DSC_0001_20180816052828cf0.jpg DSC_0003_20180816052848dfd.jpg
DSC_0005_20180816052839847.jpg DSC_0006_201808160529046c7.jpg
もうすっかり、ブログタイトルと内容がそぐわなくなってきてますが、久し振りに昨日8月15日、京セラドーム大阪に、プロ野球の公式戦・阪神タイガース対広島東洋カープを観戦に行ってきました。

DSC_0008_201808160528597b4.jpg DSC_0009_20180816053036691.jpg
阪神タイガースは、高校野球の為に阪神甲子園球場を明け渡さねばならない、今となっては死語となりつつある「死のロード」の真っ最中。私の「定休日」でもある水曜日、てんで、早くから三塁側内野席のチケットを用意して、それなりに楽しみにしておりました。

DSC_0291_201808160531461c3.jpg DSC_0292_20180816053152339.jpg
試合は投打ともにカープがタイガースを圧倒し、約二週間のびのびになっていた、リーグ優勝へのマジックナンバー32が点灯。2位以下がもうどうしようもない成績のセントラルリーグ制覇に向けてのカウントダウンがいよいよ始まりました。

が、そんな節目の試合の試合時間が長い。9イニング2対6の試合にもかかわらず・・・。

DSC_0391_201808160519498b1.jpg
3時間50分

5回裏終了まで2時間14分。高校野球ならとうに最終盤、どころか終わってる試合もありましょう。

タイガースが11安打、カープが10安打と、それなりに打ち合いの試合。ゆえに長くなるのは理解出来ますが、もっともっと削減出来る、それこそ秒単位、分単位の時間、てないもんですかね。

京セラドーム大阪のスコアボードには、試合開始からの経過時間とはまた別に、前のイニングのスリーアウト目から、次のイニングのプレイがかかるまでの時間が表示されますが、これがおおよそ2分30秒。長いと取るか短いと取るかは別ですが、これはもっと減らす事は出来んもんでしょうか。

DSC_0290_201808160520499a9.jpg
上の画像は、とあるイニング間の様子なんですが、わずかの時間ながら、選手がフィールド内にほとんどいない時間がある。それどころか凡退した選手が、バッティンググローブを外しながら、とぼとぼベンチに向かって「歩いて」くる。そして、それらを受け取りに来る選手もいない。

さらには、守備に就かなければいかん選手も、誰一人として出て来てない。当然準備はしてるんだろうけど、何やってるんだろう。グラウンドでのキャッチボールが禁止になってしまってるバッテリーは、ブルペンから距離があろうから致し方ないとしても、これは少し異様な光景に映ります。

ここで30秒短縮出来たとしたら、9回裏まで試合が進行したとして、そして5回裏のグラウンド整備を除外したとして合計480秒、つまりは8分も短縮出来る。ちょっと現実的ではないかも知れませんが、これが1分ともなると16分。これはかなり大きな数字ぢゃないですかね?

DSC_0165_20180816052344489.jpg DSC_0166_20180816052349e40.jpg
もうひとつ気になるのが、イニング途中でのマウンド上。よく「間を取る」とも言いますし、とある有名な元監督曰く「野球は間のスポーツ」とも言われますが、それが今や「間延び」になってる。

DSC_0243_20180816053504d4c.jpg
マウンドまでタラタラ歩く投手コーチ、集まる必要があるのかないのか分からん内野陣。コーチが声をかけた後にさらにひと声けて守備位置に戻る。もちろん審判がタイムを計ってはいますが、アドバイスはあれど、そして集合解散でダッシュするだけでも随分違うと思うんですが如何でしょう。

さらには、一球一球打席を外すバッター。最近は目立たなくなりましたが、それでもまだ続いてる。ネクストバッターズサークルにいて、名前をコールされても、まだバットスイングしてたりとか。

日本野球機構公式サイトのには、セントラルリーグ、パシフィックリーグの平均試合時間、さらには各チームの数値までも表示されていますが、昨日現在セ・リーグは3時間14分、パ・リーグは3時間12分。もちろん9イニングでの数値ですが、この辺り、NPBはどうお考えなのか。

今シーズンから「申告敬遠」なるものが導入され、この試合でも2つ記録されましたが、4球投げる分を削減したところで、これも今シーズンから導入された「リクエスト」をやっているようでは、いつまで経っても時短なんか出来るわけがないんですよ。

