DSC_0021_20170714012605a87.jpg
中1日で阪神鳴尾浜球場での阪神タイガース対広島東洋カープのウエスタンリーグ公式戦観戦です。翌日はフレッシュオールスーターゲーム。シーズン前半戦最後の試合です

DSC_0024_2017071401274768d.jpg DSC_0028_2017071401274958d.jpg DSC_0029_20170714012819f36.jpg
最近鳴尾浜球場で、某月刊誌の中の人とアレヤコレヤ立ち話をする機会があるんですが、その中で「やっぱりこんな事もあるんやね」と思った話がひとつ。

DSC_0031_201707140130593fc.jpg DSC_0032_201707140131152c8.jpg DSC_0033_20170714013116109.jpg
何でも今シーズンから、カープファンからタイガースファンに「宗旨替え」をした方がおられるそうでして。で、その理由が「マツダスタジアムのチケットが取れんから」との事。「そんな程度の事で」と考えるかどうかはその人次第かと思いますが、やはり由々しき問題かと考えます。

DSC_0034_201707140131171be.jpg DSC_0035_20170714013108c63.jpg DSC_0036_20170714013108466.jpg
今シーズンのマツダスタジアムのチケットも、3月にシーズン全試合を一斉に発売。平日、週末、休日にもよりますが現状、残っているのはビジターパフォーマンスシートと内野自由席くらい、なのかな。もう行く気はないのでチケット情報すら満足に見てないので何とも言えませんが。

DSC_0037_20170714013351f79.jpg DSC_0038_201707140133598f6.jpg DSC_0039_20170714013400f16.jpg
よその球団のチケット発売開始日は、全チーム調べるのもアレなので省略しますが、読売ジャイアンツの場合はおおよそ2か月前、阪神タイガースもほぼ同じように思います。最近はコンサート等も早くから発売されるだけにかなり良心的じゃないですかね。仕事の都合も分からん人も多かろうし。

DSC_0040_20170714013401176.jpg DSC_0041_2017071401335864b.jpg DSC_0042_20170714013349c00.jpg
旧広島市民球場と比較するのは酷かも知れませんが、当時は「今日は仕事が早よう終わったし、行ってみるか」と言う方も多くおられたろうし、実際そんなお客さんが弱い頃のカープの支えだった。

DSC_0043_20170714013615219.jpg DSC_0044_201707140136272b6.jpg DSC_0045_201707140136406e1.jpg
インターネットやら何やらで、全国規模で簡単にチケットが取れるようになった21世紀の現在になっても、昭和のままのチケット発売方法を頑ななまでに変えようとしないカープ球団。

DSC_0046_2017071401363855f.jpg DSC_0047_20170714013639041.jpg DSC_0049_20170714013641da6.jpg
松田元オーナーは「考えないと」みないな意向を示してはいましたが、個人的にはホント、根本から考え直していただきたい。優勝が見えなくなった秋口にお客さんが減るのを恐れてるのかも知れませんが、チームを強くするのが最大の集客手段。強いうちに次の手をしっかり打っておかないと。

DSC_0052_201707140142497b8.jpg DSC_0054_20170714014304a01.jpg DSC_0055_20170714014309e33.jpg
チーム改革は確実に進んでいると思います。それが現在の成績にも繋がっています。ならば、次にやらなければいかん事は「球団の改革」。いつまでも時代遅れ(とも思われる)の経営方針では、いずれ「ファン離れ」が加速する。しかも、チームの強弱とは全く関係ない所で、ですよ。

DSC_0056_20170714014309907.jpg DSC_0057_20170714014307eea.jpg DSC_0058_201707140143080e1.jpg
松田元オーナーの「考えないと」がどの程度のものなのかは分かりませんが、変えるともなると、生半可なモノで終わってもらっては困る。いくら目新しい座席を作ったところで、入れなければファンも離れる。いっそ「広島市民球場」として5万人規模の球場になってくれればいいんですけどね。



