俗世間では、秋の社会人野球日本選手権に向けての対象大会が各地で行われていますが、それと同時に、7月の都市対抗野球大会に向けての、都道府県レベルでの一次予選も始まっています。

まだクラブチームレベルでの戦いですが、どのチームも、東京ドームでの戦いを目指して、熱い戦いが繰り広げられています。すでに幾つかの有名チームが敗退し、ただならぬ様相を呈しています。

そして23日の日曜日に観戦したのは、兵庫県一次予選、関メディベースボール学院対兵庫県警硬式野球部「県警桃太郎」の試合。勝てば5月末からの近畿地区二次予選に進める重要な戦いです。

まずは関メディベースボール学院。

昨年から幾度か観戦に訪れている、言わば学生チームではありますが、立派に日本野球連盟登録チーム。JR四国さんとの試合後、井戸伸年監督にお話を伺いましたが「今年は都市対抗野球出場を目指します」と力強く語ってくれました。それだけ今年のチームに手応えを感じておられるのでしょう。その言葉通り、NOMOベースボールクラブ、全播磨硬式野球団を撃破し、第一関門突破寸前。

対峙するは、兵庫県警硬式野球部「県警桃太郎」。

兵庫県三田市が言わば本拠地にあたるチーム。3年前にオリックスバファローズとのプロアマ交流試合を観に行った際は「まだまだこれから」の印象がありましたが、その後はみるみる力を付け、昨年の第41回全日本クラブ野球選手権に初出場し、見事一回戦を突破。多方面で話題になりました。

何かと特色のあるチーム同士の戦い。そして、もっと先にある都市対抗野球大会出場を懸けた試合。人目に触れる事は非常に少ないと思われますが、これも「全国大会を懸けた戦い」であります。

DSC_2086_20170424041152665.jpg
おはようございます。初めて来ました「三菱重工二見グラウンド」。その名前の通り、三菱重工神戸・高砂硬式野球部の本拠地球場でもあります。企業の敷地内なので、おいそれと来れぬ球場です。



スターティングオーダー
先攻:関メディベースボール学院
1(三)橋本  樹 (敦賀気比高校)
2(捕)松浦勝利 (東洋大姫路高校)
3(中)園田龍矢 (九州学院高校~徳山大学)
4(指)小川大樹 (佐久長聖高校)
5(左)柳澤太良 (桜ヶ丘高校)
6(一)松尾祐輝 (滋賀学園高校)
7(右)冨田賢斗 (松蔭高校)
8(遊)奥野夢叶 (立正大学付属湘南高校)
9(二)谷口  蓮 (英真学園高校)
DSC_2139_20170424032148497.jpg DSC_2141_201704240321515f9.jpg
DSC_2142_20170424032143e41.jpg DSC_2143_20170424032146c37.jpg
投:上芝健太 (箕島高校)

後攻:県警桃太郎
1(左)吉見亘平 (金光大阪高校~神戸学院大学)
2(二)坂本佑太 (龍谷大学附属平安高校~龍谷大学)
3(右)栃岡大地 (鳴門工業高校~姫路獨協大学)
4(遊)福岡  惇 (今治西高校~立命館大学)
5(中)松島駿介 (立命館宇治高校~立命館大学)
6(三)井口凌兵 (市立尼崎高校~神戸学院大学)
7(一)田淵拓馬 (神港学園高校~国士舘大学)
8(指)松本聖也 (九州国際大附属高校~城西大学)
9(捕)立原聡司 (尼崎東高校~神戸国際大学)
投:石倉弘喜 (徳島商業高校~国士舘大学)

DSC_2089_20170424031823a7c.jpg DSC_2092_201704240318288eb.jpg
さぁて、試合開始でございます。

打撃成績
1回表
橋本     2-2から6球目を空振り三振
松浦     2-2から5球目を空振り三振
園田     フルカウントから6球目を打ってライトへ先制ソロホームラン
県警桃太郎0-1関メディベースボール学院
小川     初球を打ってセンター前ヒット
柳澤     2-2から5球目を空振り三振

〇アウトが全部空振り三振ながらも「振らな何も始まらない」。決して空振り三振は悪いもんじゃない、と思ってます。それにしても園田選手のホームラン。2月の対永和商事ウイング戦でも一発放ってます。さすが。

