DSC_0001_201707262343127f4.jpg DSC_0002_20170726234322c43.jpg
第88回都市対抗野球大会も無事終了し、約2か月半ぶりになる、舞洲サブ球場でのウエスタンリーグ観戦となりました。色々折り重なりましたが、よくもまぁここまで空いたな、とは思いますが。

DSC_0039_20170726234510a67.jpg
あまりにも久しぶりなので今回は珍しく、10:30から45分間行われている「練習見学会」から行ってみました。終了後は一旦退出、と言う面倒もありますが、これくらいはあっても良いかな、とは思います。いろいろな事情はありましょうが、神戸サブ球場でもやってましたからね。

で、その前に。これはもう実体験となりますが、この日のように思い切り好天の場合、熱中症対策は万全に整えて行かれることをお勧めします。私の場合、10:15の球場到着から、16:45の完全退出までに、スポーツ飲料他を都合2リットル消費しました。塩分タブレット等もあればよろしいかと。観戦中のスタンドでの日傘は迷惑になるかと思いますが、帽子その他日除けも必須です。

DSC_0041_2017072623512173d.jpg DSC_0047_20170726235127db4.jpg
DSC_0059_20170726235129a81.jpg DSC_0070_2017072623512511f.jpg
DSC_0081_20170726235810f55.jpg DSC_0098_20170726235823950.jpg
ただ、バックネットに異常なまでに太い素材が使用されているため「抜く」のがこれまた大変でして。もっとも、練習「見学」会ですから、黙って見てろと言われればそれまでですが、最前列で見ててもかなり気になります。これが来シーズン以降、改善されればなぁ、とも思ってます。

DSC_0103_201707270005287a0.jpg 
DSC_0107_20170727000745c7f.jpg DSC_0108_2017072700073790c.jpg
DSC_0109_201707270008599dd.jpg
何か煮え切らぬまま一旦退出。そして11:40頃に、「ウェルカムハイタッチ」担当の選手が登場。この日の担当は、青山大紀と山田修義。ささやかながらこれだけは継続して欲しいなぁ。

DSC_0110_20170727001115304.jpg
11:45。バファローズの各種ファンクラブ会員先行入場。もちろん先行入場の方が多いんですが、ぶっちゃけ会員であることにあまり旨みは感じられんようになりましたねぇ。

DSC_0304_2017072700144670d.jpg DSC_0305_20170727001447460.jpg
入場後、12:15から、一塁側ベンチ横にある「ファンサービスゾーン」が解放されます。ここではもう「撮る」のみ。ネットの一部もか開けられて、撮影し放題。これはこの球場での「ヒット」かな。

DSC_0206_201707270021275e7.jpg DSC_0213_20170727002122e78.jpg
DSC_0217_20170727002128d73.jpg DSC_0264_20170727002134716.jpg
ただ、週末とか休日には大混雑しそうですけどね。

DSC_0314_20170727002435c46.jpg DSC_0316_20170727002438271.jpg
12:35から、ファンサービスゾーンで、10分足らずの短い時間ではありますが、バファローズ選手のトォクショウやってます。この日のゲストは、ルーキーの榊原翼投手。


せっかくなのでその様子をば。



スターティングオーダー
先攻:中日ドラゴンズ
1(右)近藤
2(二)岩崎
3(中)遠藤
4(一)石川
5(三)高橋周
6(指)ウルヘエス
7(遊)阿部
8(左)赤坂
9(捕)杉山
投:若松

後攻:オリックスバファローズ
1(二)岩崎
2(右)吉田雄
3(指)宮崎
4(一)ジョージ
5(三)モレル
6(左)川端
7(中)小田
8(捕)赤松
9(遊)岡崎
投:齋藤綱

審判員
球審:山村 一塁:水口 三塁:梅木

打撃成績
1回表
近藤     2-2から6球目を打ってセンター前ヒット
次打者岩崎の5球目にワイルドピッチでファーストランナー岩崎はセカンドへ
岩崎     フルカウントから6球目を打ってセンター前ヒット
内野への送球が乱れる間にセカンドランナー近藤ホームイン
バファローズ0-1ドラゴンズ
バッターランナー岩崎はセカンドへ
遠藤     初球を打ってファーストゴロ
石川     1-0から2球目を打ってセンター前タイムリーヒット
バファローズ0-2ドラゴンズ
次打者高橋周の3球目にワイルドピッチでセカンドランナー岩崎はサード、ファーストランナー石川はセカンドへ
高橋周    2-1から4球目を打ってセカンドライナーダブルプレイ