スターティングオーダー
先攻:広島東洋カープ
1(左)堂林
2(三)ペーニャ
3(右)下水流
4(一)メヒア
5(指)小窪
6(二)美間
7(捕)坂倉
8(中)高橋大
9(遊)桒原
投:中村祐

後攻:阪神タイガース
1(中)西岡
2(二)植田
3(左)キャンベル
4(遊)北條
5(一)ロジャース
6(三)今成
7(右)江越
8(捕)長坂
9(投)島本

審判員
球審:水口 一塁:今岡 三塁:梅木

打撃成績
1回表
堂林     1-2から5球目を空振り三振
ペーニャ   1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
下水流    2-2から8球目を打ってセカンドゴロ

1回裏
西岡     1-1から3球目を打ってキャッチャーファウルフライ
植田     0-1から2球目がデッドボール
キャンベル  1-0から2球目を打ってファーストファウルフライ
次打者北條の初球にファーストランナー植田セカンド盗塁成功
北條     1-1から3球目を打ってセンター前タイムリーヒット
タイガース1-0カープ
ロジャース  初球を打ってセンターフライ

2回表
メヒア    フルカウントから6球目を空振り三振
小窪     2-0から3球目を打ってセカンドゴロ
美間     0-1から2球目を打ってショートゴロ

2回裏
今成     1-0から2球目を打ってセカンドゴロ
江越     フルカウントから7球目を打ってサードファウルフライ
長坂     1-2から5球目を空振り三振

3回表
坂倉     2-2から5球目を見逃し三振
高橋大    1-2から4球目を空振り三振
桒原     初球を打ってセカンドゴロ

3回裏
島本     1-1から3球目を打ってサードゴロ
西岡     3-1から5球目を選んでフォアボール
植田     1-2から4球目を空振り三振 ファーストランナー西岡セカンド盗塁成功
キャンベル  1-0から2球目を打ってファーストファウルフライ

4回表
堂林     2-0から3球目を打ってライトフライ
ペーニャ   3-1から5球目を打ってライトライナー
下水流    初球を打ってライトフライ

4回裏
北條     2-2から5球目を打ってライト前ヒット
ロジャース  1-2から5球目を打ってレフトへツーベースヒット
今成     フルカウントから6球目を空振り三振
江越     2-1から4球目を打ってセカンドフライ
長坂     0-2から3球目を空振り三振

5回表
メヒア    0-1から2球目を打ってセンターフライ
小窪     1-2から4球目を打ってセカンドフライ
美間     2-1から4球目を打ってピッチャーゴロ

5回裏
島本の代打板山 2-2から5球目を打ってサードフライ
西岡     1-0から2球目を打ってファーストゴロ
植田     0-1から2球目を打ってセンターフライ

6回表
阪神タイガース選手交代

センター西岡に代えてピッチャー福永
代打板山がそのまま入りセンター

坂倉     2-2から5球目を打ってレフト前ヒット
高橋大    1-1から3球目をキャッチャー前送りバント
次打者桑原の4球目にワイルドピッチでセカンドランナー坂倉はサードへ
桒原     2-2から球目を空振り三振
堂林     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
ペーニャ   1-2から球目を打ってショートフライ

6回裏
キャンベル  フルカウントから6球目を見逃し三振
北條     2-2から5球目を打ってサードゴロ
ロジャース  フルカウントから7球目を空振り三振

7回表
阪神タイガース選手交代

ピッチャー福永に代えて守屋
ファーストロジャースに代えて西田

下水流    初球を打ってショートゴロ
メヒア    2-2から5球目を空振り三振
小窪     1-0から2球目を打ってショート内野安打
美間     1-2から4球目を見逃し三振

7回裏
広島東洋カープ選手交代

ピッチャー中村祐に代えて戸田

今成     1-2から4球目を見逃し三振
江越     2-2から7球目を空振り三振
長坂     初球を打ってショートゴロ

8回表
阪神タイガース選手交代

ピッチャー守屋に代えて田面

坂倉     2-1から4球目を打ってピッチャーゴロ
高橋大の代打土生 1-2から4球目を空振り三振
桒原     3-1から5球目を選んでフォアボール
堂林     0-2から3球目を打ってセンターフライ