1回裏
吉見     1-1から3球目を打ってセカンドゴロ
坂本     3-1から5球目を選んでフォアボール
栃岡     3-1から5球目を打ってファーストライナーダブルプレイ

2回表
松尾     0-2から3球目を打ってセカンド内野安打
次打者富田の2球目にファーストランナー松尾セカンド盗塁失敗
富田     2-2から5球目を打ってレフトへソロホームラン
県警桃太郎0-2関メディベースボール学院
奥野     フルカウントから6球目を打ってレフトフライ
谷口     0-1から2球目を打ってセンター前ヒット
橋本     0-2から3球目を打ってセカンドライナー

〇小川選手が打たないのなら、ってんで冨田選手がホームラン。

2回裏
福岡     2-2から5球目を打ってセンター前ヒット
松島     1-0から2球目を打ってファーストゴロセカンドフォースアウト
井口     初球を打ってレフトフライ
次打者田淵の初球にファーストランナー松島セカンド盗塁成功
田淵     1-0から2球目を打ってショートゴロ

3回表
松島     初球を打ってキャッチャーファウルフライ
園田     1-2から4球目を見逃し三振
小川     2-2から6球目を打ってサードゴロ

3回裏
松本     2-2から6球目を打ってセンターフライ
立原     ストレートのフォアボール
吉見     初球を打ってセカンドライナーダブルプレイ

●県警桃太郎。ボールはしっかり捉えてるんだけど、残念ながらセカンド谷口選手の真正面。こう言うプレイが続くと試合の流れはなかなか掴めない。これはプロもアマも一緒、かと思います。

4回表
DSC_2096_201704240320088cd.jpg DSC_2097_20170424032005c48.jpg
柳澤     初球を打ってレフトへソロホームラン
県警桃太郎0-3関メディベースボール学院
松尾     2-1から4球目を打ってショートゴロ
富田     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
次打者奥野の4球目にワイルドピッチ
奥野     2-2から6球目を打ってライト前ヒット
谷口     1-1から3球目をピッチャー前スクイズ失敗 サードランナーはランダウンプレイでタッチアウト そしてホームへ向かうファーストランナーを刺すべくバックホームも悪送球でランナー生還
県警桃太郎0-4関メディベースボール学院
さらにホームからサードへの悪送球でバッターランナー谷口はサードへ
橋本     フルカウントから8球目を見逃し三振

●ほとんど箇条書きの世界になってしまってますが、とにかくランダウンプレイで、落ち着いてアウトをひとつとればいいものを、よくばってダブルプレイを狙ってエラーが2つ。バックホームのバックアップも出来てないようではちょっとなー、と思う次第。エラーと言うよりボーンヘッドに近いプレイ。

〇関メディからすると、とにかく次の塁を目指しておれば「何かが起こる」と言う良い例。

4回裏
坂本     1-2から4球目を打ってサードゴロ
栃岡     2-0から3球目を打ってサードゴロ
福岡     1-2から4球目を空振り三振

5回表
松浦     2-1から4球目を打ってライトフライ
園田     2-0から3球目を打ってセカンドフライ
小川     0-2から3球目を打ってサードファウルフライ

5回裏
松島     1-2から4球目を打ってレフトフライ
井口     ストレートのフォアボール
田淵     初球を打ってセンター前ヒット ファーストランナー井口はサードへ
松本     1-0から2球目を打ってセンター前タイムリーヒット
県警桃太郎1-4関メディベースボール学院
立原     1-0から2球目を打ってセカンドフライ
吉見     初球を打ってピッチャーゴロ

6回表
県警桃太郎選手交代

ピッチャー石倉に代えて米田尭弘(智弁学園高校~関西国際大学)

柳澤     フルカウントから7球目を打ってショートゴロ ファーストの捕球エラー
松尾     初球をピッチャー前送りバント
富田     1-2から4球目を見逃し三振
奥野     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
谷口の代打加藤直樹(柳井学園高校) 2-2から5球目を打ってライト前タイムリーヒット
県警桃太郎1-5関メディベースボール学院
加藤の代走に塚本瑞輝 (市立富士高校)
次打者橋本の初球にファーストランナー塚本飛び出し、同時にサードランナーが飛び出すも挟殺タッチアウト

