpg DSC_7757.jpg
DSC_7758_201509280223359d6.jpg DSC_7759_20150928022333cd8.jpg
そろそろ、アレコレ賑やかになる頃だとは思いますが、まずはこのカード、そして2015年シーズンを全うするのが先。四の五の言う音はもう少し先でいい。まだ一軍公式戦は残っているんですから。

DSC_7774_20150928022639441.jpg DSC_7767_201509280226498b2.jpg
DSC_7769.jpg DSC_7776_2015092802264731f.jpg
一軍の試合に出場した選手、ここまでお呼びがかからなかった選手、それぞれ思うところはあると思います。昨日27日は、とある選手の去就が大きく取り上げられました。しかも歪曲されての報道。私も思うところは売るほどあります。しかしながら、まずはそれは置いておきましょう。

DSC_7794_20150928023327469.jpg DSC_7800_20150928023332985.jpg
その頃、ホークスはバッティング練習中。牧原大成に江川智晃。彼らもこの球場で、どれだけの汗を流してきたことか。今の福岡ソフトバンクホークスの原点はここにあるはず。

DSC_7842_201509280235290cf.jpg DSC_7843_20150928023533611.jpg
カープ・松本高明二軍サブマネージャー。2年前の春の、アキレス腱断裂は未だに忘れません。

DSC_7850_20150928023653fd9.jpg DSC_7851_20150928023656297.jpg
他球場の選手でも、積極的に声をかける水本勝己バッテリーコーチ。相手はホークス・甲斐拓也。何気ない会話だとは思うんですが、こう言う所でもお互いに得るものは何かしらあるはず。

DSC_7893_201509280241026ed.jpg DSC_7894.jpg
DSC_7895.jpg DSC_7896.jpg
DSC_7897.jpg DSC_7898_20150928024413bbd.jpg
DSC_7903.jpg DSC_7937_20150928024412e2b.jpg
ピッチャー出席簿。とにかく雁の巣球場て、バックネットその他が銀色なので、日差しが思い切り反射してしまうので、撮影が大変です。これらの画像は若干補正しています。これももういい思い出。

DSC_8011.jpg DSC_8014_2015092802492805b.jpg
カープのバッティング練習中、球場正面ではささやかながらサイン会が行われていました。出演は前の試合でリリーフ登板した吉本亮。つか、サイン会が終わっても、引き上げる前にサインに応じてました。



スターティングオーダー
先攻:広島東洋カープ
1(右)中東
2(二)上本
3(中)天谷
4(一)岩本
5(捕)磯村
6(指)土生
7(三)美間
8(遊)桑原
9(左)高橋
P:藤井

DSC_8048.jpg DSC_8053.jpg
カープ試合前の円陣。声出しは土生翔平。

後攻:福岡ソフトバンクホークス
1(右)江川
2(左)上林
3(一)猪本
4(指)カニザレス
5(三)塚田
6(遊)牧原
7(捕)斐紹
8(中)真砂
9(二)曽根
P:加治屋

DSC_8055.jpg DSC_8059_2015092802513999c.jpg
ホークス試合前の円陣。声出しは古澤勝吾。

審判と公式記録員
DSC_8062_20150928025326684.jpg DSC_8063_201509280253318a4.jpg
球審:今岡諒平、一塁:柳内遼平、三塁:福家英登
公式記録員:貞比良弘


メンバー表交換前に行われた、ウエスタンリーグ優勝ペナント授与式。まさかここでやられるとは思っても見ませんでしたが、広げての記念撮影は27日の試合終了後に行われました。来シーズンは是非、由宇練習場のバックスクリーン上に掲げて欲しいもんです。

打撃成績
1回表
中東     0-2から3球目を打ってファーストゴロ
上本     2-1から4球目を打ってセカンドゴロ
天谷     1-0から2球目を打ってレフト前ヒット
次打者岩本の2球目に天谷セカンド盗塁失敗
岩本     3-1から5球目を選んでフォアボール
磯村     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
土生     1-0から2球目を打ってファーストゴロ

1回裏
江川     2-2から5球目を空振り三振
上林     0-2から3球目を空振り三振
猪本     0-2から3球目を空振り三振

○プロ入り初先発になるのかな、藤井皓哉。立ち上がりからストレートと変化球(おそらくカープ)のコンビネーションが抜群。三者連続空振り三振ってそうそう見ません。しかもそうそうたるメンバー。