8回裏
広島東洋カープ選手交代

代打土生がそのまま入りセンター
キャッチャー坂倉に代えて中村亘

板山     フルカウントから6球目を打ってピッチャー強襲内野安打
田面の代打森越 0-1から2球目をピッチャー前送りバント
植田の代打狩野 フルカウントから6球目を選んでフォアボール
キャンベル  2-1から4球目を打ってサードゴロダブルプレイ

9回表
阪神タイガース選手交代

代打森越がそのまま入りセカンド
代打狩野に代えてピッチャーメンデス

ペーニャ   1-1から3球目を打ってレフトフライ
下水流    3-1から5球目を選んでフォアボール
次打者メヒアの2球目前に牽制悪送球でファーストランナー下水流はセカンドへ(記録はエラー)
メヒア    フルカウントから6球目を空振り三振
小窪     2-2から5球目を打ってセンターフライ

阪神鳴尾浜球場 第19回戦 阪神7勝10敗2分
広島 000 000 000 0
阪神 100 000 00X 1

勝投手:島本浩也(23試合3勝3敗)
S投手:ロマン・メンデス(38試合0勝3敗19S)
敗投手:中村祐太(9試合3勝2敗)
試合時間:たぶん2時間38分
観衆:550(入場規制発動)

投手成績
広島東洋カープ
祐太 6回 23人 90球 3被安打 2与四死球 6奪三振 1失点 1自責点
戸田 2回  7人 30球 1被安打 1与四死球 2奪三振 0失点 0自責点

阪神タイガース
島本 5回 15人 57球 0被安打 0与四死球 4奪三振 0失点 0自責点
福永 1回  5人 24球 1被安打 1与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
守屋 1回  4人 12球 1被安打 0与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
田面 1回  4人 16球 0被安打 1与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
メン  1回  4人 19球 0被安打 1与四死球 0奪三振 0失点 0自責点



DSC_0456_20170714014849e80.jpg
タイガース先発・島本浩也に対して、ズラリ並べられた上位打線の右バッター。ウエスタンリーグ公式戦は、事前に先発ピッチャーの申し送りがありますが、ここまで極端なのはどうなんかな、とも思います。暫らくウエスタンリーグから離れているうちに、カープは首位に立ったので、これでいいんかな、とは思いますが、手も足もランナーも出ず、5回を完璧なまでに抑えられてしまった。

そもそも、1番・堂林翔太や二番・ラミロ・ペーニャって何か意味があるのかな。ただ単に、打席数を増やしたいだけ、と言うのであれば、こんな試合になって当たり前。球数を投げさせるわけでもなし。勿論こんなオーダーってのは、一軍監督でもある緒方孝市監督の意向も幾らか入っているんだろうけど、左ピッチャーだから右バッター、と言う安直な考えで、果たして今後選手が育つのか。

数年前までは「1番・安部友裕、二番庄司隼人」と、相手ピッチャーの左右関係なく、ほぼ固定されていた時期があった。それを乗り越えて安部友裕は一軍に定着しているんだし、庄司隼人も力をつけてきている。「この頃」に戻さないと、育つ選手も下手したら育たなくなりますよ。

この三連戦、育成選手の木村聡司が帯同していました。しかしながら結局最後まで出番なし。よそに出すよりも自チームで鍛えたほうがよっぽどいい、とは思いますが、何の為に帯同させていたのか。未だ「外国人選手優先」と言う空気が、もしかしたら残っていおるのかも知れんけど、まずこれを徹底的に排除しないと、育つはずの選手も育たなくなる。外国人選手は「助っ人」でしかない。