〇最後のランナーアウト。ファーストランナー塚本選手は「誘い」だったのかどうかは分かりませんが、飛び出しがちょっと中途半端かなー、と言った印象。ひと呼吸置いて奥野選手のスタート、までは良かったと思うんですけどね。ただ、こうやって選手が常に動いている野球ってのは観てて面白いものです。

6回裏
関メディベースボール学院選手交代

代走塚本に代えてセカンド岡遼河(酒田南高校)

坂本     3-1から5球目を打ってライトフライ
栃岡     1-0から2球目を打ってライトフライ
福岡     1-2から4球目を空振り三振

7回表
橋本     初球を打ってファーストゴロ
松浦     3-1から5球目を選んでフォアボール
次打者園田の2球目にファーストランナー松浦セカンド盗塁成功、さらに4球目にワイルドピッチ
園田     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
小川     2-1から4球目を打ってピッチャーゴロ サードランナーホームタッチアウト
柳澤     1-2から5球目を打ってサードゴロ

7回裏
松島     3-1から5球目を打ってセカンドゴロ
井口の代打松原健人(岡山理科大附属高校~関西国際大学) 2-2から6球目を空振り三振
田淵     1-0から2球目を打ってファーストゴロ

8回表
県警桃太郎選手交代

代打松原がそのまま入りサード

松尾     初球を打ってライトフライ
富田の代打犬塚貴哉(龍谷大平安高校) 2-2から5球目を空振り三振
奥野     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
岡の代打二神友哉(三重海星高校) 2-0から3球目を打ってピッチャーライナー

8回裏関メディベースボール学院選手交代
代打犬塚がそのまま入りライト
代打二神に代えてセカンド酒井優斗(尼崎西高校)

松本の代打福田樹(高砂南高校) 初球を打ってライトフライ
立原の代打森下幾矢(西脇工業高校) 1-0から2球目を打ってファーストゴロ
吉見     3-1から5球目を選んでフォアボール
坂本     2-1から4球目を打ってライト前ヒット
栃岡     2-1から4球目を打ってライトフライ

9回表県警桃太郎選手交代
代打森下に代えてキャッチャー三角武成( 関西高校~神戸学院大学)

橋本     初球を打ってピッチャーゴロ
松浦     2-2から6球目がデッドボール
次打者園田の2球目にファーストランナー松浦セカンド盗塁成功
園田     1-2から5球目を打ってライトオーバータイムリースリーベースヒット
県警桃太郎1-6関メディベースボール学院
小川     1-0から2球目を打ってセンター前タイムリーヒット
県警桃太郎1-7関メディベースボール学院
柳澤     初球を打ってサードゴロ捕球エラー
小川の代走に田村優樹(PL学園高校)
松尾     2-1から4球目を打ってライト前ヒット
次打者犬塚の初球にタイムリーパスボール
県警桃太郎1-8関メディベースボール学院
犬塚     1-0から2球目を打ってライト前タイムリーヒット
県警桃太郎1-9関メディベースボール学院
奥野     初球を打ってショートゴロ サードランナーホームイン
県警桃太郎1-10関メディベースボール学院
酒井の代打松本翔(桜が丘高校) 1-2から4球目を空振り三振

〇とにかくよく走る「2番・キャッチャー」の松浦選手。俗世間では「打てる捕手」が嘱望されていますが「走れる捕手」と言うのもなかなか面白い存在。

●そして、相変わらず(と言ったら怒られるか)県警桃太郎のエラー。パスボールやワイルドピッチは、やっぱりキャッチャーの責任。針の穴を通す程のコントロールを持つピッチャーてのはそうそうおらんのだから、まずは「壁」にならないと。とは言え。ここまで力の差を見せ付けられたら、緊張感も途切れると言うものか。タイムリーヒットもありましたが、試合最終盤に「ズルズルと失点」と言う感じ。

9回裏
関メディベースボール学院選手交代

代打松本がそのまま入りサード
サード橋本がセカンド
DSC_2175_20170424032348501.jpg DSC_2177_201704240323582b6.jpg
DSC_2178_20170424032350cb1.jpg DSC_2180_20170424032400fd6.jpg
ピッチャー上芝に代えて徳永涼太(佐賀学園高校)