「3時間以内が望ましい」としたコミッショナーの発言もあり、専門委員会が発足したのは3年前でしたかね。しかしながらそこから一向に試合時間が短くなった気配がない。むしろ長くなってる。

選手がきびきび動く事によって、時間の長さを感じない場合もあります。先日観戦したツネイシブルーパイレーツと伯和ビクトリーズのオープン戦。イニング途中のピッチャー交代などもあり、3時間を越えましたが、長さは感じなかった。それは全て、選手がちゃっちゃと動いたから、ですよ。

社会人野球と比較すんな、とも言われそうですが、最高峰を謳う、そして事ある毎に「子供たちが云々」と言うプロ野球の選手がこれではどうしようもない。それこそ子供たちの見本にすらならない。

後は審判団の判断、ですかね。

社会人野球でよくあるのが、イニングが終わったら守備に就くベンチに歩みより、攻守交代を(ちょっと言い方は悪いですが)急かしてる。昨今、審判団の判定に関してひと悶着もふた悶着もありますが、本来その試合の主導権を握っているのは審判団のはず。それがここしばらく蔑ろにされてる。

この辺ももっとNPBが強く「教育的指導」を入れていくべき、だと思うんですけどね。

長々と書きましたが、やはり基本は、グラウンドに立ってる選手です。選手が、何をするにも自主的にテキパキ動かない限り、試合時間なんざ短くなりません。ぶっちゃけチンタラチンタラ歩いてる姿は見苦しさすら感じます。試合展開とは関係なく「走れー!」とも言いたくなります。

DSC_0394_20180816052523344.jpg
日本野球機構が、本気で試合時間3時間を切りたい、と思っておるのなら、選手の意識の部分から変えるべき。そうでないといつまで経っても「加古川から向こうの人」はおうちに帰れません。

2018.08.16 / Top↑
DSC_0452_2017031602365290f.jpg DSC_0453_20170316023647163.jpg
さて、舞洲サブ球場を後にして、お次は京セラドーム大阪で、ナイトゲームで行われたバファローズ対タイガースのオープン戦です。せっかく今年もファン倶楽部に継続入会したんだから、観れる試合は観ておかないともったいない。チケット代も、多少一般発売よりも安く済みますからね。

DSC_0455_20170316014645750.jpg
で、このチケットを予約したのは3月10日の深夜。で、どうせならええところで観たい、と思って模索していた所、バックネット裏の前の方のいわゆる「エクセレントシート」に空席あり。オープン戦は座席番号の指定が出来んみたいなので、さっそくポチってみたら何と「4列目」。つまりは社会人野球日本選手権を観戦する際の席とほぼ同じ。迷わず翌日、代金を払ってニヤニヤしてました。

それはそれとして、試合。とは言うものの、せっかく良い席に座ったんだから画像でも撮影しながら、オリックスバファローズや阪神タイガースに思うところをダラダラと。

DSC_0521_2017031601473686e.jpg DSC_0520_20170316014738c48.jpg
両チームのスターティングメンバー。もうこれjはあまりにも対照的と言うか。ずらり日本人選手で揃えたタイガースに対し、昨年同様、外国人助っ人を4番に据えているバファローズ。福留孝介と、フリーエージェントで入団した糸井嘉男がいますが、ピンポイントでしっかり補強が出来ているなぁ、などと。新外国人選手のエリック・キャンベルが開幕から使い物にならない、ゆえのメンバーか。

で、バファローズ。繰り返しになりますが、主軸はみな「補強選手」。」新外国人のステフェン・ロメロに小谷野栄一、中島裕之。正直、海の物とも山の物ともつかない打線。加入後過去2シーズン、期待通りの数字を残せていない2人にとっては、それこそ背水の陣、かとは思いますが。

DSC_0611_20170316015720172.jpg DSC_0612_20170316015736157.jpg
この試合、T-岡田が、2回裏に犠牲フライ、3回裏にツーランホームランと大活躍でした。

DSC_0615_201703160157197cd.jpg DSC_0617_2017031601573027f.jpg
「サーパス神戸」の頃から、我慢して我慢して、中軸打者として育成し、2010年にはホームラン王も獲得。しかしながら未だに、4番打者として定着しない、と言うかさせてもらえない。代わる代わる来日する外国人助っ人の後塵を排し、下位打線を打つことも多くなってるようにも思います、が。」