――――――とまぁ、毎度同じような論調になってしまいましたが、二軍ってのは、育成であると同時に「一軍のサブ」をもしっかり作っておかなければ行けない場所。現状では、誰が一軍の「サブ」になり得るのかちょっと分かりません。もしかしたら「過渡期」にあるんかもとも思いますけどね。


2017.07.14 / Top↑
※この記事は、昨年のこの記事のコピペではありません(笑)。


熾烈極まりない、そして苛酷を極めた、第88回都市対抗野球都道府県・地区予選も無事終了し、代表32チームが出揃いました。かく言う私も何やかんやで13試合を観戦させていただきました。

DSC_2523_2017061601315571c.jpg DSC_2526_20170616013150fbe.jpg
スタンドで観てるだけでもキリキリするような試合ばかりでしたから、グラウンドで戦う選手の皆さんのプレッシャーはよっぽどだったんではないかと思います。本当にお疲れさまでした。そして、苦闘を勝ち抜いて代表の座を獲得されたチームの皆様、改めて、重ね重ねおめでとうございます。

DSC_2531_20170616014451d85.jpg DSC_2533_20170616014505dc3.jpg
DSC_2536_20170616014510668.jpg DSC_2537_201706160145088bf.jpg
その「ガス抜き」と言うわけではないですが、先日14日にマツダスタジアムで、広島東洋カープ対オリックスバファローズの「日本生命」セ・パ交流戦を観戦してきました。プロ野球一軍の試合は、昨年もこの時期のこのカード1試合のみの観戦。何の因果か、ちょうど一年ぶりになります。

DSC_2544_2017061601455902d.jpg DSC_2543_20170616014556654.jpg
この試合のチケットを確保したのは確か3月2日。一般発売の翌日。どない考えても出遅れ過ぎ、とも思えますが、とにかくどこかの席は確保しておかにゃいかん、どうせ年に一回の観戦。どっちつかずで見るならで一番最初にクリックしたのが昨年同様「正面砂ばかり席三塁寄り(何か違う)」。

DSC_2545.jpg DSC_2546_201706160151281fd.jpg
しかしながら、3万人もの人々と同じ試合を観るのも一年ぶり、と言うことで多少なりとも舞い上がってます。今年一番多かったお客さんが、都市対抗野球中国地区第一代表決定戦、ですからね。

DSC_2548_20170616021007d1e.jpg DSC_2549_2017061602101432e.jpg
で、ここまでの画像のとおり、もう今年何回目か覚えてませんが、新幹線で広島入り。そして、昨年9月2日に広島駅ビル「ASSE」2階にオープンした「貴家。」にて一枚。本来は本店に行くつもりだったんですが、あまりにも自宅を出るのが遅くなった故。しかし、広島駅、そして駅前も来るたびにどんどん変化していきます。広電電車が駅ビル2階前に発着するようになるのはいつの日か。

DSC_2550_20170616021729ca2.jpg
スタンドに到着したのは16:22。グッズショップすら寄らず。もっとも、50前のおっさんの心を揺さぶるようなグッズがなくなってしまったのも事実。事あるごとにTシャツTシャツ。もう飽きました。今所有しているTシャツすらも、着る機会はほとんどなくなりつつあります。

DSC_2552_20170616022049d38.jpg
この日の席は「1階3塁寄り北7通路D列L91番」。バファローズベンチのほぼすぐ横。

DSC_2556_201706160224324e9.jpg DSC_2557.jpg
DSC_2558_201706160224496a0.jpg DSC_2567_20170616022441f63.jpg
着席してても、選手なりチームOB、またスタッフの表情が撮影出来ます。少しだけ、贅沢を申すなら、フェンスの上の「手すり」をもう少し細くしてくれんかなぁ、と。

DSC_2588_201706160231358aa.jpg DSC_2601_201706160231499d5.jpg
DSC_2616_20170616023151d5c.jpg DSC_2623_20170616023154bd9.jpg
ここでの撮影の楽しみは、とにかく練習の様子。もう最近はあまり撮らなくなりましたが、やっぱり年に一回ともなると、あまりのんびりもしてられんのも事実。とは言うものの、でかいバズーカを持っているわけではないので、撮影範囲はものすごく限られます。これは致し方ないところ。