1回裏
岩崎     1-2から5球目を打ってセカンドゴロ
吉田雄    1-2から4球目を見逃し三振
宮崎     初球を打ってレフトオーバー第2号ソロホームラン
バファローズ1-2ドラゴンズ
ジョージ   3-1から5球目を打ってセンターフライ

2回表
ウルヘエス 1-0から2球目を打ってセカンドフライ
阿部     0-1から2球目を打って左中間突破ツーベースヒット
赤坂     0-2から3球目を打ってレフト前ヒット
杉山     2-2から5球目を空振り三振
近藤     1-0から2球目がデッドボール
岩崎     2-1から4球目を打ってセンターフライ

2回裏
モレル    2-2から5球目を打ってセンターオーバーツーベースヒット
川端     1-1から3球目を打ってライトフライ
小田     フルカウントから6球目を打ってショートライナー
赤松     1-0から2球目を打ってセカンドゴロ

3回表
遠藤     0-1から2球目を打ってショートゴロ
石川     1-1から3球目を打ってショート内野安打
高橋周    初球を打ってセカンドゴロエラー
ウルヘエス 2-2から5球目を打ってサードゴロセカンドフォースアウト
次打者阿部の2球目にファーストランナー高橋周セカンド盗塁失敗

3回裏
岡崎     0-2から3球目を打ってセカンドゴロ
岩崎     3-1から5球目を打ってピッチャーゴロ
吉田雄    0-2から3球目を空振り三振

4回表
阿部     2-1から4球目を打ってファーストファウルフライ
赤坂     1-0から2球目を打ってファーストフライ
杉山     1-1から3球目を打ってショートフライ

4回裏
宮崎     1-2から4球目を打ってレフトライナー
ジョージ   0-1から2球目を打ってレフト前ヒット
次打者モレルの初球がワイルドピッチでファーストランナージョージはセカンドへ
モレル    フルカウントから6球目を選んでフォアボール
川端     1-0から2球目を打ってサードゴロダブルプレイ

5回表
近藤     2-0から3球目を打ってレフトフライ
岩崎達    フルカウントから6球目を選んでフォアボール
遠藤     0-1から2球目を打ってセンターフライ
石川     初球を打ってファーストフライ

5回裏
小田     3-1から5球目を選んでフォアボール
赤松     1-1から3球目を打ってショートゴロ捕球エラー
赤松の代走に飯田
岡崎     0-1から2球目をピッチャー前送りバント
岩崎     1-0から2球目を打ってセンター前タイムリーヒット
バファローズ2-2ドラゴンズ
吉田雄    2-0から3球目を打ってファーストゴロ
サードランナー三本間に挟まれタッチアウト
宮崎     2-2から5球目を見逃し三振

●エラーで出塁したところで代走を出され、試合途中での交代となった赤松幸輔、ではありますが、バッティングの内容はともかくとして、キャッチング、セービングの面に関しては酷かった。ワイルドピッチがピッチャーとキャッチャー、どちらの責任になるか、と言う話になりますが、ここまでの2つのワイルドピッチは、明らかにキャッチャー側の責任、のように感じました。

●キャッチ出来ないのは致し方ないにしても、横に弾いてしまうのはやはり、横の動きのフットワークの悪さに起因するのかな。前にこぼすだけならランナーの進塁は防げますが、弾き方の大小問わず、横もしくは斜め後ろに弾いてしまったら絶対に走られる。それがモロに出てしまった。しかも失点にも繋がってしまってる。

●昨年までのバファローズは、神戸サブ球場のベンチ前付近の人工芝の上でセービングの練習をしてました。案の定、伏見寅威あたりはセービングの技術は全くと言っていいほど向上せぬまま。そして今年から移転した舞洲サブ球場の内野は全面土。キャッチングの練習には最適の環境となったと思われます。赤松幸輔ももう一度、ここで徹底的にセービングの練習をするべき、だろうなぁ。