福岡     初球を打ってライト前ツーベースヒット
松島     フルカウントから8球目を打ってセンター前ヒット
松原の代打宮城謙次郎(鳥羽高校~龍谷大学) 0-1から2球目を打ってレフトへ犠牲フライ
県警桃太郎2-10関メディベースボール学院
次打者古田の4球目にワイルドピッチ
田淵の代打古田拓也(日高高校~立命館大学) フルカウントから8球目を打ってセンターフライ
福田     1-2から4球目を打ってショートタイムリー内野安打
県警桃太郎3-10関メディベースボール学院
三角     3-1から5球目を打ってレフト前ヒット
吉見     フルカウントから8球目を選んでフォアボール
坂本     1-2から4球目を見逃し三振

DSC_2243_20170424032739b68.jpg DSC_2247_201704240327461a5.jpg
試合終了。そして・・・・
関メディベースボール学院、第88回都市対抗野球大会近畿地区二次予選進出決定!

関メディベースボール学院
110 201 005 10
000 010 002 3
兵庫県警硬式野球部県警桃太郎




DSC_2263_201704240330504dd.jpg
まずは県警桃太郎。とにかくつまらないミスが多かった。バッテリーミスに野手同士の連携ミス。もっとも、お巡りさんですから、勤務時間もバラバラなら、皆が揃っての練習時間も満足に取れていないのかも知れません。在籍されている選手はホント多いです。それこそゆうに紅白戦が出来るくらいに在籍されてます。そんな中で、互いに密に連絡等を取り合って、ここはこうしよう、みたいなのも確立したほうがいいのではないでしょうか、と思うわけでして。

昨年は、全日本クラブ選手権を勝ち上がった実績のあるチームですから、やれば出来るはずだと思うんです。去年出来てたことが今年出来てない、って事は何かが狂ってる。それをもう一度修正し直して「次の山」に挑んで欲しいと思っています。まだまだ歴史の浅いチームです。出来る事はなんでもやっていいと思います。それが、何年か先に勝ち上がるための礎になると思っています。

DSC_2254_20170424035021c88.jpg
そして、関メディベースボール学院のスタッフ・選手の皆さん、近畿地区二次予選進出おめでとうございます。けど、おめでとうの感慨に浸ってる時間はほんの僅か。ゴールデンウィーク明け5月18日には、強豪犇めく二次予選が、わかさスタジアム京都他で始まります。

DSC_2259_20170424034039801.jpg
井戸監督から直接伺いましたが、そして未だ公式発表がないので伏せますが、初戦は先の某日本選手権対象大会で、粘り強い戦いぶりを見せ、予選ブロックをかき回したあのチーム。生半可なチームではないとは思います。が、臆せずかかればがっぷり四つに組めると思います。

DSC_2266_20170424034650599.jpg DSC_2268_2017042403465161a.jpg
昨年より、本格的に(出来る限り)都市対抗野球地区予選を観るようになりましたが、ホント生半可な戦いではありません。ただ、その戦いを知ってる選手も残っています。その経験と、今の勢いと、若さを武器に戦っていただきたい。第一代表決定戦は6月5日でしたか、通常練習でも使われている京セラドーム大阪。そこで、歓喜のハイタッチを観れればいいなぁ、とも思っています。

健闘をお祈りいたします!


カープも広島も、何の関係もありませんがクリックして頂ければ幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2017.04.24 / Top↑
引き続き、倉敷マスカットスタジアムでの第三試合、三菱重工広島対ヤマハの試合です。

まずは三菱重工広島。

社会人野球日本選手権の出場権とかとは何ら関係ありませんが、3月末の松本旗三浦旗大会を、ベテラン若手問わず、圧倒的な攻撃力で制し、「今年も三菱重工広島強し」を印象付けました。

そしてヤマハ硬式野球部。

昨年の第42回社会人野球日本選手権での初優勝は記憶に新しい所ですが、先週行われた第64回JABA静岡大会では、優勝決定戦まで進出しながら東京ガス硬式野球部に惨敗で日本選手権出場権獲得はなりませんでした。遠く晴れの國岡山県で、2大会連続24度目の出場権獲得なるか?