2回表
美間     2-2から5球目を空振り三振
桑原     0-1から2球目を打ってレフト前ヒット
高橋     0-1から2球目を打ってライトフライ
中東     初球を打ってセンター前ヒット
上本     1-2から5球目を打ってライト前タイムリーヒット
ホークス0-1カープ
しかし上本ファーストを回ったところでタッチアウト

○最近、走塁ミスの目立つ上本崇司。せっかくタイムリーヒットを放ったと思ったのに、ファーストを回ったところでタッチアウト。もっともこれは上本崇司の走塁云々よりも、1失点よりまずアウト一つを取ることを優先したホークスキャッチャー・斐紹お好判断、でしょう。

2回裏
カニザレス  1-0から2球目を打ってライト前ヒット
塚田     1-2から4球目を打ってショートフライ
牧原     1-0から2球目を打ってレフトフライ
斐紹     2-2から5球目を打ってライトフライ

3回表
天谷     2-1から4球目を打ってファーストゴロ
岩本     2-1から4球目を打ってセカンドゴロ
磯村     1-2から4球目を打ってサードゴロ

3回裏
真砂     2-2から6球目を打ってレフトへツーベースヒット
曽根     1-1から3球目をファースト前送りバント

江川     3-1から5球目を打ってサードゴロダブルプレイ
※サードランナー真砂は飛び出しタッチアウト→江川ファーストてアウト

○最近はファーストで見ることの多かった美間優槻ですが、この試合ではサードでスタメン。強烈なサードゴロを捌いた直後、ほんのわずかに飛び出した真砂勇介をタッチで仕留め、江川智晃をファーストでアウトに。こう言うダブルプレイってのはなかなか見られません。

●ホークスからしたらいわゆる「ゴロゴー」ってやつだったとは思いますが、飛んだ所が悪かった。内野は思い切り前進守備、突っ込めば挟殺プレイで真砂真介は犠牲になれど、江川智晃は残れたはず。言うてももうしゃーないですが、これはホント、美間優槻の好判断、でしょうねぇ。

4回表
土生     1-0から2球目を打ってセンター前ヒット
次打者美間の6球目に土生セカンド盗塁失敗
美間     フルカウントから10球目を打ってセンター前ヒット
桒原     2-2から5球目を打ってピッチャーゴロセカンド封殺
高橋     2-1から4球目を打ってファーストゴロ

4回裏
上林     1-2から4球目を空振り三振

猪本     1-0から2球目を打って左中間スタンドへ第16号ソロホームラン
ホークス1-1カープ

カニザレス  1-0から2球目を打ってレフトスタンドへ第18号ソロホームラン
ホークス2-1カープ
塚田     1-0から2球目を打って左中間突破ツーベースヒット
牧原     1-1から3球目を打ってサード後方ポテンヒット
斐紹     1-1から3球目を打ってレフトへ犠牲フライ
ホークス3-1カープ
次打者真砂の4球目前に牧原牽制タッチアウト

●藤井皓哉にきりきり舞いさせられていたホークス打線ではありますが、さすがに打順がふた回り目に入ると、捉えるバッターはしっかり捉えにかかるもんでして。猪本健太郎とハーバロ・カニザレスの二者連続ホームラン。正直打球がどこまで飛んだのかしっかり追えてません。いつも思うんですが、ホントホークスのバッターの打球音は明らかに他のチームとは違います。

○藤井皓哉にしてみれば、痛いどころの話ではないホームランではありますが、高卒ドラフト下位指名で、シーズン終盤とは言え先発を任されると言うのはほんと大したもんだと思います。打たれたバッターも「打って当たり前の人」なのでダメージは少ないかな、コレもまた勉強。

5回表
中東     1-2から4球目を打ってファーストゴロ
上本     0-1から2球目を打ってレフト前ヒット
天谷     2-0から3球目を打ってファースト内野安打 送球乱れる間に上本はサードへ
岩本     1-0から2球目を打って右中間へタイムリーヒット
ホークス3-2カープ
磯村     1-1から3球目にデッドボール
土生     1-0から2球目を打って浅いレフトフライ
美間     ストレートの押し出しフォアボール
ホークス3-3カープ
桑原     1-2から4球目を打ってショートゴロ