●ただひとつ気になるのは、練習見学で、キャッチング練習を遠目から少しだけ見させてもらいましたが、コーチからの送球がえらい緩かった事。あれで果たして練習になるかな、とは思いました。

6回表
バファローズ選手交代

代走飯田がそのまま入りキャッチャー
サードモレルに代えて宗
ピッチャー齋藤綱に代えて高木

高橋周    2-2から5球目を打ってライト前ヒット
ウルヘエス  1-1から3球目を打ってセンターライナー
阿部     1-1から3球目を打ってセンターフライ
赤坂の代打井領 2-2から5球目を打ってレフトオーバータイムリーツーベースヒット
バファローズ2-3ドラゴンズ
杉山     1-2から4球目を打ってピッチャーゴロ

6回裏
ドラゴンズ選手交代

代打井領がそのまま入りレフト

ジョージ   1-1から3球目を打ってレフト前ヒット
宗      0-1から2球目をキャッチャー前送りバント捕球エラー
川端     1-0から2球目をキャッチャー前送りバント失敗サードフォースアウト
小田     初球を打ってピッチャーゴロダブルプレイ

7回表
バファローズ選手交代

ピッチャー高木に代えてウエスト
レフト川端に代えて張

近藤     フルカウントから8球目を打って左中間へツーベースヒット
次打者岩崎の3球目にワイルドピッチでセカンドランナー近藤はサードへ
岩崎     1-2から4球目を打ってファーストゴロ
遠藤     3-1から5球目を選んでフォアボール
石川     0-1から2球目を打って浅いライトフライ
高橋周    初球を打ってファーストフライ

7回裏
飯田     2-2から5球目を見逃し三振
岡崎     0-1から2球目を打ってライトフライ

ドラゴンズ選手交代
ピッチャー若松に代えて小川

岩崎     1-2から6球目を空振り三振

8回表
バファローズ選手交代

ピッチャーウエストに代えて海田

ウルヘエス  初球を打ってサードゴロ
阿部     0-2から3球目を打ってセンターフライ
井領     2-1から4球目を打ってレフト前ヒット
杉山     2-2から5球目を打ってライト前ヒット
近藤     0-2から3球目を打ってセンターフライ

8回裏
ドラゴンズ選手交代

ピッチャー小川に代えて浅尾

吉田雄の代打杉本 2-2から6球目を打ってレフト前ヒット
宮崎     1-2から4球目を空振り三振
ジョージ   1-1から3球目を打ってファーストゴロ ファーストランナー杉本はセカンドへ
宗      ストレートのフォアボール
張      2-2から5球目を空振り三振

9回表
バファローズ選手交代

代打杉本がそのまま入りライト
ピッチャー海田に代えて澤田

岩崎     1-2から5球目を打ってセンターフライ
遠藤     0-1から2球目を打ってレフト前ヒット
石川     初球頭部デッドボール 代走に石岡
ピッチャー澤田は危険球退場

バファローズ選手交代
ピッチャー澤田に代えて鈴木

高橋周    1-0から2球目を打って右中間突破タイムリースリーベースヒット
バファローズ2-5ドラゴンズ
ウルヘエスの代打渡辺 1-0から2球目を打ってセンターへ犠牲フライ
バファローズ2-6ドラゴンズ
阿部     初球を打ってセカンドゴロ

9回裏
ドラゴンズ選手交代

代走石岡がそのまま入りファースト
ピッチャー浅尾に代えて祖父江

小田     2-2から6球目を空振り三振
飯田の代打根本 2-2から5球目を空振り三振
岡崎の代打園部 2-0から3球目を打ってサードゴロ捕球エラー
岩崎     初球を打ってショートゴロ

舞洲サブ球場 18回戦 オリックス7勝10敗1分
竜さんチーム 200 001 003 6
牛さんチーム 100 010 000 2

勝利投手:若松駿太(7試合2勝2敗)
敗戦投手:高木伴(8試合1勝1敗)
本塁打:[オリックス]宮崎祐樹2号(1回裏 ソロ 若松から)
観衆:143
試合時間:3時間11分くらい

