まだ4月なのに、早くも今年3度目の四国上陸となりました。もうここまで来たら「誰かに呼ばれている」としか言い様がありません。しかも今回は、大阪湾を挟んで対岸どころか愛媛県・松山。

で、松山中央公園野球場、通称「坊っちゃんスタジアム」なんですが、過去に一度だけ、プロ野球公式戦観戦の為に立ち寄った事がありますが、その時の野球観戦はあくまで「ついでに」。今回は我が家から、ただひたすら坊っちゃんスタジアム だ け を目指した「野球旅」と相成りました。


観に行ったのが「水曜日」ともなるとコレは外せません。

DSC_0001_20170414034947ffa.jpg DSC_0003_20170414034933287.jpg
DSC_0006_20170414034946e9a.jpg DSC_0007_20170414034951196.jpg
いきなりですが新大阪駅。自宅からここまでは心底「撮るものも撮りあえず」のプチダッシュの繰り返し。発車15分前に「さくら541号」と、岡山駅で乗り換える在来線特急「しおかぜ1号」の指定席を確保。さすがに週半ばともなると空席が目立ちます。新大阪駅構内も比較的穏やかです。

DSC_0008_20170414035055ea9.jpg DSC_0012_20170414035052725.jpg
DSC_0013_2017041403505700b.jpg DSC_0015_2017041403510068e.jpg
50分で岡山駅到着。ここで松山行特急「しおかぜ1号」に乗り換えインターバル8分。在来線特急に、始発駅から終着駅まで乗車するのはいつ以来か、覚えてないくらい久しぶり、でございます。

DSC_0016_201704140352089a6.jpg DSC_0018_201704140352085dd.jpg
DSC_0019_201704140352071fe.jpg DSC_0020_20170414035203bae.jpg
07:54、宇多津駅到着。ここで、高松駅から来る特急「いちづち1号(3両編成)」を連結し、堂々の8両編成で松山駅へ向かいます。そう言えば、在来線特急の分割併合作業ってのも、なかなかお目にかかれなくなりました。ゆえに「やわやわ」て言葉も、あまり耳にしなくなりました。

DSC_0039_201704140354580c2.jpg DSC_0037_20170414035510e13.jpg
DSC_0033_20170414035512985.jpg DSC_0036_20170414035512826.jpg
10:05、松山駅到着。駅名表示板には、愛媛マンダリンパイレーツのマスコット「 マッピー」が描かれています。1番線ホームに到着した「しおかせ・いちづち1号」の宇和島寄りには、乗り換えの特急「宇和海1号」が入線。こういう形で特急の乗り換えをする駅ってのも今となっては珍しいです。

DSC_0043_20170414040150b6b.jpg DSC_0042_2017041404015635a.jpg
松山駅の西側に広がる「JR四国松山運転所」。駅ホームから運転所が見える駅も少なくなりました。松山駅周辺は高架化工事が進捗中で、いずれ松山運転所も、北伊予~伊予横田間に移転お予定だそうです。停車中の電車は、「SETOUCHI STREAM EXPRESS」8600系特急用電車。

DSC_0041_20170414041013e47.jpg
松山駅から先は、伊予市駅まで電化されていますが、乗車する列車はディーゼルカー。伊予大洲行普通列車は、国鉄最終年度の予算で誕生した、キハ54のワンマンカー。

DSC_0048_2017041404134841d.jpg 
DSC_0044_201704140414426ff.jpg DSC_0046_201704140414496a0.jpg
目指す坊っちゃんスタジアムは、次の駅「市坪駅」で下車。所要時間は4分。駅は短いホームが向かい合わせにあるだけ。しかしながら、プロ野球開催時のい臨時列車運転の折り返しに使うためか、伊予市方に引込線が用意されています。また多客時には特急列車の臨時停車もあります。

DSC_0050_20170414041812804.jpg
振り返れば、そこはもう「坊っちゃんスタジアム」。駅徒歩1分、どころの話ではありません。

DSC_0064_20170414041938464.jpg
ただ、あまりにもでかいので、スタジアムを見て回るのは「無理」でした。さすが、四国4県最初の3万人収容のスタジアム。過去にはここでオールスターゲームも行われました。

DSC_0055_20170414042058884.jpg DSC_0056_201704140421063fe.jpg
さすがに球場周辺は広く取られており、こうやってウォーミングアップをするにも最適。

DSC_0058_20170414042422630.jpg DSC_0059_20170414042414b9a.jpg
東京ヤクルトスワローズの秋季キャンプ地としても知られており、周辺には記念碑等も。ここでの最大の出来事と言えばやはり、古田敦也の2000本安打達成、でしょう。

