第45回社会人野球日本選手権開幕を週末に控えた10月23日。大阪市住之江区にある「大阪市南港中央野球場」に、マツゲン箕島硬式野球部対佛教大学のオープン戦を観戦に行って来ました。

大阪市内の野球場としては、舞洲ベースボールスタジアムがありますが、ここ南港公園野球場も、高校野球大阪府予選の他、関西学生・関西六大学・近畿学生・阪神六大学の公式戦も行われており、名前は聞いた事はありますが、これまで訪れた事はありませんでした。

最寄り駅は、大阪メトロ四つ橋線住之江公園駅から出ている「南港ポートタウン線(俗に言うニュートラム)」のポートタウン東駅。これを使えば簡単に行けるんですが、我が家からは遠回り。しかしながら乗り換え1度で済み、さらには若干安上がりのルートを見つけたので「それ」を使いました。

DSC_0001_20191024023805fa2.jpg DSC_0003_20191024023811de6.jpg
おはようございます毎度お馴染み南海高野線初芝駅。試合開始予定時刻は13:30、さらには予想でおおよそ1時間で到着なので、野球観戦に出かける時間としてはかなり遅めとなっています。

DSC_0004_20191024023807549.jpg DSC_0005_201910240238160cf.jpg
約10分で堺東駅到着。

DSC_0010_201910240239042e1.jpg DSC_0006_20191024023919247.jpg
DSC_0015_20191024023914336.jpg DSC_0018_20191024023919592.jpg
ここからは南海バス「堺・南港線」のお世話になります。平日の日中は40分に1本と言う頻度ですが、朝夕ラッシュ時には10~15分に1本、土曜休日は終日30分に1本と言う頻度。運賃は510円。堺東駅前バスターミナルの3番乗り場から発車します。

DSC_0011_20191024023950488.jpg
南海バスには「全線1日フリーカード(1050円)」と言う乗車券があるので、さっそく使用。今回は、往復で使っても元は取れませんが、話のネタとして。すぐ側にある案内所で発売しています。

DSC_0023_2019102402402584f.jpg
使用されるバスは二種類。往路は通常の路線バスタイプ。系統が幾つかあり、ATCやコスモタワー、海遊館、インテックス大阪などを経由して、堺市内に戻って来る系統、そして目的地往復などいろいろあるようです。そんなに遠くまで行かんので関係ないですが、いずれは使用する事もあるかな。

DSC_0025_20191024024032ba0.jpg DSC_0024_20191024024030e74.jpg
そして、この「堺・南港線」の目玉(と言うか「それ魅力」)と言えば、途中、短い区間ながらも「阪神高速道路4号湾岸線」を走る事。ゆえに走行中はシートベルトは必須となっています。これは道路交通法で定められていますので厳守です。路線バスタイプの車両でしたが、シートベルトがちゃんと装備されていました。

DSC_0028_20191024024106d12.jpg DSC_0030_2019102402411180c.jpg
大小路通りを西に進み、南海本線堺駅前に停車します。

DSC_0033_20191024024143bf1.jpg DSC_0034_20191024024148539.jpg
DSC_0035_201910240241531fe.jpg DSC_0039_20191024024156d86.jpg
堺駅前発車後さらに西進、阪神高速道路大浜出入口を入り、南港南出入口を目指します。

DSC_0042_20191024024233775.jpg DSC_0045_201910240242386e2.jpg
DSC_0050_201910240242485d0.jpg DSC_0052_20191024024247837.jpg
大阪南港を通っていると言う事で、さすがに大型トラックが目立ちます。私自身は運転免許を所持していないので、こんな所を路線バスで走るとなるとワクワクします。

DSC_0054_20191024024540ded.jpg DSC_0055_2019102402454835b.jpg
DSC_0056_20191024024552ec7.jpg DSC_0057_20191024024612bcd.jpg
DSC_0058_201910240246050a4.jpg DSC_0062_2019102402460728b.jpg
堺東駅前発車後約20分で南港南出口に到着。しばらくは阪神高速道路の下を走ります。