DSC_1654_201704190529013a7.jpg
――――――と言う口上を事前に用意してたわけですが、第二試合の頃からの雨は相変わらず降ったり止んだりで、グラウンド整備に時間を割くため、両チームの守備練習はカット。ベンチ前での軽いノックのみ。私はと言えば、この後の「豪雨」を避ける為に、内野スタンド最上段席に移動。一応雨天対応はしてましたが、「このままでは死あるのみ」みたいな天気予報だった故。

以下、いくらか画像も撮影していますが、たいしたのは撮れてません。



スターティングオーダー
先攻:ヤマハ
1(遊)三浦拓馬 (札幌第一高校~専修大学)
2(左)鈴木  光 (会津高校~東北福祉大学)
3(中)矢幡勇人 (相洋高校~専修大学)
4(三)前野幹博 (PL学園高校)
5(一)佐藤二朗 (ワシントンルイス高校~東京ヤクルトスワローズ~シダックス)
6(指)萩原圭悟 (大阪桐蔭高校~関西学院大学)
7(右)萩原英之 (九州学院高校~ 明治大学)
8(二)羽山弘起 (静岡商業高校~中央大学)
9(捕)東  隆志 (高陽東高校~中央大学)
投:伊藤直輝 (日本文理高校~東北福祉大学)

後攻:三菱重工広島
1(遊)田中友博 (享栄高校~愛知学院大学)
2(左)市原一樹 (松商学園高校~専修大学)
3(右)実政太一 (如水館高校)
4(一)國本剛志 (近大福山高校~近畿大学)
5(指)松原匡志 (天理高校~同志社大学)
6(中)汐月祐太郎(熊本高校~筑波大学)
7(三)松永弘樹 (広陵高校~早稲田大学)
8(捕)佐々木駿 (桐光学園高~國學院大学)
9(二)堤  裕貴 (龍谷高校~オリックスバファローズ)
投:鮫島優樹 (神村学園高校~MSH医療専門学校)

審判員
球審:矢橋 一塁:本谷 二塁:初田 三塁:古川


さぁ、最後まで試合が出来るのか、期待と不安を抱えての試合開始です。

打撃成績
1回表
三浦     3-1から5球目を打ってライト前ヒット
鈴木光    1-0から2球目をファースト前送りバント
矢幡     1-2から6球目を打ってライト前タイムリーヒット
三菱重工広島0-1ヤマハ
次打者前野の5球目にファーストランナー矢幡セカンド盗塁失敗
前野     フルカウントから6球目を空振り三振

〇さすがに王者ヤマハ。昨年の社会人野球日本選手権では毎試合のようにビッグイニングを作って試合の主導権を握ってきましたが、ここどは出たランナーをしっかり送って先制点を奪取。

●対する広製先発の鮫島投手。ちょっとコントロールが定まらなかったように見えました。長いイニングを投げれる人だけに、少しばかり先行き不安ではありました。

1回裏
田中     1-0から2球目を打ってサードゴロ
市原     1-1から3球目を打ってライトファウルフライ
実政     0-2から3球目を見逃し三振

2回表
佐藤     2-2から5球目を打ってショートゴロ
萩原圭    0-2から3球目を見逃し三振
萩原英    1-1から3球目を打ってレフトフライ

2回表
國本     1-1から3球目を打ってサードゴロ
松原     2-0から3球目を打ってピッチャーゴロ
汐月     1-2から5球目を打ってサードゴロ

3回表
DSC_1690_201704190531061c8.jpg DSC_1691_2017041905311736a.jpg DSC_1692_201704190531184b5.jpg
羽山     2-2から5球目を空振り三振
DSC_1719_20170419053215173.jpg DSC_1720_201704190532166ff.jpg DSC_1723_20170419053211b88.jpg
東      1-2から5球目を空振り三振
DSC_1745_201704190533248d5.jpg DSC_1746_20170419053321469.jpg DSC_1747_20170419053324531.jpg
三浦     2-2から5球目を打ってレフトフライ