●ここまでリリーフのみで9勝をあげていた加治屋蓮ですが、試合中盤になってスタミナが切れてしまったのか、ヒット2本にフォアボールデッドボールで2失点。2年前のドラフト1位入団。負傷もあって今シーズンになってウエスタンリーグ初勝利。まだまだこれから、と言ったところか。

5回裏
カープ選手交代

ピッチャー藤井に代えて九里

真砂     1-0から2球目を打ってセンター前ヒット
曽根     初球をピッチャー前送りバント
江川     2-2から5球目を打ってセカンドフライ
上林     フルカウントから9球目を選んでフォアボール
猪本     フルカウントから10球目を打ってセカンドゴロ

6回表
高橋     初球を打ってショートゴロ
中東     2-0から3球目を打ってショートゴロ
上本     1-0から2球目を打ってレフトフライ

6回裏
カープ選手交代

ライト高橋がレフト
レフト中東がセンター
センター天谷がライト

カニザレス  フルカウントから6球目を打ってショートゴロ
塚田     0-1から2球目を打ってライトフライ
牧原     1-0から2球目を打ってショートフライ

7回表
ホークス選手交代

ピッチャー加治屋に代えてバリオス
キャッチャー斐紹に代えて細山田

天谷     初球を打ってピッチャーゴロ
岩本     2-2から6球目を空振り三振
磯村     1-1から3球目を打ってレフト前ヒット
土生     2-2から5球目を空振り三振

7回裏
カープ選手交代

ピッチャー九里に代えて西原

細山田    1-1から3球目を打ってセンターフライ
真砂     0-2から3球目を見逃し三振
曽根     1-0から2球目を打ってセンターフライ

8回表
美間     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
桒原     1-1から3球目をピッチャー前送りバント
次打者高橋の2球目に牽制悪送球て美間はサードへ 記録エラー

高橋     3-1から5球目を打ってセカンドゴロ サードランナー美間ホームイン 記録は野選
ホークス3-4カープ
中東     0-1から2球目を打ってライト前ヒット
上本     2-2から5球目を空振り三振
天谷     0-1から2球目を打ってショートゴロ

○シチュエーションとしては3回裏同様、ランナーサードで前進守備、だったんですが、セカンドゴロで美間優槻が思い切った好走塁。若干バックホームも逸れたこともあって、キャッチャー斐紹のタッチ及ばず。前日の試合に続いて、よく走っての得点。カープ野球の原点を見たような気がしました。

●上の動画にも入れましたが、それにしてもホークスの牽制球、サイン違いか何だったのか、セカンド曽根海成が何となく「取っていいのか悪いのか」みたいなベースカバー。これは試合後お説教もの。

8回裏
カープ選手交代

ピッチャー西原に代えてザガースキー
キャッチャー磯村に代えて白濱

江川     ストレートのフォアボール 代走河野
上林     1-0から2球目をピッチャー前送りバント
猪本     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
カニザレス  フルカウントから6球目を打ってセンターフライ
塚田     2-2から5球目を打ってセンターフライ

9回表
ホークス選手交代

ピッチャーバリオスに代えて坂田
代走河野がそのまま入りショート
ショート牧原に代えてレフト幸山
レフト上林かライト

岩本     0-2から4球目を打ってファーストゴロ
白濱     0-2から3球目を空振り三振
土生の代打中村亘 2-2から5球目を打ってセカンドゴロ

9回裏
カープ選手交代
ピッチャーザガースキーに代えて永川

幸山      初球を打ってライトフライ
細山田    3-1から5球目を選んでフォアボール 代走拓也
真砂      初球を打ってショートゴロセカンド封殺
曽根      2-2から5球目を空振り三振

DSC_8201.jpg DSC_8203_20150928044327d33.jpg
DSC_8205_20150928044328b05.jpg DSC_8208_20150928044324fec.jpg
昨日27日は負けてしまったので、結果的にこれが最後のハイタッチになりました。

雁ノ巣レクリエーションセンター野球場 27回戦 福岡ソフトバンク14勝12敗1分
広島 010 020 010 4 H11 E0
福岡 000 300 000 3 H7  E2
勝投手:西原圭大(30試合2勝0敗)
S投手:永川勝浩(22試合2勝3敗5セーブ)
敗投手:エディソン・バリオス(8試合0勝1敗2セーブ)
本塁打:[福岡]猪本健太郎16号(4回裏 ソロ 藤井から)ハーバロ・カニザレス18号(4回裏 ソロ 藤井から)

