今年2月に初めて「社会人野球チームの練習見学」の為に、東広島アクアスタジアムを訪れました。

その時は午前中割と遅い時間の出立だったゆえ、タクシーを使ったりで、結構ズボラをかましたもんですが、公共交通機関で行こうと思えば行ける所。さらに今回、都市対抗野球広島県予選はAM09:00試合開始予定。ゆえに、2月とはまた違う方法での、スタジアム訪問と相成りました。

DSC_0001_201705200128519e4.jpg DSC_0006_20170520012857046.jpg
早朝05:00前の地下鉄なかもず駅。これまでこの時間帯のなかもず駅には、徒歩やタクシーを使ったりしていましたが、秋近辺に24時間100円の無人自転車置き場を発見し、有効利用する事に。

DSC_0003_20170520012852180.jpg DSC_0004_20170520012854792.jpg
しかしこのなかもず駅の上り一番電車が不思議なのは、ホームに留置してある電車が二番電車の江坂行になり、一番電車はあびこ駅かどっかから改装されてくる。まぁこの辺は「都合」でしょうけどね。

DSC_0007_20170520013234fb8.jpg DSC_0008_20170520013238ceb.jpg
05:45、地下鉄新大阪駅到着。梅田方にはエスカレーターもありますが、工事中なので階段が使えず大混雑。故になかもず駅では前の方に乗って、江坂方の階段を降りる方がかなり早くなります。

DSC_0009_201705200136585cc.jpg DSC_0010_201705200137066ef.jpg
山陽新幹線新大阪駅。東京方面に向かう「東海道新幹線」の」改札は混雑していますが、在来線と接続しているJR西日本側の改札ならびに窓口は比較的穏やか。窓口も並ばずに済みました。

DSC_0012_20170520013701257.jpg DSC_0013_20170520013709e07.jpg
乗車するは、この時間帯ではお馴染みになった博多行「ひかり441号」。停車駅は、新倉敷駅以外の、旧国鉄時代に開業した山陽新幹線の駅。新尾道駅、東広島駅、厚狭駅は通過します。こんな停車駅でも、22分後に発車する「さくら541号」には広島駅まで追いつかれないんだからスグレモノ。そして、おそらくこの列車が「最後の700系使用列車」になる可能性も無きにしも非ず。

DSC_0016_20170520014608291.jpg
今回、東広島駅まではついに、新幹線自由駅回数券を買いました。ぶっちゃけ、どこの金券ショップに行っても、新大阪~東広島のバラ売りは売ってません。それどころか持ち込んでも、需要が無いので買い取ってもらえません。ある意味、東広島駅は、山陽新幹線の秘境駅、でもあります。

DSC_0019_201705200149092e7.jpg DSC_0021_20170520014916528.jpg
07:31、三原駅到着。ここで、途中新尾道駅で追い抜いた「こだま725号」に乗り換えます。ホームの案内板は「広島・博多方面」とだけ。そらそうですよ。ここから九州新幹線直通列車には乗れないんですから。

DSC_0027_20170520014919407.jpg DSC_0026_2017052001492035a.jpg
DSC_0029_20170520015418461.jpg
07:36。後からやってきた「こだま(レールスター)725号」広島行。自由席は1~3、7、8号車。もちろん、二列シートの8号車に乗車しました。ちなみに喫煙ルームはありません。

DSC_0031_20170520015523853.jpg DSC_0034_20170520015531e15.jpg
07:47、東広島駅到着。広島方面への通勤、また東広島市内にある、広島大学への通学等でもっと賑わっているのかと思いきや、どう考えても南海高野線初芝駅の方が賑わってる。とここで、出来る事なら東広島駅構内にあるセブンイレブンで買い物を済ませておくことをお薦めします。

DSC_0035_20170520020023f38.jpg DSC_0036_2017052002002354c.jpg
前回は、東広島駅からタクシー利用でしたが、今回は朝早く、しかも通学時間帯に当たるということで、広島大学行のバスに乗車します。画像は中国ジェイアールバスですが、芸陽バスとの共同運行路線。「大学行」とは言うものの、頻繁に運転されているわけではなく、一日4往復のみ。この07:55発の便を逃すと、次は09:20となり、09:00試合開始には絶対に間に合いません。

DSC_0037_20170520020747916.jpg DSC_0038_20170520020746c77.jpg
東広島駅から約5分で「東広島運動公園」停留所到着。ちなみに、バスはガラガラでした。月曜日だったからなのか、ただ単に利用者が少ないだけなのか。そしてその前にドーンとそびえ立つのは体育館。かなり立派です。やはりこの手の「運動公園」は郊外に設けられるのが常なんでしょうね。