DSC_0063_20170415025617847.jpg DSC_0062_201704150256080a4.jpg
表題の「の・ぼーる」についての石碑。命名したと言われる正岡子規の幼名にちなんだものではありますが、よくよく考えれば「アンパン」みたいな感じでやや違和感も感じます。ただ、歴史のある言葉に変わりはありません。そこに、夏目漱石の「坊っちゃん」を絡めた命名。なかなか粋な」もんだとは思います。

DSC_0057_2017041502591519e.jpg DSC_0065_2017041502591176a.jpg
「開場」は11:00。待つ人も少なく(お察しください)、ちょっと寂しい開場ではありますが、この先には、日本選手権出場権をかけた熱い戦いが待っています。

DSC_0067_20170415030302c1b.jpg
さすがに、収容人員3万人規模のスタジアムには圧倒されます。通常なら試合開始までに、色んな所を見て回るのが常ですが、それどころではありませんでした。もっとも、毎年のようにプロ野球公式戦が行われているので、改めてアレコレ言うのも野暮、ってもんだとは思います。

内野はクレー舗装(つまりは土)、ファウルゾーンは人工芝、外野は天然芝です。

DSC_0068_20170415030536409.jpg DSC_0069_20170415030543b87.jpg
2005年の公式戦観客動員数の実数発表か実施されて以降、30000万人を動員した試合はないようです。最高はどうやら、2002年のオールスターゲーム(27063人 オールスターゲームは実数発表)のようですが、そんなスタジアムをもっと活用する手段はないものかなぁ、などと。

DSC_0075_20170415031822577.jpg
今回は「勢い余って」来てしまったようなもんです。そして前回の訪問も「ついでだから:」ってんで観に行ったようなもんなので、あまり落ち着いてスタジアムを見て回ってません。四国アイランドリーグ等も行われているので、また一度「腰を据えて」観戦に来たいスタジアム、ではあります。

以上!


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2017.04.15 / Top↑
事ある毎に、と言うか四国地方に渡る度に、こんなタイトルにしていますが、これまでに立ち寄った事のあるのは、鶏足山宝幢院金倉寺しかありません。その前に「球場八十八箇所」を成し遂げねば。

と言う事で2月27日に、JR四国硬式野球部対関メディスポーツ学院のオープン戦を観戦に行ってまいりました。そして何と、二週連続どころか、中4日での四国上陸と相成りました。

とは言え、乗車するバス会社こそ違うものの、走行ルートは、昨年観戦に訪れた志度総合運動公園野球場に向かう際の経路と全く同じ。違うのは行き先、しかしながらと同様「さぬき市内」。しかしながらこう言う「球場」が市内に二つもあるのも、その手のモノが全くない堺市民からしたら羨ましい限り。

そんな香川県さぬき市、2つ目の球場、さぬき市津田総合公園野球場への道です。


毎度おなじみ(にしようと思ってる)のこれ。初観戦の球場の際は作ります。

DSC_0001_201702272216010c1.jpg DSC_0003_20170227221603054.jpg
おはようございます通勤ラッシュ間近の南海高野線初芝駅。

DSC_0005_20170227221842d7c.jpg DSC_0006_2017022722190700a.jpg
おはようございます通勤ラッシュの始まった南海難波駅。

DSC_0008_20170227221857cc7.jpg DSC_0009_20170227221907995.jpg
おはようございます湊町バスターミナル。梅田近辺まで出るのもいいんですが、どっちにしろ乗るバスは同じ。OCATは既に、関西国際空港へのアプローチと言うよりも、ただの高速バスターミナル。個人的には「四国への架け橋」そして「死国への玄関口」。乗車するは「高松エクスプレス大阪3号」。

DSC_0011_20170227222016f1a.jpg DSC_0012_2017022722201746e.jpg
このバス、嗚呼バス、この響きバス。我々を四国へと誘うこの「ビー・ユー・エス」の響き、バス。

DSC_0013_201702272223092ac.jpg DSC_0015_20170227222307cc0.jpg
DSC_0021_201702272223028bd.jpg DSC_0022_2017022722225547c.jpg
毎度毎度、明石海峡大橋・鳴門海峡大橋を渡ってはいますが、初めてこのルートのバスに乗車した時「本当に2時間やそこらで着くんかいな」と思ったもんです。それだけこの「橋」の威力は絶大。