DSC_0063_20191024024708ab0.jpg DSC_0067_2019102402471308d.jpg
やがて阪神高速道路湾岸線が右に曲がると、今度はニュートラムが近付いてきます。

DSC_0071_201910240247588a9.jpg DSC_0074_201910240248092cf.jpg
定刻よりほんの少しだけ遅れましたが無事、ポートタウン東駅前バスターミナルに到着しました。

DSC_0077_201910240248123c3.jpg DSC_0078_20191024024808a14.jpg
南海バスの他に、神戸三宮から関西国際空港に向かうリムジンバス(神姫バス)が、だいたい1時間に1本発着します。しかしながら平日のせいか、降車するお客さんがないまま出発して行きました。

DSC_0081_2019102402491199e.jpg DSC_0084_20191024024920ca0.jpg DSC_0083_20191024024916396.jpg
それ以上にこのポートタウン東駅前バスターミナル。すべての設備が老朽化し、使用されなくなったバス停表示も放置。さらにロータリーや、ニュートラムの駅に続くであろう階段は雑草が生え放題。帰路もここからバスに乗車しましたが、待ち時間は蚊との格闘。ちょっとこれはどないかならん蚊。

DSC_0085_20191024025005e44.jpg DSC_0089_20191024025009f9c.jpg
DSC_0090_20191024025013ccb.jpg DSC_0096_20191024025017aeb.jpg
そして、目指す南港中央野球場は、バスターミナルのすぐ向かいにあるんですが、側に横断歩道がないと言う造り。ひとまずバスターミナル北側にある信号を渡って、少しだけ戻ります。

DSC_0097_20191024025051618.jpg DSC_0099_20191024025103e53.jpg
本来の入り口はどこかは分かりませんが、ひとまず入り口。緩やかな階段を昇ります。

DSC_0101_20191024025108177.jpg DSC_0102_201910240251075d0.jpg
昇ってすぐの所に、かなり色褪せた案内板。

DSC_0103_201910240251575d5.jpg DSC_0105_20191024025212248.jpg
そのすぐ右手に、目指す南港中央野球場があります。バスターミナルからだいたい5分程度。

DSC_0106_20191024025215548.jpg DSC_0108_20191024025210408.jpg
左に回って野球場正面。

DSC_0111_20191024025223b34.jpg DSC_0110_201910240252220b3.jpg
正面には飲料水の自動販売機があります。

DSC_0113_2019102402532930c.jpg DSC_0116_20191024025339b1a.jpg
DSC_0117_201910240253440b1.jpg DSC_0118_201910240253442f1.jpg
どこから入場すればよいのか分からなかった、と言うか一塁側三塁側ともに、内野スタンドへの入り口が閉鎖されていたので、管理事務所て問うてみたところ、正面関係者入り口からになりました。

DSC_0133_20191024025421c54.jpg DSC_0132_2019102402542679d.jpg
スタンド下の言わばコンコース。ここにも自動販売機があります。さらにはトイレ、喫煙所など。

DSC_0119_2019102402555571f.jpg
内野スタンド最上段よりの眺め。

DSC_0120_20191024025707a27.jpg DSC_0121_20191024025719796.jpg
スタンドは、バックネット裏付近は背もたれ付きのシート。以降ダッグアウト付近はベンチシート。おそらく高校野球の中継用でしょう、テレビカメラ設置場所らしきスペースもあります。

DSC_0140_20191024025716038.jpg DSC_0161_20191024025722452.jpg
バックネット裏席最上段には、申し訳程度の日除け。その下にはボールカウント表示があります。

DSC_0130_2019102402593298e.jpg DSC_0137_20191024025944d34.jpg
外野席は天然芝です。ここだけで6000人収容との事ですが、若干傾斜がきついような気も。

DSC_0141_20191024025941da1.jpg DSC_0147_20191024025948d40.jpg
フィールドは全面人工芝。内野と外野で仕様が違うようです。各ベース付近は赤土が入っています。

DSC_0154_20191024030034af8.jpg DSC_0155_20191024030046090.jpg
そして目を引くのは、ダッグアウト周辺からホームベース付近のファウルゾーンがかなり広いこと。ファウルボールはしっかり追えますが、バッテリーミスなどしようものならえらい事になりそうです。