DSC_0039_201705200213593f5.jpg DSC_0040_20170520021406765.jpg
DSC_0041_2017052002135693f.jpg DSC_0043_201705200214057be.jpg
体育館に沿って、西に向かって歩きます。裏手には陸上競技場。4枚め画像の奥に見えているのは、多目的広場の照明塔。目指すアクアスタジアムはさらにその奥になります。

DSC_0044_20170520021759ca3.jpg DSC_0045_201705200218153c8.jpg
DSC_0046_20170520021814b64.jpg DSC_0047_20170520021818861.jpg
DSC_0048_20170520021815960.jpg DSC_0049_2017052002181745b.jpg
とにかく、緑豊かな運動公園です。ごくたまに、早朝ランニングをする人の姿も。

DSC_0051_20170520022126f3c.jpg DSC_0053_201705200221303b3.jpg
撮影しながらの徒歩なのでちょっと時間がかかってますが、おおよそ7分で、アクアスタジアムが見えてきます。ここまで来たら付いたも同然。

DSC_0054_20170520022902dda.jpg
今回は新幹線利用なので、東広島駅からとなりましたが、山陽本線からだと、西条駅前7番乗り場から、呉駅方面行バスで「三升原」停留所下車。少し歩くことになりますが、結構な便数があります。広島市内からだとこちらが便利かも知れません。また、東広島運動公園バス停は、大阪から呉、西条方面への「呉ドリーム大阪号」と言う夜行バスも停車するので比較的便利かも知れません。

DSC_0058_201705200234226b1.jpg
収容人員は3800人。両翼100メートル、センター122メートルと、サイズとしては申し分ない球場ゆえ、プロ野球オープン戦は厳しいかもしれませんが、ウエスタンリーグ公式戦等も行われてもいい、とは思います。広島東洋カープと伯和ビクトリーズの試合なら、喜んで見に行くのになぁ。

今年はここで、都市対抗野球大会の、中国地区の全てが決します。

2017.05.20 / Top↑
話が若干前後してしまいますが、去る5月8日の月曜日に、カナフレックス対JR西日本のオープン戦を観戦しに、大阪府は吹田市にある、万博記念公園野球場へ行ってきました。

大阪府北部とは言うものの、堺市からは比較的楽に行ける球場ながら、なかなか行く機会もなく、どないかして行けぬものか、と考えてたんですが、それこそ「渡りに舟」のオープン戦観戦です。

DSC_0001_201705110155422cd.jpg DSC_0002_20170511015551f99.jpg
ゴールデンウィーク明けの月曜日の南海高野線初芝駅。試合開始予定時刻は13:00と言う事で、かなりゆったりの出立。とは言うものの、両チームの準備が整えば予定時刻よりも早く始まる事の多い社会人野球の試合。早く出る事にこした事はありません。

DSC_0004_2017051101554533d.jpg DSC_0005_20170511015549e86.jpg
DSC_0007_201705110155430a6.jpg DSC_0008_2017051101554741f.jpg
吹田市まで何で出るか、がまず考えどころですが、慌ただしく乗り換えを繰り返すのもアレなので、無難に中百舌鳥駅から地下鉄御堂筋線、そしてそのまま北大阪急行線で千里中央駅へ参ります。

DSC_0009_20170511020028c85.jpg DSC_0010_201705110200319f1.jpg
DSC_0012_20170511020029cc8.jpg DSC_0013_20170511020025e8b.jpg
所要時間はおおよそ50分。十数年ぶりの、北大阪急行千里中央駅到着。2フロア吹き抜けのなかなか洒落た造り。地下鉄電車をこんな角度から見る事が出来る駅もそうそうないかと思われます。改札口を出て、電車が来た方向、南に向かいます。順路は割とややこしいです。

DSC_0015_201705110201268e5.jpg DSC_0016_2017051102012703f.jpg
駅の外に出て、ショッピングモールを通り抜けてだいたい5分かそこら、歩く事になります。

DSC_0018_20170511020355e2d.jpg DSC_0019_20170511020400ea0.jpg
DSC_0023_20170511020543ad2.jpg
ここからは、これも何年ぶりかの「大阪モノレール」乗車。大阪モノレールの経営会社は「大阪高速鉄道」。主要株主は大阪府。その他に阪急電鉄、京阪電鉄等も名を連ねていますが、駅構内の造作は何となく洒落た雰囲気、阪急電車の駅を思い起こさせます。

DSC_0021_2017051102044535a.jpg DSC_0027_2017051102045052a.jpg
かつては営業キロ数世界一を誇った大阪モノレール。そして、高架線とは言え丘陵地帯を駆け抜けるので、軌道の造りもなかなかダイナミック。

DSC_0029_201705110206545d6.jpg DSC_0030_20170511020709738.jpg
DSC_0031_20170511020706d94.jpg DSC_0033_201705110207070cb.jpg
目的地の「万博記念公園駅」は千里中央駅から2つ先。手前には車庫を見ることが出来ます。またここからは、モノレールには珍しい支線(通称:彩都線)が分岐しています。