投手成績
中日ドラゴンズ
若松    6.2回 27人 93球 5被安打 2与四死球 4奪三振 2失点 1自責点
小川    0.1回  1人  6球 0被安打 0与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
浅尾    1  回  5人 22球 1被安打 1与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
祖父江  1  回  4人 15球 0被安打 0与四死球 2奪三振 0失点 0自責点

オリックスバファローズ
齋藤綱  5  回 22人 71球 6被安打 2与四死球 1奪三振 2失点 1自責点
高木    1  回  5人 20球 2被安打 0与四死球 0奪三振 1失点 1自責点
ウエスト  1  回  5人 20球 1被安打 1与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
海田    1  回  5人 16球 2被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
澤田    0.2回  3人  8球 1被安打 1与四死球 0奪三振 2失点 2自責点
鈴木    0.1回  3人  5球 1被安打 0与四死球 0奪三振 1失点 1自責点



DSC_0335_20170727022538283.jpg
この試合の結果はともかく。

一軍での成績が一向に上向かない両チーム。思うところは山のようにあります。

とにかく両チームとも元気がない、元気が感じ取れない。ドッカンドッカンブラスバンドの演奏が鳴り響く中でも、ベンチからの選手の声が聞こえた都市対抗野球大会観戦の後だから、と言う訳ではないですが、このベンチの静かさが今の両チームの一軍の現状にも繋がってるんではないか?とも。

その「声の出てなさ」が、そのままグラウンドでの内外野の声の連携に影響を及ぼしてる。フライを捕りに行くにしても、声は出てないわジェスチャーはないわ、いつ野手の間に落ちるか分かりゃせん。お客さんの少ないウエスタンリーグの試合ならこれで良いかも知れませんが、これが満員の京セラドーム大阪やナゴヤドームやったら、トランペットや声援で聞こえんようになるぞ、て話。

普段から声を出すクセをつけておかぬ事には、いざとなったら大量失点にも繋がりかねない。そう言う場面設定を頭の中で作っておいて、通常の練習からでもしっかり声は出しておかないと。

それと、バファローズとドラゴンズ。チーム編成を外国人助っ人に頼り過ぎなんじゃあないかな。

外国人選手って、ぶっちゃけその場しのぎにはなるかも知れません。が、本当にチーム全体の底上げには絶対に繋がらない、と考えます。ましてやシーズン途中に加入させる選手は、絶対に失敗は許されない。安くはない契約金や年俸で、獲って来たはいいけど、使い道すらないような選手ばかり。

日本人選手で、いい選手はたくさんいます。けど、何を期待して獲って来たか分からん外国人選手に出場機会を奪われているような気がせんでもないんです。どこの球団でも、幾らか外国人助っ人に頼らざる部分はあるかも知れませんが、その「助っ人」が二軍で不様な姿を見せてるのは情けない。

現在セ・リーグでは、広島東洋カープが独走しています。阪神タイガースも大健闘しています。パ・リーグではやはり福岡ソフトバンクホークスが上位にいます。この3チームに共通しているのは、あくまでも野手に関して、ではありますが、日本人選手だけでも十分に戦えている事。

いずれもまだまだ精査の余地はあると思いますが、我慢して選手を鍛えて試合に出して、成績を残す機会を作って、一軍で起用している。二軍は一軍選手の準備の場でもありますが、外国人選手にそれを求めているばっかりに、本来の目的でもある「選手育成」が疎かになってやせんか、と。

両チームとも、新築のスタジアムや立派な屋内練習施設。折角選手育成の環境が整ってるんです。本気度は見えます。慌てて外国人選手を獲って来る必要はない。球団首脳もチーム首脳も、数年は腹を括って腰を据えて、あと3年は捨てる覚悟で、本気でチーム強化をしてみては如何でしょう。

にっちもさっちも行かなんだ「カープの暗黒時代」を見てきただけに、よけいにそう思います。


2017.07.27 / Top↑
DSC_0001_201707110347468de.jpg DSC_0002_201707110348058ef.jpg
久しぶりの、阪神鳴尾浜球場でウエスタンリーグです。(以下、本文と画像は関係ありません)