DSC_2624_20170616023756329.jpg DSC_2626_20170616023900482.jpg
DSC_2629_20170616024001eb4.jpg
カープの練習の最後は、會澤翼へのフライ。ベンチ前での声出しは松山竜平。

DSC_2727_2017061602432921d.jpg DSC_2723_20170616024333100.jpg
DSC_2697_201706160243339c0.jpg DSC_2669.jpg
バファローズの先発バッテリーは東明大貴・若月健矢、カープは大瀬良大地・會澤翼。

DSC_2656_20170616024659cd0.jpg
両チームのスターティングメンバー。ブラッド・エルドレッド抜きでも違和感のないカープ、相変わらず外国人助っ人頼みのバファローズ。なぜT-岡田が4番ではいかんのか、と言う疑問は今年も解決されていません。いずれは帰国してしまう外国人選手中心のチーム作りでは絶対に強くならないし、その分下でバファローズはしっかり育成出来ているか、と言うのもまた疑問でございます。

DSC_2604_2017061602514738d.jpg
現役引退後、バファローズのコーチやスカウト、ファイターズのヘッドコーチ等を歴任。バファローズ球団からしたら、指導者としての素地は出来た、とも考えての、ヘッドコーチからの昇格だったとは思いますが、ファイターズで就任していた「二軍監督」を勤めてからでも遅くはなかったはず。さらに言えば、森脇浩司前監督を、あまりにも無慈悲に退任に追い込みすぎたかなぁ、とも。

かと言って、カープもまだまだ磐石じゃない、とも思ってます。セットアッパーにはジェイ・ジャクソンがデンと構えていますが、彼が居る間に、日本人選手で「軸」を作っておかなければいけない。中崎翔太が柱になったけどまだまだ足りませんよ。先発をリリーフに回したり、リリーフさせたり先発させたり、ではピッチャーが疲弊してしまう。配置転換はあまりシーズン途中にするもんでもないし。

DSC_2782_201706160307109dd.jpg DSC_2783_20170616030735497.jpg
DSC_2784_20170616030720933.jpg DSC_2790_20170616030744b26.jpg
DSC_2811_201706160307454bc.jpg DSC_2812_2017061603075098c.jpg
DSC_2813.jpg DSC_2816_20170616030750658.jpg
まぁそんな戯言は置いといて、試合は2回表にバファローズ・T-岡田、2回裏にカープ・鈴木誠也のホームラン。試合中盤にはカープがタイムリーヒットで突き放せば、8回表にはステファン・ロメロのスリーランホームランで同点(メシ買いに行ってました)。そしてそのまま、2年連続の延長戦に突入。

DSC_3781_2017061603301114f.jpg
9回表終了後の画像。この頃に「あぁ、今年も延長戦やなぁ」と腹をくくりました。この時点で21:18。おみやげを買う事も諦めました。後は「(帰りのバスの出発する、広島駅)新幹線口まで歩いて行ければいいなぁ」程度。昨年はヒーローインタビューが終わって、脇目も振らず全力疾走でした。

DSC_3627_201706160319370b2.jpg DSC_3628_201706160319440bf.jpg
DSC_3630_201706160319483ed.jpg DSC_3632_20170616031951d84.jpg
9回裏には先頭バッターにザビエル・バティスタが立ちました。つい先月まで、阪神鳴尾浜球場で危なっかしい守備を見せてましたが、また一人、遠くに行ってしもうたなぁ、と感慨に浸る事しきり。

DSC_3793_20170616033903c31.jpg DSC_3858_201706160339214ee.jpg
DSC_3875.jpg DSC_3953_2017061603391994b.jpg
個人的意見ですが、粛々と10回、11回は終わりました。代打で準備するブラッド・エルドレッドの姿もありましたが、打席に立たぬまま。出来る事ならサヨナラの一発を見たかったんですが。ただ、広島駅新幹線口から「山陽ドリーム広島号」が出発する23:15まではまだ時間がありました。