3回裏
松永     3-1から5球目を打ってレフト前ヒット
佐々木    1-0から2球目をキャッチャー前送りバント
堤      1-2から4球目を打ってレフトフライ
田中     フルカウントから6球目を打ってライトオーバータイムリーツーベースヒット
三菱重工広島1-1ヤマハ
次打者市原の2球目にワイルドピッチ
市原     2-1から4球目を打ってセンター前タイムリーヒット
三菱重工広島2-1ヤマハ
センターの処理エラーでバッターランナー市原はセカンドへ
実政     2-2から5球目を打ってピッチャーゴロ

4回表
DSC_1753_201704190534159c2.jpg DSC_1754_2017041905342027c.jpg DSC_1755_20170419053418f4f.jpg
鈴木光    1-0から2球目を打ってセンター前ヒット
矢幡     ストレートのフォアボール
DSC_1795_2017041905352055e.jpg DSC_1796_20170419053519a1a.jpg DSC_1797_20170419053521f5a.jpg
前野     初球を打ってレフトフライ
佐藤     1-1から3球目を打ってセカンドゴロダブルプレイ

4回裏
DSC_1817.jpg DSC_1818_20170419053616b47.jpg DSC_1820_201704190536185ee.jpg
國本     0-1から2球目を打ってサードゴロエラー
松原     1-2から4球目を空振り三振
汐月     2-0から3球目がデッドボール
DSC_1895_20170419053706233.jpg DSC_1896_20170419053716126.jpg DSC_1897_20170419053713915.jpg
松永     1-2から4球目を打ってライトフライ
ファーストランナー・セカンドランナー共にタッチアップで進塁
佐々木    3-1から5球目を選んでフォアボール
堤      フルカウントから7球目を打ってショートゴロ

●得点には繋がらなかったものの、ライトフライでセカンドランナーのみならず、ファーストランナーまでもが少しずらしてタッチアップ。こう言う野球、あまりプロ野球ではお目にかかれません。

5回表
萩原圭    0-1から2球目を打ってレフトフライ
萩原英    フルカウントから6球目を打ってセンターフライ
羽山     1-1から3球目を打ってセンターフライ

5回裏
田中     1-2から5球目を打ってショートゴロ
市原     3-1から5球目を選んでフォアボール

ヤマハ選手交代
ピッチャー伊藤に代えて九谷青孝(南部高校~東京農業大学)

実政     初球をピッチャー前送りバント
DSC_2033_2017041905401699e.jpg DSC_2034.jpg DSC_2037_20170419054018d92.jpg
國本     1-1から3球目を打ってレフトフライ

〇勝負のかかった公式戦なので、球数の集計その他は省略してますが、ヤマハベンチは5回裏途中で、ランナーが1人出た所で、スパッと伊藤投手から九谷投手にスイッチ。

DSC_2038_20170419052010c78.jpg DSC_2039_20170419052016bf6.jpg
昨年同様、雨天に見舞われた第三試合。試合続行は可能でしたが、5回裏終了後の15:55より、照明塔が点灯。詳細は把握出来てませんが、」この頃すでに、倉敷市営球場での九州三菱自動車対JFE西日本の試合はノーゲームになってたはず。移動のタクシーの運転手さんに聞いたんですが、いくら晴れの国とは言え、この時期は必ず雨が降るとか。困ったもんです。

6回表
東      0-1から2球目を打ってレフト前ヒット
三浦     0-1から2球目をピッチャー前送りバント
鈴木光    1-0から2球目を打ってセンター前タイムリーヒット
三菱重工広島2-2ヤマハ
矢幡     0-2から3球目を空振り三振
前野     1-2から4球目を打ってレフト前ヒット
佐藤     1-2から4球目を空振り三振

6回裏
松原     初球を打ってライト前ヒット
汐月     初球をピッチャー前送りバント
松永     初球を打ってセンターオーバータイムリーツーベースヒット
三菱重工広島3-2ヤマハ
バッターランナー松永はサードタッチアウト
佐々木    1-2から5球目を空振り三振

7回表
萩原圭の代打石野雅之(横浜隼人高 - 国士舘大学) フルカウントから7球目を見逃し三振
萩原英    1-2から4球目を見逃し三振
羽山     1-2から4球目を空振り三振