DSC_0149_20191024030049a22.jpg DSC_0151_2019102403004410f.jpg
両翼98メートル、センター122メートル。竣工は1995年なので、国際企画になっています。

DSC_0128_201910240301415f0.jpg DSC_0129_20191024030146214.jpg DSC_0135_20191024030145c73.jpg
照明塔は内外野計6基。バッテリー間の最大照度は2000ルクスなので、ナイトゲームも可能。

DSC_2268_20191024030242109.jpg DSC_3574_201910240302452a4.jpg
スコアボードは電光掲示式ですが、フルカラーでの表示も可能。ただしこの日はオープン戦だったせいか、そのポテンシャルをフルに発揮する事もないまま、ゲームセットと共に消されてしまいました。



現在は、関西独立リーグ・堺シュライクスの「仮本拠地」になっていますが、かつて大阪球場の老朽化が問題になった1980年代。当時の南海ホークス(現:祝!福岡ソフトバンクホークス日本シリーズ3連覇)の新本拠地として挙げられていた候補地の中に、ここ南港中央野球場があったとか。

もしそれが現実のものになっていたら、3万人収容のスタジアムになっていたとか。何にしろ、1989年にホークスが玄界灘に飛び去ってしまったので、今となっては夢物語になってしまいました。

来年2020年には、堺市中区原池公園に、新しいスタジアムが完成します。11月には周辺道路などの整備も終わり、来年4月には「引き渡し」とか。此花区にある、舞洲ベースボールスタジアムよりも1年だけ早く開場した南港中央野球場。いずれは何らかの手は加わるのかどうか、期待します。

2019.10.25 / Top↑
先日10月21日、JR西日本硬式野球部とJFE西日本硬式野球部の壮行試合を観戦しに、広島県は三次市にある「みよし運動公園野球場(三次きんさいスタジアム)」まで行ってきました。

訪れるのは丸々6年ぶり。2013年に訪れた際は、当時広島市内在住の長年の盟友一家との移動でしたが、純粋に大阪・堺市の我が家から、ただただきんさいスタジアムを目指すのは初の試み。

昨年の台風21号で普通になった、広島駅と三次駅を結ぶ、JR芸備線の全線復旧工事完了を二日後に控えた日ではありましたが、試合があるとなるとそんなモノは関係なし。思い付くだけの公共交通機関を全て駆使しての三次入りとなりました。尤も、何使おうが遠い、っちゅうたら遠いんですが。

DSC_0001_2019102201253075d.jpg DSC_0002_201910220125521a0.jpg DSC_0003_20191022012556e31.jpg
DSC_0004_20191022012551251.jpg DSC_0006_201910220125543e5.jpg DSC_0007_20191022012552630.jpg
おはようございます大阪メトロなかもず駅。ここまでは当然「ママチャリトレーニング」です。

DSC_0008_2019102201284210d.jpg DSC_0009_20191022012903166.jpg
DSC_0010_20191022012847c96.jpg DSC_0011_201910220128555ea.jpg
月曜日朝06:00前の新大阪駅コンコース。これが日常なんですが、いったいどこからこれだけの人が集まってくるのか?と思わせるくらいの人だかり。正直、各種売店でモノは買ってられません。

DSC_0015_20191022012709945.jpg DSC_0016_20191022012653a15.jpg DSC_0017_2019102201265926d.jpg
DSC_0019_2019102201270128d.jpg DSC_0021_201910220127049fa.jpg DSC_0022_20191022012710f25.jpg
おはようございます山陽新幹線新大阪駅毎度お馴染み20番線ホーム。そして乗車するは、多分最後の「白い700系」運用になるであろう「ひかり441号」。東海道新幹線では2019年度中の引退が決定しており、現在定期列車は、下り1本上り2本の「こだま」だけになってしまいました。

DSC_0026_20191022012906681.jpg DSC_0027_20191022012910c01.jpg
07:50。無事、毎度お馴染み広島駅到着。