DSC_4536_201706160349211f1.jpg DSC_4542_2017061603492848f.jpg
そして延長12回裏。先頭バッターは鈴木誠也。

DSC_4531_201706160345032fc.jpg DSC_4533_201706160345100c0.jpg
バファローズのピッチャーは佐藤達也。

DSC_4548_20170616034746463.jpg DSC_4549_20170616034753a0f.jpg
砂ばかり席だけでなく、球場全体が何となくソワソワザワザワ。昨年のこのカードは、尽く鈴木誠也に「持って行かれた」だけに、バファローズバッテリーの攻めもなかなか厳しいものがありました。これはもう致し方のないところ。2年連続でやられるわけにはいかない。

DSC_4589_2017061603513250d.jpg DSC_4590_20170616035144a90.jpg
DSC_4591_2017061603514704b.jpg 
DSC_4593_201706160351504d5.jpg DSC_4594_201706160500449bf.jpg
そして佐藤達也が投じた4球目。昨年はやや泳がされたような風もありましたが、今年は完璧に手応えがあったんでしょう。打球の行方もあまり確認もすることなくファーストベースに向かう。

DSC_4598_201706160354572f1.jpg DSC_4600_201706160355077c4.jpg
DSC_4603_20170616035511f14.jpg DSC_4604.jpg
河田コーチとのハイタッチは、2年連続でタイミングが合わず。ここまで来てもワタクシ、目の前でナニが起こってるのか分かってません。得点こそ違えど、あまりにも昨年と同じ展開。手も足も震えてました。

DSC_4605_20170616035849ada.jpg DSC_4606_201706160358506e9.jpg
そして、ホームベース付近では、新井貴浩と會澤翼が「ここ!ここやぞー!しっかり踏めよー!」と言わんばかりに指を差してお出迎えの体勢。

DSC_4607_20170616040039bc4.jpg DSC_4608_2017061604005475a.jpg
DSC_4609_20170616040055daa.jpg DSC_4610.jpg
そしてこの試合のヒーローのフィニッシュホールドはジャンピングフットスタンプ。ジャンピングフットスタンプが決まると同時に今度は、會澤翼のジャンピングヒップアタック炸裂。

DSC_4611_20170616040342e04.jpg DSC_4612.jpg
DSC_4613_20170616040352988.jpg DSC_4614_2017061604035655f.jpg
ホームイン後は、これまた昨年同様、丸佳宏の渾身の一投!しかしながら量が多すぎたのか、大きく的を外してしまったのか、ずぶ濡れになった「被害者」は新井貴浩、會澤翼と田中広輔・・・。

DSC_4615.jpg DSC_4616_20170616040538b10.jpg
DSC_4617_20170616040611860.jpg 
DSC_4618_20170616040704c9e.jpg DSC_4619.jpg DSC_4620_20170616040708627.jpg
ずぶ濡れになる會澤翼、逃げまどう田中広輔。サヨナラホームランの歓喜の和から一転、ホームベース周辺は阿鼻叫喚の地獄絵図(絶対に違います)。

DSC_4622_20170616041043b95.jpg DSC_4623.jpg DSC_4624.jpg
DSC_4625.jpg DSC_4626_20170616041054dee.jpg DSC_4627_20170616041057015.jpg
よう見たら最後まで撒き散らしてたのは、クリス・ジョンソンの一軍復帰でリリーフに配置転換、12回表を見事なピッチングで締めた九里亜漣。12回表、安達了一をピッチャーゴロに仕留めたチェンジアップは見事でした。これがまた、先発で長いイニングを投げてきた成果、かも知れません。ただ、彼には「前」で成績を残してほしいなぁ、と。いいところまで来てるんだしもったいないですよ。