●この回の鮫島投手。何らかのスイッチが入ったのか、内野最上段にいても聞こえるような雄叫びをあげながらのピッチング。その結果が三者連続三振。社会人野球日本代表の本領発揮。

7回裏
堤      初球を打ってレフトフライ
田中     1-2から4球目を打ってピッチャーゴロ
市原     初球セーフティバントを試みるもサードゴロ

8回表
東      初球を打ってレフトフライ
三浦     フルカウントから10球目を選んでフォアボール
鈴木光    初球をャッチャー前送りバント失敗セカンドフォースアウト
次打者矢幡の4球目にファーストランナー鈴木光セカンド盗塁成功
矢幡     フルカウントから8球目を打ってピッチャーライナー

8回裏
実政     1-1から3球目を打ってショートフライ
國本     初球を打ってライト前ヒット
松原     初球をキャッチャー前送りバント失敗セカンドフォースアウト
汐月の代打井口晴樹(四日市工高校~愛知工業大学) 1-2から4球目を打ってファーストフライ

9回表
三菱重工広島選手交代

代打井口に代えてセンター青木拓己(関大北陽高~関西大学)

前野     1-2から4球目を打ってレフトオーバースリーベースヒット
佐藤     1-1から3球目を打ってレフトへ大会第6号ツーランホームラン
三菱重工広島3-4ヤマハ
石野     0-2から4球目を空振り三振
萩原英    0-1から2球目を打ってセンター前ヒット
代走池田祥大(富山商業高校~近畿大学)
羽山     初球をピッチャー前送りバント

三菱重工広島選手交代
ピッチャー鮫島に代えて松下和貴(崇徳高校~近畿大学工学部)

東      初球を打ってショートゴロ

●先頭の前野選手にスリーベースヒットを打たれた時点で、同点は覚悟出来ました。色んな場面が想定出来ますから。しかしながら結果は逆転ツーランホームラン。マウンド上で固まる鮫島投手。

〇ちょっと残念だったのは、ホームランを打った佐藤選手が、マウンド上の鮫島投手や広製ベンチに向かって、何やら叫びながらダイヤモンドを一周してた事。そう言う風に見えただけなのかも知れませんが、ぶっちゃけあまり気分のよいもんぢゃなかったなぁ。気持ちは分からんでもないですが。

9回裏
ヤマハ選手交代

代走池田がそのまま入りライト

松永     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
佐々木    2-1から4球目を打ってサードゴロ
堤の代打山本 1-2から4球目を空振り三振

静岡市 100 001 002 4
広島市 002 001 000 3




DSC_2064_201704190518598a5.jpg
3連勝で予選リーグいち抜けを目指した三菱重工広島でしたが、やはり相手は昨年の日本選手権覇者。おいそれと勝たせてもらえませんでした。土壇場9回表に長打2本であっさり逆転勝利。

満を持しての鮫島投手の登板だったかとは思いますが、前記の通り、終始コントロールに四苦八苦。ポンポンと早いカウントでバッターを追い込む印象のある鮫島投手ですが、ツーボールノーストライクに「なってしまう事」もしばしば。とは言うものの、鮫島投手も人の子。無理はもうせません。

残念ながら三菱重工広島は、予選リーグ突破はなりませんでした。先のJABA四国大会、優勝決定戦まで進んだ伯和ビクトリーズ、そしてこの大会のJR西日本。力があるのに今一歩勝てない。それが公式戦であり、百戦錬磨のチームが終結する日本選手権対象大会なんだ、とも思います。

最終的にヤマハは、予選リーグ最終戦の対JR四国戦も勝利し、決勝トーナメントに進みました。予選リーグにしてすでに、底力を発揮したように感じます。これが今年のチームに根付いた、日本選手権を勝ち取った自信から来る、新しい力なんでしょう。これだけは勝った者しか持ち得ない力。

今後もまた、その力を得るべく、対象大会は続きます。三菱重工広島の次戦は、来週末から始まるJABA京都大会。対象大会参加はこれが最後になります。あとは9月の中国地区予選。決めるモノはとっとと決めて、5月半ばに始まる都市対抗野球大会予選に臨んでほしいもんですが・・・。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2017.04.21 / Top↑