DSC_0003_20170711035004b37.jpg DSC_0007_20170711034944d8b.jpg
まぁそれはそれでいいんですが。今年は、すっかり由宇練習場には足が向かなくなってしまいました。と言うより、もう積極的に行く事もない、と考えています。何故かって。

DSC_0021_2017071103515111e.jpg DSC_0023_20170711035150f90.jpg
数年前からカープが徐々に強くなり、少なからずウエスタンリーグに興味を示す人も増えました。しかしながら、それに伴い、カープファンの醜聞も多数目にする、耳にする事も本当に増えました。

DSC_0036_20170711035402005.jpg DSC_0039_20170711035416ce7.jpg
以前からありましたが、立ち入り禁止の立て札を乗り越えて植え込みの中に入るなんかごく当たり前になってる。ピクニック気分で見に行くのは悪くないとは思うけど、あまりにも無法地帯すぎる。柵で仕切られてるのをわざわざ乗り越えてる。正直酷い話。ルールも何もあったもんじゃない。

ファンの「暴走」も目に余る。

DSC_0052_20170711035439fdc.jpg DSC_0054_20170711035414872.jpg
サブグラウンドから、クラブハウス、メイングラウンドに移動中の選手にサインをねだるなんか当たり前。中には記念撮影すらあったりもする。プロ野球選手にとっては、練習も重要な仕事のうち。その仕事の最中に足止めを半ば強要する、と言う神経が理解不能。スケジュールは分刻みなのに。

DSC_0056_20170711035620db6.jpg DSC_0059_2017071103563829d.jpg
何日前でしたかね、ツイッター上で、サブグラウンドでのピッチャー陣のウォーミングアップの様子の画像が回ってきました。明らかにファンを避けるように、グラウンドの一番奥に集合、と言う異様な光景。ウォーミングアップに、見学者との間で何らかのトラブルがあったとしか考えられない。

DSC_0066_20170711035850414.jpg DSC_0073_201707110358462c3.jpg
一昨年あたりでしたか、カープ選手の帰りのバスの停車位置が、内野席クラブハウス近くから、レフトポール際の出入口に変更になりました。何らかの暴挙愚行に出たアホンダラがいたんでしょう。

 DSC_0079_20170711035850cea.jpg DSC_0080_20170711035859fa2.jpg
「わざわざ見に来てやってる」的な人も相変わらずいる。常連ヅラして、無駄にプレイ中に野次とか、ベンチの意図とは関係ない「指示」を出すオヤジとか。たくさん見てるからかも知れませんが、だからと言って選手に向かって野次を飛ばしていいわけがない。ナゴヤ球場なら強制排除のレベル。

DSC_0096_20170711040042818.jpg DSC_0099_20170711040050fd0.jpg
これらに関して、カープ球団が何らかのアクションを起こしているか、と言うと、ぶっちゃけ何もない。それどころか未だに球場周辺の運営は「由宇協力会」に任せっきり。試合の主催者なんだから、カープ球団はもっとしっかりすべき。ただ「禁止」の立札を立てても、意味などあるわけがない。

DSC_0102_20170711040231eed.jpg DSC_0107_201707110402302d0.jpg
だいたいからして、由宇協力会のメンバーの中でも、明らかに禁煙の「スタンド(芝生)」でタバコを吸ってる人もいたりします。もうここまで来たら何を言わんや。何を「協力」しているのか。

DSC_0326_20170711040606cae.jpg DSC_0329_201707110406307a0.jpg
同じ無料の阪神鳴尾浜球場ですが、全日警が常に数人目を光らせてるから、試合その他が比較的スムーズに運営されている。変な輩も殆んどいない。正直な話、由宇練習場は、試合観戦の環境としては最低レベルに近いですよ。少なくともあの山奥で行われているのは「プロ野球」の試合のはず。