DSC_0036_20170511020746209.jpg
駅を出て左に行くと、セブンイレブンがあります。食糧調達ならここがよいかと思われます。

DSC_0037_20170511020831441.jpg DSC_0039_201705110208367e3.jpg
そのセブンイレブンの前の道をそのまま進みます。その先では大阪モノレールの軌道の分岐の様子を、さらにその北側には、大阪万博の象徴でもある「太陽の塔」を見ることが出来ます。昭和45年の大阪万博の際には、この付近に、北大阪急行「万国博中央口駅」が半年間だけ設置されていました。

DSC_0040_20170511020937344.jpg DSC_0042_20170511020943224.jpg
2015年に、エキスポランドの跡地にオープンした「EXPOCITY」の敷地を通ります。

DSC_0045_20170511021040aa5.jpg DSC_0046_2017051102104658e.jpg
DSC_0047_20170511021050f84.jpg DSC_0048_20170511021053d40.jpg
後はしばらく、大阪モノレールの軌道の横を歩きます。歩行者・自転車専用道路になっています。ところどころに「万博記念競技場」とか「ガンバ大阪:クラブハウス」と言った案内があります。

DSC_0050_20170511021206918.jpg DSC_0051_20170511021205dc7.jpg
DSC_0052_201705110212089d7.jpg DSC_0054_2017051102120989a.jpg
小さな陸橋を渡り終えると、ささやかな木立の向こうに、目指す「野球場」が見えてきます。

DSC_0056_20170511021313ab3.jpg
高さがそんなにないので、パッと見、野球場には見えません。

DSC_0058_201705110213172b5.jpg
小さなトンネルみたいなのがありますが、これはどうやら管理事務所その他への入口のようです。

DSC_0059_2017051102155876c.jpg
一般人はこちらから。建物はもしかしたら「チケットブース」か何かだと思われます。

DSC_0063_201705110215584ae.jpg
球場に入ってみます。グラウンドは内野が土、外野は天然芝。外野席の向こうにも木立があり、自然豊かな球場です。ただし、「逃げ場」が全くといって良いほどないので、日焼け対策は十分に。球場の構造としては、丘陵地帯の小山を開削して、主要設備を追加した「掘り下げ式」の球場。

DSC_0328_20170510031519648.jpg DSC_0329_20170510031532686.jpg
目を引くのはグラウンドへの散水設備。全自動になっています。

DSC_0061_20170511021653ad4.jpg DSC_0062_2017051102165629a.jpg
スタンドは全面芝生席。舗装されたコンコースがありますが、外野はどこまで行けるのか。

DSC_0064_2017051102174096a.jpg
バックネット裏最上段には飲料水の自動販売機が1台。自動販売機は球場外、先ほど通ってきた通路の傍らにもあります。また喫煙コーナーもそこに併設されています。飲むモノはそこそこあります。

DSC_2164_20170511021919fc6.jpg DSC_2163_20170511021929e0d.jpg
トイレはその喫煙コーナーの側、もしくはスタンドを少し降りた所にもあります。

DSC_0066_20170511022132cd2.jpg DSC_0067_20170511022140bbf.jpg
センター120メートル、両翼90メートル。現在の基準からしたらかなり狭いです。

DSC_0071_201705110222341b8.jpg DSC_0091_20170511022236ca6.jpg
内野スタンドの様子。シロツメクサが満開。こんな雰囲気の中で野球観戦をしたのは後にも先にも初めて。ただし雨上がりは悲惨な事になるかと思います。超の付く好天でよかった良かった。

DSC_0065_2017051102242632d.jpg DSC_0070_20170511022428c8d.jpg
スコアボードは磁気反転式。ボールカウントは昔懐かしい「SBO」。しかし、何人来場者があるか分からんような、月曜日昼間のオープン戦にも関わらず、点灯・表示して下さったのカナフレックス野球部関係者の皆様にはただただ感謝。本当にありがとうございました。

DSC_2162_201705110219284e4.jpg DSC_2161_20170511021930aec.jpg
内野のフェンス割りと低くなっており、さらにはスタンドとホームベース付近がかなり近いので、選手を撮影するには好都合。ただし、バックネットも同じく低いので、ファウルフライには御注意を。

DSC_2168_20170511022709c51.jpg
開場は万国博覧会終了後の昭和49年。その頃から大して変わってないものと思われます。しかしながら現在でも、高校野球の大阪大会や、阪神大学野球のリーグ戦が行われたりしています。

舞洲ベースボールスタジアムや、南港中央野球場などと、設備面を比較すると、照明設備がない、また開場から40年を越えて、各設備の陳腐化が目立ちますが、出来る事ならこの雰囲気だけは維持していただきたい。また機会があれば今度は、寝っ転がってのんびり観戦でも、と考えております。

2017.05.11 / Top↑