投手成績
広島東洋カープ
藤井  4  回 17打者 57球 6被安打 0与四死球 4奪三振 3失点 3自責点
九里  2  回  8打者 36球 1被安打 1与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
西原  1  回  3打者  8球 0被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
ザガ  1  回  5打者 24球 0被安打 2与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
永川  1  回  4打者 12球 0被安打 1与四死球 1奪三振 0失点 0自責点

福岡ソフトバンクホークス
加治屋 6  回 30打者100球 9被安打 4与四死球 1奪三振 3失点 3自責点
バリオ  2  回 10打者 42球 2被安打 1与四死球 3奪三振 1失点 1自責点
坂田   1  回  3打者 12球 0被安打 0与四死球 1奪三振 0失点 0自責点



最後の最後になって、ホークスに連勝しました。

ダブルスチール有り、内野ゴロで1点あり、ホームランで得点あり、と賑やかな試合でしたが、どの得点にも外国人選手が一切関わってない、今いる若鯉での得点。本来、ウエスタンリーグはこうあるべきなのかな、とも思いますが、ホークスを見ていると決してそれだけではない、とも考えます。

ただ、これだけは言えると思いますが、一発長打の外国人選手に頼らなくても、試合は進められるし勝つ事も出来る。ホームランばかりが得点の方法ではない、と言うのを再認識させられました。

昔からカープの代名詞として、走るところはしっかり走って、送るところはしっかり送る「機動力野球」が挙げられます。しかしながらここ数年のカープにはそれが大きく欠けている、ちょっと打てなくなったら「起爆剤起爆剤」とうわ言のように関東が嘆いている。けども、限られたメンバーでやるべき事は出来ているか、思いつく作戦は皆出来ているか、これが常に疑問として付きまといます。

けっして足がは早いとは言えない(であろう)高橋大樹が思い切って走ってダブルスチール、ほんのわずかの隙を突いての美間優槻の走塁。脚力のあるなしは関係ないんです。判断力も問われるかと思いますが、まずは次の塁に向かって思い切り走る。そうでないとホームには近づけない。これをもっともっと徹底し合いといけない。二日間、カープの最終カードを見てそう思いました。

当然、それらはベンチからのサインでしょう。けど、アウトになることを恐れずにサインを出すことも重要ですし、アウトになることを恐れずに走ることも重要です。カープの8回表の攻撃なんか、結局ノーヒットで1点が取れているんです。やれば出来るんです。どうして一軍は「打つこと」ばっかりに気を取られるのか正直理解し難い。あれだけのメンバーを揃えているのにね。正直もったいないですよ。


そしてこの試合で、ウエスタンリーグ公式戦観戦は終了。御愛顧(?)ありがとうございました。

DSC_8215_2015092804400154e.jpg
遠方ゆえ、あまり来る事が出来なかった雁ノ巣レクリエーションセンター野球場。ここでウエスタンリーグを観戦するのも最後になります。来シーズンからはどうするんですかね。一軍の北九州市民球場みたいに、年に数回くらい公式戦はやってくれるんでしょうか。長らく若鷹の「営巣地」でもあったガンレク。また来シーズン、何らかの形で舞い戻って来てくれる事を、少しだけ期待します。


二軍を本格的に観戦しだした頃から、幾度となく見てますが、山下斐紹も、猪本健太郎も、見違える程大きくなりました、そして、彼らを育て上げたのは間違いなく、雁の巣レクリエーションセンター野球場。これからも、彼らのような選手を、ホークスはどんどん輩出していくものと思われます。

DSC_8218.jpg DSC_8234_20150928052736425.jpg
残す所、私のプロ野球観戦は1試合。10月3日に、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われる、ファーム日本選手権、読売ジャイアンツ対福岡ソフトバンクホークスだけとなりました。

ファーム日本選手権のポスターにもあるように、一軍であれ二軍であれ、日本一です。ホークスと相対するのはジャイアンツ。お互いどんなメンバーを揃えてくるかまでは予想出来ませんが、ホークスの日本一を期待します。またそれは、プロ野球チームの在り方を問う戦いにもなるかと思います。


ホークスの健闘をお祈りします。宮崎では超ニワカホークスファンします。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
ウエスタン・リーグ 広島東洋カープ 福岡ソフトバンクホークス
2015.09.28 / Top↑