DSC_0332_201707110406150f3.jpg DSC_0338_201707110406138bc.jpg
そもそもカープ球団はあの山奥で、二軍とは言え「プロ野球の試合を主催している」と言う意識があるのか。いつまでも「由宇は『練習場』」と言う考えでは困る。公式サイトにスケジュールを掲載している以上、ファン、強いてはお客さんは来る。それに対して「最低限」の事が出来てない。

DSC_0346_20170711040915077.jpg DSC_0348_20170711040902272.jpg
カープ以外の11球団は、ツイッターやフェイスブックなどのSNSを駆使し、試合の有無、特に悪天候が予想される日など、開門時間を遅らせる、等の情報を逐一オープンにしてくれています。

DSC_0357_20170711040918e2f.jpgDSC_0388_201707110409010b0.jpg
タイガース球団には「鳴尾浜通信」と言う携帯サイトがあります。阪神鳴尾浜球場の様子を伺いつつ、タイガース選手の練習開始時間や開門時間などを、時には早朝5時半とかから開示してくれる。

DSC_0399_20170711041323cfa.jpg DSC_0404_201707110413320f3.jpg
阪神鳴尾浜球場、しいては隣にある「虎風荘」に二軍の事務所をかまえているからこそ成せる業、かとは思います。本当に助かりますし、朝5時半更新とか、頭の下がる思い、感謝しかないですよ。

DSC_0418_20170711041331e8d.jpg DSC_0433_20170711041341d88.jpg
何かとカープの手法は昭和のまま、とも揶揄されますが、大なり小なり、他球団はウエスタンリーグ、イースタンリーグの試合にも球団主催で趣向を凝らしている。見に来てもらおうと努力してる。

DSC_0447_2017071104171913b.jpg DSC_0467_20170711041725823.jpg
確かにカープは強くなりました。お客さんも(曲がりなりにも)入るようになりましたし、選手層の底上げも出来ていると思います。しかしながらカープ「球団」がそれに胡座をかいてるようにしか見えない。肝心の「興行」と言う部分では、他球団に一歩二歩どころか百歩くらい遅れてる。

DSC_0474_20170711041729ec5.jpg DSC_0481_20170711041742e1b.jpg
選手個々、またチームが強くなる、だけではない。会社組織、野球チーム運営組織、プロ野球興行主催者としての広島東洋カープも、まだまだ改善が必要、と言うが改善してもらわないと。

DSC_0498_20170711042005b67.jpg DSC_0508_20170711042005d03.jpg
ウォシュレット付きのトイレが出来た、が話題になってるようではまだまだ、ぢゃないですかね。



スターティングオーダー
先攻:広島東洋カープ
1(遊)庄司
2(三)ペーニャ
3(左)堂林
4(一)メヒア
5(中)土生
6(指)小窪
7(右)下水流
8(捕)坂倉
9(二)桑原
投:中村恭平

後攻:阪神タイガース
1(遊)西岡
2(右)森越
3(左)キャンベル
4(指)新井良太
5(三)北條
6(一)今成
7(中)江越
8(捕)長坂
9(二)植田
投:才木

審判員
球審:今岡 一塁:梅木 三塁:水口

打撃成績
1回表
庄司     1-0から2球目を打ってライトフライ
ペーニャ   2-2から6球目を打ってレフト線ツーベースヒット
堂林     3-1から5球目を選んでフォアボール
メヒア    2-1から4球目を打ってライトフライ
土生     1-2から4球目を見逃し三振

1回裏
西岡     2-1から4球目を打ってセカンドゴロ
森越     1-1から3球目を打ってライトフライ
キャンベル  フルカウントから6球目を選んでフォアボール
新井     3-1から5球目を打ってショートゴロ

2回表
小窪     ストレートのフォアボール
下水流    1-2から4球目を打ってライト前ヒット
坂倉     2-2から5球目を空振り三振
桑原     0-2から5球目を空振り三振
庄司     1-0から2球目を打ってライトオーバータイムリーツーベースヒット
タイガース0-2カープ
ペーニャ   1-2から4球目を空振り三振

2回裏
北條     1-2から4球目を打ってレフト線ツーベースヒット
今成     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ セカンドランナー北條はサードへ

江越     1-2から4球目を打って左中間へ第3号ツーランホームラン
タイガース2-2カープ
長坂     2-1から4球目を打ってライトフライ
植田     1-2から4球目を空振り三振