DSC_4629_201706160414288a5.jpg DSC_4632_201706160414505c2.jpg DSC_4634_2017061604145623c.jpg
DSC_4638_201706160414479af.jpg DSC_4644_20170616041455fa2.jpg DSC_4648_20170616041500c4c.jpg
なかなか始まらない最後の整列。

DSC_4658_20170616041814344.jpg DSC_4683_20170616041829ef3.jpg
DSC_4687.jpg DSC_4696_201706160418284eb.jpg
まさか、まさか、2年連続で延長戦に突入して、12回までやって、最後は鈴木誠也のサヨナラホームランで試合が終わるとは思いも寄りませんでした。

DSC_4701.jpg DSC_4704.jpg
DSC_4707_20170616042038e9e.jpg DSC_4711.jpg
余熱もさめて22:34。お立ち台の設営完了。今日の主役を待つRCC・坂上俊次アナウンサー。

DSC_4713_20170616042240461.jpg DSC_4716_20170616042246868.jpg
そして、大歓声に迎えられて登場した今日の主役。今年は手ぶら。しかしながらその歩みは「威風堂々」。そのもの。貫禄さえ感じ取れます。これもまた成長の証、なんだと思います。

DSC_4722.jpg 
DSC_4740.jpg DSC_4760.jpg
坂上アナウンサーとの問答はほとんど聞いてません。左腕で一度、右腕で二度「さいこ――――――でーす!」。もうこれを聞けただけで十分でございます。

DSC_4804.jpg DSC_4810.jpg
インタビュー終盤、これみよがしにタンクを運んできた野間峻祥。「すわ(今や死語)、新手のヒットマンか?」と思いきや、お立ち台の傍らにタンクを置いて撤収。

DSC_4824_20170616043308509.jpg DSC_4826_20170616043327dcd.jpg
DSC_4830_20170616043327105.jpg DSC_4832_20170616043328205.jpg
DSC_4833_201706160434555a2.jpg 
DSC_4834_20170616043509e9e.jpg 
DSC_4835_20170616043506d87.jpg 
DSC_4837_20170616043511b83.jpg
そして締めは「セルフシャワー」。さくねんはその瞬間を撮り逃しただけに「緊張の一瞬」。

DSC_4861_20170616043914577.jpg
水も滴るええ男、とはよう言うたもんです。

DSC_4868.jpg DSC_4869_2017061604383287b.jpg
DSC_4871_20170616043834541.jpg DSC_4876_201706160438363c3.jpg
ピンクスラィリーとの記念撮影後、スラィリーのユニで顔を拭く・・・・。

DSC_4880_20170616044400766.jpg
マツダスタジアムでは21:00頃から、コンコース内のモニターテレビで、広島駅からの各方面列車、また臨時列車の発車時刻案内をします。もう時刻は22:42。結構なお客さんが帰路についてしまいましたが(加古川より向こうの戦友も帰られました)、それでもスタンドにご挨拶。

DSC_4881_201706160445070ca.jpg DSC_4882_20170616044520751.jpg
DSC_4883_20170616044526da4.jpg DSC_4884_20170616044526efa.jpg
2年連続「この1試合だけ」と決めてかかって観戦したカープ対バファローズの交流戦、2年連続でバファローズは東明大貴が先発して、2年連続でT-岡田がホームランを打って、2年連続延長12回に突入して、2年連続で鈴木誠也のサヨナラホームラン。術でがまるで昨年の再現フィルムとなりました。

DSC_4885_20170616044812f8b.jpg
「野球は筋書きのないドラマ」と昔の人は申しました。しかしながら、丸々一年たって、ほぼ同じ「サヨナラ劇」を見ることになろうとは思いも寄りませんでした。これまでいくつかのサヨナラゲームを見ましたが「中一年」と言うのは初めてです。まさか、来年はない、とは思いますが、来年も「ここ!」と決めてかかって、どこかで「砂ばかり席(だから違うって)を買って、観戦したいと思います。


鬼が笑いますが・・・・・また来年!


2017.06.16 / Top↑