DSC_0028_20191022012911ed2.jpg DSC_0029_201910220129097aa.jpg
ここからはかなりの綱渡り。07:56発岩国行普通列車で新白島駅までいく予定が、以外にもスムーズに歩けたので、07:53発可部線緑井行普通列車に乗車する事が出来ました。やれやれ。

DSC_0031_201910220131196e7.jpg DSC_0032_20191022013132640.jpg
DSC_0033_2019102201313083b.jpg DSC_0034_20191022013132190.jpg
07:56新白島駅到着。三次駅経由庄原バスセンター行の高速バスの発車予定時刻は08:08。わりと余裕が出来たので、アストラムラインの新白島駅に立ち寄ってPASPYに幾らかチャージ。後で知ったんですが、バス車内でも「高額紙幣」でチャージできるようです。

DSC_0035_201910220132206e6.jpg DSC_0037_20191022013226f00.jpg
DSC_0039_201910220132352b9.jpg DSC_0040_20191022013235c53.jpg
庄原・東城バスセンター方面行のバス乗り場は、JR新白島駅に通じる跨線橋を降りて少し歩いた所。JRからもアストラムラインからも、5分あれば十分乗り換える事が出来ると思われます。

DSC_0045_20191022013324c71.jpg DSC_0048_20191022013329bd4.jpg
ほんの少しだけ遅れて、08:08発東城バスセンター行到着。広電バスと備北交通の共同運行。ICOCAやPASPYはじめ、共通利用出来る全ての交通系ICカード乗車券が使用出来ます。

DSC_0053_20191022013424869.jpg DSC_0056_20191022013428ae6.jpg
インターチェンジを降りての停留所、また道路上の停留所にも比較的こまめに停車します。名神高速バスでは一時、数多くの停留所が廃止になりましたが、ここ中国自動車道上ではまだまだ貴重な足。

DSC_0058_20191022013516e33.jpg DSC_0059_201910220135191b6.jpg
残念なのは、この高速路線バス、三次きんさいスタジアム至近の「三次インターチェンジ」に停留所がないこと。三次市内路線バスにはあるので、停車すれば双方とも比較的本数があるので、スタジアムへのアクセスとしては上位になるとは思うんですが、それだけの試合がないのがちょっと残念。

DSC_0061_201910220136475c4.jpg DSC_0062_20191022013649553.jpg
定刻より数分遅れて09:38三次駅到着。

DSC_0064_201910220137201f1.jpg DSC_0065_201910220137301b5.jpg DSC_0067_20191022013728a15.jpg
高速バスの本来の到着時刻は09:35。そして09:37発の三次工業団地方面行に乗り換える手はずにしてはいたんですが、若干の遅れで絶望感に浸っていたところ、えらく小さなバスいかにも「遅れてすんませーん」と言わんばかりに1番乗り場に到着。「たぶんこれ」と思い即乗車。

0069 0070
DSC_0069_2019102201380883a.jpg DSC_0070_201910220138124cd.jpg
時刻表通り12分かけて「三次中央病院前」到着。

DSC_0072_20191022013857002.jpg DSC_0071_201910220139019df.jpg
停留所には屋根がついているので、そのまま病院入り口に向かって歩くと、横断歩道があるので渡ります。交通量はさほど多くはありませんが、信号機がないのでご注意ください。

DSC_0074_20191022013945873.jpg DSC_0075_201910220139565f0.jpg DSC_0076_20191022013956e31.jpg
横断歩道を渡ったらひたすら直進。右手にはテニスコートと「MIYOSHI DOME」。

DSC_0079_20191022014029083.jpg DSC_0080_2019102201403918e.jpg DSC_0081_201910220140371e0.jpg
突き当たりを右折すると、その先に「きんさいスタジアム」が見えます。

DSC_0083_20191022014125957.jpg DSC_0085_20191022014133cac.jpg
DSC_0086_20191022014137d84.jpg DSC_0089_20191022014141df4.jpg
途中左手にある陸上競技塲。きんさいスタジアムとこの陸上競技塲が、東京オリンピックメキシコ選手団の事前合宿地になるそうで。もうかなり標高が高いのか、本格的に紅葉が始まっています。