3回表
堂林     初球を打ってレフト前ヒット

メヒア    3-1から5球目を打って左中間へ第9号ツーランホームラン
タイガース2-4カープ
土生     2-2から8球目を打ってレフトフライ
小窪     2-0から3球目を打ってレフトフライ
下水流    初球を打ってショートゴロ

3回裏
西岡     初球を打ってショートゴロ
森越     3-1から5球目を選んでフォアボール
キャンベルの代打板山 1-0から2球目を打ってセンターフライ
新井     1-0から2球目を打ってレフト線ツーベースヒット
北條     初球を打ってレフトフライ

4回表
阪神タイガース選手交代

代打板山がそのまま入りレフト

坂倉     フルカウントから6球目を打って右中間突破ツーベースヒット
桑原     1-1から3球目をピッチャー前送りバント
庄司     2-0から3球目を打ってセカンドゴロ
ペーニャ   2-2から5球目がデッドボール
堂林     1-2から4球目を空振り三振

4回裏
今成     0-1から2球目を打ってレフト前ヒット
江越     初球を打ってサードゴロセカンドフォースアウト
次打者長坂の3球目前にファーストランナー江越セカンド盗塁成功
長坂     1-1から3球目を打ってライト前タイムリーヒット
タイガース3-4カープ
植田     初球をサード前送りバント
西岡     1-0から2球目を打ってライト線タイムリーツーベースヒット
タイガース4-4カープ

森越     1-1から3球目を打ってレフトオーバー第1号ツーランホームラン
タイガース6-4カープ
板山     2-0から3球目を打ってレフトフライ

5回表
メヒア    1-0から2球目を打ってファーストファウルフライ
土生     1-2から5球目を打ってピッチャー強襲内野安打
小窪     フルカウントから7球目を打ってセンターフライ

下水流    1-0から2球目を打って左中間へ第6号ツーランホームラン
タイガース6-6カープ
坂倉     フルカウントから6球目を打ってサードゴロ

5回裏
広島東洋カープ選手交代

ピッチャー中村に代えて佐藤

新井     1-0から2球目を打ってキャッチャーファウルフライ
北條     0-2から4球目を打ってピッチャーゴロ
今成     初球を打ってショートゴロ

6回表
阪神タイガース選手交代

ピッチャー才木に代えて榎田

桑原     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
庄司     1-1から3球目を打ってサード強襲内野安打
ペーニャ   初球を打ってセンター前ヒット

阪神タイガース選手交代
ピッチャー榎田に代えて守屋

堂林     1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
セカンドランナー庄司はホームタッチアウト
バックホームの間に堂林はセカンドへ
メヒア    2-2から5球目を打ってショートゴロ

6回裏
広島東洋カープ選手交代

ピッチャー佐藤に代えてヘーゲンズ

江越     1-2から4球目を打ってサードゴロ
長坂     2-2から5球目を空振り三振
植田     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
次打者西岡の4球目前にファーストランナー植田牽制タッチアウト

7回表
阪神タイガース選手交代

ピッチャー守屋に代えて安藤

土生     1-1から3球目を打ってセカンドゴロ
小窪     0-1から2球目を打ってセンターフライ
下水流    2-2から5球目を空振り三振

7回裏
西岡     初球を打ってセカンドゴロ
森越     2-1から4球目を打ってライト前ヒット
板山     0-1から2球目を打ってセカンドフライ
新井     0-2から3球目を空振り三振

8回表
阪神タイガース選手交代

ピッチャー安藤に代えて高宮
ショート西岡に代えてライト緒方
ライト森越がサードへ
サード北條がショートへ

坂倉     1-0から2球目を打ってピッチャーゴロ
桑原     初球を打ってセンター前ヒット
庄司     初球を打ってレフトフライ
次打者ペーニャの3球目にファーストランナー桑原セカンド盗塁成功
ペーニャ   2-2から6球目を打ってセンターフライ