外国人助っ人を中心においた打線って、けっして機能しないようにも思うんです。特に長期的視野で考えると、中軸を打つ選手が毎年のように代わっているようでは、翌年に繋がるものなど見えてこない。

当然、球団からは「勝つこと」を使命とされていると思いますし、その結果が外国人助っ人の大量流入かとは思いますが、取ってつけたような補強策で、未来永劫勝てるチームなど作れない。

横浜DeNAベイスターズに、筒香嘉智と言う選手がいます。T-岡田よりもやや年下ではありますが、彼もまた、試行錯誤を繰り返しながら、ベイスターズの4番打者になり、日本代表の4番に座っている。T-岡田も「サーパス神戸」の頃から、同じような道を歩んできたはずなのに、筒香嘉智よりも先を歩いてていいはずなのに、どこで狂ったのか狂わされたのか。

西野真弘、安達了一など、社会人野球から即戦力で、脇を固める選手は獲得出来てる、と思います。そして期待通りの活躍をしているとは思いますが、それがうまく機能しないのは、一貫性のない補強策なんではないかと。昨シーズン、奥浪鏡、若月健矢、杉本裕太郎と言った若手を大抜擢しました。ちったぁチームは変わるかな、とは思いましたが、結局今シーズンこの時期、元のまま。

DSC_0824_20170316021912125.jpg DSC_0882_20170316021906ba5.jpg
しかしながらこのナイトゲーム、先の舞洲サブ球場での対カープ戦に出場していた吉田雄人、小島脩平、縞田拓哉、岩﨑恭平と言った若手中堅どころが次々と出てきました。いい傾向ですよ。

DSC_0764_20170316024702665.jpg DSC_0767_2017031602465594c.jpg
どうせね、弱いチームですよ。昨年はオープン戦のみならず、パシフィックリーグ、セ・パ交流戦、ウエスタンリーグ、全てで最下位と言う「裏三冠」を達成してしまいました。ここまで弱いんだから、もう恥ずかしいもんはないはずなんです。それならば、あらゆる可能性を模索して、使える選手は皆使っていいと思うんです、。それが勝ちに繋がるなら良い事だし、選手個々の自信にもつながる。

今シーズンの結果に直接つながらない、かも知れませんが、来年再来年への「自信と期待」にも繋がるはず。勝つ為に手段を選ばず、とは申しますが、弱いチームにその手段がひとつだけ、なわけがない。福良淳一・一軍監督、田口壮二軍監督に、課せられた課題は、選手以上にあると思います。


DSC_0640_2017031602313097c.jpg DSC_0641_20170316023132ff0.jpg
かたや阪神タイガース。北條史也の目覚しい成長で、昨年のスローガン「超変革」の初期段階は成しえたと思います。そしてその「超変革」の一端は未だに今年も見えています。長らく長距離砲として期待されていた中谷将大や原口文仁と言ったスターティングメンバー。長らく阪神鳴尾浜球場で汗をかいてきた選手が、芽吹きつつあると考えますがいかがでしょう。

DSC_0502_2017031602332913e.jpg DSC_0504_20170316023330f5d.jpg
消去法的なモノもあるとは思いますが、原口文仁が4番に座っていました。ファーストと言うポジションに違和感はありますが、彼らが一軍にしっかり根付いてこそ、昨年の「超変革」は成し遂げたと思うんです。今年はそれこそ、素地の出来た「超変革に挑む」シーズンになるんじゃないですかね。

昨年新人王を獲得した高山俊もいます。JX-ENEOSから入団した糸原健斗もいます。そうやって若手若手と持て囃されるチームに、福留孝介、鳥谷敬といったベテラン、糸井嘉男と言った実績のある補強選手。順位予想こそしませんが、これらがうまくかみ合えば、今年のタイガースはそこそこ、やれるんではないかと推測します。まぁ私の推測は当たったことはありませんが。

勝ち続けることを厳命されているチームの中で、指導者初年度だった金本知憲一軍監督・掛布雅之二軍監督も7苦労をされたと思います。周囲の声も耳に入ってきたかと思います。しかし、ちょっとづつではありますが「芽」は出てきてます。その筆頭格が北條史也だと思うんです。


まだまだ、芽は出てきますし、花を咲かそうとしてる選手は多いように思います。


そうだそうだと思われる方も、んなわけなかろーがヴォケナス!と思われる方も、とにかくクリック(笑)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2017.03.17 / Top↑