DSC_0023_2017022722252606c.jpg DSC_0026_20170227222445677.jpg
DSC_0029_20170227222523d6b.jpg DSC_0030_20170227222529f9b.jpg
10:20、高松自動車道津田の松原サービスエリアのすぐ横にある「津田バスストップ」に到着。供食設備は万全。ちなみに昨年、10月に下車した「志度バスストップ」の、ひとつ大阪寄りになります。そして、津田総合公園野球場への高速道路での最寄りのインターチェンジは、ここから5分ほど西にある、津田寒川インターチェンジになります。そこに停留所があれば良かったんですけどねぇ。

DSC_0034_201702272227582f6.jpg DSC_0039_2017022722275003b.jpg
DSC_0042_201702272227569fd.jpg DSC_0043_20170227222757c6a.jpg
ここからはタクシーを利用します。事前に予約をしておきました。ちなみに歩くと1時間程度かかる模様。さすがにそれをやっちゃうと本当に「お遍路さん」になってしまうゆえ。

DSC_0044_20170227223206105.jpg DSC_0073_201702272232128e1.jpg
おおよそ10分程度で到着します。タクシー運賃で1600円前後。レフト後方の駐車場まで入れます。猪出没注意の看板があります。そんなに山奥、と言う感じはしないんですけどね。

DSC_0075_20170227223526e47.jpg DSC_0046_20170227223527883.jpg
球場周囲は周回道路になっています。ライト、と言うか一塁側後方にも駐車場があります。

DSC_0049_20170227223727b4b.jpg DSC_0051_20170227223721dc7.jpg
その途中にある、公園管理事務所とトイレ。

DSC_0061_2017022722463382b.jpg DSC_0059_20170227223918498.jpg
球場の裏手にさぬき市の一般廃棄物処理施設「津田クリーンセンター」があるんですが、そこの取り付け道路に昇ると、このような構図が撮影出来ます。数年前までは「アークバリアbaseball park 津田」という名前だったようですが、現在は使われてないようです、が実際の所どうなんでしょう。

DSC_0052_2017022722492112c.jpg DSC_0079_20170227224936bda.jpg
さて、球場に入ってみましょう。スタンドの端を含め、5箇所ほど入口がありますが、いずれも数段の階段のみでスタンドにたどり着く事が出来ます。

DSC_0054_2017022722562085b.jpg DSC_0056_201702272256140eb.jpg
まずグラウンド方向なんですが、バックネット以外にも二重、前の方ではごく一部三重に金網が張り巡らされ、決して「見やすい」とは言い難いです。恐らく増設増設を繰り返した結果、こうなったんだとは思いますが、ぶっちゃけ、ビデオカメラの設置位置に難儀しました。

DSC_0076_201702272300531ea.jpg DSC_0050_20170227230103b62.jpg
これは、来る途中の三塁側の様子。フェンスの真後ろに防球ネットが設置されていますが、カブリツキで見たい方にはちょっと狭いスペース。立ち入り禁止ではないようですが。観戦環境としてはあまりよろしくありません。防球ネット後方に古いベンチも置かれていますが、倒されていました。

DSC_0062_201702272303460fe.jpg DSC_0065_20170227230339694.jpg
グラウンドは上記写真のように内野が土、外野が天然芝。両翼92m、センター120m。

DSC_0066_2017022723082861d.jpg
スコアボードはよそでは見ない「台形」。しかしこれだけのスペースながら、表示されるのはチーム名とランニングスコアのみ。すっかり掠れてしまっている「アークバリアbaseball park 津田」の頃に何らかの計画があったんでしょうか。そのアークバリアは現在、硬式野球部を運営しています。

DSC_0071_201702272313116f2.jpg DSC_0072_2017022723132874e.jpg
照明塔は6基揃っていますが、ナイトゲームを行うのには不向きな照度、かと思われます。スペースの都合でしょうか、ライト側の照明塔は、周回道路のさらに外側に建てられています。ちなみに外野に「観覧スペースはありません。フェンス際に立っての観戦となります。

DSC_1885_20170227231918065.jpg DSC_1890_20170227231917dfb.jpg
グラウンドの規格がひと昔前のサイズゆえ、コンパクトな印象を受けます。グラウンドとスタンドを仕切るフェンスも金網も低く、決して観戦しづらい球場ではない、とは思うんですが、そこかしこに張り巡らされた第二・第三のネットのせいで損をしている部分もいくらかあるかと思われます。長閑な所にあるだけに、この複数の金網がちょっと異様な雰囲気を醸し出しています。いっぺん全てのネットを取り払って、再構築したほうがいいような気もしますがいかがでしょうか――――――。


何でや!カープ関係ないやろ!と思われるかも知れませんが、クリック頂ければ幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2017.03.01 / Top↑