8回裏
広島東洋カープ選手交代

ピッチャーヘーゲンズに代えてブレイシア
キャッチャー坂倉に代えて白濱

北條     2-2から6球目を打ってピッチャーゴロ
今成     1-0から2球目を打ってサードフライ
江越     2-2から5球目を空振り三振

9回表
阪神タイガース選手交代

ピッチャー高宮に代えてメンデス

堂林     フルカウントから6球目を打ってショートゴロ
メヒア    1-0から2球目を打ってショートゴロ
土生     1-1から3球目を打ってライトフライ

9回裏
広島東洋カープ選手交代

ピッチャーブレイシアに代えて横山

長坂の代打狩野 0-2から3球目を打ってセカンドゴロ
植田     1-2から5球目を見逃し三振
緒方     2-0から3球目を打ってライトフライ

10回表
阪神タイガース選手交代

ピッチャーメンデスに代えて柳瀬
代打狩野に代えてキャッチャー小豆畑

小窪     1-2から4球目を打ってサードゴロ
下水流    2-2から6球目を空振り三振
白濱     1-1から3球目を打ってショートゴロ

10回裏
森越     1-0から2球目を打ってショートフライ
板山     フルカウントから6球目を打ってショートゴロ

新井     フルカウントから6球目を打ってレフトへ第4号サヨナラホームラン

鯉さんチーム 022 020 000 0 6
虎さんチーム 020 400 000 1 7

勝投手:柳瀬明宏(22試合2勝0敗2S)
敗投手:横山弘樹(8試合1勝1敗)
本塁打:[広島]アレハンドロ・メヒア9号(3回表 ツーラン 才木から) 下水流昂6号(5回表 ツーラン 才木から)/[阪神]江越大賀5号(2回裏 ツーラン 中村恭から) 森越祐人1号(4回裏 ツーラン 中村恭から) 新井4号(10回裏 ソロ 横山から)
試合時間:3時間24分

投手成績
広島東洋カープ
恭平 4  回 22人  64球 7被安打 2与四死球 1奪三振 6失点 6自責点
佐藤 1  回  3人   7球 0被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
平原 2  回  7人  28球 1被安打 2与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
ブレ  1  回  3人  13球 0被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
横山 1.2回  3人  25球 1被安打 0与四死球 0奪三振 1失点 1自責点

阪神タイガース
才木 5  回 26人 106球 9被安打 2与四死球 5奪三振 6失点 6自責点
榎田 0.1回  3人   8球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
守屋 0.2回  2人   8球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
安藤 1  回  3人  10球 0被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
高宮 1  回  4人  10球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
柳瀬 1  回  3人  13球 0被安打 0与四死球 1奪三振 0失点 0自責点



DSC_0524_2017071203491037b.jpg
花火大会を観に行く、と言う風習がないのでアレですが、まさか真昼間から花火大会を見る事になろうとは思いませんでした。しかも、最後の最後まで「一発」。まぁそれだけの力量の選手が出場している、と言えばそれまでですが。何にしろ、ちょっと残念だったなぁ、としか思えません。

ただ最近思うのは、タイガースに関してですが、昨年あたりからホントいろんな選手を起用するようになりました。この試合には北條史也がいてましたが、現状「助っ人外国人選手」を一軍で起用せんでも、十分に戦えてると思います。これはもう、昨年の「超変革」がそのまま続いている証拠。

ベテランの福留孝介、鳥谷敬が霞んで見えるほど、鳴尾浜球場で長らく汗をかいてきた選手が躍動してる、そして現在、鳴尾浜球場でも皆が着実に力をつけていると思います。ウエスタンリーグでのチーム成績こそ上がりませんが、それこそ数年前のカープ二軍を見ているような雰囲気。

指導者実績のない金本知憲監督。この試合もバックネット裏クラブハウスで感染されてたそうです。三年契約だそうですが、その二年目。まだまだ混迷を極めているとは思いますが、確実に「先」は見えつつあるはず。一軍も二軍も引っ括めて、強くなろうと言う意識みたいなものを感じます。

ヨソモノがあれこれ言うのもなんですが、来シーズンあたり、セントラルリーグはタイガース中心かもなぁ。ちなみに私の予想は全くと言っていいほど当たりません。ご了承ください。

2017.07.13 / Top↑