DSC_0091_201910220142104d4.jpg DSC_0092_20191022014215960.jpg
三次中央病院前の停留所からダラダラ歩くこと約10分。三次きんさいスタジアム到着。

DSC_0128_201910220143043ed.jpg 
DSC_0155_20191022014329e12.jpg DSC_0156_201910220143341db.jpg
この日の試合開始前のスコアボードには、JFE西日本・河野竜生投手、JR西日本・佐藤直樹外野手の、ドラフト指名を祝福するメッセージが表示されていました。なかなか粋な事をしてくれます。

DSC_0336_20191022014500f1a.jpg DSC_0251_20191022014502427.jpg
しかしこのメンバー表示の部分を使用したメッセージ。縦書きではやや見にくい、と言う事になったのか、途中で横書きに改められていました。「ホークス」と「日本ハム」が4文字ゆえ、成せる技。

DSC_5594_201910230145219d3.jpg DSC_5597_20191023014526b5c.jpg
そして、試合は無事終わりました。帰りましょう(帰りましょう)。大事なので2回書きました。

DSC_5598_20191023014617fc0.jpg DSC_5601_2019102301462060d.jpg
三次中央病院前からは、備北交通と中国バスが出ています。16:18発三次駅行に乗車します。

DSC_5602_201910230146563bd.jpg DSC_5604_20191023014700f5b.jpg
三次駅到着。駅前バスターミナルの端から、芸備線の代行バスが発車しています。これもあと2日。

DSC_5625_2019102301474350b.jpg DSC_5605_201910230147476fa.jpg
しばし時間があるので、三次駅周辺を見て回る事にしました。駅舎には最近流行りの「セブンイレブンキオスク」が併設されています。駅入り口には、運転再開を祝う幟が立てられていました。

DSC_5626_20191023014824eb2.jpg DSC_5624_201910230148292b2.jpg
乗客もかなり減ったんでしょう、改札口もすっかりコンパクトになってしまいました。そして、駅舎には、芸備線備後落合~三次間、福塩線府中~塩町間を管理する「三次鉄道部」が併設されています。

DSC_5608_20191023014907325.jpg DSC_5609_201910230150102f9.jpg
駅東側には、南北自由通路も新設されています。その自由通路から見た駅構内。構内にはかつて「三次機関区」があり、2016年までは古い転車台が残されていましたが、東武鉄道に譲渡されて、今ではただの空き地になり、車両を留置するたくさんの側線も、今ではガラガラになりました。左は塩町駅方面、右は備後落合方面。右画像奥に、廃止された三江線の線路跡が見えています。
DSC_5611_201910230152474af.jpg DSC_5616_2019102301530087d.jpg
DSC_5617_20191023015337c61.jpg DSC_5622_20191023015258703.jpg
自由通路を降りて、少しだけ留置中のディーゼルカーを。運転台窓下には「がんばろう芸備線」。

DSC_5627_20191023015504de2.jpg DSC_5628_20191023015507ea3.jpg
大阪梅田行の阪急バス、広島方面行高速乗合バス、さらに名古屋行「広島ドリーム名古屋」福山駅前行「きんさいライナー」は、いずれも「三次市交通観光センター」前の乗り場から発車します。

DSC_5630_20191023015520e80.jpg DSC_5632_201910230155141a4.jpg
17:05発阪急バス新大阪駅・大阪梅田行到着。中国バス「みよしワインライナー」と共同運行ですが、中国バス便は新大阪駅始発終着です。紆余曲折ありますが、1981年運行開始の老舗です。

DSC_5635_2019102301553336e.jpg DSC_5638_20191023015533b62.jpg
DSC_5637_20191023015525075.jpg DSC_5642_2019102301553077b.jpg
大阪梅田まで乗車するつもりでしたが、梅田駅周辺の雑踏回避の為、新大阪駅阪急高速バスターミナルで下車。約5時間半。秋冬はほとんど外は真っ暗ですが、昼行バスの旅もまたよろしいかと。

DSC_5647_201910230157410e1.jpg DSC_5649_20191023015744c56.jpg
久しぶりの昼行バス。ちょいと疲れました。

2019.10.23 / Top↑